Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ビジュアルプログラミングでの開発でAndroid・iPhoneからIoT 〜 MIT App Inventorを使って〜 / IoTLT vol.73

Cd931bc05e7cee46b9a950a63e47ba4c?s=47 yo-to
March 16, 2021

ビジュアルプログラミングでの開発でAndroid・iPhoneからIoT 〜 MIT App Inventorを使って〜 / IoTLT vol.73

Cd931bc05e7cee46b9a950a63e47ba4c?s=128

yo-to

March 16, 2021
Tweet

Transcript

  1. ビジュアルプログラミングでの開発で Android・iPhoneからIoT 〜 MIT App Inventorを使って〜 2021年3月16日 (火) IoTLT vol.73

    @オンライン   豊田 陽介 ( @youtoy )
  2. 豊田陽介(@youtoy) 自己紹介 普段は、某通信会社の研究所勤務 話題のものを たくさん購入 してる気がする ビジュアルプログラミングIoTLT 共同主催、その他にも複数主催 ガジェット好き その他

    IT系イベント主催・登壇・運営、多数参加 子ども向けの活動いろいろ(IT系以外も) プライベートでの活動
  3. 今日の話: ビジュアルプログラミングで スマホアプリ開発

  4. 開発できる機能の例 BLE を使ったデバイス間通信(Androidアプリ⇒toio)

  5. 開発できる機能の例2 BLE を使ったデバイス間通信2(M5Stack Core2 ⇒ Androidアプリ) M5Stack側の開発もビジュアル プログラミング(UIFlow)開発

  6. インターネット経由 で何かやる話

  7. HTTPリクエスト(POST)でLINE通知 LINE Notify を使った LINE 通知(これは iPhone でも動かした)

  8. 動画に出したもの(+α)はQiitaの記事に 音の機械学習 LINE通知 BLE で toio の制御 使い方手順 + 音声合成利用

  9. ここからは説明を

  10. ブロックベースのビジュアルプログラミングで Androidアプリ開発が 行えるもの(最近、iPhone でも動かせる仕組みができた!) MIT App Inventor とは?

  11. iOS・iPadOS のコンパニオンアプリというものが最近リリースされた Android、iOS・iPadOS関連の話 iOS・iPadOS の場合、仲介役 になるアプリがあって、それを 使って動かす Android も仲介役アプリ経由での仕組みがありつつ、それとは別に APKファイルを生成することも可能

  12. 開発はWeb上で: 公式版と日本語対応した 非公式版がある

  13. 例えば 2011年の記事に Google Labs で公開されていて... という話が App Inventor 自体はかなり前からあった 【引用元】

    誰でもAndroid開発できるApp Inventorの基礎知識:App Inventorで アプリ開発はどこまでできるのか(1)(1/3 ページ) - @IT  https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1103/15/news087.html 今はマサチューセッツ工科大学 (MIT)が提供
  14. 特長: 実装できる機能が豊富

  15. アプリの基本的なUI(ボタンやテキストボックス等)以外にも 様々な機能が実装できる! カメラ 音の再生・ 録音 音声認識・ 音声合成 加速度・ジャイ ロ・GPS・方位・ 近接など各種

    NFC も!
  16. 機能はまだまだ ファイルの利用、 ローカルの簡易DB、 クラウド上のDB Bluetooth利用関連、 シリアル通信、HTTP リクエストなど 拡張機能を読み込む ことで、BLEの利用、 機械学習活用(音・

    画像・姿勢)も!
  17. テキストでのプログラミング と比べると

  18. 「ボタンを押すと、音声合成でしゃべる」というだけのもの 非常に単純な機能での比較 MIT App Inventor: ブロック 3つだけ! Java で書くと... ↑詳細はこちらに

  19. IoT関連で苦手かも ⇒ MQTT・WebSocketの 利用は少し面倒そう (標準機能にはない)

  20. 他のビジュアルプログラミングで スマホアプリが開発できるもの

  21. いくつかピックアップ:Kodular App Inventor から派生したものらしい(Androidアプリ開発用) App Inventor にはない部分も (特にレイアウ  トまわり) その他、デフォルトのデザインが良い感じ

  22. いくつかピックアップ:Thunkable iOS・iPadOS のアプリインストールにも対応したスマホアプリ開発 無償プランはいくつか 制限あり。有償のプラン だと Webアプリ開発も

  23. 終わり!