Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Company Overview for Engineers

Company Overview for Engineers

E55fbffb4afd0a84d36c945ed68d8c19?s=128

CADDi

May 02, 2020
Tweet

More Decks by CADDi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 1 Company Overview for Engineers

  2. スタンフォード大学・大学院にて電子工学を専攻。 在学中に世界最大の軍事企業のロッキード・マー ティン米国本社で4年超勤務。 ソフトウェアエンジニアとして衛星の大量画像デー タ処理システムを構築し、JAXAやNASAも巻き込んで の共同開発に参画。 その後アップル米国本社にて、シニアエンジニアと してiPhone、iPad、Apple Watchの電池の開発や、 AirPodsなどの組み込み製品の開発をリード。

    2017年末に、キャディ株式会社を共同創業。 2 共同創業者/ 最高技術責任者 CTO Aki Kobashi 小橋 昭文
  3. 3 エンジニアの皆様へ 私たちが成し遂げようとしていることは いちベンチャーとしての成功ではなく、 日本の、世界の製造業のプロセスをアップデートすることです。 かつて、「Japan as no.1」と言われた日本のモノづくりは、いつの間にか「斜陽産業」のような形で報道される機会が多くな りました。国内の中小メーカーは、30年で半数以上が廃業し、現在もメーカーの73%が赤字に苦しんでいるという厳しい現実 があるのも事実で、今や疫病の流行により、ますます厳しくなっております。

    キャディは、製造業の業界構造を変革することで、製造業に関わる方々のポテンシャルを解放し、より豊かなものづくりがで きる状態を目指しています。その変革のキーとなるのはテクノロジーであり、構造上大きな課題を生んでいた領域に対し、最 適受発注システム、生産管理システム、図面解析技術を活かした製造業向けSaaS等の開発を通じて、製造業のアップデートに 取り組んでいます。 昨今のコロナの情勢を踏まえ、緊急度の高い開発も多く、様々なプロダクト開発を同時並行で走らせる必要があり、 より多くのエンジニアのみなさんの力を求めています。 この思いを届けたく、本手紙をしたためた次第です。
  4. AGENDA 4 ABOUT CADDi キャディのミッション マーケットについて キャディのサービス 今後の展開について ABOUT TECH

    開発チーム プロダクト紹介 開発環境・要素技術 ETC... 業務環境 メンバー紹介 採用情報
  5. A B O U T

  6. 6 MISSION モノづくり産業の ポテンシャルを解放する Unleash the potential of manufacturing

  7. 7 MARKET 調達 イノベーション 特になし 製造 販売 設計 CAD /

    CAE などの活用 自動化・ ロボット化 AI・ビッグデータ の活用 日本国内での総生産額 180兆円規模 120 兆円 100年以上イノベーションのない巨大な製造業調達市場 製造業の中で120兆円を占める調達市場においてのみ、大きな革新が未だない状況。
  8. 8 MARKET DETAILS (1) 調達コスト 120 兆円 多品種少量 40兆円 加工品

    4兆円 ※ 多品種少量のみ 電車1車輌の部品点数30,000点のうち、 12,000点(40%) 程の多量の金属加工品が使われています 電機品 内装の裏・ 窓枠 扉 シート ライト 衛生設備の 骨組 台車 空調設備 筐体 流通総額 金属加工品の例(車輌業界)
  9. 9 MARKET DETAILS (2) 半導体製造 装置 FPD 製造装置 食品機械 包装機械

    医薬品 製造装置 身近な製品を製造する装置に 携わっています コンビニおにぎ り製造装置 ペットボトル ラベル貼付装置 自動車車載電池 製造装置 スマホ液晶 製造装置 どら焼き製造装置 製本機械 印刷機械 化学装置 射出成形機 工作機械 自社内検査 装置 鉄道関連 装置 自動車製造 ライン 分析機器 試験機械
  10. 10 MARKET ISSUES 複雑な多重下請け構造が形成されており、 アンバランスな産業構造になっています。 受注側は中小零細企業が数多く存在し、 得意分野が非常にばらついています。

  11. A B O U T SERVICE

  12. 12 SERVICE FEATURE 産業・市場構造の中でキャディが目指すものは個々の加工会社が強みを 最大限活かすことができるフラットな市場構造です マッチング(のみ行う) マッチングだけでは 探索コストが減るだけで 交渉・監督コストはそのまま ファブレスメーカー

    (的立ち位置) 商流に入ることで発注者・ 受注者の取引コスト・ 製造コストを下げる 図面データ アップロード・ 送付 2 ・調達工数削減 ・コスト削減 ・安定価格、納期 発注者 ・見積レス ・論理的原価計算 ・売上安定化 最適 加工会社に 確定発注 自動製造原価計算・ 見積提示 1 検査・品質保証 製品納入 3 CADDi 加工会社 MERIT MERIT
  13. 13 PLATFORM & PRODUCTS 製造業でアナログにやりとりされてきた 様々な情報を管理、活用する複数の プロダクト開発を進めています。 受発注プラットフォーム 製造原価計算 製造工程・サプライチェーン管理

    図面管理 製造パートナー連携
  14. 14 SERVICE HISTORY 板金 材料調 達 機械 加工 製罐 配電盤

    組立品/ 配線品 配管 プレス 加工品 鋳造 射出 成型 購入品 2017年 2021年~ 装置 一式 プラント 一式 創業当初は板金加工のみだったキャディは、 今では、装置一式やプラント一式を手掛けるようになり、売上・組織ともに急成長しています。
  15. 15 TO THE FUTURE 板金 機械加工 製罐 組立 鋳造 射出成型

    鍛造 製品の広がり 産業機械 化学機械・ プラント 医療機械・ 航空宇宙 現状 建設機械 ・・・ ・・・ 多品種少量 中量産 業界の広がり ・ ・ ・ ・ 提供サービスとしてはさらなる広がりを目指しており、 それに対応するプラットフォームやプロダクトの開発が必要です。
  16. 16 TO BE A GLOBAL PLATFORM 受発注と図面データ活用クラウドをコアに、周辺領域の課題を解決していくと同時に、 グローバルプラットフォームとなるため、組織のグローバル化を進めています。   図面自動

    3Dデータ 化 自動見積 システム 提供 ファイナ ンス CAD 設計最適化 材料調達 ERP・会計 Web CAD CAM 連携 受発 注 リアルタ イム発注 生産管理・ 納期管理 海外 調達・販売 カタログ品 生産材調達 スマート 工場・IoT カタログ品 部品調達 BOM管理 物流最適 化 中古機械 売買 図面 活用 VAVE 設計標準化 CAM 自動生成 コストダ ウン分析 需給予測 PLM/ PDM グローバル プラットフォーム化
  17. A B O U T TECH TEAM

  18. 18 TECH TEAMS 製造支援プロダクトチーム 原価計算や見積もりを作成するための社内向けプロダ クトを中心としたチーム。原価計算エンジンの改定や 見積もりプロセスに関するタスクを行う。 生産管理プロダクトチーム 互いにデータ的な連携のある、生産管理に関わるプロ ダクト群をまとめた大きなチーム。小チームに分か

    れ、全体としてはLeSSをベースに開発を回している。 <担当プロダクト> - 製造工程・サプライチェーン管理 - 製造パートナー連携プロダクト - 図面管理プロダクト AI Lab 製造業を変革しうる要素技術の研究開発を行う大きな チーム。研究開発テーマや担当領域によって、いくつ かのチームに分かれている。 <主な研究開発テーマ> - 図面の読み取り技術 - 図面のアノテーション技術 - 類似図面検索 - 製造パートナー自動選定 図面データ活用クラウドチーム キャディ初のSaaSプロダクトである図面データ活用ク ラウドを開発・運営するチーム。図面系の研究開発成 果を製品に組み込み、機能開発やUX改善を進める。 product teams functional teams プラットフォームチーム 戦略的に「技術課題を解く」ことをテーマに、横断的 に技術基盤・開発基盤の構築や改善を進めるチーム。 認証基盤の管理からCI/CDの改善まで手広く対応。 今後も続々とチームは増えます…!
  19. 19 製造原価計算プロダクト 図面を読み取り部品情報を入力 製造原価を計算する

  20. 20 製造工程・サプライチェーン管理プロダクト サプライチェーンの 可視化 発注先パートナーの選定

  21. 21 製造パートナー連携プロダクト キャディから受注済の案件一覧 キャディからの見積依頼を一括処理

  22. 22 図面管理プロダクト 図面IDによる検索 各図面の詳細 独自ビューワーや関連情報の追加機能など

  23. 23 図面データ活用クラウド 図面をアップロードするだけで、【形状特徴】から類似図面の検索が可能に 図面から抽出された図面情報と文字情報を【キーワード】としてキーワード検索が可能に 【発注実績】と結びつけた管理も可能

  24. TECHNOLOGY STACK 型の力を活かすなど、開発生産性を高められる技術選定をしています。 24 FRONTEND ・TypeScript ・React ・Next.js ・Apollo Client

    ・Recoil ・styled-components ・Storybook ・Jest ・Lerna BFF ・TypeScript ・Node.js ・NestJS ・Apollo Server BACKEND ・Rust ・diesel ・tonic ・Kotlin ・Micronaut ・Python ALGORITHM ・Rust ・Python ・WebAssembly ・PyTorch ・LightGBM ・Opensearch ・VertexAI ・Image Processing ・Data Science ・OCR GraphQL gRPC Infrastructure GCP, Kubernetes, BigQuery, Redash, Cloudflare, Datadog, MixPanel Event Bus Cloud Pub/Sub, RabbitMQ DevOps GitHub, GitHub Actions, CircleCI, ArgoCD, Kustomize, Helm, Terraform
  25. A B O U T WORKING ENV

  26. 26 COMMUNICATION オフラインはもちろん、 オンラインでもツールを活用し、 部署やチームを越えた活発な コミュニケーション・ナレッジ共有が 行われています

  27. 27 ATMOSPHERE Rust 板金 STUDDi :Tech Team 勉強会 Tech Blog

    CADDi BAR ? ? ? オフィス ※ 2019〜2020年2月撮影
  28. 28 OFFICE ※ 2019〜2020年2月撮影

  29. 29 EVENT

  30. 30 WELFARE 制度 ・休暇  夏季、年末年始、忌引、看護・介護、リフレッシュ休暇 ・交通費全額支給 ( 月3万円まで ) ・子ども手当

    ・結婚 / 出産休暇&お祝い金 ・短時間勤務制度 ・原則リモート勤務 健康管理 ・健康診断・婦人科検診費用負担 ・人間ドック ・インフルエンザ予防接種 ・オフィスドラッグ 取り組み ・週次全社ミーティング ・全社シャッフルランチ ・ものづくり体験 ・CADDi Award ・組織健康度の継続的な改善 制度 ・書籍購入費全額負担 ・語学学習支援 ・卓越支援 ・希望スペックのPC・ディスプレイ支給 ・サーバ代支給 ( 月1万円まで ) エンジニア向け
  31. 1,500 1,400 1,300 1,200 1,100 1,000 900 800 700 600

    500 400 300 200 100 0 1,500 1,400 1,300 1,200 1,100 1,000 900 800 700 600 500 400 300 200 100 0 1 2 3 4 5 給与テーブル
 テクノロジー
 • 業績は前年比6倍、 3年で100-150万円以上のベー スアップを実施 • 6か月に一度のミッショング レード(MG)評価により昇給 チャンス有(絶対評価) • 特定MGよりストックオプショ ンの付与あり
  32. A B O U T MEMBERS

  33. 33 共同創業者/ 最高技術責任者 CTO Aki Kobashi 小橋 昭文 スタンフォード大学・大学院にて電子工学を専攻。 在学中に世界最大の軍事企業のロッキード・マー

    ティン米国本社で4年超勤務。 ソフトウェアエンジニアとして衛星の大量画像デー タ処理システムを構築し、JAXAやNASAも巻き込んで の共同開発に参画。 その後アップル米国本社にて、シニアエンジニアと してiPhone、iPad、Apple Watchの電池の開発や、 AirPodsなどの組み込み製品の開発をリード。 2017年末に、キャディ株式会社を共同創業。
  34. 34 Backend Engineer Ryohei Hazama 新卒でSier。2011年サイバーエージェントに入社し、スマー トフォンプラットフォームの開発やプラットフォームSNS 機 能開発チームのリードエンジニアを務める。2015年よりコイ ニーにて決済システムのバックエンド・インフラをリードエ

    ンジニアとして担当。翌年、開発チームのマネージャーに就 任。 2018年9月よりキャディ入社。フロントエンドからインフラま でWebシステム全般を担当。製造原価計算プロダクトチームを リード。 Algorithm Engineer Yuichiro Terada 大学卒業後、機械系の設計用3D CADを作成する会社に入社 し、その後C#を使った開発を行うために子会社へ異動。志半 ばで開発を終えることになってしまったプロダクトの土台を もとに新たな開発を行うため上司に誘われ新会社へ転職。 ソフトとオペレーションの双方が強い環境でビジネスを構築 したいという思いから2019年10月にキャディへジョイン。図 面系の研究開発チームをリード。
  35. 35 Backend Engineer Taisuke Kuwana 2015年、合同会社DMM.comに新卒入社。 Webディレクターとして共通基盤システムの要件定義やプロ ジェクト管理を行う。ディレクションをする中で、エンジニ アリングの知識/経験の必要性を感じ、エンジニアに転向。 同社のレビューシステムのバックエンドエンジニアを担当す

    ることに。 2019年8月、個性豊かなメンバーに魅了されキャディに入社。 現在はキャディで製造工程・サプライチェーン管理プロダク トのバックエンド/インフラを担当している。 Frontend Engineer Kiryu Tatsushi 新卒でSIerに入社。toB系のシステム開発に携わり、上流から 下流まで工程全般を経験。その後、Webフロントエンドに興味 を惹かれ、UI/UXに強みのある受託開発企業へ。社内のWebフ ロントエンド開発全般を牽引。数年後、外資系UIコンポーネ ントベンダーへ転職し、クライアントへのUIコンポーネント の導入や、Web技術コンサルティングを実施。 社会に対してより直接的に貢献できる仕事をしたいと思って いたところキャディと出会い、2019年10月にジョイン。
  36. 36 Backend Engineer Norisuke Takafuji 上場企業のグループ会社で、上流工程から下流工程まで、IT 開発に関わる全般並びにマネジメントを業務を経験。 みんなのマーケット転職後、当時稼働していたシステムの刷 新など携わりアプリケーション開発をリード。 2019年2月にキャディへジョイン。製造工程・サプライチェー

    ン管理プロダクトをリードしているほか、受発注やサプライ チェーンのドメインモデルの設計全般も牽引している。 Backend Engineer Keiichi Yamada 新卒でSIerに入社後、技術力を磨くため、株式会社コロプラ に転職。バックエンドエンジニアとして10個以上のゲーム開 発に携わり、開発チームのリードやマネジメントも経験。 未経験の技術領域にチャレンジしたい気持ちと、エンジニア と事業がより近い環境で働きながら社会貢献していきたい、 という気持ちから2019年9月にキャディに転職。現在はフロン トエンドからインフラまで広く携わっている。
  37. 37 Backend Engineer Yusuke Takahashi 新卒ではCAEソフトウェアベンダーに入社し、プレス成形の解 析を行うWindowsアプリケーションを担当。主に3次元メッ シュを扱う幾何計算処理の開発を実施。 その後、成長環境と事業の面白さに惹かれ、2019年5月キャ ディに入社。金属加工品のCAD解析アルゴリズムの開発に携

    わった後、現在まで原価計算システムのバックエンドを担 当。 Frontend Engineer Ken Ogura 大学時代はアルゴリズムの研究に打ち込む。キャディ協賛の プログラミングコンテストに参加したことをきっかけに2019 年3月からキャディのに長期インターンとしてジョイン。その 後、2021年より新卒入社。 ベンチャー企業におけるマネジメントや経営の魅力に惹か れ、アルゴリズムの専門性も兼ね備えたテックリードを目指 すべく、バックエンド、インフラ、フロントエンドなど幅広 い経験を詰みながらプロダクト開発に貢献している。
  38. A B O U T TECH RECRUITING

  39. 39 こんな方、ぜひお声がけください 課題に向き合い続けるのに、 課題を疑う 難しいその課題に向き合い続けることが好きなひと。 なのに本当にその課題が一番大事なのか、 本当に大事な課題がなんなのかを疑い続けるようなひと。 もし、この考え方に合うなと思われる方はぜひ一度お話させてください 技術が好きだけど、 人も気になる

    もちろん技術が好き。けれども、技術やプロダクトを 取り巻くひとを気にかけて、「技術とユーザーと」で 一体になって何かを生み出そうとするひと。 一人で走るのが好きなのに、 誰かと何かを成したい 何をするべきか、何がやりたいか、自分たちがどう ありたいかを自分で考えて走るのが好きなひと。それ でいて、一人で成せないことを誰かとやったり、課題に 向き合う楽しさを人と分かち合うことが好きなひと。 武器を磨き続けるのに、 武器にこだわらない 普段から、自分自身の武器を磨き続けるようなひと。 なのに、いざ課題に向き合うと持っている武器、 磨いている武器にこだわらず、 課題を解くために最適なものが何かを考えるひと。
  40. 40 REQUIRED COMMON SKILL Knowledge 情報工学の基礎があり、幅広い基礎知識を保有している。 変動する仕事内容に合わせて迅速にキャッチアップが出来る。 数学の基礎理解がある。 Skill Abilities

    a. b. モダンな技術を使った経験がある コミュニケーション能力が高い 事業理解ができ、情報整理(information architecture/domain modeling)が得意 a. b. c. 変更に対応したり、技術が本質的に好き 人と触れ合うこと、チームで議論しながら開発するのが好き a. b.
  41. 41 RECRUITING POSITION バックエンドエンジニア フロントエンドエンジニア プラットフォームエンジニア エンジニアリングマネージャー テクニカルサポート/TAM アルゴリズムエンジニア 機械学習エンジニア

    MLOpsエンジニア QAエンジニア SaaSエンジニア 詳しくは右記よりご覧ください プロダクトデザイナー データエンジニア
  42. ENTRY まずはカジュアルにお話してみませんか? すぐのご転職をお考えでなくとも結構です。 右記のフォームにてお気軽にご連絡ください! https://bit.ly/39JN8bE @CaddiTech https://caddi.tech https://corp.caddi.jp/recruit/eng TECH BLOG

    RECRUIT SITE