Dynamic Inventoryと参照変数

D405f3b9dc9fa223f6fa507717f41372?s=47 bungoume
September 22, 2014

Dynamic Inventoryと参照変数

Ansible Meetup in Tokyo 2014.09でのLT発表資料です。
http://ansible-users.connpass.com/event/7942/

D405f3b9dc9fa223f6fa507717f41372?s=128

bungoume

September 22, 2014
Tweet

Transcript

  1. Dynamic Inventoryと参照変数 Ansible Meetup Tokyo 2014.09 @bungoume

  2. 内容 • 話すこと • Dynamic Inventory(EC2)について • 環境ごとに変数を使い分けるプラクティス • 話さないこと

    • Ansible変数展開の順序
  3. Dynamic Inventoryとは • Hostsをスクリプトで動的生成 • EC2やGCE, Zabbixなどの外部リソースからHostsを生成できる • プラグインとして用意 •

    https://github.com/ansible/ansible/tree/devel/plugins/inventory • EC2.pyの場合 • タグやセキュリティグループ、リージョンなどを元にホストグループを管理 • ec2.iniで対象リージョンを制限したり、フィルタをかけたりできる • hostsとして利用できる • hosts/ ec2 ec2.ini • ansible-playbook –i hosts webservers.yml
  4. EC2のAnsible管理用タグ付け例 • タグを用いて管理 • タグの例 • hostname: dbserver01a • env:

    production, dev • role: webserver, dbserver • number: 01, 02, … • group: a, b, …. • ec2モジュールでインスタンス起動時にタグ付け or 手動でタグ付け • タグを指定してplaybook実行 • 例:ゾーンBにあるdev環境のwebserverにplaybookを実行 • ansible-playbook –i hosts webservers.yml --limit tag_env_dev:&ap-northeast-1b
  5. こういうことがしたい • 環境とホストグループによって 変数の値を切り替えたい • 例: monitoring roleのlog_server変数(送り先) • production

    の webserver は 10.0.1.100 • production の dbserver は 10.0.1.101 • dev の webserver は 10.0.2.100 • dev の dbserver は 10.0.2.101 • limitのand実行では難しい(playbook内で条件分岐が必要になる) 10.0.1.100 10.0.1.101 10.0.2.100 10.0.2.101
  6. 思いついた方法(2つ) • 方法1: inventory varsを使う • 方法2: vars_filesを使い、うまいこと読み込む

  7. • hostsディレクトリに変数ファイルを置く hosts/ dev/ ec2 (ec2.py) ec2.ini (instance_filters = tag:env=dev)

    group_vars/webserver (変数yaml) production/ …. group_vars/webserver (変数yaml) webservers.yml (playbook) • cat hosts/dev/group_vars/webserver --- log_server: 10.0.2.100 方法1: inventory varsを使う
  8. - hosts: tag_role_webserver user: ec2-user tasks: - debug: var=log_server 方法1:

    inventory varsを使う • Playbook ( webservers.yml ) • 実行 • ansible-playbook –i hosts/dev webservers.yml • group_vars/webserverを読み込み、 hosts/production/group_vars/webserverで上書きする ~~~ TASK: [debug var=log_server] ******************************************************** ok: [10.0.2.1] => { “log_server": "10.0.2.100" }
  9. hosts/ ec2, ec2.ini vars/ nothing.yml tag_role_webserver.yml tag_env_dev/ tag_role_webserver.yml webservers.yml (playbook)

    方法2: vars_filesを使う • 以下の様なディレクトリ構成 • エラー回避用にnothing.ymlという空ファイルを用意しておく
  10. 方法2: vars_filesを使う • Playbook(webservers.yml)に以下を記述 • 実行 • ansible-playbook –i hosts

    webservers.yml --limit tag_env_dev • まずtag_role_webserver.ymlがあれば読込み、 tag_env_dev/tag_role_webserver.ymlがあれば上書きする - hosts: tag_role_webserver user: ec2-user vars_files: - [“vars/{{ ec2_tag_role }}.yml”, vars/nothing.yml] - [“vars/{{ ec2_tag_env }}/{{ ec2_tag_role }}.yml”, vars/nothing.yml] tasks: - debug: var=log_server
  11. まとめ • 方法1( inventory vars ) • playbookの書き換えが不要 • limitを忘れて全体実行するリスクがない

    • Inventoryファイルと組み合わせても使いやすい • 方法2( vars_files ) • 多段に利用可能 • {{ ec2_tag_env }}/{{ ec2_tag_role }}/{{ ec2_tag_group }}.yml • 読込優先度が自由に変更できる • まずは方法1、変数が増え、複雑な場合は方法2が良い感じ • もっと良い方法があったら教えて下さい