EventGridTopicで手軽にイベントドリブンを手に入れる

 EventGridTopicで手軽にイベントドリブンを手に入れる

7737d8f75b4c89a18e330ec81bb5dba8?s=128

Yu_ka1984

May 27, 2019
Tweet

Transcript

  1. Event Grid Topicで手軽にイ ベントドリブンを手に入れる By yuka abuno Serverless meetup Tokyo

    #12 2019 / 05 / 27
  2. こんにちは、Azure地方から参りました。 • 所属 : シグマコンサルティング株式会社 • Twitter : @yu_ka1984 •

    ブログ書いたりプログラム書いたり • Durable Functions Contributor • C#er(ただしUnityはやってない) • Microsoft MVP for Development Technology (Not Azure) • Webフロントエンド〜スマホ・デスクトップ〜バックエンド・クラウ ド
  3. 質問 サーバレスアーキテクチャ利用してますか?

  4. サーバレスアーキテクチャとかイベントドリブンな開 発凄く好きなんだけど・・・・ でも現実ではMVCフレームワークを使ってサービス 立ち上げることが多いよねぇ

  5. そんなMVCフレームワークWebアプリケーションで も「サーバレスアーキテクチャ」を使っていこう!!

  6. こんな事よくありませんか? • その処理の時にユーザにメール投げて欲しいんだけど。 • その処理の時にSlackに通知して欲しいんだけど。 • その処理の時にカスタマーサービスと連携して欲しいんだけど。 • その処理の時にバックエンド基幹と連携して欲しいんだけど。 •

    その処理の時にPDFをStorageに作成してほしいんだけど。 • その処理の時にetc • その処理の • その
  7. そんなの全部実装していったら・・・・

  8. じゃあ、どうする?

  9. 諦めて同期的に実装する? • 気がついたらなんか重いサービス • 1ロジック内に色々な処理を実行 -> 耐障害性の低下(冪等性、リ トライ、etc

  10. RDBのレコードにフラグを追加して定期バッチ処理で後から実行 • バッチ実行頻度は?(リアルタイム性) • 1回のバッチ実行件数は?(バッチ突き抜け問題) • そもそも「その処理」がRDB更新処理ではなかったら? • 気がついたらフラグ沢山・・・・

  11. メッセージングサービスを使って非同期処理 • 「「これならいける!!」」のだけど・・・

  12. メッセージングサービスを使って非同期処理 • いつのまにか、メッセージングサービスが沢山に・・・

  13. 運用開始後のメンテナンスとして 何かの処理の後に何かを追加するのはよくある事。

  14. ならば 始めからアプリケーション全体のアクティビティを1 つのメッセージサービスに集約 あとから自由にアクティビティを購読できると素敵な のでは?

  15. None
  16. メッセージングサービスに欲しい性能 • 1つのメッセージングサービスにアプリケーション全体のアク ティビティを集約 • 1つのメッセージングサービスから欲しいアクティビティのみを 購読 • お手軽に安く。でもスケーラブルに。 •

    Subscriberの自由度が欲しい。
  17. Azure Event Grid \ \ \ Topic / / /

  18. Azure Event Grid • イベント ベースのアーキテクチャを備えたアプリケーションを 簡単に作成するためのサービス • Azureの様々なサービスをPublisherとして設定でき、必要なメッ セージのみをフィルタリングして購読できる

    • 購読はWebHookで受け取れる。(Push型) • 従量課金なサーバレスメッセージングサービス
  19. None
  20. Azure Event Grid Topic • TopicエンドポイントにメッセージをHttp Postする事で独自イベ ントをPublishできる。 • AzureのサービスでなくてもPublisherになれる

    • Pub/Subがプッシュ/プッシュ型 • 通常のEvent Gridはクラウドインフラのレイヤーのイベントを取 り扱うが、Custom Topicを使用する事でアプリケーションレイ ヤーのメッセージングサービスとして機能する
  21. メッセージの中身 { "eventType" : "OrderCreate", "Subject" : "Order/Create/12345", "Data": {

    "No": 12345, "Date": "2019/05/27", "Customer": "1302834u" } }
  22. 購読時のフィルタリング • EventTypeでフィルター • EventTypeは複数指定可能(OR) • Subjectの StartWith / EndWith

    でフィルター可能 • 高度なフィルタリングとして • EventType/Subject以外にもDataなどからフィルタリングが可 能(And)
  23. SLAと料金とリトライと • SLA : 99.95 • 月に500万回Publishして500万回配信した場合 • ¥ 665.280

    • MSさんはこのサービスで儲けようとはしていない? • リトライ : 最大1日 / 30回 までリトライする ( WebHook ) • 1日以上はリトライできない / 30回以上はリトライできない • 最終的に失敗したら? • デッドレターとしてAzure Storage Blobにメッセージを保存できる • Storage Blobへの保存をトリガーにして色々組んでおけばOK
  24. 悲しい部分( *´Д⊂ グスン… • Custom TopicへのpublishにRate Limitがある(5000/sec) • POST時に429が返ってくるのでリトライする •

    アプリケーションの規模が大きくなってきた時にネックにな る可能性がある。 • アクティビティの種類、単位を絞る • より大規模に対応可能なメッセージサービスへの移行 • Microsoftに文句を投げつける
  25. 開発者目線 • アプリケーション全体の処理で同期/非同期を明確にする事でパ フォーマンス面の考慮や障害時の復旧処理などの設計が楽に • メッセージサービスが沢山にならなくて管理が楽 • Subscriberの選択幅が広い(FunctionsだけでなくLogic Apps(ノー コーディングワークフロー)などが使える)

    • コードを見るだけでは、どのアクティビティに対してどの処理が 発生するかが分からなくなりやすい • ドキュメント類をちゃんと書けば特に問題ない
  26. Event Grid Topicを使って気軽なイベントドリブンな 開発をしましょう。