Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

誰も嫌な思いをしない変化 #scrumosaka / Scrum Fest Osaka 2021 Keynote

誰も嫌な思いをしない変化 #scrumosaka / Scrum Fest Osaka 2021 Keynote

スクラムフェス大阪 2021 の基調講演のスライドです。

https://confengine.com/conferences/scrum-fest-osaka-2021/proposal/15448

979f8815a9d4604d87f54b8394c503bd?s=128

Mitsuyuki Shiiba

June 25, 2021
Tweet

Transcript

  1. ୭΋ݏͳࢥ͍Λ͠ͳ͍มԽ Jun 25th, 2021 Mitsuyuki Shiiba (@bufferings) EC Incubation Development

    Dept. Rakuten Group, Inc.
  2. 2 スクラムやってる?

  3. 椎葉 光行 3 • Web Application Architect • 楽天グループ株式会社 ECインキュベーション開発部

    2010 2015 ݱࡏ ΤϯδχΞ & ςοΫϦʔυظ • ৽αʔϏε։ൃɾӡ༻ • εΫϥϜ վળΤϯδχΞظ • ಺ଆ͔ΒνʔϜվળͷαϙʔτ • ΤϯδχΞϦϯά • νʔϜͮ͘Γ
  4. 4 前に進むための選択

  5. 「エンジニアのスキルアップのために力をかしてほしい」 5 • サービスをのばしたいけどシステムには課題がたくさん • エンジニアたちのスキルアップをして自走できるチームにしたい

  6. 6

  7. いいチームですね 7

  8. 現在 8 • 何をするべきか全員が考えて自走している • スキルアップの仕組みが開発プロセスに組み込まれてる • システムの課題を解決していく道筋も少し見えてきた みんなの頑張りがサービスをのばしていくことにつながり始めた

  9. 9 Before After

  10. 10 前に進むための選択

  11. 11 誰も嫌な思いをしない変化

  12. みんなからのコメント 12 • 問題だと思っていること、うれしいと思っていることなど、気持ちをチームメンバーと 共有して、よりよい方法を一緒に考えられるようになった! • みんなとコミュニケーションを取りながら開発してて楽しい! • I was

    impressed with the way you not only share how you give an opinion or suggest your idea but also action as well. You inspired me to be a better person. • サポートを受けて、かなり成長できた! 満足度アンケート • 仕事満足度 23%アップ↑ • 職場満足度 27% アップ↑
  13. 13 スクラムって難しい

  14. 14 変化って難しい

  15. 15 誰かの行動を変える

  16. 16 そっかー

  17. 今の自分 17 相手に期待をしなくなった 相手の気持ちを考えなくなった

  18. 相手に期待をしなくなった 18

  19. 相手に期待をしなくなった 19 残念な気持ちになる 相手に問題があると考えてしまう

  20. 相手に期待をしなくなった 20 期待のかわりに 今できることを見るようになった

  21. 相手の気持ちを考えなくなった 21

  22. 相手の気持ちを考えなくなった 22 相手の気持ちを想像しなくなった

  23. 相手の気持ちを考えなくなった 23 相手の気持ちに向き合わなくなった

  24. 今の自分 24 相手に期待をしないで、できることを見るようになった 相手の気持ちを想像しないで、言葉や行動を見るようになった 相手の気持ちに向き合わないで、寄り添うようになった

  25. 25 自分の 行動 相手 相手の 行動 誰かを変える

  26. 変化 26 相手の中身を変えるのではなく 自分の行動を変えることで 相手から出てくる行動を変えること

  27. 変化 27 もともとその人の持っているチカラを引き出すこと

  28. 「誰も嫌な思いをしない変化」のために 28 観察 考察 選択 事実を見る できていることを見る 流れを見る 視野を広げる 前に進む?

  29. 29 改善のための流れ

  30. 30 できていることを見る

  31. 31 誰もひとりにしない仕組み

  32. 32 いいチームですね

  33. 33 自分の 行動 自分 自分の 行動 自分を変える

  34. 34 前に進むための選択

  35. 35 どうしてスクラムって呼びたいの?

  36. None