Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Rails Girls Sendaiコミュニティ紹介2018 / Introduction of Rails Girls Sendai 2018

thatblue
December 01, 2018

Rails Girls Sendaiコミュニティ紹介2018 / Introduction of Rails Girls Sendai 2018

2018/12/1に開催された、「はじめての人のためのコミュニティミーティング2018」でのRails Girls Sendai紹介LTの発表資料です。
https://lets-go-study-meeting.connpass.com/event/103776/

thatblue

December 01, 2018
Tweet

More Decks by thatblue

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Rails Girls Sendai
    コミュニティ紹介&活動報告
    全てのエンジニアが純粋に技術で殴り合う未来を目指して
    はじめてのIT勉強会 2018
    コミュニティミーティング
    あのぶる(@thatblue_plus)

    View full-size slide

  2. (はじめてのIT勉強会的に)
    普段はこんなことやってます
    よっぽど仕事が大変な時期以外は月2回ペースでコラムを寄稿しています

    View full-size slide

  3. (はじめてのIT勉強会的に)
    時々こんなこともやってます
    コミュニティSlackでKindleセール対象本のなかから
    オススメ本の紹介をしていました

    View full-size slide

  4. 本日はRails Girlsの方からきました
    Rails Girls Sendai 1stのオーガナイザーです

    View full-size slide

  5. Rails Girlsって?

    View full-size slide

  6. すごく簡単に言うと
    「女性向けのRailsワークショップ」
    Webアプリを作ります!

    View full-size slide

  7. プログラミングに関する前提知識を問わず
    丸一日かけてアプリを作ります

    View full-size slide

  8. 世界中で開催されています
    北欧フィンランド発

    View full-size slide

  9. 日本でも全国各地で開催されています

    View full-size slide

  10. どうして女性だけ?

    View full-size slide

  11. 「アファーマティブアクション」について
    少しだけ

    View full-size slide

  12. アファーマティブアクションとは
    Rails Girls JapanのWebサイトより引用
    アファーマティブアクション(英: affirmative action)という日本語で積極的格差是
    正措置と訳される考え方があります。これは弱者集団(たとえば民族、人種、出自に
    よる差別、性別により不利益を被ったと思われる集団)の不利な現状を、歴史的経緯
    や社会環境を考慮した上で是正するための改善措置の事を意味します。
    (中略)
    単に女性だからという理由だけで女性を「優遇」するためのものではなく、これま
    での慣行や固定的な性別の役割分担意識などが原因で、女性は男性よりも能力を発揮
    しにくい環境に置かれている場合に、こうした状況を「是正」するための取組です。

    View full-size slide

  13. とてつもなく雑な説明をすると
    「伝統的な性別の役割意識に起因する
    アンバランス状態を改善しましょう」
    ということです(今回の場合は)

    View full-size slide

  14. たとえば中学・高校で
    男子の家庭科/女子の技術科が
    必修になったのはここ25年程度のこと

    View full-size slide

  15. 「技術」は男性のもの、というイメージは
    社会全体で見るとまだそれなりに残っている

    View full-size slide

  16. オーガナイザーに名乗り出た気持ち
    ※ここからはあくまで私個人の考えです
    Rails Girlsの統一見解ではありませんし
    まして私が代表するだなんて恐れ多いです
    「アンバランス状態が本当に良くないことなのか」を考えつつ

    View full-size slide

  17. 女性が
    「職場や技術コミュニティのアイドルであること」
    を強いられない世界を作りたい

    View full-size slide

  18. 女性エンジニアに対して周囲が無意識的に「アイドル」や「コンパ
    ニオン」的な振る舞いを期待してしまうケースがままある
    最近はあまり見ませんがLTに付きものだった「ドラ娘」もこの一

    大前提として、本人がその立場を望んでやるならまったく問題ない
    ただし「アイドル的に振る舞う人(→目立つ)」のイメージに全体
    が引っ張られてしまう程度には業界の女性は少ない

    View full-size slide

  19. いないものを意識しろというのは無理があるので
    絶対数が少ないままではわりとどうしようもない
    逆に言うと、単純に女性の比率が一般社会に近づくことで
    解消される摩擦もあるはず

    View full-size slide

  20. 「女性が働きやすい職場」だけじゃなく
    「みんなが働きやすい職場」にできるように

    View full-size slide

  21. いろんな背景を持った人が
    一緒に気持ちよく過ごせる業界を目指したい
    そもそも性別はbooleanじゃないし、性別以外の背景だっていろいろ

    View full-size slide

  22. という動きに
    女性の業界参入支援という形で力になりたい

    View full-size slide

  23. 今はまだみんなで
    ちょうどいいバランスを見つけようとしている途中
    こんなこと言ってますが極端に傾いて失敗したこともたくさんあります

    View full-size slide

  24. 全てのエンジニアが
    純粋に技術で殴り合う未来を目指して
    ……というのがオーガナイザーとしての想いですが、
    ガールズとして参加する場合は難しく考えずどうぞお気軽に

    View full-size slide

  25. 実際、どんなイベントなの?

    View full-size slide

  26. 11/2-3に1stを開催!
    素敵な写真をたくさん撮っていただきました

    View full-size slide

  27. 素敵な写真を
    たくさん撮っていただいた(2回目)ので
    イベントの様子を写真でご紹介

    View full-size slide

  28. 女性じゃないとRails Girlsに関われない?
    もちろん、そんなことはありません!

    View full-size slide

  29. プログラミング/Railsに興味がある

    →ぜひ同じように興味のある女性と一緒に参加してください!
    Railsができる

    →ぜひコーチとしてご協力ください!
    決裁できるお金がある

    →ぜひスポンサーとしてご協力ください!

    View full-size slide

  30. Twitterアカウントあります
    @railsgirlsenda ※iがないのは仕様です

    View full-size slide

  31. アドベントカレンダーあります
    https://qiita.com/advent-calendar/2018/railsgirlsjapan

    View full-size slide

  32. 今後の展望……?

    View full-size slide