Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

『公開天文台白書 2018』の作成経過と今後の展望

『公開天文台白書 2018』の作成経過と今後の展望

『公開天文台白書 2018』の作成経過と今後の展望

Tatsuki Yonezawa

October 03, 2023
Tweet

More Decks by Tatsuki Yonezawa

Other Decks in Science

Transcript

  1. 「『公開天文台白書 2018』
    の作成経過と今後の展望」
    米澤 樹(紀美野町みさと天文台)
    澤田 幸輝(和歌山大学大学院観光学研究科)
    尾久土 正己(和歌山大学観光学部)

    View full-size slide

  2. 自己紹介

    View full-size slide

  3. 米澤 樹

    2018年和歌山大学観光学部尾久土ゼ
    ミにて「白書2018」の集計を担当
    課題:学部生の時、天文台のデータがなかった。

    2019年-2021年 民間企業にて物品
    やデータの営業として勤務

    2021年4月-みさと天文台にて勤務
    課題:他の施設と比較できない

    2022年1月 JAPOSへ入会

    現在、「白書2018」の公開に向け進み
    始める

    View full-size slide

  4. 澤田幸輝

    和歌山大学大学院観光学研究科
    • 米澤さんの2つ後輩

    専門:観光研究、アストロツーリズム、
    文化研究
    • 与論島、みさと天文台、和歌山市加太な
    どで実践研究

    2022年3月にJAPOSへ入会
    • 公開天文台関係者の皆さんとお近づきに
    なりたかった!

    「白書2018」の分析担当

    View full-size slide

  5. これまでの経緯
    2018年 2019年 2022年
    JAPOS全国
    大会
    和歌山大学
    尾久土ゼミ
    白書の集計
    を受託
    10/19
    WEBにて調査開始
    11/13
    質問票を郵送(330
    通)
    集計
    1月
    集計完了
    JAPOSへ
    結果報告

    View full-size slide

  6. 回答施設の施設種別割合(n=198)
    集計結果

    集計期間
    2018/10/19-2019/1/31

    郵送数
    330通

    有効回答数
    198館が回答(休閉館を含む)

    回答率
    60%(2006年白書62%)

    View full-size slide

  7. 2018年版について

    View full-size slide

  8. 目的
    より良い公開天文台となるように、現状を知ることで、
    今後の施策・行動の指針/意思決定の材料となるような資料を作る。
    各種研究の
    基礎資料
    各天文台での
    比較資料
    公開天文台の
    全体像を知る
    活用例)論文、研究、調査
    活用例)稟議資料、意思決定補助資料
    活用例)大規模施策、企業の提案資料

    View full-size slide

  9. 方針・目標

    年内に公開

    まずはWEBにて公開

    2006年版同様、白書と要覧
    (データブック)の両方を公開予定

    2018年作成時の課題を記載
    └今後の調査へ提案
    郵送で集まった回答

    View full-size slide

  10. 今後のスケジュール(予定)
    2023年
    JAPOS全国
    大会発表
    (現在)
    完成
    執筆
    集計
    一般公開
    2022年6月 11月 12月
    確認
    修正
    構成の決定

    View full-size slide

  11. 2018年版の課題
    両年で異なる施設種別を選
    択しているケースが目立つ
    (28%)
    例)2006年野外活動施設
    →2018年社会教育施設
    回答の意図が
    不明瞭
    質問項目が膨大
    2006年版と2018年
    版の単純比較が困難
    回答、集計、分析に大きな
    負担
    一方、調査は継続的に行う
    ことが求められている
    質問の意図がわっていな
    い、選択肢が曖昧
    より良い調査が行えるように課題の提起、解決策の提案

    View full-size slide

  12. まとめ
    • 集計担当:米澤、分析担当:澤田、監修:尾久土さん
    • 内容確認・編集:調査研究委員会の皆様
    • 2021年度末JAPOSへ入会したことにより始動
    • 今年中に公開する!!
    • 今後の白書/調査へ活かせるように提案
    皆様のご意見、ご助言、ご指導、ご賛同をお待ちしております!!
    最後に、急なお願いにも関わらず白書2018の公開の場を設けて頂きありがとうございます。

    View full-size slide