$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

アングロアメリカ

 アングロアメリカ

田中隆志オリジナル

TANAKA TAKASHI

March 02, 2018
Tweet

More Decks by TANAKA TAKASHI

Other Decks in Education

Transcript

  1. アングロアメリカ

  2. None
  3. 1 アングロアメリカの概観 (1)面積・・・・962万㌔平方㍍(世界第[ ]位) 日本の25倍 (2)構成国・・・ と の2国 3 アメリカ合衆国

    カナダ
  4. 1 アメリカ合衆国編

  5. 2 自然環境 (1)大地形・・・3つの大地形が西から配列 ①新期造山帯・・・ 山脈(環太平洋造山帯のコルディレラ 山系)や 山脈 →アメリカ合衆国ではロッキーの東の山麓に 。 海岸山脈

    ロッキー山脈 グレートプレーンズ 西経100度 北緯30度 北緯度49度 ロッキー 海岸 グレートプレーンズ
  6. None
  7. 西経100度 ▪北部・・・ 湖(氷河時代に氷床が地域を覆っていたところ にできた 湖) ▪中央部・・・ は、小麦・とうもろこし地帯 ▪南部・・・河口に 三角州をもつ 川が流れる

    五大 氷河 ミシシッピ ミシシッピ 中央平原 鳥趾状 ②安定陸塊 プレーリー
  8. ③古期造山帯・・・ 山脈 → の産出 アパラチア 石炭 アパラチア山脈

  9. ① ~ までが分布し多様性に富む (2)気候 A E ET EF Df Cfa

    BS BW Aw Am Cs Cfb
  10. ②西経[ ]度(年降水量約[ ]㎜と言われる)で 東西に二分される 100 500

  11. None
  12. ▪西経100度以東・・・年降水量 mm以上で湿潤 □五大湖周辺→冷帯湿潤気候( )→タイガ・冬のブリザード □大西洋沿岸からメキシコ湾岸 →温暖湿潤気候( ) ~ハリケーンの常襲地帯 □フロリダ半島 →熱帯サバナ気候(

    )・熱帯モンスーン気候( )地域 500 Df Cfa Aw Am ET EF Df Cfa BS BW Aw Am Cs Cfb
  13. □中央平原からロッキー山脈にかけて →徐々に乾燥気候( ・ )に変化 □太平洋沿岸 →西岸海洋性気候( ) 地中海性気候( ) ▪西経100度以西・・・年降水量

    mm未満で乾燥 ET EF Df Cfa BS BW Aw Am Cs Cfb 500 BS BW Cfb Cs
  14. ▪西経100度付近 → とよばれる植生or土壌(穀物栽培に適した黒色土) プレーリー

  15. ET Df Cfa Cs Cfa Am

  16. (1)人口 ・・約 億人(2010~) (2)首都 ・・ (ワシントンコロンビア特別区 人口約60万人) (3)最大人口都市 ・・ (国際連合の本部

    人口約840万人) 3 都市と人口 3 ワシントンD.C. ニューヨーク
  17. ニューヨーク ロサンゼルス シカゴ ニューオリンズ デトロイト セントルイス ミネアポリス セントポール

  18. ボストン ニユーヨーク フィラデルフィア ボルティモア ワシントンD.C. (5) (巨帯都市) :複数の大都市圏が帯状に並び、交通・運輸・通信網を介して人 ・物・金・情報が頻繁に行き来し、その国の経済の中心となって いる地域。

    メガロポリス J=ゴッドマンの命名
  19. None
  20. (6)ワシントンD.C.の街路網・・ 。 放射直交路型

  21. 移 民 法 改 正 ア ジ ア 系 ・

    ラ テ ン 系 移 民 増 加 4 民族構成 (1)アメリカ合衆国の移民の歴史 ロ シ ア 革 命 前 後 の 混 乱 ロ シ ア 系 移 民 の 増 大 フ ロ ン テ ィ ア 拡 大 で ヨ ー ロ ッ パ 移 民 増 大 さ ら に ヨ ー ロ ッ パ 移 民 増 大 移 民 激 減
  22. (3)民族・人種構成・・・人種のサラダボウル ▪白人(ヨーロッパ系 ・・67.4%ワスプ( )といい政治・経済・文化面で優位にたつ ▪[ ] 13.7% ▪[ (アフリカ系)] 12.2%

    ▪アジア系 4.0% ▪ネイティブアメリカン(インディアン・エスキモー) 0.8% WASP ヒスパニック 黒人 「混ざり合わないけれど共存している」並立共存の状態
  23. (4)民族・人種の分布 ▪北部・・・北西ヨーロッパ系の (初期の入植による) 白人

  24. ▪南部…アフリカ系の (プランテーション労働 力)→北部工業地帯へ 黒人

  25. ▪南西部…[ ]系ヒスパニック (カリフォルニア州・テキサス州) スペイン

  26. ▪太平洋岸…フィリピン・インド・韓国・中国系(大都市に集中) ※住み分けがなされている。(チャイナタウン・コリアンタウン・ リトル東京など) アジア系

  27. ネイティブアメリカン(アメリカ先住民) 居留地

  28. (5)多民族社会の課題 →所得・教育格差、政治参加など改善が必要 →多民族の共生を模索(多文化主義と民族自立のバランス) 1960年代の 運動…法律的には黒人も平等な権利 を保障 公民権

  29. 5 農業 (1)合理的な農業経営 ① . :気候・地形などの自然条件、市場までの距離などの社 会条件に合った形の農業地域を形成。 適地適作 近年は、単一栽培(モノカルチャー)の弊害からぬけるため 多角化の傾向

    ② 生産性の(極めて)高い農業 :機械化を取り入れた大規模経営のため。 労働 ③世界の 倉庫とよばれ、世界最大の農業国、穀物輸出 国の側面を持つ。 食料 とうもろこし、大豆、綿花、小麦の輸出は世界第1位
  30. (2)農業地域の基本パターン(教科書にのっているもの) A線の緯度は【 】度 B線の降水量は【 】㎜ 西経100 年500 畑作地帯 放牧・灌漑農業地帯

  31. ・カリフォルニア州( 気候)の【 】~ インペリアルバレーが中心 ・オレンジ・ぶどう・レモンなどの果実と野菜の生産、近年は米・ 綿花の栽培も増加 ・収穫などを【 】の低賃金労働力に依存 ①ア(【 】農業地帯)

    地中海式 Cs ヒスパニック セントラルバレー
  32. セントラルバレー サンフランシスコ

  33. ②イ 放牧・灌漑農業地域 ・近年では、【 】による灌漑農業でトウモロコ シ・小麦の生産→ 州 ・グレートプレーンズ~ロッキー山脈にかけての地域 ・牛や羊の企業的放牧業地域が主であった。 ・【 】とよばれる肥育場で育てられ、食肉工場

    から冷凍肉として出荷。 センターピボット カンザス フィードロット
  34. 現在の肉牛の飼育地帯(縮小化・・・)

  35. センターピボット フィードロット テキサス州、カンザス州、コロラド州で多い

  36. センターピボット

  37. ③ウ(【 】地帯) 春小麦 ・【 】:春に播種し、秋に収穫する小麦 春小麦 ・プレーリー北西部(【 】州~カナダにかけて) ・アメリカ側の集散地はミネアポリス ・企業的穀物農業地域

    ノースダコタ
  38. None
  39. ④エ(【 】地帯) ・ニューイングランド地方~五大湖沿岸 ・冷涼湿潤な気候、氷食を受けたやせ地で牧草栽培に 適す、巨大市場に隣接。 酪農 メガファーム立地

  40. ⑤オ(【 】地帯(コーンベルト)) とうもろこし ・オハイオ州~【 】州にかけて(プレーリー土の分布) ・とうもろこし(大豆との輪作)栽培と【 】や肉牛の肥育の組み 合わせ(【 】農業) アイオワ

    豚 混合 バイオエタノール原料(3割)として生産拡大
  41. None
  42. バイオエタノール工場

  43. ⑥カ(【 】地帯) 冬小麦 ・【 】州中心(集散地 カンザスシティー) ・【 】:秋に播種し、初夏に収穫する小麦 カンザス 冬小麦

  44. ⑦ケ(【 】地帯(コットンベルト)) ・【 】州~ジョージア州にかけての地域→現在は産 地が西へ移動 ・生育期が高温多雨(無霜期間200日以上)、収穫期は乾燥 する気候 ・かつては黒人奴隷を使用したプランテーションが発達 ミシシッピ 綿花

    ミシシッピ アラバマ ジョージア
  45. (3)近代的な農業とその問題点 ① 企業(多国籍、農業関連事業)の存在 └ 穀物メジャー:穀物価格を左右、穀物の流通・ 加工・食肉産業に進出 多国籍

  46. None
  47. ②土壌侵食の問題 等高線耕作など 地表の草木をめくって、農地にした。それが始まりです。

  48. 地下水枯渇 オガララ帯水層 40フィート以上上昇 10フィート以上~20フィート未満上昇 5フィート以上~10フィート未満上昇 20フィート以上~40フィート未満上昇 40フィート以上低下 10フィート以上~20フィート未満低下 5フィート以上~10フィート未満低下 20フィート以上~40フィート未満低下

    オガララ帯水層の 1980-1995までの 地下水位の変化 現状のまま灌漑のための地下水の 大量使用が続くと地域によっては 灌漑用水はおろか, 飲み水さえ困 る危機的な状況と言われる。 (United States Geological Survey資料により作成)
  49. (4)主な作物の生産(2010)・輸出(2010)統計 [備考] (米)アジアの生産が世界の約9割を占める (米)その生産地域をひとくくりにすると、モンスーンアジアでの生産ということ (米)生産4位までは、モンスーンアジアの人口上位4カ国となる(下記参考資料) (小麦)生産3位までは、世界の人口上位3カ国となる (米・小麦)米は自給用に栽培している国が目立ち、小麦は、輸出目的で生産している国が目立つ 米、生産上位国 米、輸出上位国 小麦、生産上位国

    小麦、輸出上位国 (単位%) 1 2 3 4 5 インド インドネシア バングラデシュ ベトナム 29.3 17.9 9.9 7.3 6.3 ベトナム パキスタン アメリカ 27.3 21.0 12.8 11.5 中国 インド アメリカ ロシア 17.7 12.4 9.2 6.4 5.9 アメリカ カナダ オーストラリア 17.4 13.7 11.6 10.0 計 67202 万㌧ 計 3277 万㌧ 計 65088 万㌧ 計 16105 万㌧ 中国 タイ フランス 2017年現在 インドが世界一のコメ輸出国
  50. トウモロコシ、生産上位国 トウモロコシ、輸出上位国 大豆、生産上位国 大豆、輸出上位国 (単位%) 1 2 3 4 5

    アメリカ 中国 ブラジル アルゼンチン 37.4 21.0 6.6 2.8 2.7 アメリカ アルゼンチン ブラジル 47.2 16.3 10.0 アメリカ アルゼンチン 中国 34.6 26.2 20.1 5.8 アメリカ アルゼンチン 45.4 27.7 14.6 計 69419 万㌧ 計 10027 万㌧ 計 22149 万㌧ 計 6458 万㌧ メキシコ ブラジル ブラジル
  51. 綿花、生産上位国 綿花、輸出上位国 (単位%) 1 2 3 4 5 インド アメリカ

    パキスタン ブラジル 25.6 18.1 14.4 8.8 4.9 アメリカ インド ブラジル オーストラリア ウズベキスタン 38.2 20.2 6.6 6.1 6.0 計 2481 万㌧ 中国
  52. (5)州別農業の特色 ①地中海式農業 ②綿花生産1位、牛肉生産1位 ③小麦生産2位(春小麦) ④トウモロコシ生産1位 ⑤小麦生産1位 (冬小麦) ⑥⑦⑬⑭⑮綿花の生産地 ⑧コロンビア盆地に春小麦地帯形成 ⑨酪農地帯

    ⑩⑪⑫トウモロコシ生産
  53. 6 アメリカの資源とその分布 油田(▪)や銅山(•)は【 】に多く分布 炭田(△)は【 】に多く分布 鉄山(×)は【 】の楯状地に多く分布 新期造山帯 古期造山帯

    安定陸塊 ※メサビ鉄山・アパラア炭田・メキシコ湾岸油田に注意
  54. 7 工業 (1)第二次世界大戦で甚大な被害を受けた にかわ って「世界の工場」として躍進 イギリス (2)北東部の古くからの工業地域 ・・・・北緯37度以北の寒冷な (スノーベルト) .

    フロストベルト 北緯37度 フロストベルト
  55. ①工業地域の中心 :マサチューセッツ州 ボストン ボストン ニユーヨーク フィラデルフィア ボルティモア ワシントンD.C.

  56. ・・・当初は、[ ](南部農村地帯の[ ]使用) 綿工業 綿花 北西部ローウェルの産業博物館

  57. 現在は、エレクトロニクス産業が盛ん ※高速道路沿いに先端産業が発展・・・ ハイウェー (マサチューセッツ工科大の優秀な頭脳を活用) エレクトロニック

  58. ②広がり・・・・メガロポリスから五大湖沿岸 ▪ニューヨークからボルティモア…造船・鉄鋼・自動車産業 ▪五大湖沿岸…鉄鋼業(水運で 鉄山と 炭田を結合) メサビ アパラチア (鉄鋼不況→先端技術産業) 中心都市…[ ]

    ピッツバーグ
  59. None
  60. ※[ ]鉄山の鉄鉱石の品質低下と製鉄所の老朽化に より国際競争力が低下により、[ ]やベネズエラよ り輸入鉄鉱が増加さらにそれを利用した臨海立地の製鉄 所がフィラデルフィアや[ ])に立地。 メサビ 鉄鋼業都市のピッツバーグが衰退した要因 カナダ

    ボルチモア ボストン ニユーヨーク フィラデルフィア ボルティモア ワシントンD.C. ピッツバーグ
  61. (3)近年発展している工業地域 ・・・北緯37度以南の温暖な . サンベルト 北緯37度 サンベルト

  62. ①歴史・・・1970年代以降、スノーベルトの衰退にともない発展 ▪スノーベルトの衰退 ・設備の老朽化 ・労働組合の加入率の高さからくる高賃金 ・鉄鉱石など資源の枯渇 ・新興国の台頭 ▪サンベルトの発展 ・低賃金の未組織労働力 ・安価で広い工業用地 ・石油などの資源の豊富さ

    ・軍事・宇宙開発基地の立地からくる先端産業の集積
  63. ②工業地域の中心 ▪ . ・・・サンフランシスコ近郊サンノゼの先端技術産業地域) シリコンバレー 名門大学(スタンフォード大学)の人材・広い工業用地・ 政府の研究開発予算による ▪ダラス・アトランタ周辺(エレクトロニクス・航空宇宙産業)

  64. None
  65. None
  66. (4)フロストベルトの主な工業都市 ボストン ニユーヨーク フィラデルフィア ボルティモア ワシントンD.C. ピッツバーグ ダルース (鉄の積出港) デトロイト

    クリーブランド メサビ鉄山 シカゴ ミルウォーキー 北緯37度 アパラチア炭田
  67. (4)フロストベルトの主な工業都市 北緯37度 ロサンゼルス ヒューストン オークリッジ アパラチア炭田 バーミングハム

  68. 北緯37度 ロサンゼルス ヒューストン オークリッジ アパラチア炭田 バーミングハム

  69. 北緯37度 (5)国内の先端技術産業集積地 サンノゼ シリコンバレー ダラス シリコンプレーン ボストン エレクトロニック ハイウェー NY

    シリコンアレー フェニックス シリコンデザート シアトル シリコンフォレスト ダラム リサーチトライアングルパーク タンパ エレクトロニクスベルト シリコンマウンテン
  70. 8 国際社会に影響を与えるアメリカ合衆国 (1 )アメリカで生まれ、世界中に普及したものは? ▪生活面:世界中で「【 】」が進行(食文化、 娯楽など生活全般) アメリカニゼーション (アメリカナイズ) →アメリカ合衆国による文化侵略の懸念

  71. None
  72. ▪経済面:【 】…世界の基軸通貨 ドル アメリカ合衆国の情報技術規格が 事実上の世界標準(【 】) (例 インターネットなど) アメリカンスタンダード ▪政治・軍事面:国際機関の運営、地域紛争の解決などで発言力大

  73. 2 カナダ編

  74. 1 カナダの基礎データ (1)面積・・・997.1万平方㎞(世界第 位) (2)人口・・・約3000万、人口密度は3人/キロ平方㍍(2005年) (3)広がり・・・・アメリカとの数理的国境線 西経[ ]度、北緯[ ]度 2

    141 49 人口の6割が集中
  75. 2 地形 (1)東部:世界最古の[ ](ローレンシア)楯状地 (2)中部:プレーリーの大平原、氷河湖が多い (3)西部:新期造山帯のカナディアンロッキー、氷食地形やフィヨルド カナダ 東部 西部 中部

    バンクーバー (Cfb) エドモントン (Df) モントリオール (Df)
  76. 3 民族構成・・・イギリス系(約60%) フランス系(約23%) (1)イギリス系住民 ・・・[ ]州に多い。中心都市[ ] (2)フランス系住民 ・・・[ ]州に多い(分離独立運動根強い)。

    中心都市[ ] ケベック モントリオール 北米のパリ トロント オンタリオ 70% 州都
  77. ▪首都は州境(フランス系とイギリス系の境)の[ ] ▪公用語は[ ]語と[ ]語(1969年より) オタワ 英 フランス (3)ネイティブアメリカン・・・約1% *イヌイット→[

    ](我々の土地の意)準州(1999年より) ヌナブト イヌイットが総人口の83.6% (4)アジア系住民・・・太平洋岸
  78. 4 産業 (1)農業・・・平原3州で春小麦生産(耐寒品種のガーネット種) ※マニトバ・サスカチュワン・アルバータ 集散地 [ ] 積出港 [ ]

    ウイニペグ バンクーバー
  79. (2)水産業 ▪東岸・・・ニューファンドランド島近海潮目やバンクに恵まれる。 フランス漁民が開拓した北西大西洋漁場 ▪西岸・・・さけ・ます・かになどの大漁場、河川漁業

  80. (3)林業・・・・パルプ・製紙工業の発達 ブリティッシュコロンビア州

  81. (4)鉱工業・・・地下資源が豊富 ▪[ ]半島の鉄鉱石 ▪[ ]州の石油・天然ガス・タールサンド ▪ニッケル→[ ]鉱山 ▪製紙工業や水力発電を利用した[ ]精錬が盛ん ラブラドル

    アルミニウム アルバータ 世界第3位の埋蔵量 サドバリー
  82. (5)交通・・・・大陸横断鉄道が2本→結節点[ ] ウイニペグ ウイニペグ

  83. セントローレンス川と五大湖を結合させる〔 ]海路 (1959年完成) セントローレンス すみひえお スペリオル湖 ミシガン湖 ヒューロン湖 エリー湖 オンタリオ湖