$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

株式会社ユビレジ_採用ピッチ資料 / Ubiregi_CompanyProfile

株式会社ユビレジ_採用ピッチ資料 / Ubiregi_CompanyProfile

はじめまして、株式会社ユビレジの採用担当です。
会社概要やプロダクト情報、働く環境などユビレジを知っていただきたく、採用ピッチ資料を作成しました。
主にエンジニア採用向けの内容とはなっていますが、その他のポジションも募集中です!
採用選考時や弊社に少しでもご興味がある方は是非、ご覧ください。

募集一覧:https://herp.careers/v1/ubiregi
コーポレートサイト:https://corp.ubiregi.jp/
サービスサイト:https://ubiregi.jp/

株式会社ユビレジ

September 29, 2022
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. 2022.9 会 社 紹 介 資 料 COMPANY PROFILE

  2. 目次 002 003 004 005 014 018 027 032 目次

    ユビレジのめざすこと ユビレジのはじまり Company- 会社概要- Service -プロダクト紹介- Team Ubiregi-ユビレジのエンジニア組織とは- Work Environment- 働く環境- Recruit- 採用情報-
  3. 労働人口の 7 割を占める サービス産業の データインフラを整備する。 お客様の「注文」をスイッチにシステムでドミノ倒しのように 「レジ」「集計」「在庫確認」などアクションが自動でつながるインフラを整え、手間を圧倒的に減らすこと。手間 を減らしてお客様と対面する時間、エネルギーを最大化すること。 生産性向上が国家としての課題になっている昨今、 この取り組みこそが生産性向上と対面するビジネス価値向上につながるのです。

    ユビレジのめざすこと 003
  4. 指先から、 レジから 人 が人と対面する仕事を社 会を変えていく。 創業者の木戸が、学生時代アルバイトしていた BAR で経験したアナログな会計管理。 二度手間、三度手間が当たり前だったサービス業の事務作業を「何とかしたい」と 誕生したのが『ユビレジ』です。

    テクノロジーによって無駄を省き、人が本来やるべきサービスに専念できる世の中に変えていきたい。 その実現に向け、私たちはプロダクトの開発と提供を続けて参ります。 ユビレジのはじまり 004
  5. 会 社 概 要 Company 005

  6. 社名 所在地 設立 代表 取締役 社外取締役 執行役員 経営顧問 資 本

    金 株式会社ユビレジ 東京本社 〒151-0051東京都渋谷区千駄ケ谷3丁目51-10 PORTALPOINT HARAJUKU 606号室 大阪支店 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6 桜橋八千代ビル5階E号室 2009年9月 木戸 啓太 小谷 敦子 宇陀 栄次 竹内 歩夢、渡邉 浩平 森川 亮 490,000,000円 (2022年4月現在) 会社概要 006
  7. 代表取締役 CEO 木戸 啓太 @KeitaKido 大学院在学中の2 0 0 9 年、ユビレジの前身である"

    ホームサーチ株式会社" を学生仲間2人と設立し不動産系のビジネスを開始しようと思っていた矢 先、リリースされたi P a d を見て「今後、絶 対にビジネス用途としてタブレ ット市場が伸びる」と思い方向転換。2 010 年8 月、i Pad POSレジアプリ「 ユビレジ」をリリースし、現在に至る。 セールスフォース、シトリックスシステムズなど急成長した外資系IT企業で、 20 年以上にわたりマーケティングの要職を歴任。2010 年から約8 年在籍したセ ールスフォースでは、クラウド黎明期にマーケティングとPRで同社のブランド認 知を向上、その間10 倍以上に成長した業績に大きく寄与。2021年5月に株式会 社ユビレジの執行役員CMOに就任、2022年5月より取締役CMOに就任。 取締役 CMO 小谷 敦子 代 表 • 経 営 陣 紹 介 007
  8. 執行役員 /Chief Architect 竹内 歩夢 https://github.com/pomu0325 中学時代より独学でプログラミングを習得。学生時代からベンチャー企業2社に てソフトウェア開発に携わり、個人事業時期を経て起業。2012年12月にユビレジと の連携サービス「FlickOrder(現:ユビレジ ハンディ)」「現:ユビレジ

    for Salesforce」を開発・公開、2015年1月にユビレジへ事業譲渡しジョイン、現在は 執行役員チーフアーキテクトを務める。 •「Flick Order(現ユビレジ ハンディ)」https: //ubiregi.jp/handy •[IPA] アプリケーションエンジニア(2002) ( 現「システムアーキテクト試験」) •[IPA] テクニカルエンジニア(データベース) ( 2002) ( 現「データベーススペシャリスト試験」) 新卒で電通国際情報サービスに入社、その後NT Tデータ、ECソリューションベ ンチャーなど複数社の営業/サービス企画に従事。前職のGMOシステムコンサ ルティングでは営業・マーケティング部門の管掌取締役として事業牽引し、業 績拡大に貢献。2022年5月付で、株式会社ユビレジの執行役員(営業部門管掌)に 就任。 •[IPA]ITストラテジスト •ITコーディネーター 執行役員 渡邉 浩平 代 表 • 経 営 陣 紹 介 008
  9. iPad POS レジ 「ユビレジ」をリリース 株式会社セールスフォース・ジャパンと 日本ベンチャー初の資本業務提携 「セルフオーダーシステム」 提供開始 「中小企業からニッポンを元 気にプロジェクト」に参画

    木戸 啓太が学生仲間 2 人と ホームサーチ株式会社を設立 「株式会社ユビレジ」 に社名を変更 「ユビレジ QR オーダー」 をリリース 「ユビレジ QR オーダー&決済」 をリリース 2015 年 12 月 「Ruby biz Grand Prix 2015」大賞 を受賞 2016 年 3 月 株式会社きちりと資本業務提携 2016 年 10 月 「第 1 回パッションリーダーズアワード」 にて代表木戸が大賞を受賞 2018年 8 月 「セルフオーダーシステム」提供開始 2020 年 2 月 サービス名及びロゴを一新 2022 年 4 月 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」に 参画 「ユビレジ for Salesforce」をリリース 「FlickOrder」 ( 現 : ユビレジ ハンディ) をリリース 「StockScan」( 現 : ユビレジ 在庫管理 ) リリース 2009 2010 2011 2012 2013 2018 2020 2021 2022 沿革 009
  10. Mission ミッション 「 サービス 産 業 のため のデータインフラを 整 備

    する 」 Vision ビジョン 「 世界 の 価 値 創 造 量を 爆 発 的 に 増 やす 」 ミッション• ビジョン 010
  11. 顧 客 価 値の 提 供 顧客が実感した価値の総和がサービスの価値であり、それを最大化する 基 盤 の

    強 化 インフラ(経営、店舗運営、情報)の提供者として、 信頼される基盤(企業基盤、サービス基盤、信頼されるブランド)を作る。 会 社と個 人の成 長 会社も個人も日々成長し続ける。 (顧客価値提供活動を機会として捉え、会社と個人が成長につなげる) 革 新 性とスピード 変化の激しい時代において、常に革新し、スピード感を持って行動する。 勝 つため の チ ームワーク ビジネスは団体ゲーム。ゲームは勝たなければ面白くない。チ ームワークでゲームに勝つ。 バリュー 011
  12. 主体的である 生産的である プロとしてセルフマネジメントする 成長し続ける オープンでフラットなコミュニケーションをする 官僚的な組織ではなく、ベンチャー的な組織 平等ではなく、公平 チームユビレジ シェア、情報共有、見える化 顧客の期待を超える価値を提供する

    ユビレジウェイ( 行 動 指 針 ) 012
  13. “ 自分達は生きている間に何ができるんだろう、 次の世代に何が残せるんだろう” そういった問いから、次の世代の社会インフラとなるようなサービス開発を目指すため、ユビレジはスタートしました。 “ Sof tware is eating the

    world” と言われているように、計算機やインターネットの利用は、当初一部の業界で始まったにも関わ らず、今やその枠を超え数々のメーカーのあり方を変え、消費者の生活を劇的に豊かにしています。 一方で、私が昔働いていた飲食店や実家の商売であった小売店といったサービス業では、紙の伝票、電卓、FAX を使ったアナロ グ業務がまだまだ多く残っています。アナログを IT 化すればいいと思われがちですが、 サービス業の現場で働く方々は、決して IT 活用に明るい訳ではありません。 これまでのエンタープライズソフトウェアのように高機能で複雑なものではなく、現場の方々がカンタンに導入し、カンタンに使 いこなせることが必要です。さらなる IT 活用を行うことで、業務が効率化・高付加価値化するだけでなく、商売の現場が データ化され、サービス産業全体の二度手間、三度手間、四度手間が無くなります。 ユビレジはそのためのインフラを整備しています。 ユビレジでは「カンタンがいちばん」をコンセプトにサービス創りを行っており、誰もがカンタンに導入し、使いこなすことが できるインフラとなるようなサービスを目指しています。 こういったインフラが整っていくことで、業界全体の生産性が高まり、新たなサービスが生まれ、消費者への提供価値も高まっ ていくはずです。 代表メッセージ ( 創業時の想い ) 013
  14. 29.5% 18% 13.1% 11.5% 8.2% 8.2% CS 財務経理 3.3% UX

    6.6% 1.6% 開発 営業 経営企画 人事総務 マーケティング プロジェクト 数字でわかるユビレジ 014
  15. 平 均 年 齢 年 齢 層 男女 比 歳

    36.7 20代 15.18% 男性 58.50% 女性 41.50% 30代 45.45% 40代 36.36% (2022 年 7 月 1 日時点 ) ( 役員除く ) 歳 37.5 ( 役員含む ) 数字でわかるユビレジ 015
  16. プロダクト紹介 Service 016

  17. 店舗の売上向上を 実現する POS レジ 基本的なレジの機能に加え、 店舗管理・ 分析などの売上や利益向上にむけた 機能を数多く備える iPad POS

    レジ 売上向上に 必要な機能が豊富! 複数店舗の 一括管理も可能! さまざまな サービスと連携! 導入前も導入後も 安心サポート! プロダクト紹介 017
  18. iPhone や iPod touch オーダリングシ ステム端末にするサービス。ユビレジ との連携により、注文管理・空席管 理・お会計など業務効率が向上する 飲食業向けのサービス アプリとクラウドで在庫管理、発注・

    原価、仕入れ業務をサポートする主に 小売店向けのサービス ユビレジハンディと組み合わせて使える店 内モバイルオーダー & 決済システム。注 文と会計を好きなタイミングで自身のスマ ートフォンから行うことができるサービ ス 会計データや店舗情報などSalesforce へ 取り込み、顧客情報や会計情報をリア ルタイムに管理・レポート作成を実現する サービス サービス提供開始 から2年で累計 500万 オーダーを突破 プロダクト紹介 018
  19. 導 入 店 舗 一 例 019

  20. ユビレジのエンジニア組織とは Team Ubiregi 020

  21. VPoE 井上祥行 学校卒業後、Web 制作会社でフロントエンドエンジニアとしてキャリアをスタ ートし、プロジェクトマネージャーとリーダー職を兼任。またフリーでプロジェ クトマネジメントやディレクションを経験した。 その後はサーバーサイドエンジニアとしてのキャリアをスタートし、チームリーダー などの経験を経てエンジニアリングマネージャーとなり、様々な技術的・組織的 な課題解決に取り組むようになった。 ユビレジでは

    2021 年 9 月にエンジニアリングマネージャーとして入社し、 2022 年 5 月より VPoE に就任。 SaaS ビジネスを展開する会社におけるエンジニアの役割は、 技術的な側面から会社を支援することであると思っています。 ユビレジのエンジニアにおいては、機能の追加・改善などを 通じてお客様へ価値を届け、簡単で使いやすいプロダクト作 りを継続していくことがミッションになると考えています。その ため、時には他事業部と協力し、お客様が使いやすいプロ ダクトを追い求めていくことも大切です。 当社は BtoB のビジネスになるので、少しでも不安要素があ ると、使うことをためらったり、解約に繋がったりするリス クも大きいと考えています。だからこそ、お客様に安心し てご利用いただけるようなプロダクト作りを心がけています。 VPoEが考える「 ユビレジにおけるエンジニア」 とは? 021
  22. 相澤 歩 @ayumin 20 05 年アクセンチュアに入社しシステムコンサルタ ント職に従事。その後セールスフォース・ドットコムに入社 、当時先進的なプラットフォームだったHerokuの設計 哲学を理解したエバンジェリストとして、サービス拡大に 大きく貢献。2020

    年よりユビレジ技術顧問に就任。 LINE株式会社ディベロッパーエクスペリエンス開発チームiOSエンジニア。北海道 函館市出身。1990年生まれ。北海道大学院を卒業後、クックパッド株式会社に新卒 入社。以来、モバイル基盤部 iOSテックリードを務め、クックパッドのモバイルアプ リの開発基盤改善や、リアーキテクチャを進めた。 2022年7月より現職。 株式会社マネーフォワードなどでiOS領域での技術顧問を勤める。 著書に『cocos2d-xではじめるスマートフォンゲーム開発』(技術評論社)など。 2022年8月1日より、ユビレジのiOS技術顧問に就任。 三木 康暉 @giginet github.com/giginet/ 監修書籍 『HerokuではじめるRailsプログラミング入門』 技 術 顧 問 紹 介 022
  23. ミッション共感性の高さ サービス業の現場の負担を減らしたいという ところに共感しました。 これまでのレジは大きいし、古 いシステムが多かった中で、 iPad POSが出回ればお店の人も楽になると思う。 iPad POSに将来性を感じるし 「カンタンがいちばん」という思想が広まれば

    もっと業界に貢献できる。 高齢の店員にも説明できるような 「理解できること」を忘れてないプロダクトである。 高齢を意識しているベンチャーは珍しいと感じており、地 方に向けば向くほど年齢が上がる現代において 本質的な価値創造ができていると感じる。 気持ちの良いカルチャー 人を責めたり、圧をかけたりしない風土が 良いと思います。 同じ知識・同じ ISSUEを持って 熱く話すことができる人がいる。 みんながスペシャリスト集団で いい意味でフラットなところが良い。 チーム連携が強固で、1 つ課題が上がったら 皆で解決する姿勢が良い。 「管理される事」を最小限にした セルフマネジメント重視型の働き方となっている。 フ ルフレックス、リモートワーク、ワーケーションなど 「自分たちの管理は自分たちでする」 というカルチャーが強い。 プロダクトの面白さ 飲食関係のサービスに関わりたいと思っていたので、 飲食店で使われるPOSレジを 作っているという点に惹かれた。 前職で小売業の在庫管理システムや POSレジ開発に関わっていて、 自分の知識で貢献できると思った。 自社サービスに携わってみたかったが toC より toB の方に興味があったため。 iPadPOSがスタイリッシュでオ シャレだから興味があった。 エンジニアに聞いた「 ユビレジの魅力 3 要素」 023
  24. 毎週開催の「リリース会議」 エンジニア、CS、テクニカルサポート、デザイナーが参加して、お 客様の情報や、プロダクトの内容を共有しています。 他グループ との連携 テキストだけでなく、 対話によるコミュニケーションも重視 一気にやりとりをした方がコスパも良く合意形成も取りやすいだろ うという考え方により、 「

    今 m eetいいですか? 」と気軽に会話が できる風土を大切にしています。 マネージャーとの定期的な 1on1 を実施 チームによる役割や性質によって進め方が異なりますが、多い ところは週1回、少なくとも月1回は1on1が行われます。 1 チーム最大 10 数名の少数精鋭組織 職域ごとのチーム編成をとっており、少数精鋭の人数を複数編成 しています。この人数規模だからこそ、マネージャーがエンジニア一 人ひとりのキャリアに向き合うことができています。 主体性の先にある「仕組み化」「標準化」 小規模チーム故に、メンバー一人ひとりからの提案が大事にされ ています。チームで成果を出すことを強く意識しています。 社内勉強会『ユビテック』 各々がテーマについて調べたこと・実施したことを発表する場で、頻度 は2 週間に1度、毎週金曜、参加は任意で実施しています。マニアッ クかつ面白いテーマがよく出ており、「自身の知見を伝えていく」場とし て活用しています。 開発グループ内 自分 エンジニアチームが大事にしている習慣• 考え方 024
  25. サーバーサイド iOS 環境 運 用 •監視 テスト, CI/CD ユビレジ共通の コラボレーションツール

    開 発 言語•フレームワーク ユビレジ ユビレジ管理画面 ユビレジ ハンディ ユビレジ 在庫管理 ユビレジ QR オーダー&決済 ユビレジ for Salesforce ユビレジ ユビレジ ハンディ 開発言語 CI/CD ライブラリ管理ツール その他ツール ユビレジ 在庫管理 ユビレジ QR オーダー&セルフ決済 ユビレジ for Salesforce Python(Flask) Python Heroku (Redis, MongoDB, Papertrail) Heroku (Fluentd) AWS (Amazon Aurora) BigQuery Swift CocoaPods Bitrise fastlane Firebase Objective-C Google App Engine(Java) Google App Engine(Java) Salesforce Terraform Firebass AWS App Runner AWS ECS on Fargate New Relic Pingdom Cucumber minitest minitest GitHub Slack Qiita::Team G Suite RSpec jest CircleCI GitHub Actions CodeDeploy CodePipeline Ruby on Rails Ruby on Rails React React Redux Redux Scala Scala JavaScript Node.js (Cloud Functions For Firebase) Sidekiq TypeScript JavaScript Tech Stack 025
  26. 働く環境 Work Environment 026

  27. ユビレジの「Mission」 「 Vision」 「 Value」を理解しており、 それらを支える『ユビレジウェイ』に則った言動が出来ているかを評価します。 全社 OKR とグループの OKR

    に基づき『目標』『達成基準』『目標を達成するための計画』を設定し、達 成度 ( 場合によりプロセスの進捗等 ) により評価します。 理 念 評 価 目標 管 理 評 価 評価制度 027
  28. 原宿にあるオフィスはフリーアドレスとなっており、その日の気分や業務に合わせて自由に利用することができます。オフィ ス以外にも地球上のインターネットが繋がる場所であれば、原則どこからでも勤務可能です! 社員の中には海外から勤務する者も在籍しており、事前に報告があればワーケーションも OK です。 勤務地の制限なし!原則フルリモート 福利厚生• 働き方 028

  29. ※月間所得労働時間で管理。働く時間は自分で決められます。 フレックスタイム制( コアタイムなし) 年間休日 122 日(2022 年自社カレンダーより) 、 有給消化率 7

    割以上! 完全週休2日制( 土曜•日曜) 、 祝日、年末年始、慶弔、有給休暇 「ユビポチ」とは、尊重しあえるチームになるため、カジュアルにお互いの貢献を知り、認め 、称え合うことのできるピア・ボーナス制度。 自分の持つポイントを『感謝』として相手へ付与することができる他、誰 かの『感謝』に拍手を送ることもできます。 また、もらったポイントが月に一度ボーナスとして還元されるのも魅力の1 つです。 誰かへの感謝が自分に返ってくる「ユビポチ」 福利厚生• 働き方 029
  30. •「勉強会」の開催や「外部セミナー」への参加、「関連書籍の購入支援」など 技術向上を目指せる環境です。「勉強会」は自主開催&自主参加なので興味があるものに気軽に参加できます。 ランチ懇親会で行ったパスタ屋さん MVP 受賞者の副賞 • 通勤交通支給(出社時の実費支給) • 健康保険/介護保険 •

    厚生年金保険 • 雇用保険 • 労災保険 •A l l hands Meeting 月に 2 回オンラインで開催される全社 MTG です。役員会資料や全社連絡、前月の各部門の MVP を表彰しています。全 員参加のコミュニケーションの場として活用されています。 • 服装自由 • 時短勤務制度あり(応相談) • 副業OK (許可制) • ベビーシッター利用支援(補助) 制度 • グループ懇親会(ランチ会) 支援制度 福利厚生• 働き方 030
  31. 社内 MTG の様子 ( オフライン時 ) 社内イベント「ユビコミュ」の様子 ユビレジメンバーの写真 031

  32. 採用情報 Recruit 032

  33. iOSエンジニア アーキテクト エンジニアリングマネージャー システムエンジニア シニアiOSエンジニア シニアサーバーサイドエンジニア フロントエンドエンジニア 募集ポジション 033

  34. iOS エンジニア 必 須 スキル • S w i f

    t での iOS 向けネイティブアプリケーション開発の実務経験 • i O S 向けネイティブアプリケーションのリリース•運用経験 • アーキテクチャに則ったモダンなメンテナンス性の高いコードの作成経験 •チーム環境での開発、テスト、ドキュメント作成経験 歓迎スキル •Obj ec tive - C から Swift への移行実務経験 • Bluetooth 通信を使用した開発経験 • G i t でのバージョン管理に関する理解(merge, rebase 等の操作) • CI/CD の知識 • 店 舗 業 務 に対する理解、会計システム•決済システムに関する理解 •英語でのコミュニケーション能力(読み書き) • 技 術 選 定 も含め、複数人での開発をリードした経験 •プロジェクトマネジメント、またはチームリーダー経験 必 須 スキル 歓迎スキル • S w i f t UI, Combine 等フレームワークへの理解 • C o r e Data, AutoLayout 等の機能への理解 • トレンドに沿ったアーキテクチャの設計経験 • i O S Human Interface Guidelines への理解 •メンテナンス性の高いコードの設計、リファクタリング経験 • A p p Store Review Guidelines への理解 •CI/CD サービスを使用したテスト•リリースフローの自動化経験 • Git/GitHub でのバージョン管理に関する理解 •PullRequest を通じたコードレビューの実施経験 • リモートでの業務遂行経験 シニア iOS エンジニア • OSS プロジェクトへのコントリビューション経験 • 開発者コミュニティやカンファレンスでの登壇経験 •英語でのコミュニケーション能力(読み書き) •P OS レジ、決済システムの開発経験 • 外部機器との通信を利用したアプリケーションの開発経験 • 店 舗 運 営 •サービス業に関する業務知識 募集ポジション 034
  35. アーキテクト 必 須 スキル •業務系システムの要件定義経験• ビ ジ ネ ス ド

    メ イ ン の 知識 •クラウドプラットフォーム(AWS/GCP)を使用したWebアプリケーションの設計、開発経験 • 問 題 解 決 能 力 •抽 象 化 スキル•情報収集力 歓迎スキル • 税 金 •決済などレジ周辺の業務•法令知識 • デザインパターンやアーキテクチャの知見 • R u b y on Rails を使用した Web アプリケーションの開発、運用経験 • W e b 系システム•iOS アプリを構成する技術要素の知識 -RFC などの業界標準 - 各種プロトコル•通信方式(HTTP, Bluetooth, NFC...) -iOS、Apple エコシステムの機能•制約 • U X デザインに関する知見•デザイン思考 • 2 年以上の Ruby on Rails を使用したバックエンドシステムの開発、運用経験 • R u b y on Rails 以外の言語•フレームワークを使用したバックエンドシステムの開発、運 用経験(業 務 •個人を問いません) •AWS/GCP 等のパブリッククラウドを用いた構築• 開 発 経 験 • GitHub を使用したチームでの開発経験 • ソフトウェアアーキテクチャに関する知識 • ビジネスレベルの日本語力 シニアサーバーサイドエンジニア 必 須 スキル 歓迎スキル • Scala, Python での開発経験 • React, Redux 等を使用した web フロントエンドの開発経験 • web アプリケーションにおけるセキュリティの知識 • 高トラフィックな大規模システムの開発保守経験 • 店 舗 業 務 に対する理解、会計システム•決済システムに関する理 解 •英語でのコミュニケーション能力(読み書き) • 技 術 選 定 も含め、複数人での開発をリードした経験 •プロジェクトリーダー、またはチームリーダー経験 募集ポジション 035
  36. システムエンジニア 必 須 スキル • B t o B 領域でのシステム開発

    / 運用経験 • 仕様書等ドキュメント作成能力 •J ava あるいは Ruby on Rails を使用した開発 / 運用経験 歓迎スキル • プロジェクトリーダーとして開発プロジェクトをリードした経験 •Salesforce Platform 上での開発 / 運用経験 • 店 舗 業 務 に対する理解、会計システム•決済システムに関する理 解 •英語でのコミュニケーション能力(読み書き) 必 須 スキル 歓迎スキル • 開発進捗管理およびタスクアサインの経験 • 3 名以上のチームのマネジメント経験 • チームメンバーの指導 / フォロー • 円滑に開発を行うためのコミュニケーション能力 • i O S / サーバ / インフラのいずれか領域で高い専門性を持つ方 エンジニアリングマネージャー •エンジニアの採用経験 •エンジニアリングマネージャーの実務経験(業界不問) •エンジニアの成長環境、発信文化の構築の経験 •エンジニアコミュニティでの技術的な発信、アウトプットの実績 • オフショア開発等を含めたグローバル組織のマネジメント経験 • リリースに関わる部内外の関係者との業務調整、交渉 募集ポジション 036
  37. 自分事に感じられるミッションに 向かって、共感し合える仲間と働き たい このような方は是非お話ししましょう! あなたの理想のキャリアを「ユビレジ」が叶えられるかもしれません ミッションを大事にしたい 自分の開発力をさらにきわめていき たい。インプットとアウトプットを早 く回すことができる環境で挑戦した い

    SaaS企業で力試し! 地方や海外、自分の所在地に囚わ れず、ある程度フレキシブルな環境 で働きたい 場所に囚われない働き方を まだまだ課題の残るベンチャー組 織で、一緒に会社をつくり上げる経 験を積みたい 成熟しきっていない環境で 日常にも身近なサービス産業に対 して価値提供していきたい。自社プ ロダクトが使われている実感を持て る場所で働きたい サービス産業に影響を…! 過去のシステム開発経験を活かし、 さらにスキルアップしていきたい 前職の経験を活かしたい! 037
  38. 選 考 担 当 者 メンバークラスのご 応 募 の 場

    合 書類 選 考 V Po E 井上 選 考 担 当 者 V Po E 井上 選 考 担 当 者 代表取締役 CEO 木戸 選 考 担 当 者 執行役 員 (チーフアーキテクト) 竹内 一次 選 考 二次 選 考 最 終選 考 内定 選考フロー 038
  39. 選 考 担 当 者 マネージャー以 上のポジションのご 応 募 の

    場 合 書類 選 考 V Po E 井上 選 考 担 当 者 V Po E 井上 場合によって、 希望社員と 実施します ※候補者によってカジュアル面談のアレンジや 1 次選考が最終選考に切り替わる場合がございます。 選 考 担 当 者 代表取締役 CEO 木戸 一次 選 考 カジュアル面談 最 終選 考 リファレンスチェック 内定 選考フロー 039
  40. タブレットPOS レジのパイオニアである点や、弊社プロダクトのタグライン 「カンタンがいちばん」というように、UI の分かりやすさや顧客体験の良さについて 多くのお客様より評価をいただいております。 競合との差はどこにあるの? 最近では特に、大学生協事業連合様(プレスリリース) のような、従来型のPOSレジを多数ご利用されていたエンタープライズ(EP) 領域のお客様 からご期待いただくことも増えております。

    今後は、EP向けに拡張開発した機能を中小企業様にも還元していくことによって、より多くのお客様に「いちばん使いやすいPOSレジ」として更なる ご支持を得られるよう、引き続き開発・改善を進めていきます。 なお、タブレットPOSレジ業界自体は、他社様との切磋琢磨によってお陰さまで順調に拡大してきておりますが、未だ未だ伸びしろが非常に大きい業 界です。 言い換えますと、未だ未だ従来型のPOSレジをご利用されている店舗様(お客様) が圧倒的に多い状況ですので、弊社としては他社様と良い意味で 今後も切磋琢磨しながら、タブレットPOSレジ業界の更なる発展と更なる普及に努めていきます。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000017577.html よくある質問 040
  41. 各プロジェクト•プロダクトの自主性を重んじて フローを採用してもらうようにしています。 開発フローは? 所謂アジャイル的に進めていく場合もあれば ウォーターフォール的に取り組む場合もあります。 どちらの場合も決めきって進めていくということではなく、 状況に応じて柔軟に対応していくのが基本的なスタンスです。 どちらが多いか、で言えばアジャイル的に進めていくケースが多いです。 現在、開発組織全体で 20

    名弱の エンジニアが在籍しています。 (2022 年 7 月時点) 内訳はiOSエンジニアが8 名、バックエンドエンジニアが13名、アーキテ クト1名、SE1名、マネージャー2名、VPoE1名です。 開発グループ内では職域がチームの単位ですが、会 社全体はマトリクス体制となっており、 プロジェクト機軸で業務を遂行しています。 プロジェクトはクライアント様やプロダクト機能単位で分かれており、 経験やスキルによって各プロジェクトへアサインされます。 1番小さいチームで5 名ほど、大きいチームで20 名以上が参加するプロ ジェクトもあります。 チームはどくらいの人数がいるの? よくある質問 041
  42. サービス産業を、 どこよりも " カンタン " に。 そんなプロダクトづくりを、 一緒に実現してくれるあなたを待っています。 ユビレジ一同より 飲食店、小売店、美容室が使うユビレジ。

    社員さん、アルバイトさん、そして店舗を利用するお客様も使うユビレジ。 老若男女関係なく “ カンタン” に使える i Pad P OS レジで、 無駄を省いた効率的な店舗運営をお手伝い。 私たちユビレジが追求する” カンタン” なプロダクトとは、 単に機能が使いやすいことだけにとどまりません。 サービス産業の “ムズカシイ” や “ 大変” を解消したその先までを開発しています。 ユビレジを通して生まれた時間の余裕・心の余裕を、 本来向き合うべきお客様への「サービス」を追求する時間へ。 笑顔あふれる接客とさりげない気遣い、行き届いた掃除、心地よい店内の香り。 そんなちょっとしたサービスの積み重ねが、 「この店舗、また来たいな」につながります。 “ カンタン” を追求するユビレジだからこそ作り上げられる、至極の顧客体験を。