Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

事業推進と現場課題解決の両立を目指すプロダクト開発

10xinc
September 20, 2023
680

 事業推進と現場課題解決の両立を目指すプロダクト開発

10xinc

September 20, 2023
Tweet

More Decks by 10xinc

Transcript

  1. ©2023 10X, Inc. 自己紹介 宮前 宏一
 2009年スマホアプリの運営会社に入社。ソーシャルゲームの 企画・運営などを担当の後、USで北米向けアプリの企画開 発を担当
 2018年メルカリ入社しメルカリUSのPMとしてGrowth施策の

    推進・CRM基盤の開発などを担当。2019年10月にメルペイへ 異動し、大型キャンペーンやGrowth基盤などのPMを担当 
 2022年10月に10Xへ入社。お届けチームのPdM 
 

  2. © 2021-2022 10X, Inc. 3 10xを創る 1. 人が実際に抱えているイシューを見つけ出し、解決すること 2. 今ある技術の組み合わせで解決できること

    3. 巨大で負があるマーケットであること Our Mission 以下3つを同時に満たすことで 10x=非連続な顧客価値を作り・届けることを目指します
  3. ©2023 10X, Inc. 本日の献立 1. Stailerの紹介 2. 直接的に事業を伸ばす開発 3. 現場は日々困っている

    4. 現場改善を進める取り組み 5. より良いオペレーションの実現に向けて
  4. ©10X, Inc. All Rights Reserved. ネットスーパーに必要なすべてのプロダクトを開発・運営 7 お客様向け アプリ 実店舗同様の

    購買体験をご提供 (数万SKUの商品等) 店舗スタッフ向け アプリ ピッキング パッキング お客様へのご連絡 配達スタッフ向け アプリ ラストマイル 配達業務 小売本部向け 管理画面 在庫管理 売上確定 POS連携 Stailerの紹介
  5. ©2023 10X, Inc. 現場は日々困っている 現場は日々困っている 新しい機能も大事だけど、少しは 現場の声も聞いてくれないか なぁ。使いづらくて毎日困ってるん だけど・・・
 ※あくまでイメージです


    ここでこの操作したい んだけど、なぜできな いの?
 この作業はアプリで 完結したいのに、毎 回管理画面開くのが 大変 
 このダイアログ、な んで毎回表示され るの? もっとサクサクでき ない?
  6. ©2023 10X, Inc. 1秒の改善が大きなインパクトになりうる 注文点数
 1点
 あたり工数
 削減秒数
 削減幅=
 ×


    ×
 ピッキング (=売り場で商品を集める作業 )を例にした場合 工数削減により、受注可能な注文数が増加
 結果としてGMV増加に繋がる
 現場は日々困っている
  7. ©2023 10X, Inc. バランス良く組み合わせるために 1. ロードマップ作成段階で詰め込みすぎない 2. 隙間に備え、開発着手可能なアイテムを貯蓄しておく ロードマップアイテム 


    ロードマップアイテム 
 隙間
 開発
 開発
 隙間
 ブロッカーあり
 より良いオペレーションの実現に向けて