Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Agile Tech Talk vol.1 「プロダクトの革新を支えた開発組織づくり」

Agile Tech Talk vol.1 「プロダクトの革新を支えた開発組織づくり」

2023年7月26日にHelpfeelさん主催のイベント「Agile Tech Talk」に弊社CTO鈴木が登壇した際の資料です。

CREATIVE SURVEY Inc.

July 27, 2023
Tweet

More Decks by CREATIVE SURVEY Inc.

Other Decks in Technology

Transcript

  1. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    Agile Tech Talk vol.1 「プロダクトの革新を支えた開発組織づくり」
    スクラム導入と透明性のための
    実践プラクティス
    ~CTOとして1年間スクラムと向き合った結果~
    2023.07.26

    View full-size slide

  2. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    自己紹介
    鈴木康寛
    クリエイティブサーベイ株式会社
    CTO
    2013年にSansan入社。
    webアプリケーションエンジニアとして、 Eightの開発に従
    事。サーバーレスアーキテクチャを用いた、リコメンデー
    ションサービスに関して、 2017 AWS Dev Dayにて登
    壇。
    その後、エンジニアリングマネージャーの経験を経て、昨
    年6月より現職。
    yasuzukisan

    View full-size slide

  3. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    登壇歴
    https://speakerdeck.com/yas/awsgazhi-erueightrikomendesiyonenzinfalseli-ce
    https://speakerdeck.com/sansanbuildersbox/the-road-to-robust-and-flexible-enginee
    ring-organization

    View full-size slide

  4. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  5. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    今年よりSansanグループに参画

    View full-size slide

  6. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    ミッション
    顧客の声を機会に変える

    View full-size slide

  7. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    スクラム導入されている方 🙋
    早速ですが、、、

    View full-size slide

  8. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    スクラムとは
    https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf
    “スクラムとは、複雑な問題に対
    応する適応型のソリューションを
    通じて、人々、チーム、組織 が価
    値を生み出すための軽量級フ
    レームワークである。”

    View full-size slide

  9. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    ● 理解は容易
    ● 習得が困難
    軽量が故の問題

    View full-size slide

  10. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    Sansanでの実践経験

    View full-size slide

  11. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    プロセス重視

    View full-size slide

  12. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    学び
    ● スクラムを形だけやったつ
    もりになっても失敗する
    ● プランニングやレトロスペ
    クティブなどのイベントをス
    プリント毎に回せばいいと
    いうものではない
    https://speakerdeck.com/sansanbuildersbox/the-road-to-robust-and-flexible-engineerin
    g-organization?slide=32

    View full-size slide

  13. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    重要なのはプロセスよりも
    理論と価値基準

    View full-size slide

  14. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    スクラムの理論
    https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf
    “これらのイベントが機能するの
    は、経験主義のスクラムの三本
    柱「透明性」「検査」「適応」を実現
    しているからである”

    View full-size slide

  15. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    スクラムの価値基準
    https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf
    “スクラムが成功するかどうか
    は、次の 5つの価値基準を実践
    できるかどうかにかかっている。”
    ● 確約(Commitment)
    ● 集中(Focus)
    ● 公開(Openness)
    ● 尊敬(Respect)
    ● 勇気(Courage)

    View full-size slide

  16. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    本セッションでは透明性に着目
    ● どのようにクリエイティブサーベイでは透明性を担保しているか
    ● 導入の変遷
    ● 開発のフェーズとともに実践しているプラクティスを紐解く

    View full-size slide

  17. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    2022/6: CTO就任
    ● それまではウォーターフォール的なプロセスだった
    ● GitHub Issueベースでのチケット管理
    ● スクラムを導入したいメンバーもちらほらいた
    スクラムやってみよう 🔰

    View full-size slide

  18. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    プロダクトバックログを作成
    VS
    ● 全社共通のドキュメント基盤
    ● オープン(透明性高)
    ● エンジニアのみ
    ● クローズド(透明性低)

    View full-size slide

  19. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    結果的には

    View full-size slide

  20. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    なぜGitHubを選んだか
    ● 結局エンジニアはGitHub Lover
    ● バックログから計画、実際のタスクまでGitHubで完結できる
    ○ プロダクトバックログ
    ○ スプリントバックログ(計画後)
    ○ タスク
    ■ プルリクエスト
    ■ コードレビュー

    View full-size slide

  21. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    なぜGitHubを選んだか
    ● GitHub Projectsが新しくなった
    ○ ClassicではできなかったTable ViewやWorkflow機能が提供
    ○ Insightsでグラフ表示も可能

    View full-size slide

  22. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    透明性の問題は? 🤔

    View full-size slide

  23. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    スクラムの透明性
    https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf
    “透明性の低い作成物は、価値を
    低下させ、リスクを高める意思決
    定につながる可能性がある。 透
    明性によって検査が可能になる。
    透明性のない検査は、誤解を招
    き、ムダなものである。”

    View full-size slide

  24. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    必要十分な透明性の担保ができていた
    ● CTO就任当初は技術的負債の返済がメインストリーム
    ○ プロダクトオーナーが自分自身
    ○ 外部のステークホルダーからも一任されていた
    ● エンジニアチーム内での透明性確保が先決だった
    ○ Notionが使いこなせていなかった
    ○ 技術的負債の返済においては、検査と適応に支障がなかった

    View full-size slide

  25. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    実践プラクティス 1⃣
    ● Projectsの設定を工夫
    し、プロセス可視化
    ○ Iterationを活用
    ○ Estimateというカス
    タムパラメータを追
    加し、見積もり
    ○ ベロシティとDone状
    況を把握

    View full-size slide

  26. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    実践プラクティス 2⃣
    ● 完了したアイテムを自動
    アーカイブ
    ○ 1Projectあたり1200
    が上限
    ○ Workflowを活用し、
    1ヶ月後に自動で
    アーカイブ
    https://docs.github.com/ja/issues/planning-and-tracking-with-projects/automating-your-
    project/archiving-items-automatically

    View full-size slide

  27. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    1年間の成果(プロダクトゴール)
    ● Ruby/Railsのバージョンアップ
    ○ Ruby 2.3.3 -> 3.2.2 +YJIT
    ○ Rails 3.2.22 -> 7.0.4
    ● RDS(MySQL)からAmazon Aurora Serverless V2への移行
    ● サーバー環境でのコンテナの導入(ECS on Fargate)
    ○ 負荷に応じたオートスケーリングが可能に
    ● Terraformを使用したインフラのコード化
    ● OpenAPIによるスキーマ駆動開発の導入
    ● CI/CDパイプラインの導入とBLUE/GREENデプロイの自動化
    ● モニタリング/ログ基盤の整備(Datadog)

    View full-size slide

  28. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    全てうまくいった? 🤔

    View full-size slide

  29. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    ユーザーへ価値提供ができていなかった
    ● 負債の返済を優先していたため、価値提供が不十分
    ● 開発メンバー以外への共有(透明性)が不十分
    ● 果たしてスクラムと呼んで良かったか?

    View full-size slide

  30. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    確約(コミットメント):プロダクトゴール
    https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf
    “プロダクトゴールは、プロダクト
    の将来の状態を表している。それ
    がスクラムチームの計画のター
    ゲットになる。
    次の目標に移る前に、スクラム
    チームはひとつの目標を達成(ま
    たは放棄)しなければならない。”

    View full-size slide

  31. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    プロダクトゴールの再定義
    ● 技術的負債は概ね解消した
    ● ユーザーに対する新たな価値提供が急務
    ○ プロダクトオーナーも再定義が必要
    ○ ステークホルダーも変わる
    ● エンジニアチーム内での透明性確保だけでは足りない
    ○ 全社員に対する透明性を確保する必要がある

    View full-size slide

  32. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    プロダクトゴールの再定義
    ● ユーザー価値ベースでプロダクトロードマップを作成
    ○ 2023/5の新体制キックと共に作成
    ■ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000014710.html
    ● プロダクトオーナーを再定義
    ○ PdM + PMM体制とした
    ● 改めて、プロダクトバックログを作り直した
    ○ 合わせて、プロセスも定義し直した

    View full-size slide

  33. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    Notionにてプロダクトバックログを刷新

    View full-size slide

  34. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    なぜNotionを選んだか
    ● 全社員がアカウントを所有
    ○ 全社員への透明性を確保
    ● NotionのSynced Databases
    機能が活用できる
    ○ 元々GitHubに作っていた
    バックログと連携
    ○ IssueやPRの情報を
    Notion上から見ることが可
    能に
    https://videos.ctfassets.net/spoqsaf9291f/2d4UicdJJ4Sg55iYwInw6h/828fab826618ee55f9d97a8711
    3ab29a/add_roadmap_synced_db.mp4

    View full-size slide

  35. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    NotionとGitHubを相互に活用
    with
    ● プロダクトバックログ
    ● 社員への透明性を重視
    ● スプリントバックログ
    ● エンジニアの効率を重視

    View full-size slide

  36. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    シン・プロダクトバックログ
    ● エンジニアはこれまで通り
    GitHubで開発
    ● プロダクトオーナー、ステークホ
    ルダーはNotionから開発状況
    を把握

    View full-size slide

  37. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    プロセスを仕組み化 🤖
    さらに、、、

    View full-size slide

  38. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    実践プラクティス 3⃣
    ● バックログの運用フローついて
    mermaidで作成し、Notion上で
    公開
    ○ バックログの状態遷移を把

    ○ 状態が変わるイベントと関係
    者が明確に

    View full-size slide

  39. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    実践プラクティス 4⃣
    ● バックログの更新通知をSlackに
    ポスト
    ○ Slack上でバックログの状態
    変化が把握できるように

    View full-size slide

  40. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    一つの成果 🎉

    View full-size slide

  41. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    https://jp.creativesurvey.com/news/20230725-2/

    View full-size slide

  42. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    続きは次回 ⏭
    更なる改善も

    View full-size slide

  43. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    まとめ 📝

    View full-size slide

  44. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    まとめ
    ● 透明性はスクラムの鍵
    ○ 検査と適用のベース
    ○ スクラムガイドを正しく理解し、実践する重要性
    ● 透明性を確保する仕組みづくり
    ○ ステークホルダーに合わせ、適切な透明性を確保する
    ○ そのための仕組みづくりが価値の最大化につながる

    View full-size slide

  45. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    おわりに

    View full-size slide

  46. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    透明性の高い当社で働いてみませんか
    ● 仲間を絶賛募集しています 🙏
    ○ バックエンドエンジニア
    (Rails)
    ○ フロントエンドエンジニア
    (Next.js)
    ○ QAエンジニア(mabl)
    ○ データエンジニア 
    (Snowflake, dbt)
    ○ SRE(AWS, Terraform) https://herp.careers/v1/csinc/requisition-groups/5752dd5e-88f7-4b00-a954-c429b315c576

    View full-size slide

  47. © 2023 CREATIVE SURVEY INC. All Rights Reserved.
    ご清聴
    ありがとうございました 🙇

    View full-size slide