個人開発 of『個人開発がやりたくなる本』 #AlchemyHackers / 20191211

56ae61a2631362f985e4c1fa4548a7ac?s=47 yuzutas0
December 11, 2019

個人開発 of『個人開発がやりたくなる本』 #AlchemyHackers / 20191211

「個人開発がやりたくなる LT会」の登壇資料です。
https://alchemy-rb.connpass.com/event/156757/

56ae61a2631362f985e4c1fa4548a7ac?s=128

yuzutas0

December 11, 2019
Tweet

Transcript

  1. 個人開発 of
 
 『個人開発がやりたくなる本』
 
 
  2019-12-11
 個人開発がやりたくなるLT会
 


    presented by @yuzutas0
  2. 資料はWEBに公開済みです #AlchemyHackers
  撮影やメモは不要です。
  リラックスして聞いていただければと思います。 
 
 スライド 35枚/15min
 
  ちょっと駆け足で話します。
  興味のあるところだけでも気軽に聞いてください。


     何か1つでも持ち帰っていただければと思います。   免責・注意事項
  3. はじめに  At First

  4. 個人開発の本を自費出版したぜ!
 
 個人開発で学んだテクニックは
 他でも活かせるんだぜ!   話すこと 1 2

  5. @yuzutas0   話すひと

  6. https://speakerdeck.com/yuzutas0/20170729   個人開発

  7. http://yuzutas0.hatenablog.com/entry/2017/11/20/080000   1日でWebサービスを作る

  8.   メディア掲載

  9. 個人開発者13名による
 個人開発の体験談をまとめた合同誌
 
 •WEBサービス&アプリ開発のコツ
 •失敗談やバズった話
 •他では言えないお財布事情 これから個人開発を始めたい方、
 サービスを運営中の方におすすめ!   『個人開発がやりたくなる本』

  10.   メイキング・エピソード

  11. メイキング・エピソード  Realize

  12. 個人開発の本を自費出版したぜ!
 
 個人開発で学んだテクニックは
 他でも活かせるんだぜ!   話すこと 1 2

  13.   実はちゃんと考えている ・01: マーケットサイズはあるか? ・02: 顧客と提供価値は何か?
 ・03: 本質的な需要とは何か? ・04: 置き換える既存の需要は?


    ・05: いかにサービスを提供するか?
 ・06: 顧客の具体的な利用シーンは?
 ・07: 顧客を引きつけるUIは? ・08: いかに品質を高めるか?
 ・09: いかに素早くMVPを作るか?
 ・10: 詳しくない分野の知識をどう補うか? ・11: いかに認知してもらうか?
 ・12: 余剰利益を再投下して宣伝できないか?
 ・13: 安定して進捗を出すにはどうする?
  14.   01.マーケットサイズ 書籍の売上
 ポテンシャル 単価
 1,500円 購買
 xxx人 = ×

    購入想定ペルソナのうち「プログラミング初心者」は
 層が厚い&今後も伸びそう
  15.   02.顧客と提供価値 多 口 コ ミ これから
 個人開発を
 する人 まさにいま


    個人開発を
 している人 かつては
 個人開発を
 していた人 自分もやってみたい!
 プログラミング初心者 共感「こういうことあるよね」 
 発見「これはマネしてみたい」 再挑戦のキッカケ
 ベテラン
  16.   03.本質的な需要 テクノロジー ここ最近は
 サービスやアプリを
 手軽に開発可能 変わるもの 変わらないもの 創作意欲 250万年前には


    クリエイティブ人材が
 石器を個人開発
  17.   04.既存の需要 『プログラミング初心者が
 WEBサービスを作りました』 オンライン(記事) オフライン(書籍) 一次 二次 結果 『WEBサービスを作るなら


    読みたい10の記事』 事実:よくバズる 個人開発の
 事例集 仮説:売れるのでは?
  18.   05.キュレーション提供 ・知見
 ・体験 編集 ・知見
 ・体験 ・知見
 ・体験 開発者

    読者 モチベ↑ 書籍
  19. ブログ記事をブックマークするだけでは得られないUX   06.読者がこの本を手元に置く意味 When この本は「創作活動の合間の休憩時間」で読む本。 Where この本は「部屋のベッド」に寝転がって読む本。 How この本は「ペラペラとめくって」好きなところを眺める本。 Who

    この本は「読者と同じ目線に立つ挑戦者たち」の本。 What この本は「解像度の高い具体例」が豊富に記されている本。 Why この本は「自分も負けないように頑張ろう!」
 「作業を再開しよう!」と勇気をもらえる本。
  20.  多数の本のなかで表紙を
  見てもらえるのは一瞬。
 
  Impressionを最優先に。
  だけど不快感を与えずに。 
 
  鮮やかな黄色。
  注意を引きつける警戒色。
 


     タイトルはシンプルに。
  伝えるべき要素を最小文字数で。   07.さっと手に取ってもらえるUI 制 約 ・ 目 的 レ イ ア ウ ト
  21. 初期リリース後の改善
 (推敲)を重視。 毎週PDFをアップデート
 →メンバーに配布。 何度もPDFを読み直して
 気になった箇所を修正。   08.アジャイル執筆・編集 1 2

    3
  22.   09.高速プロトタイピング ブログ記事をコピペ →   ローソンで印刷 1 2

  23. 頼れるところは
 専門家に頼る。 印刷・製本は よくわからないので
 御茶ノ水へ。 日光企画さんに 教えていただきました。   10.専門家ヒアリング 1

    2 3
  24.   11.販売促進・宣伝 手動CRM 感想まとめ 経過報告

  25. 紹介記事を書いてくれた人に
 ギフト券1,000円プレゼント! ・1,500円の本はLTVが最大1,500円。 ・購入CPAが1,500円を超えるのはNG。 ・1,000円で1人でも購入したら回収可能。
 ・良質なリンクが増えるとSEO観点で望ましい。   12.紹介キャンペーン ブログ記事
 (ストック)

    有料広告
 (フロー) >
  26. Googleカレンダーで
 「作業時間」と
 「作業場所」を確保する。
 
 モチベーションではなく
 仕組みで進捗を生む。   13.仕事術

  27. 自費出版 = 個人開発  Summary

  28. 個人開発の本を自費出版したぜ!
 
 個人開発で学んだテクニックは
 他でも活かせるんだぜ!   話すこと(再掲) 1 2

  29. ・01: マーケットサイズはあるか? ・02: 顧客と提供価値は何か?
 ・03: 本質的な需要とは何か? ・04: 置き換える既存の需要は?
 ・05: いかにサービスを提供するか?


    ・06: 顧客の具体的な利用シーンは?
 ・07: 顧客を引きつけるUIは? ・08: いかに品質を高めるか?
 ・09: いかに素早くMVPを作るか?
 ・10: 詳しくない分野の知識をどう補うか? ・11: いかに認知してもらうか?
 ・12: 余剰利益を再投下して宣伝できないか?
 ・13: 安定して進捗を出すにはどうする?   自費出版でやったこと 個人開発と
 同じ!
  30.   プロダクト開発 やっていることは一緒。 どちらもプロダクト開発。

  31.   「個人開発」最強論 開発もデザインもマーケティングも
 個人開発を通して学ぶことができる。 オーナーシップを持ってプロジェクトを
 推進することで得られるものは多い。
 挑戦に「失敗」なんかない!
 やればやるだけ得られるものがある! 1 2

    3
  32.   クリエイターに「失敗」はない 失敗というのは
 
 いいかよく聞けッ!真の『失敗』とはッ!
 開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に
 無縁のところにいる者たちの事をいうのだッ! 個人開発に失敗なんか存在しないッ!
 存在するのはクリエイターだけだッ! Inspired

    by『スティール・ボール・ラン』 https://www.pexels.com/photo/man-standing-on-top-of-mountain-2695232/
  33.   伝えたいこと 個人開発を通して得たものは
 きっと他でも活かせる。 不安に思う必要はない。 
 好きなように楽しめば良い。 あなたの心のままに。

  34. 個人開発 of
 
 『個人開発がやりたくなる本』
 
 
  2019-12-11
 個人開発がやりたくなるLT会
 


    presented by @yuzutas0 完
  35.  ご清聴ありがとうございました!