Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

VENTURE FOR JAPANご案内資料

VENTURE FOR JAPANご案内資料

VENTURE FOR JAPANの事業ご案内資料(2022年4月1日時点)

58e8ab8c21201dfc83233bc6893be256?s=128

VFJ Co. Ltd.

April 27, 2022
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. 2022.4.1 ©VENTURE FOR JAPAN 株 式 会社 V E N

    T U R E F OR JA P A N
  2. ⼥川の経験を⽇本、そして、世界へ。 ©VENTURE FOR JAPAN 2011年3⽉11⽇、⼥川。 ⼈⼝約10%にも及ぶ⽅々が尊い命を落とし、 街の約70%が外部流出をした東⽇本⼤震災。 あまりの出来事にただただ混乱していた町⺠に向け、 当時還暦を迎えていた⼥川町商⼯会会⻑が⾔いました。 「還暦以上は復興まちづくりに⼝を出すな。若い⼈間に任せよう」

    直後、若者たちが動き出します。 地域内外の⼈や組織を巻き込み、 全⾝全霊をかけて復興に取り組むその若者たちの姿は、 0から1を⽣み出す起業家そのものでした。 あれから10年。 東⽇本⼤震災において、宮城県で最⼤の被災地だった⼥川町は、 “復興のトップランナー”と⾔われるまでになりました。 10年間、復興に関わってきた私は、 ・上の世代は若者を信じて応援する。 ・若者は勇気を持って⾏動する。 という2つの⼤切なことを学んだのです。 若者に挑戦の機会を提供し、 若者のポテンシャルを解放する。 そうすれば、社会はもっと良くなるはず。 若者の挑戦が⼥川の復興を実現させたように ⽇本中の若者に挑戦機会を提供すれば、 ⽇本の復興すら夢じゃない。 世界だって変わるかもしれない。 それを⼥川で⾝をもって経験した私が 取り組まなければならないと思い、 VENTURE FOR JAPANの起業を決意しました。 2 写真提供:⼥川町役場 代表取締役 ⼩松洋介
  3. 取締役 ⼭⼝英朗 システムエンジニアとして会計システムの開発に従事後、 EY新⽇本有限責任監査法⼈にて、会計監査・内部統制監査・ IPO⽀援業務等に従事。独⽴開業し、創業期のスタートアップ の資⾦調達・戦略実⾏・業務オペレーション構築などを⾏う。 東北⼤学⼯学部卒、東北⼤学⼤学院⼯学修⼠ グロービス経営⼤学院経営学修⼠(MBA)、公認会計⼠ 代表取締役 ⼩松洋介

    株式会社リクルートを経て、東⽇本⼤震災の被災地である 宮城県⼥川町で復興⽀援に関わる。その後、特定⾮営利活動 法⼈アスヘノキボウを設⽴し、代表理事。 2014年 AERA「⽇本を突破する100⼈」 2015年 ⽇本⻘年会議所 ⼈間⼒⼤賞 経済産業⼤⾂賞」 2017年 復興庁「新しい東北」」復興顕彰 2017年 フォーブスジャパン「ローカルイノベーター88⼈」 2017年 ⽇本財団 ソーシャルイノベーターなど ©VENTURE FOR JAPAN 創業メンバー 3 社外取締役 ⻑村禎庸 1982年⽣まれ。⼤阪⼤学卒業後、株式会社リクルート⼊ 社。ゼクシィの広告営業を担当。2009年 株式会社 ディー・エヌ・エー⼊社。広告事業部⻑、㈱AMoAd取締 役、採⽤マネージャー、経営企画マネージャー、PMIプロ ジェクトリーダー、㈱ぺロリ 社⻑室⻑ 兼 ⼈事部⻑などを 担当。2017年 株式会社ハウテレビジョン⼊社。取締役 COOとして管理部⾨以外の全ての部⾨を統括。2019年同 社を東証マザーズ上場に導く。2020年独⽴し、ベン チャーマネージャーを育成するアカデミア“EVeM MANAGEMENT ACADEMIA”を設⽴を担当。 社外取締役 梶屋拓朗 ⽇本GE(ゼネラル・エレクトリック)を経て、グロービス経営⼤ 学院仙台校⽴上げ担当者及び責任者として10年間でおよそ1000名 のMBA教育に携わる。同⼤学院福岡校責任者兼務を経て現職。現 在、産業創出を理念に、和⽜(⿊⽑和種)の繁殖業(⿅児島県種 ⼦島)、焼⾁店経営(宮城県仙台市)、あきたこまちの⽣産販売 (秋⽥県五城⽬)を⾏う。 共著:『⽇本型「無私」の経営⼒』(光⽂社)、『東北発10⼈の 新リーダー 復興にかける志』(河北新報出版センター) 慶應義塾⼤学総合政策学部卒業 グロービス経営⼤学院経営学修⼠(MBA)
  4. Purpose・Vision・Mission・Core Value ©VENTURE FOR JAPAN 4

  5. Purpose ⽇本の復興 Vision Mission 若者の挑戦機会を増やし、ポテンシャルを解放する。 誰もが前向きに⽣きることができる社会 Jump in Together!! Core

    Value ©VENTURE FOR JAPAN 5
  6. Purpose ⽇本の復興 ©VENTURE FOR JAPAN 東⽇本⼤震災から10年。 ⼥川町は、復興のトップランナーと⾔われるほど 素晴らしい町になりました。 「この町で⽣活し、仕事をし、暮らしていく⼥川。 国や⾏政に頼るのではなく、⾃分たちで復興を。」

    この掛け声のもと、⼦どもからお年寄りまで、 ⼥川の復興と向き合ってきた結果です。 特に⼒を発揮したのが20〜40代の若い世代。 震災当時、還暦だった商⼯会⻑による、 「還暦以上はまちづくりに⼝出すな!若者に任せよ!」の ⼤号令により思考や⾏動に⼀切の制限をかけることなく、 復興まちづくりを主体的に進めました。 私が復興の過程で学んだのは社会と向き合い、 覚悟を決めて⾏動することの重要性です。 ⾃らのポテンシャルを解放し、主体的に社会参画し、⾏動する ⼈や組織が増えるほど、復興の質もスピードも上がる。 ⼀⽅、⽇本全体を⾒渡してみると、 どこか後ろ向きの空気が漂っているように感じます。 復興の10年をただの成功例、あるいは美談として 閉まっておいてはいけない。 ⼥川で得たものをさらに発展させ、 ⽇本へ広げていくことが私の存在意義ではないか。 VENTURE FOR JAPANは、 ⽇本の復興を実現します。 6
  7. Vision 誰もが前向きに⽣きることができる社会 ©VENTURE FOR JAPAN ⽇本が抱えているさまざまな社会課題は、 将来、世界中の⼈々も向き合わなければならない社会課題です。 ただ、悲観的になる必要はありません。課題の先には希望があるからです。 私たち⽇本⼈が先んじてこの社会課題解決に挑戦することで、 世界の希望にすらなることだって夢ではありません。

    私たちは⽇本から世界の希望を創り出し、 誰もが前向きに⽣きることができる社会を⽬指します。 7
  8. 若者の挑戦機会を増やし、ポテンシャルを解放する。 Mission ©VENTURE FOR JAPAN 社会課題に正⾯から向き合い、希望を産むのは若者。 地球の宝物だと思っています。 私たちは若者が挑戦することのできる選択肢を 時代や社会に合わせ、できる限り多く⽤意したいと考えています。 それこそが若者のポテンシャルを解放する機会となり、

    ひとつ、またひとつ、希望を⽣み出していくはずだからです。 8
  9. Core Value ©VENTURE FOR JAPAN 考えて、悩んで、動けなくなって。 ビクビクしながら⾶んでも、遠くには⾏けない。 前例のないことこそ、⾃分がいちばん最初に挑戦する。 思いきって⾶び込んだ⼈だけが⾒ることのできる景⾊がある。 恐れずに。前向きに。私たちはそんな若者の隣に⽴ち、

    共に⾶び込みます。 Jump in Together!! 9
  10. 事 業 概要 ©VENTURE FOR JAPAN 10

  11. ©VENTURE FOR JAPAN 11 起業家志望の新卒学⽣・第⼆新卒の若者が2年間限定で、地⽅のベンチャーや中⼩企業の 経営者直下の事業担当で就職し、「企業」と「若者」そして「地⽅」の成⻑を⽬指す。 ※これまで特別⾮営利活動法⼈アスヘノキボウが⾏ってきた⼀部事業を引き継ぎ、株式会社VENTURE FOR JAPANにて展開していきます。

  12. ⽇本の希望は地⽅に根ざす 中⼩企業とベンチャー企業 ©VENTURE FOR JAPAN 私たちが暮らす⽇本を⽀えているのは⼤企業だけでなく、 国内企業の約8割を占める中⼩企業とベンチャー企業です。 中でも地域社会を背負い、経済を回している 地⽅の中⼩企業やベンチャー企業には尊敬の念しかありません。 地⽅企業の⼒を⼗⼆分に⼒を発揮していただくためには、

    経営者の隣でフットワークよく動くことのできる優秀な 若い経営⼈材の確保が急務です。 ⼥川町にて地⽅企業の優秀な⼈材確保と育成を 経営者のみなさまとともに取り組むなかで実感しています。 起業家志望の若者に 挑戦機会を提供するプログラム 起業家志望の優秀な若者がローカル・スタートアップの経営ポスト として2年間就職するプログラム「VENTURE FOR AMERICA」。 ファウンダーであるAndrew Yang⽒の話を聞き感銘を受けました。 若者は現場で直接経営スキルを習得でき、 地⽅企業は優秀な若い⼈材を確保できる。 さらにプログラム終了後はその地域で起業する 若者が現れ経済を回しはじめる。 若者・企業・地域にとって三⽅よしのエコシステムです。 全⽶の学⽣の間で⾮常に⼈気があるプログラムで、 当時のアメリカ政府から表彰を受けるなど 現在も成⻑と拡⼤を続けています。 ⼥川の若⼿経営者の皆さん達と Venture for America 代表・Andrew Yang⽒と 12 事業の背景
  13. ア ドバ イ ザ ー ・サポ ー ター 事 務局

    メ ン バ ー・イ ン ターン パ ート ナ ー ©VENTURE FOR JAPAN 13
  14. アドバイザー / オフィシャルサポーター ©VENTURE FOR JAPAN アドバイザー 冨⼭和彦 様 株式会社経営共創基盤

    共同経営者 (パートナー) IGPIグループ会⻑ アドバイザー ⼩城武彦 様 株式会社 ⽇本⼈材機構 代表取締役社⻑ アドバイザー ⼭梨広⼀ 様 マッキンゼー・ アンド・カンパニー 元シニアパートナー アドバイザー 安藤美冬 様 作家 コメンテーター アドバイザー ⼩沼⼤地 様 NPO法⼈ クロスフィールズ 代表理事 オフィシャルサポーター ⼩⻄利⾏ 様 POOL inc. 代表/ クリエイティブ ディレクター オフィシャルサポーター 髙島宏平 様 オイシックス ・ラ・⼤地 株式会社 代表取締役社⻑ 14 アドバイザー 宮城治男 様 特定NPO法⼈ETIC. 創設者 オフィシャルサポーター 楠本修⼆郎 様 カフェ・カンパニー 株式会社 代表取締役社⻑ オフィシャルサポーター 津⽥⼤介 様 ジャーナリスト/ メディア・ アクティビスト オフィシャルサポーター ⼩泉⽂明 様 株式会社メルカリ 取締役President(会⻑) 株式会社⿅島アントラーズ ・エフ・シー 代表取締役社⻑ オフィシャルサポーター ⼭内幸治 様 認定NPO法⼈ETIC. 理事・事業 括ディレクター
  15. アドバイザー / オフィシャルサポーター ©VENTURE FOR JAPAN オフィシャルサポーター ⽶良はるか 様 READYFOR株式会社

    代表取締役CEO オフィシャルサポーター 新井和宏 様 株式会社eumo 代表取締役 オフィシャルサポーター 鈴⽊雅剛 様 株式会社 ボーダレス・ジャパン 代表取締役副社⻑ オフィシャルサポーター 三浦崇宏 様 The Breakthrough Company GO 代表取締役、PR/ Creative Director オフィシャルサポーター 廣川克也 様 慶應義塾⼤学 湘南藤沢キャンパス 財団法⼈SFCフォーラム 事務局⻑ 15 オフィシャルサポーター ⾼橋正樹 様 株式会社⾼政 代表取締役社⻑ オフィシャルサポーター 安宅和⼈ 様 慶應義塾⼤学 環境情報学部教授 ヤフー株式会社 CSO ( チ ー フ ス ト ラ テ ジ ー オ フ ィ サ ー )
  16. ©VENTURE FOR JAPAN ⽩川佑希 1986年⽣まれ。東京都出⾝。東京⼤学⼤学院 国際協 ⼒学専攻 修⼠課程を経て、2012年より国際協⼒事業 を扱うコンサルタント会社に勤務。 各種リサーチ業務や、国内⼤学と提携した海外イン

    ターン・短期研修プログラムの⽴ち上げに携わる。 2014年4⽉から1年間スーダンに駐在、紛争後地域の 基本⾏政サービス能⼒向上による復興⽀援を⾏うODA プロジェクトに従事。2015年11⽉に宮城県⼥川町に 移住し、現職。主に活動⼈⼝の増加に関する事業に携 わる。2018年7⽉より、東京オフィスにてVENTURE FOR JAPANプログラム担当。 事務局メンバー 16 豊⽥浩作 1997年⽣まれ。岐⾩県出⾝。下関市⽴⼤学卒業(⼭⼝ 県)。地⽅でずっと⽣きてきたが、就職活動で東京に ⾏った際に、地⽅格差を実感。地⽅でインターンの⽂ 化を作れるサービスだと思い、株式会社タイミーに 2020年に⼊社。1年間、⽀社の⽴ち上げを経験したの ちに、東京異動。主に⼩売企業、⼤⼿飲⾷企業を担当。 太⽥和彦 新卒で住友不動産に⼊社。⼈事(新卒採⽤担当)・住 宅営業・台北事務所副所⻑・上海事務所所⻑等を経験。 その後、⽶国MBA留学を経て、英・L.E.K.コンサル ティングを経て、現在デロイトトーマツファイナン シャルアドバイザリー勤務。同社スポーツビジネスグ ループにて、サッカーJリーグ,ラグビートップリーグ, 東京オリンピック・パラリンピック等スポーツビジネ スを中⼼とした戦略策定・実⾏⽀援プロジェクトに従 事。コーネル⼤学経営⼤学院卒。 原⽥直信 2013年にロート製薬㈱に⼊社。福岡、沖縄、東京で営 業を経験。その後、東⽇本⼤震災の遺児を対象とした 奨学基⾦「公益財団法⼈みちのく未来基⾦」に出向。 更に出向中に⼥川町とロート製薬、NPO法⼈アスヘノ キボウが連結協定を結び始まった「⼥川健康プロジェ クト」にも従事。その後ロート製薬を退社後、「株式 会社つなぐ」を設⽴。キャリアコンサルタント兼産業 カウンセラーとして中⼩企業の従業員に対してメンタ ルヘルスのサポートを実施。また、⼦どもたちのス ポーツを通じて⽣きる⼒を養う「総合スポーツスクー ル」を開校し運営している。
  17. 事務局メンバー ©VENTURE FOR JAPAN 柴⽥春奈 2013年ロート製薬に⼊社。法⼈営業として甲信越エリ アのドラッグストアを担当後、2015年には社内の復興 ⽀援部⾨に公募にて異動。東⽇本⼤震災の遺児を対象 とした奨学基⾦「公益財団法⼈みちのく未来基⾦」に 出向しながら、地域との連携活動に取り組む。2017年

    より広報・CSV推進部にて企業広報に従事。社内外の 広報活動、企業公式noteの運営や採⽤広報にも取り組 む。VENTURE FOR JAPANには複業として関わりな がら、地域の経営者マネジメント層の⽅向けにコーチ ング事業も⾏っている。 ⾕⼝雄太 1993年⽣まれ。三重県⿃⽻市にある⽇本旅館「扇芳 閣」5代⽬経営者。⼤学在学中に、宮城県⼥川町での 復興⽀援事業や、⼀般社団法⼈HLABでの教育観光事 業の⽴ち上げに参画。卒業後は、⽶国の旅⾏会社 Expediaでホテル・旅館事業者向けの収益コンサル ティングに従事。その後、⻑野県⼩布施町で観光 DMOの⽴ち上げを経て、2020年4⽉に家業である⽇本 旅館を継承。「世界で最も⼦育て世帯から愛される旅 館になる」をビジョンに旅館を経営。旅館経営を⾏う 傍ら、⽶国・ニュージーランド代表のチームの野球・ ソフトボールチームのスポーツ通訳を勤める。2020年 ロッテルダム経営⼤学経営学修⼠。 17 豊崎晟永 2001年⽣まれ。⾼知県出⾝。松⼭⼤学経営学部在学。 ⼤学⼊学後から学外において様々な活動を経験。将来 四国の若者が四国で育つ環境構築を⽬指す。 事務局インターン
  18. パートナー ©VENTURE FOR JAPAN 18 事業パートナー 戦略パートナー 栗岡⼤介 様 くりや株式会社

    代表取締役 コミュニケーション パートナー ⾼⽯⼤地 様 株式会社 BuddyCompass 代表取締役 CEO ディライト株式会社 社⻑室⻑ コミュニケーション パートナー ⽥井中友裕 様 株式会社 BuddyCompass 代表取締役 CMO