$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

SI視点でのStripe使いこなし術

 SI視点でのStripe使いこなし術

TatsuyaYamashita

August 01, 2022
Tweet

More Decks by TatsuyaYamashita

Other Decks in Technology

Transcript

  1. SI視点でのStripe使いこなし術 2022.07.29 ⼭下 達也 1

  2. ⾃⼰紹介 ⼭下 達也 - Work at - 株式会社Fusic - 技術開発本部

    / 技術開発第⼆部⾨ - エンジニア - Skill - AWS / Ruby(Ruby on Rails) / JavaScript etc.. - SNS - Twitter: @tachan1414 - Certificate 2
  3. 今回話すこと 3 SI視点

  4. 今回話すこと 4 SI視点 サービスローンチ 業務改善

  5. 今回話すこと 5 SI視点 サービスローンチ 業務改善 ・スクラッチでサービスを作りたい ・その中で決済機能を持っておきたい

  6. 今回話すこと 6 SI視点 サービスローンチ 業務改善 ・スクラッチでサービスを作りたい ・その中で決済機能を持っておきたい ・Excelで請求書作って ・お客さんに送って ・決済完了を確認したら経理に報告して...

    ・をシステム化したい︕
  7. 今回話すこと 7 SI視点 サービスローンチ 業務改善 ・スクラッチでサービスを作りたい ・その中で決済機能を持っておきたい ・Excelで請求書作って ・お客さんに送って ・決済完了を確認したら経理に報告して...

    ・をシステム化したい︕ こちらについてお話しします
  8. 今回話すこと 8 • 業務改善系で必ず出てくる話題があります、それは,,,

  9. 今回話すこと 9 • 業務改善系で必ず出てくる話題があります、それは,,, • 「既存システムとの連携」です。

  10. 今回話すこと 10 • 業務改善系で必ず出てくる話題があります、それは,,, • 「既存システムとの連携」です。 • 例えば... CRM (顧客管理)

    請求 決済
  11. 今回話すこと 11 • 業務改善系で必ず出てくる話題があります、それは,,, • 「既存システムとの連携」です。 • 例えば... CRM (顧客管理)

    請求 決済
  12. 今回話すこと 12 • 業務改善系で必ず出てくる話題があります、それは,,, • 「既存システムとの連携」です。 • 例えば... CRM (顧客管理)

    請求 決済 メッセージ アプリ
  13. 今回話すこと 13 • 業務改善系で必ず出てくる話題があります、それは,,, • 「既存システムとの連携」です。 • 例えば... CRM (顧客管理)

    請求 決済 メッセージ アプリ
  14. 今回話すこと 14 • 業務改善系で必ず出てくる話題があります、それは,,, • 「既存システムとの連携」です。 • 例えば... CRM (顧客管理)

    請求 決済 メッセージ アプリ システム連携が必要な部分︕
  15. 今回話すこと 15 • 業務改善系で必ず出てくる話題があります、それは,,, • 「既存システムとの連携」です。 • 例えば... CRM (顧客管理)

    請求 決済 メッセージ アプリ システム連携が必要な部分︕ Stripeにおけるシステム連携 についてお話しします。
  16. 01 Stripe コネクター

  17. Stripe コネクター 17 • 外部システムとStripeを連携する際に、便利なのが「Stripeコネクター」。 • すでにいくつかのSaaS製品は、Stripeとラクに連携する仕組みを⽤意してくれてい る。 • https://stripe.com/docs/plugins?locale=ja-JP

  18. Stripe コネクター 18

  19. Stripe コネクター 19

  20. Stripe コネクター 20

  21. Stripe コネクター 21 • これらを使ってラクにStripeとの連携をしていく。 • ただし、Stripeコネクターでできないものは、⾃作をしていく。

  22. 02 Webhook

  23. Webhook 23 • Stripeの特定のイベントをフックして、指定したエンドポイントに内容を送信する 機能 • 豊富なイベントをフックできて、便利。 • Stripeダッシュボードでもノーコードで設定をすることができます。 •

    もちろんコードを書いて設定も可能。
  24. Webhook 24 https://stripe.com/docs/webhooks

  25. Webhook 25 https://stripe.com/docs/api/webhook_endpoints

  26. 03 デモ

  27. デモ 27 • HubSpotで顧客管理を想定 • HubSpotで顧客情報が作成されたらStripeに顧客情報を同期 • 同期されたらSlackに通知 • ついでにWebhookを利⽤して、AWS

    Lambdaに連携ができることも確認 顧客情報を 同期 顧客情報追加 の通知 顧客情報追加の Event確認
  28. 28

  29. まとめ

  30. まとめ 30 • Stripeコネクタが使えそうだったら使おう︕ • Webhookも上⼿に使ってシステム連携を⾏おう︕

  31. ご清聴いただきありがとうございました Thank You We are Hiring ! https://recruit.fusic.co.jp/