Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

新入生向けチュートリアル:文献のサーベイ

 新入生向けチュートリアル:文献のサーベイ

9e650916f36300d64c9c61eeb4ab697e?s=128

Taichi Aida

June 22, 2022
Tweet

More Decks by Taichi Aida

Other Decks in Research

Transcript

  1. 文献のサーベイ D1 相田太一 2022/06/29 新入生向けチュートリアル

  2. 過去のチュートリアル - tmux について紹介しました 2

  3. はじめに - 本チュートリアルでは、論文の - 種類 - 探し方 - 読み方 -

    管理 について説明します 3
  4. 論文の種類 - 論文誌 - (複数回の)査読を受け、採録されたものが掲載 - 査読→修正・提出 を複数回繰り返す - 国際会議

    - 査読を受けて採録されたものが掲載 - 会議・ワークショップなどレベルは様々 - 国内会議 - 査読がないものが多い(大会、研究会など) 4
  5. NLP 関連の論文誌・会議 - 論文誌 - TACL - 言語処理学会論文誌 - 国際会議(順位は小町先生の記事を参考)

    1. ACL, NAACL, EMNLP 2. COLING, EACL, AACL, (IJCNLP, LREC) 3. PACLIC, PACLING, CICLing, RANLP - 国内会議 - 言語処理学会年次大会 - 情報処理学会自然言語処理研究会(NL研) 5
  6. 文献、どう探す? - 初めての分野 - 慣れた分野 に分けて(ざっくりと)説明 6

  7. 初めての分野:代表の論文を探す - Google Scholar - 引用数でその論文のインパクトを知ることができる - 例: semantic change

    の結果1ページ目 - ACL anthology - キーワード検索 - 先輩から教えてもらう - (特にトップ会議の論文は押さえておくと良い) 7
  8. 慣れた分野:最新の論文を追う - arXiv - 査読前後の原稿が(ほぼ毎日)大量に上がる - 質が保証されていないので、全てを追う必要はない - 例:タイトルを眺めて気になるものだけ概要を読む -

    Google Scholar - キーワードに関連する論文をメール通知 8
  9. 他の分野についても知る - 他の研究分野の動向も知っておくと良い - 知識・技術を自分の分野に活かせるかも? - 例:各言語の単語埋め込みから言語間で意味の似た単語を獲得 →異なる言語 を 異なる時期

    に置き換えて応用 - 外部から情報収集すると楽 - ステート・オブ・AIガイド など 9
  10. 論文の読み方 - 「全部読む」だけではない(誤解しがち) - abstract のみ - abstract + introduction

    + 図表 + conclusion - 全部読む 10
  11. 論文の読み方 - 「全部読む」だけではない(誤解しがち) - abstract のみ - abstract + introduction

    + 図表 + conclusion - 全部読む 11 速読 精読
  12. 論文の読み方:速読 - 論文100本ノックなど、たくさん読む時 - 落合先生のフォーマットがとても便利 - どんなもの? - 先行研究と比べてどこがすごい? -

    技術や手法のキモはどこ? - どうやって有効だと検証した? - 議論はある? - 次に読むべき論文は? - 上記の質問に答えられるように(ざっくり)読む 12
  13. 論文の読み方:精読 - 研究に直接関係する論文、論文紹介向け - 自分の研究と同じく他人に説明できるように - 1文1文丁寧に読む - 隠された意図があるのかも -

    (穴が開くほど読め、と言われました) - 「どういう背景でその研究に辿り着いたか」も理解 →関連研究も重要(必要があれば読む) - (余裕があれば)実装も確認する - (余裕があれば)その論文の続きをどうするか考える 13
  14. 文献管理 - 読んだ論文は管理しないと忘れてしまう - 論文を書くときに困る - (あの論文のタイトル、何だっけ…) - 文献管理ツールを使うと良い -

    Paperpile($2.99/月) - ブラウザで完結、Google Drive との同期、高速 - Zotero(無料) - Mendeley(無料) - たまに大学図書館で使い方の講習がある - Google Spread Sheet(無料) - 最低限 - 自分で全て面倒を見られるなら良いのかも 14
  15. 読んだ論文のまとめ - 面白い論文はまとめて公開しておくと良い - B4〜現在の3年間で230本(最近さぼりがちですが…) - たまに読んでくれた人から連絡がくる - 就活の際にもアピールできるかも 15

  16. まとめ - 論文の種類 - 論文誌 - 国際会議 - 国内会議 -

    論文の探し方 - 初めての分野:代表の論文を探す - 慣れた分野:最新の論文を追う - 他の分野についても多少知っておくと良い - 論文の読み方 - 「全部読む」だけではない 16