Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS re:Invent2017に行ってきた

D637d86990571c01ea0fd098a2bdfa33?s=47 ttakada
December 16, 2017

AWS re:Invent2017に行ってきた

九州インフラ交流勉強会(Kixs) Vol.006のLT資料

D637d86990571c01ea0fd098a2bdfa33?s=128

ttakada

December 16, 2017
Tweet

Transcript

  1. AWS re:Invent2017に⾏ってきた 九州インフラ交流勉強会(Kixs) Vol.006 株式会社サーバーワークス 髙⽥ 知典

  2. 髙⽥ 知典 2 株式会社サーバーワークス 九州インフラ交流勉強会(Kixs)共同主宰 ユーザ企業、Sier、通信事業者でのシス テム構築経験を得て、現在、AWSでの システム構築に従事中。 PMP AWS認定資格6冠

  3. ⽇経SYSTEMS 2017年12⽉号に寄稿しました 3

  4. re:Invent2017 ? AWS世界最⼤の年次 ”学習型” カンファレンスイベント 2017/11/27〜12/1 ラス・ベガスの5箇所のホテル会場 参加者 +40,000⼈ (ヤフオクドーム収容⼈数38,585⼈)

    ⽇本からは+1,000⼈参加 +1,000を超えるセッション 新サービス、機能の発表 プレミアパートナーの発表 4 https://reinvent.awsevents.com/campus/
  5. 5 https://aws.amazon.com/jp/solutions/solution-providers-japan/premier-consulting/

  6. 会場のインフラ 参加者へのWi-Fiの提供 Live Streaming ハンズオン ホテル間は2~10Gbpsで接続 会場から2つのリージョンへ 10GbosのDXを敷設 6 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/the-aws-cloud-goes-underground-at-reinvent/

  7. 新サービス、機能の発表 ⽇付 発表数 11/26 2 11/28 11 11/29 31 11/30

    9 53 7 https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-online-seminar-2017-aws- reinvent-2017 よりカウント
  8. 新サービス/機能 個⼈的所感 Machine Learning/ Deep Learning系サービスの拡充 Service:⾃然⾔語理解、多⾔語翻訳、動画解析、Speech-to-Text Platform:動画ストリーム処理、フルマネージド機械学習 Engines: Deep

    Learning AMI for Windows Infrastructure: AWS DeepLens、AWS Greengrass ML Interface コンテナサービスの拡充(インフラが無意識世界へ。仕事なくなる。。。) Amazon Elastic Container Services for Kubernetes (EKS) K8sのコントロールプレーンをマネージドサービスとして提供 AWS Fargate 実⾏基盤(サーバ、クラスタ)の管理なしにコンテナを実⾏ 8
  9. こっから LTモード発動 9

  10. 参加したセッションタイプ Keynote Breakout Session Workshop Hackathon EXPO 10

  11. 参加したセッションタイプ Keynote Breakout Session Workshop Hackathon EXPO 11

  12. Hackathon -Game Day- その場でチーム編成(4名/1チーム)がされ、約53チームが参加する競技 CEOが失踪した企業(ユニコーンレンタルサービス)のシステムを復旧させ、 さらに進化させるというシナリオ 次々と追加されていく課題 提供されるAWS環境上で実際に作業を⾏っていく 10:00〜16:00の6時間ぶっ通しで⾏われる 12

  13. 難関その1 ⼊場時の質問 どれくらいのレベルか5段階でこたえよ AI/Machine Learning DevOps BigData あとなんか忘れた 13

  14. D〇〇英会話の成果 Everything is 0 14

  15. チーム分け サーバーワークス てるい、たかだ XXXX マルコ(仮)、アレックス(仮) 15

  16. 難関その2 チーム名決め チーム名にこだわるアレックス(仮) アレックス(仮)が拒否したチーム名 xxxxxWorks No route to host あとなんか忘れた

    5個くらい チーム名決めで20分を費やす 結局 “Ctecias” 16
  17. 難関その3 ランチ ランチを拒否するマルコ(仮) 5回くらい説得するも、断固拒否 結局、⾷わずに課題を解き続けるマルコ(仮) 「なぜ、めしが⾷えるんだ」と説教される しかし、15:00から出されたビールは躊躇なく取りに ⾏くマルコ(仮) 17

  18. 結果 18 世界ランキング 10位

  19. まとめ アウトプット型のイベントは参加すると楽しい 技術⼒なくても楽しめる(Everything is 0) 意外と海外のエンジニアとのやりとりは困らない Slack/GitHub ⽇本のエンジニアスキルは世界に負けてない(某⽒談) 19

  20. None