Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Databaseを パブリッククラウド(AWS)で 使うときの注意点

D637d86990571c01ea0fd098a2bdfa33?s=47 ttakada
June 17, 2017

Oracle Databaseを パブリッククラウド(AWS)で 使うときの注意点

「中国インフラ交流勉強会(Cixs) Vol.000 Cixs/Kixs交流戦2017」
の発表資料です。

D637d86990571c01ea0fd098a2bdfa33?s=128

ttakada

June 17, 2017
Tweet

Transcript

  1. Oracle Databaseを パブリッククラウド(AWS)で 使うときの注意点 中国インフラ交流勉強会(Cixs) Vol.000 Cixs/Kixs交流戦2017

  2. アジェンダ AWSにおけるOracle Databaseの利⽤⽅式 Oracle Database on EC2 ライセンス 構成例 バックアップ・リストア

    移⾏ RDS for Oracle Database ライセンス 基本構成 バックアップ・リストア 移⾏ まとめ 2
  3. AWSにおけるOracle Databaseの利⽤⽅式 Oracle Database on EC2 仮想サーバ(EC2)の上のOSに、Oracle Databaseをユーザーがインストール して利⽤する RDS

    for Oracle Database AWSが提供するフルマネージドRDBMSサービス 3 データベース管理のフルマネージド化による 運用負荷の軽減 Power, HVAC, net Rack & stack Server maintenance OS patches DB s/w patches Database backups Scaling High availability DB s/w installs OS installation App optimization Power, HVAC, net Rack & stack Server maintenance OS patches DB s/w patches Database backups Scaling High availability DB s/w installs OS installation App optimization Power, HVAC, net Rack & stack Server maintenance OS patches DB s/w patches Database backups Scaling High availability DB s/w installs OS installation App optimization オンプレミス On EC2 RDS お客様 引⽤:https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20170510awsblackbeltrds
  4. Oracle Database on EC2

  5. Oracle Database on EC2 のライセンス BYOL(Bring Your Own License)のみ 2017/2にOracle社が「マルチコアプロセッサ向けの適⽤係数」から、

    「承認されたクラウド環境」を除外 http://www.oracle.com/jp/store/cloud-lic-170290-ja.pdf ハイパースレッディングの扱い 有効の場合 2 vCPU = 1 Processor 無効の場合 1 vCPU = 1 Processor 5
  6. Oracle Database on EC2 のライセンス OTN(Oracle Technology Network)の開発者ライセンスは使⽤できない OTNライセンス契約 http://www.oracle.com/technetwork/jp/licenses/standard-license-

    192230-ja.html 「ライセンスの権利及び制限」の中に、「本プログラムを内部的に使⽤するための、 ⾮独占的、譲渡不能の限定的なライセンスを許諾します。」 サードパーティのパブリッククラウドでの利⽤は、「内部的に使⽤する」 という制限を超えるものと判断される 6
  7. Oracle Database on EC2 構成例の⼀部 7 引⽤:http://d0.awsstatic.com/enterprise-marketing/Oracle/AWSAdvancedArchitecturesforOracleDBonEC2.pdf Standard Architecture

  8. Oracle Database on EC2 の冗⻑化 Oracle Data Guard Oracle RAC

    (??) HAソリューションの採⽤ NEC CLUSTERPRO サイオステクノロジー LifeKeeper/DataKeeper DRBB 等 8 図引⽤:http://d0.awsstatic.com/enterprise-marketing/Oracle/AWSAdvancedArchitecturesforOracleDBonEC2.pdf
  9. Oracle Database on EC2 のバックアップ・リストア Oracle Databaseの従来のバックアップ⼿法が使⽤可能 Recovery Manager(RMAN) Oracle

    Data Pump Imp/Exp AWSの提供サービスとの組み合わせ EBSスナップショット S3 Oracle Secure BackupでRMANからS3へバックアップファイルをアップロード 9
  10. Oracle Database on EC2 オンプレミスからの移⾏ Oracle Databaseの従来の移⾏⽅法が可能 Recovery Manager(RMAN) Oracle

    Data Pump トランスポータブル表領域 Oracle Data Guard Oracle Golden Gate データ転送のネットワークは要検討 インターネット/インターネットVPN 専⽤線 10
  11. RDS for Oracle Database

  12. RDS for Oracle Database のライセンス BYOL(Bring Your Own License) Oracle

    Database on EC2と同じ License Included RDSの利⽤料⾦にライセンス費が含まれている(従量課⾦) クライアントライセンス RDS for Oracle(ライセンス込み)において、Oracleとのライセンス契約が必要 となるOracle Clientは利⽤不可 OTNから無償でダウンロード可能なInstant Clientについては、「Instant Client ライセンス契約書」の範囲で利⽤することが可能 12
  13. RDS for Oracle Database 構成例の⼀部 13 Oracle DB instance Availability

    Zone snapshot トランザ クション ログ Pimary Region Secondary Region snapshot Copy
  14. 14 Oracle DB instance Oracle DB instance alternate Availability Zone

    Availability Zone snapshot トランザ クション ログ Pimary Region Secondary Region snapshot Copy マルチAZ デプロイメント (Multi-Az) 同期レプリケーション と⾃動フェイルオーバ インスタンス/ハード ウェア障害に対応 RDS for Oracle Database の冗⻑化 物理レプリケーション
  15. RDS for Oracle Databaseの制限 15 RDSの制限事項(Oracle Databaseの例) • トレードオフが許容できない場合は、On EC2かオンプレミスで構築

    RDS for Oracleの制限事項(例) 具体的な例 バージョンが限定される • 11g (11.2.0.4), 12c (12.1.0.2) をサポート キャパシティに上限がある • m4.10xl (40vCPU/160GB) or r3.8xl (32vCPU/244GB) • 最大 6TBストレージ、30,000 IOPS OSログインやファイルシステムへの アクセスができない • AWS CLIやプロシージャで代替 (例:DBMS_FILE_TRANSFER など) ALTER SYSTEMやALTER DATABASEが 使えない • ALTER SESSIONや独自プロシージャで代替 (例:rdsadmin.rdsadmin_util.disconnect など) IPアドレスの固定はできない • DNS名でエンドポイントに接続 一部の機能が使えない • RAC, ASM, DataGuard, RMANなどは使えない 個別パッチは適用できない • 四半期ごとのPSU(Patch Set Updates)として適用 引⽤:https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20170510awsblackbeltrds
  16. RDS for Oracle Database のバックアップ・リストア Oracle Databaseの従来のバックアップ⼿法の⼀部(RMAN)は使えない AWS提供のRDSバックアップ機構 スナップショット 1⽇1回⾃動取得し、最⼤35⽇間保存(⾃動スナップショット)

    任意のタイミングで⼿動で保存可能(⼿動スナップショット) ⾃動バックアップ ⾃動スナップショットに加えて、トランザクションログをS3に保存 リカバリ スナップショットから新インスタンスを作成 Point-In-Timeリカバリ 5分前以前の状態になるように新インスタンスを作成 16
  17. RDS for Oracle Database の移⾏⽅法 移⾏⼿法の選定ポイント データサイズ 許容されるダウンタイム データ転送のネットワークは要検討 インターネット

    インターネットVPN 専⽤線 17 引⽤: https://d0.awsstatic.com/whitepapers/strategies-for-migrating-oracle-database-to-aws.pdf Data Migration Methods RDSで、RMANは使えない
  18. まとめ AWSにおけるOracle Databaseの利⽤⽅式は2つ(on EC2/RDS) ライセンスはBYOD、RDSについてはLicense Includeが選択可 能 ライセンス機構については要注意 クライアントライセンスや、OTN開発者ライセンスの適応可否 オンプレミスから移⾏は、データ量と許容されるダウンタイムに

    よって⼿法を選択 18
  19. None