Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Embedded-Rust

 Embedded-Rust

6bb0559d2066b868dab09e435f488c6c?s=128

tomoyuki-nakabayashi

June 17, 2019
Tweet

Transcript

  1. 組込みRustのすゝめ 中林 智之(connectFree株式会社)@LDScell 2019/06/17 Interface オフ会 ポインタが使えるモダンC++風言語Rust×組み込みの研究 1

  2. アンケート Rust使ったことありますか? 1. まだ! 2. 入門はした 3. 組込み以外で書いている (趣味もOK) 4.

    組込みで書いている (趣味もOK) 1.半分強 2. なし 3. 2割弱 4. 3割くらい 2
  3. エグゼクティブサマリ Short Answer by 実践Rust入門〜はじめに〜 > Rustはモダンな機能で開発者の生産性を高めつつ、 > 安全で、ハードウェアの性能を最大限に発揮できる >

    数少ないプログラミング言語 3 – エコシステム/ライブラリが不十分 →使えるところに導入していこう!  道を切り拓こう! なぜ組込みでRustなの? 一方、課題も…
  4. 諸注意 • 本プレゼンテーションに以下の意図は一切ありません – C, C++の完全否定 – C, C++は古臭くてダメ! –

    C, C++を一切使用するな! – 全てをRustで書くべき! • モチベーション – 触ってみてイケると思ったからみんなでやろーぜ! – CS発達の恩恵を活用しよう! 4
  5. 自己紹介 • 中林智之 (connectFree株式会社 組込みプログラマ) • Twitter: @LDScell • Interfaceでの記事掲載経験

    – なし! – 今後のRust特集で…(お願いします!!!) 5
  6. 背景 • C, C++ (特にCの機能) は危険! – コンパイラが安全性を保証しない – 実行時にバグ

    / 脆弱性として顕在化 • 型安全性 – 未定義動作 • メモリ安全性 – メモリリーク、ダングリングポインタ • スレッド安全性 – データ競合 6
  7. そうは言うけど 組込みって C/C++しか 選択肢ないで しょ? 7

  8. • 組込み開発でもプログラミング言語が選 べる時代になりつつある • LLVMが登場 – GCCに匹敵するコンパイラ実装の敷 居が下がった 朗報 8

  9. LLVM ↑フロントエンドを 頑張れば、新しいプログラミング言語が作 れる 9 Compiler Infrastructure LLVM 中間表現 最適化

    機械語生成 フロントエンド
  10. 主な支援企業 Mozilla 利点 性能、生産性、安全性 言語仕様 難しい メモリ管理 多くをコンパイラが保証 その他 型安全、メモリ安全、スレッド

    安全で、資源効率はCに匹敵 10
  11. 性能 (時間の都合上省略!) C言語に匹敵するというベンチマーク結果 • The Computer Language Benchmarks Game (Rust

    vs C) https://benchmarksgame-team.pages.debian.net/benchmarksgame/faster/rust.html • NIC Driver https://github.com/ixy-languages/ixy-languages Rust is blazingly fast and memory-efficient!
  12. 生産性 (時間の都合上省略!) • 気になる方向けのキーワード – cargo (パッケージマネージャ) – clippy (lint)

    – rustfmt (フォーマッタ) – 代数的データ型 (Enum) とパターンマッチ – トレイト / ジェネリクス – ビルトインのユニットテストフレームワーク
  13. Rust安全性の ヒ・ミ・ツ♡ 13

  14. コンパイラが 鬼!!! 悪いコードはいねぇがぁ~ 14

  15. Rustコンパイラが鬼な理由 • 強い型付けシステム – C言語より圧倒的に型に対して厳しい • 所有権システム – ガベージコレクタなしでメモリを管理 –

    メモリ安全性がコンパイル時に保証 • メモリの2重解放を起こさない • ダングリングポインタを作らない • マルチスレッドでデータ競合を起こさない – リソースの自動解放 • メモリ、ファイルなどが不要になると、リソースを速やか に、一度だけ解放 15
  16. 所有権システムの重要要素 • 所有権 • 借用 • ライフタイム

  17. 所有権 • C言語では、複数の場所から変数を書き換え ることが可能 • *v1も*v2も同じ値を変更でき、バグの温床に なることも… 17 int32_t *v1

    = malloc(sizeof(int32_t)); *v1 = 42; int32_t *v2 = v1; *v1 += 1; *v2 += 1; // value is `44`
  18. int32_t *v1 = malloc(sizeof(int32_t)); *v1 = 42; int32_t *v2 =

    v1; *v1 += 1; *v2 += 1; // value is `44` 所有権 • C言語では、複数の場所から変数を書き換え ることが可能 • Cで*v1も*v2も同じ値を変更でき、バグの温 床に 18 Rustではできない!
  19. 所有権 • 値を変更できる唯一の所有者が存在 • マルチスレッドでも同様 • 同時に複数箇所から値を書き換えるコードはコ ンパイルエラー 19 let

    mut v1 = Box::new(42); let mut v2 = v1; *v1 += 1; // compile error *v2 += 1;
  20. 所有権 • 値を変更できる唯一の所有者が存在 • マルチスレッドでも同様 • 同時に複数箇所から値を書き換えるコードはコ ンパイルエラー 20 所有権が

    v2に移動 v1は値を 変更できない let mut v1 = Box::new(42); let mut v2 = v1; *v1 += 1; // compile error *v2 += 1;
  21. 借用 • 参照を作って所有権を貸すこと • 関数の引数渡しを便利にする 21 let mut v1 =

    Box::new(42); { let v2 = &mut v1; // *v1 += 1; // compile error **v2 += 1; } *v1 += 1;
  22. 借用 • 借用のルール – 誰かが書き換える可能性がある変数は、他の誰 も読むことすらできない – 誰も書き換えない変数は、複数の場所から読む ことができる 22

    let mut v1 = Box::new(42); { let v2 = &mut v1; // println!("v1: {}", *v1); println!("v2: {}", **v2); } let mut v1 = Box::new(42); { let v2 = &v1; println!("v1: {}", *v1); println!("v2: {}", **v2); }
  23. ライフタイム • 生存期間を終えた値(資源)は破棄される • 動的確保したメモリも、自動的に解放される (メモリリークを起こさない) • 生存期間を終えた変数へのアクセスはコンパ イルエラー(ダングリングポインタを作らない) 23

    { let mut v1 = Box::new(42); } // ここでメモリが解放される
  24. どのくらい安全なの? • C – 言語仕様の穴をMISRA-Cなどで補填(ツラい。お金 かかるし) • メモリリークやダングリングポインタは別途 • Rust

    Rustで普通にプログラミングするだけでMISRA-Cのルールを90%満 足できる – コンパイラ検査+公式lintツール (OSS) – メモリリークやダングリングポインタは発生しない 24 基本
  25. 組込みRustの課題 • C言語とのギャップが大きく、学習コストが高 い – シンタックス – セマンティクス • エコシステム

    – 商用レベルのRTOSがない – C/C++ほど資産がない • C/C++の資産を使いながら、新規開発部分 や最重要部分をRustで実装する 25
  26. ゼロから始める組込みRust 1. 実践Rust入門 第一部 基礎編 – Rust自体への入門 2. Discovery –

    STM32F3DiscoveryでLチカから 3. The Embedded Rust Book / Embedonomicon – ちょっとずつディープに
  27. まとめ • 組込み開発でも言語が選べる時代に • 現状、Rustが有力候補 • Rustは – 安全で –

    生産性が高く – ハードウェアの性能を最大限発揮できる • 導入可能なところから使っていこう! 27
  28. More Information • Rust公式ページ https://www.rust-lang.org/ • Rust Embedded devices WG

    https://github.com/rust-embedded/wg • Rust-JP Slack https://rust-jp.slack.com/ • twitter – #rust_jp – #shinjukurs – などなど
  29. Rust学習リソース • Rustの日本語ドキュメント https://doc.rust-jp.rs/ • 書籍 – プログラミングRust (通称カニ本) –

    実践Rust入門 (通称バイシクルブック) – プログラミングRust 公式ガイド
  30. 組込みRust和訳ドキュメント • The Embedded Rust Book – https://tomoyuki-nakabayashi.github.io/book/ (環境構築、ベストプラクティス集、マニュアル集) •

    Discovery – https://tomoyuki-nakabayashi.github.io/discov ery/ (STM32F3DiscoveryでLチカ / GDB利用方法など) • The Embedonomicon – https://tomoyuki-nakabayashi.github.io/embed onomicon/ (リンカセクション操作したりマニアックなアレコレ) 30