Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

イベント参加者向けVRChatガチ初心者ガイド / VRChat for ultra beginner

イベント参加者向けVRChatガチ初心者ガイド / VRChat for ultra beginner

ちとせちゃん主催イベント参加者でガチ初心者の人がスムーズにイベントに参加できるようにするための資料。
ページ数が多いですが2/3はおまけです。
イベントを軸に書いているのでそれ以外についてはググってください。

他イベント紹介箇所で主催Twitterにある画像(主にポスター)をアカウント表記の上で使用していますが、問題がある場合はお手数おかけしますがTwitterまでご連絡ください。

他のイベント主催者の場合でも基本的に使えるはずなので、このページを使っていただいて大丈夫です(一報いただけると嬉しいですがなくてもよいです)。

C92a6b49e2f2b82cad79b415555fe090?s=128

Chitose

March 30, 2022
Tweet

Transcript

  1. VRChatの始め方 と イベント参加方法

  2. はじめに ・ちとせちゃん主催イベント「データサイエンティスト集会」の参加者向け ・メタバース(VR SNS)やったことないけど興味があるなー、とか
  Oculus Quest2持ってるけど全然使ってないなー、
  というVRChat未経験のガチ初心者を対象に記載 ・VRChat自体の紹介とイベント参加関係に絞って解説 ・スライド作成モチベは「DSのVRChatterを増やしたいから」 ・ページ数は多いが、おまけのAppendixが2/3

  3. ・概要 ・どんなことができるか(簡易紹介) 2.プレイことはじめ ・はじめかた ・チュートリアル 3.イベント参加方法 ・キャプチャ付き手順書 ・Tips Appendix. ・チュートリアル案内します

    ・他の人のアバター表示が本来と違う ・どんなことができるか(詳細) 1.VRChatってなに
  4. 自己紹介(DS向け) # VRChat ・名前: ちとせちゃん ・プレイ歴: 2022/01 ~ # Twitter

    ・DS用: @chitose_ng ・VRC用: @chitose_ng_vrc # 会社 ・大手町のベンチャー # 仕事 ・統計モデルとか因果推論とか  シミュとか。
 ・機械学習は稀 ・某DSベン図だとビジネス寄り ・マネジ補佐(休止中) # 言語とか ・R、Python、SQL ・Tableau # その他 ・ブログ「まずは蝋の翼から」 ・Tableau本を出版(共著) ・Kaggleチョットシテル
  5. VRChatってなに

  6. VRChat概要 ・いわゆる「メタバース」サービスのひとつ  ・国外/国内ともにVRChatがユーザー数最多(らしい) ・「ワールド」と呼ばれる空間で会話をしたり動き回るゲーム ・世界中のユーザーが作ったワールドに行くことができる  ・様々なコンセプトで文字通り「世界」をつくっているので、   ユーザーのあらゆる想像が創造されている ・会話は必須ではなく、「ソロ勢」「無言勢」と呼ばれる人もそこそこいる

  7. 必要機材 ・VR機材は必須でなく、PCだけあれば通常ゲームのようにモニタープレイ可能 ・Oculus Quest2があればPCなし単独でVRプレイが可能 ・勘違いがよくあるが、(VRChatは)土地購入などの必要はなく完全無料  ・もちろん後述の「ワールド」や「イベント」など全て無料
   (そもそも公式規約として有料は不可)

  8. どんなことができるか(ワールドについて) ・現実でできることができる「ワールド」はだいたいあるし、
  なんなら現実でできないレベルでできる
  ・喫茶店やBar、公園や綺麗な景色や廃墟、施設を模したワールド  ・釣りやスポーツ、ボードゲームやお化け屋敷、ライブのような
   エンタメ要素があるワールド ・仮想空間だからできる演出でアップデートされていることも ・逆に、仮想空間でしかできないようなことができるワールドもある ・Appendix3で具体的に紹介しているので先にそっちを読むと想像しやすいかも

  9. どんなことができるか(ワールドについて)

  10. どんなことができるか(イベントについて) ・有志が集まって様々な「イベント」が企画されている ・会場を借りるなどの金銭的なネックがないためか、  気軽に様々なイベントがおこなわれている ・XX好きな人で雑談、様々なワールドを巡る、筋トレ、DJ/クラブ、
  ダンス、動画鑑賞、セミナー、教習会、居酒屋/Bar、哲学カフェ、  ロールプレイ(ホスト/キャバクラ、なりきり)、サバゲ、  ボドゲ、演劇、即売会などなど

  11. どんなことができるか(イベントについて) ・イベントは「イベントカレンダー」サイトに主催者が任意で登録できるので、  全イベントではないが、多数あるので覗いてみると面白いかも

  12. プレイことはじめ

  13. はじめかた ・DLや操作方法は「VRChat はじめかた」とかでググってください(ぶん投げ) ・「VRChat初心者向けガイド」というサイトの
  「VRChatの始め方」項がわかりやすく、ここだけ読めば最低限はOK  (「アバターのアップロード」項はやらなくてもプレイはできる)

  14. チュートリアル ・公式にチュートリアルはなく、言語が英語なこともあるため  はじめは何をしたらいいのか全くわからない  (よくわからなくて辞めたという人も多い) ・有志が日本人向けチュートリアル用ワールド([JP] Tutorial world)を  作っているので、そこに行くと最低限の操作方法や設定、遊び方などはわかる  ・前述の「VRChat初心者向けガイド」にそのワールドの詳細あり  ・運が良いとその場にいる人が案内してくれる

     ・ちなみに、私にDMやリプをくれたら案内します(Appendix1に後述)
  15. 遊び方 ・遊び方は人によって違うので自分に合うプレイスタイルが見つかるまでは、  前述のイベントカレンダーを見て色々なイベントに行くと  自分の好きな遊び方を見つけやすい ・初心者はイベントカレンダーにある、水曜日開催「初心者集会」、土曜の  「ともつく集会」、ワールド巡り系イベント、Barイベントはイベント性質上、
  身内の輪ができづらく初対面での会話がしやすいので初心者にはオススメ ・イベントは定期開催が多いので顔なじみができやすい  ・フレンドが増えると楽しみ方の幅が広がる  ・「小学校時代の放課後みたい」という表現が個人的には好き

  16. (ちとせちゃん主催の) イベント参加方法

  17. https://vrchat.com/home ※ ブラウザは、スマホ・PCどちらで検索してもよい。  アイコンはタイミングによって違うので注意  VRChatアプリ内でも検索できるが、ひらがなが打てないのでブラウザ推奨 ここに打ち込む 「ちとせちゃん」 nm VRChatの自ページを開いて「ちとせちゃん」で検索 ブラウザで

  18. 2. 「Add Friend」でフレンド申請 ※どのタイミングで申請してもいいが、承認遅れることあり

  19. 3. VRChat上のメニューで、Socialを開く

  20. 4. フレンド一覧から「ちとせちゃん」を見つける

  21. 5. Joinをクリック ・「Join」でその人が今いるワールドに入ることができる ・イベント時間の少し前にはイベント用のワールドにいるので、  そのタイミングで「Join」してもらえるとイベント会場に入れる

  22. イベント参加方法 Tips

  23. Tips1. PrivateになっているときはJoinできない ・ワールド(正確にはインスタンス)設定やユーザーステータスによっては、  「Join」ではなく相手に入れてもらうように申請する必要がある  (通称「リクイン」) ・ちとせちゃん主催イベントは「Join」で入れるが、  「リクイン」参加のイベントも多く存在する

  24. Tips2. Req Invite(通称リクイン)について ・その際は、前述の「Join」ボタンが「Req Invite」に変わっている

  25. Tips2. Req Invite(通称リクイン)について ・「Req Invite」を押すと以下の画面が出る  ・基本的に「Add Message」をせずにそのままでOK ・「Send」を押すとリクエストが送られる  ・押すとエラーっぽい鈍い音が鳴るが、ちゃんと送れているので注意

  26. Tips2. Req Invite(通称リクイン)について ・その人にリクエストが届くので承諾されると自分にメッセージが通知(左図) ・メニュー画面の通知欄(ベルマーク)を開き✓を押すと  その人のいるワールドに飛べる(右図)

  27. Tips3. フルインスタンスについて ・ワールドには、負荷対策で上限人数が設定されている
  ・その上限に達している場合はJoin/リクインすると、待機場に飛ばされる   (ワールド到着時にその旨の英語メッセージが表示) ・人数に空きが出たタイミングを見計らって、  再度Join/リクインをして入り直すことはできる

  28. Tips4. 重たくて表示がモサモサする(Quest向け) ・ワールド内に人が多いと高負荷になり、重たくなる ・Show Avatorしている人がいる場合は一時的に消す(Appendix2.に後述) ・「Setting」で表示アバター容量上限が設定できるので一時的に厳しくする ・立ち位置を調整するなどして、視界に表示されているアバターの数を減らす  ・ワールド内のミラーギミックで実質的に表示数が増えていることもあるので、
   ミラーをOFFにする ・PCで重たい場合も同上。PC版限定の方法として、

     DynamicBornをOFFにしたりPCのスペック上げるなどの対策もある
  29. 1 2 チュートリアル案内します 他の人のアバターが本来と違う表示 3 どんなことができるか(詳細) Appendix.

  30. Appendix1. 1 2 チュートリアル案内します 他の人のアバターが本来と違う表示 3 どんなことができるか(詳細)

  31. Appendix1. チュートリアル案内します ・前述のように、VRChatはやることがわからなくて初めに挫折する人が多い ・できる限り挫折する人が減ってVRC沼にハマる人を増やしたいので、  TwitterにDM/リプライくだされば案内します  ・チュートリアルワールド(操作方法)  ・ワールド案内(わかりやすいのいくつか)

  32. Appendix2. 1 2 チュートリアル案内します 他の人のアバターが本来と違う表示 3 どんなことができるか(詳細)

  33. Appendix2. 他の人のアバターが本来と違う表示 ・VRChat上では負荷制限のために、  相手が思っているアバターと違うアバターが自分に表示されていることがある  ・PC用/Quest用アバターの違いによる差異  ・Fallbackアバターの違いによる差異

  34. PC用/Quest用アバターの違い ・自分/相手のアバター表示は、PC利用の人はPC用アバター、  Oculus Quest単独利用の人はQuest用アバターとして設定した姿が表示される  ・例えば相手(PC)は相手視点ではPCアバターを使ってプレイしているが、   自分(Quest)からは相手が設定しているQuestアバターが表示されるという   ズレが生まれる ・できるだけPC/Quest同じ見た目になるように設定している人もいれば、  全然違う場合もある  ・デフォルト設定のままだとそうなりがち

     ・これが理由でPCからは可愛い子同士がイチャイチャしているように見えても   Questからは地獄絵図になっていることも...
  35. PC用/Quest用アバターの違い ・ちとせちゃんの例:左からPCアバター、Questアバター ・色味などやや違うが、ほぼ同じにしています

  36. Fallbackアバター ・表示負荷回避のために、一定以上容量のアバターではFallbackアバターが表示  ・Quest用のアバターを設定していないユーザーもこれになる  ・多くのユーザーは、一定以上容量のアバターを使用している  ・Questからは「一定以上」しきい値が低いので、ワールド内の結構な人が   Fallbackアバター表示になる ・相手がFallbackアバターとして表示されている場合は  ネームプレート横に羽のマークがつく

  37. Fallbackアバター ・相手がFallback状態のとき、  Show Avator(右図左下)をすると、  PC/Quest設定アバターが表示される  ・メニューを出した状態で相手に手を向けて   ビームを出してトリガーを引く   →メニューが相手のプロフィールになるので    「User Action」項目を盾アイコンから

        目アイコンに変える(右図左下) ・ただしQuestアバターを設定してないユーザーは  Show AvatorしてもQuestからみて  Fallbackアバターのままなので注意 画像はNote(のーと)さん @NOTE5R のツイートより https://twitter.com/NOTE5R/status/1465718560370483201/photo/1
  38. ・QuestでShow Avatorしすぎると表示が重くなるので、会話している相手だけおこなうとよいかも ・多くの人はFallbackアバターを設定しておらず、  公式が提供しているアメリカンセンスなデフォルトアバターが設定されていることが多い ・ちとせちゃんの例(左からPC, Quest, Fallback)  ・Fallbackも見た目がある程度揃っているように見えるが、実は看板風のアバターになっている(横から見ると平面) Fallbackアバター

  39. Appendix3. 1 2 チュートリアル案内します 他の人のアバターが本来と違う表示 3 どんなことができるか(詳細)

  40. Appendix3.どんなことができるか(詳細) ・VRChat上の一部ワールド/イベントを紹介することで、  こんなこともできるんだーという参考にどうぞ ・興味を惹きやすそうなものを幅広く紹介している都合上、  スライド作成者(ちとせちゃん)が参加したことがないイベントもあるので注意 ・場内の様子がわかる動画や記事などがない場合はTwitterの
  ハッシュタグを載せています ・画像は基本的に公式から(一部はスライド作成者所有写真)。  掲載に問題がある場合は、お手数おかけしますがご連絡ください

  41. イベント:理系集会 ・理系が集まって雑談 + 専門家呼んで講演(回による) ・Twitter: @vrc_s_a_ ・公式サイト: ・紹介記事: 専門家の特別講演も。VRを活用した  アカデミックなイベント「VRC理系集会」は

     未来の学会だった【PR】
  42. イベント:隠れ家バー「StraySheep」 ・実際のBarのように、バーテンダーを囲んで  周りの人としっぽり話す  ・カウンター席が中心だが、   ボックス席で話すこともできる ・Twitter: @straysheep_vrc ・告知動画:

  43. イベント:VRサバイバルゲームフィールド-Centurion ・実際のサバゲと同様にサバゲをおこなう  ・「あえて」実サバゲでできないことは禁止 ・Twitter: @VRSGF_Centurion ・告知動画

  44. イベント:リングフィット集会(ポスターなし) ・Switchのリングフィットアドベンチャーを皆でやる  ・ワールド内で表示される動画に合わせてプレイ ・ハッシュタグ: #リングフィット集会 ちなみに、イベントではないがSwitchの「just dance」が できるワールド「PyPy Dance」や、Beat Saber風の

    ゲームワールド「Udon Saber」などもある
  45. イベント:水曜ゲーム集会 ゆるげMEET! ・ゲーム系のワールドに集まってゆるく遊ぶ  ・ボドゲ系なこともあれば、   VRならではのゲームなど週によって様々 ・ハッシュタグ: # ゆるゲMEET

  46. イベント:サキュバス酒場LILITH-リリス- ・サキュバスロールプレイをしている
  キャストとお酒が飲める  ・エッチなお店ではない  ・サキュバスな服装ではある ・Twitter: @vrc_ss_lilith ・紹介記事: にゃるきーちゃんVRC  日記(サキュバス酒場)

  47. イベント:にわかオタクBar HURUKABU ・週変わりテーマを中心に  オタク系ジャンル雑談をする ・Twitter: @BarNiwaka ・ハッシュタグ: 
  #VRバーHURUKABU

  48. イベント:バーチャル授乳Cafeキタリナ ・赤ちゃんになってママ役の人に甘えながら  哺乳瓶でミルクを飲ませてもらうロールプレイ  ・エッチなお店ではない  ・ママ役になることもできる ・Twitter: PC用 @CafeKitarina  Quest用 @Quest_milk_cafe

    ・Youtubeチャンネル
  49. イベント:私立VRC学園 ・2週間決まった時間固定で、VRChatで活動している様々な人を呼んで授業をしてもらう  ・クラス制なので仲が良くなりやすいし、別クラス同期や卒業生との接点も多くフレンドが作りやすい ・Twitter: @VRC_HighSchool ・紹介記事: 私立VRC学園4期、学園生活を終えて 改めて感じた「コミュニティー」の大切さ ・公式説明スライド:https://docs.google.com/presentation/d/1iMOGqiyLJCSO7TMgC7t4WqcpN03Gr9go1-SFzhqbrzk/edit#slide=id.gd19b41ea10_0_0 ・告知動画:

  50. イベント:VRC Flight Academy ・現実の航空機(複数種類)の操作方法(簡略化せずほぼ現実通り)を  教官に教えてもらいながら学び、自分で操縦できることを目指す学校  ・現実で無理なことは極力排除したり、管制塔とのやり取りや誘導灯など、   リアルさの追求のためできるだけ現実通りにする本格仕様 ・Twitter: @FlightVrc ・ハッシュタグ:

    #VRCFlightAcademy
  51. イベント:仮想創造機構VIC 〜VRC Institute of Creation〜 ・色々な「知識」に関して講演+有志のLT会 ・Twitter: @VIC_VRC0109 ・ハッシュタグ: #仮想創造機構

    #VRC_VIC  ・過去の講義は   上記タグでなんとなく把握できる
  52. イベント:DJ系 ・xxx

  53. ワールド:ホラー系ワールド ・ホラーとVRの相性は非常によい ・大枠ではお化け屋敷に近いが、視界がジャックされるなど現実ではできない演出が  VRの真骨頂感。一人称なのもありホラー映画で登場人物が叫ぶ気持ちがよくわかる。 ・紹介記事: VRユーザーのおススメホラワを大特集『おしえて!ホラーワールド特選』

  54. ワールド:PROJECT: SUMMER FLARE ・短編ゲームのように、2,3時間でシナリオを進めていくゲーム  ・平和な世界が唐突に崩壊する近未来SFチックなシナリオ
 ・紹介記事: 「言葉」を壊した先にあるもの VRChat「PROJECT:  SUMMER FLARE」で過ごした夏

    ・公式PV
  55. ワールド:TonboBattleField ・色々な武器が使えるPvP FPS  ・VRだから本当の意味で一人称視点 ・実況動画: 「VRでのFPSが滅茶苦茶楽しすぎる件について」

  56. ワールド:VRC偉人カードバトル ・テーブルゲーム「ソクラテスラ」っぽいゲームができる ・ハッシュタグ: #VRC偉人カードバトル  ・「カタン」や「Not My Fault」など   現実のボドゲ(風のもの)ができるワールドは結構ある

  57. ワールド:Grapnel Gun Playground ・「進撃の巨人」の立体機動装置のような銃でビルを駆け回れる ・紹介動画: 「ワールド紹介Twitterで紹介するワールドシリーズ第107回目!Grapnel Gun Playground」

  58. ワールド:オモイデに沈む前に BEFORE IT SINKS IN MEMORIES- ・現実では見られない幻想的な風景+人間が滅びた世界感 ・紹介記事: 「VRCワールド巡り オモイデに沈む前に

    -BEFORE IT SINKS IN MEMORIES- (2021/6/20時点でCL)」 ・エモい系ワールドをツアーしたり、撮影会をするイベントなどもある
  59. ワールド:8-bit Cyberpunk Junction ・ファミコンゲームのようなワールド ・紹介記事: 「ピクセルスタイルの近未来都市”8-bit Cyberpunk Junction”を歩 く。【VRChatワールド紹介】」

  60. ワールド:District Roboto ・レトロサイバーパンクな世界 ・紹介記事: 人気ワールドクリエイター、Fins氏の最新作『District Roboto』が VRChatで公開。ユニークなロボットの世界を探索しよう。 ・ちなみに、サイバーパンク系のワールドは多い

  61. ワールド:VRミュージックビデオ系ワールド ・初音ミクライブや、Perfumeのライブや、演出過多なPVのような
  ミュージックビデオを体験できるワールドは結構ある ・仮想空間だからできる演出が多く、それを一人称で360°で見れるのはVRならでは ・紹介記事: 【VRChat】360度に広がる演出!パーティクルライブを見に行こう!

  62. おわりに ・紹介した他にも、乗り物(車やバイクやや巨大ロボット)を動かして遊ぶワールドや  某ゲームの中に入って追体験をするファンワールドや、部屋や旅館でまったりしながら
  友人と話すワールド、動物と触れ合えるワールドなど、数え切れない種類があります ・イベントも、哲学カフェやDJクラブ、マーダーミステリーなど様々なものがあります ・ワールド/イベントはユーザー自身が作り上げています  ・そのため、ニコニコ動画の黎明期のように技術力がある人・行動力がある人が   あらゆる想像を創造した「好き」に溢れた世界で構築されています ・他のワールドやイベント、VRChat上での色々な様子は「VRChatガイドブック~ゼロから はじめるメタバース」という本がまとまっているので興味がある方は是非に