千住の文人 建部巣兆 / TAKEBE Socho

千住の文人 建部巣兆 / TAKEBE Socho

4e3cd72f3912152ad139aa97d8481dbc?s=128

AdachiCityMuseum

July 09, 2020
Tweet

Transcript

  1. 建部 巣兆 たけべ そうちょう 千住の文人 建部巣兆《盆踊図》当館蔵 1 令和 2 年

    7 月 9 日
  2. 建部 巣兆 (宝暦11~文化11年、1761~1814) ・千住河原町に暮らした俳人で、 絵師としても活動しました。 たけべ そうちょう ・亀田鵬斎、酒井抱一、大田南畝ら 下谷(現 台東区)の文人たちと親交し、

    彼らと千住の人々が交友を深め る架け橋となりました。 坂川屋鯉隠《建部巣兆像》 東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives Source:http://tnmArchives.jp/ ・俳句(正確には俳諧)の師匠として、 千住の人々による俳句団体 「千住連」を指導しました。 2 人々に慕われた俳人にして絵師 か わ ら ちょ う せ ん じゅ し た は い じ ん せ ん じゅ れ ん か め だ ぼ う さ い さ か い ほ う い つ お お た な ん ぽ し た や か は い か い
  3. 江戸時代「文人」たちの文化 ・かつて中国で、高い教養を持ち、詩文や書画に精通して風雅な生活を送る人のことを 「文人」と呼んでいました。 ・江戸時代後期、中国の「文人」への、あこがれを持った各地の人物たちが、詩や書画、 俳句、狂歌などを通じた交流を楽しんで、独自の文化を築いたのです。 亀田 鵬斎(儒学者・書家) 〈巣兆と親交を結んだ下谷近隣の文人たち〉 ・江戸下谷には著名な文人が数多く暮らしましたが、千住にも巣兆をはじめ多くの文人がいました。 酒井

    抱一(俳人・琳派絵師) 大田 南畝(戯作者・狂歌師) 画像はいずれも野村文紹『肖像』(国立国会図書館蔵)より ぶ ん じ ん ふ う が 3 し た や
  4. 千住の文人文化の起点となった巣兆 ・巣兆は下谷を拠点にする酒井抱一や谷文晁たち江戸の文人の親しい友人でした。 ・巣兆の交友関係は、巣兆に絵や句を学んだ坂川屋鯉隠ら千住の人々に引き継がれ、 抱一や文晁の芸術を受け継ぐ人物が足立地域に現れることへと繋がっていきます。 ※赤枠:足立地域で活動した絵師。 …:交友関係 ―:師弟関係 4 た に

    ぶんちょう さ か い ほ う い つ さ か が わ や り い ん
  5. 俳人 建部巣兆 ・巣兆の父は、日本橋に暮らす 山本龍斎という書家でした。 加舎白雄の代表的俳書『俳諧寂栞』(文化9年刊) に収録された巣兆の句。 ・白雄の下で早くから頭角を現し、 江戸時代後期を代表する俳人 の一人となります。 「

    芹 生 に て 芹 田 持 ち た し 春 の 雨 巣 兆 」 5 ・巣兆は、父の友人で、多くの門人 を抱える江戸の著名俳人、加舎 白雄に俳句を学びます。 は い じ ん た け べ そうちょう や ま も と りょ う さ い か や し ら お と う か く せ り う せ り た
  6. 巣 兆 の 句 大 あ た ま 御 慶

    と 来 け り 初 日 影 蓮 根 の 穴 か ら 寒 し 彼 岸 す ぎ い く と せ も 花 に 風 吹 さ く ら か な 我 か ら と 藻 屑 の 中 に 啼 蛙 芋 の 葉 で 一 夜 育 ん 初 な す び 関 の 戸 に ほ の ぼ の 見 ゆ る 糸 瓜 か な 十 六 夜 も は づ れ て 松 の 草 鞋 哉 急 が ね ば 初 雪 の ふ る 旅 路 か な 煤 竹 も た は め ば 雪 の 雀 か な ※ い ず れ も 巣 兆 没 後 刊 行 の 句 集 『 曽 波 可 理 』 ( 文 化 十 四 年 刊 行 ) よ り 。 6 ぎ ょ け い き は つ ひ か げ れ ん こ ん ひ が ん か ぜ ふ く も く ず な く か わ ず い も そ だ て へ ち ま い ざ よ い わ ら じ か な た び じ す す だ け す ず め
  7. 絵師 建部巣兆 ・巣兆は絵師としての足跡も残して います。水墨画の画法と、緻密な 大和絵を学んで、自ら「倭絵師」 と称しました。 ・さらに、絵に俳句を添える「俳画」 を得意として、まるで《鳥獣人物 戯画》の作者とされる鳥羽僧正 や、江戸時代京都の俳人・絵師、

    与謝蕪村のようだと評価されました。 7 建 部 巣 兆 の 俳 画 《 「 連 翹 や 」 自 画 賛 》 ( 当 館 蔵 ) ※ 鵙 の 絵 の 左 上 に 「 連 翹 や 鵙 の わ ら し の か け 所 」 の 俳 句 を 記 し て れ ん ぎ ょ う も ず ち み つ や ま と え や ま と え し は い が ちょうじゅう じ ん ぶ つ ぎ が と ば そ う じょ う よ さ ぶ そ ん 絵 と 俳 句 を 一 致 さ せ て い ま す 。 じ が さ ん
  8. 巣兆の絵画 《 盆 踊 図 》 《 鷹 図 》

    《 「 蝿 追 ふ て 」 自 画 賛 》 8 大 和 絵 水 墨 画 俳 画 ぼ ん お ど り ず た か ず は え お ※ 左 上 に 「 蝿 追 ふ て ひ ょ う た ん 町 に 入 に け る 」 の 俳 句 が 記 さ れ ま す い り
  9. ・寛政(1789~1800)初頭、巣兆は千住 の商家、藤沢家の養子となります。 ・さらに、千住の俳句団体「千住連」 の指導者となる他、絵師として 地域からの依頼に応えて、掛軸 や屏風を描きました。 千住の巣兆 ・その後、千住河原町に「秋香庵」 と名付けた庵を建てて隠居しま した。

    巣兆編の俳書『はいかい小がさわら』(文化10年刊) 「千住連」の面々の句が掲載されます。 9 ふ じ さ わ しゅ う こ う あ ん い お り い ん きょ せ ん じゅ れ ん か け じ く びょ う ぶ こ た
  10. 千住に伝来した大作《吉野山桜竜田川紅葉図屏風》 江戸時代後期 (当館蔵 名倉家寄贈) よ し の や ま ざ

    く ら た つ た が わ も み じ ず び ょ う ぶ ・奈良の名所を描いた一双の屏風。千住宿の商家の依頼で制作され、以降千住の旧家 に伝えられてきました。 10 ・金や群青といった高価な絵の具を使い、緻密に描き込まれた、巣兆渾身の一作です。 ぐんじょう ち み つ こ ん し ん
  11. 右隻 満開の桜が咲き誇る吉野山 複雑な川の流れの中、上流 で切り出した材木でいかだ を組んで、下流へと運ぶ 人々の姿も描かれます。 青々とした松の緑と共に、 古くから知られる「吉野の 桜」が咲きほこります。 何気ない人々の暮らしが、

    優しい眼差しでとらえられ ています。 11
  12. 左隻 鮮やかに紅葉色づく竜田川 まるで和歌の世界のような 紅葉の流れる竜田川。 竜田川沿いの田んぼの中で、 農作業に精を出す人々。 一本一本、緻密に描き込ま れた田の稲も見どころです。 百人一首の歌にもある紅葉の 名所、竜田川。お堂の周囲に

    松と共に鮮やかな紅葉が色づ きます。 12
  13. お わ り 足立区立郷土博物館 千住に暮らし、 俳句と絵で活躍した建部巣兆。 その豊かな交友が、後世に続く 足立の芸術文化の基盤となりました。 編集:学芸員 小林優

    13