Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「ABEMA」恋愛リアリティーショーのアートワーク | CA BASE NEXT

「ABEMA」恋愛リアリティーショーのアートワーク | CA BASE NEXT

□ 登壇者
竹原 沙織

□ 発表について
「ABEMA」はテレビのイノベーションを目指し“新しい未来のテレビ”として展開する動画配信事業です。そのために「ABEMA」にしかできない番組を生み出し、挑戦し続けています。恋愛リアリティーショーは特にオリジナル番組として力を入れており、多くの番組があります。
中でも大人女性に人気の高い『恋愛ドラマな恋がしたい』のアートディレクションを担当しています。
番組のアートディレクション、プロモーションなどがメインで、企画出しから最後のビジュアル調整まで行なっています。テロップや番組サイトやソーシャルや外部広告の施策など、デザイナー側から提案できるところにはほとんど関わっています。
アートディレクターとして、「ABEMA」人気オリジナル番組の世界観をどう伝えていくのか、企画から考え番組、美術セットやテロップなどの世界観づくりにどう展開していくのか。この一連の流れについてお話しします。

詳細はこちら

□ CA BASE NEXT (CyberAgent Developer Conference by Next Generations) とは
20代のエンジニア・クリエイターが中心となって創り上げるサイバーエージェントの技術カンファレンスです。
当日はセッション・LT・パネルディスカッション・インタビューセッションを含む約50のコンテンツをYouTube Liveを通じて配信します。
イベントページ

□ 採用情報
サイバーエージェントに少しでも興味を持っていただきましたら、お気軽にマイページ登録やエントリーをおねがいします!

◆新卒エンジニア採用
エントリー・マイページ登録はこちら
採用関連情報のまとめはこちら

◆新卒クリエイター採用
エントリー・マイページ登録はこちら

◆中途採用
採用情報はこちら

2016ba6b977a2e6691811fa66d5f4336?s=128

CyberAgent
PRO

May 28, 2021
Tweet

Transcript

  1. None
  2. Profire 2016 CyberAgent 新卒入社 2016 AbemaTV Art Director / Designer

    竹 原 沙 織

  3. 01  番組アートワークとは? 02  事例紹介 03  高いクオリティを生み出すための環境 INDEX

  4. 01 番組アートワークとは?


  5. ABEMAとは?
 テレビのイノベーションを目指し 
 “新しい未来のテレビ“として 
 展開する動画配信事業です。 


  6. 番組アートワークの
 仕事とは?
 番組の内容や世界観をビジュアルとしてどう伝えていくか企画から考え、 ロゴ、サムネイル、美術、テロップ、番宣など展開していくお仕事。 

  7. Schedule 1. 初回ビジュアルオリエン 2. ラフ制作 3. ラフの確認、決定 4. カメラマンさん打ち合わせ 5.

    衣装決め 6. ヘアメイク決め 7. 小道具などの用意 8. 香盤表制作 9. 撮影 10. セレクト 11. 画像レタッチ 12. 最終デザイン調整 13. ビジュアル完成!! 14. ビジュアルの展開や運用
  8. 関わるスタッフさんも多いので、目指すべき方向性をしっかり伝えなくてはいけま せん。 衣装
 ヘアメイク
 デザイナー
 番組編集
 カメラマン
 美術
 レタッチャー 


  9. 関わるスタッフさんも多いので、目指すべき方向性をしっかり伝えなくてはいけま せん。 衣装
 ヘアメイク
 デザイナー
 番組編集
 カメラマン
 美術
 レタッチャー 


    どんな衣装にしたいです か?何色ですか?
  10. 関わるスタッフさんも多いので、目指すべき方向性をしっかり伝えなくてはいけま せん。 衣装
 ヘアメイク
 デザイナー
 番組編集
 カメラマン
 美術
 レタッチャー 


    どんな衣装にしたいです か?何色ですか? どんなヘアスタイルに しますか?
  11. 関わるスタッフさんも多いので、目指すべき方向性をしっかり伝えなくてはいけま せん。 衣装
 ヘアメイク
 デザイナー
 番組編集
 カメラマン
 美術
 レタッチャー 


    どんな衣装にしたいです か?何色ですか? どんなヘアスタイルに しますか? 色味の方向性は? 光のトーンは?
  12. 関わるスタッフさんも多いので、目指すべき方向性をしっかり伝えなくてはいけま せん。 衣装
 ヘアメイク
 デザイナー
 番組編集
 カメラマン
 美術
 レタッチャー 


    番組の軸となる指針を作る
  13. 番組の第一歩は「軸」を 規定すること

  14. 番組の軸を作る フレームワーク その番組で伝えたい イメージを定義する その番組が持つ 機能を定義する 番組の目指す姿 何をやりたいのか? 目指すべき方向性を 規定するためにこのような

    ピラミッド構造で考えます。 VISION 情緒的価値 機能的価値
  15. その番組で伝えたい イメージを定義する その番組が持つ 機能を定義する 番組の目指す姿 何をやりたいのか? VISION 情緒的価値 機能的価値 機能的価値だけだと

    分かりやすいが 説明っぽくなる
  16. その番組で伝えたい イメージを定義する その番組が持つ 機能を定義する 番組の目指す姿 何をやりたいのか? VISION 情緒的価値 機能的価値 機能的価値と

    情緒的価値をセットで 目指すべき姿を伝える
  17. 02 事例紹介

  18. 「恋愛ドラマな恋がしたい」 若手俳優が毎話キスシーンのある 恋愛ドラマの撮影をしながら、 本当の恋をしていく様を追いかける番組。 番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、 選ばれた男女1組だけで、役を勝ち取る為に、 相手役と稽古を重ねながら、 台本に用意されている様々な キスシーンを演じていく。

  19. ドラ恋の課題 たくさんある恋愛リアリティーショーの 中からの差別化、オリジナルの価値づけ ただの群像劇として 見られない目立つ仕掛けづくり

  20. ドラ恋の ピラミッド構造 演技のキスか 本気のキスか? 大人の恋愛に ドキドキする番組 大人っぽい恋 愛 ドキドキ ベッドシーン

    嫉妬 キスシーン 演技 俳優と女優 ツヤ感 憧れ 本気の恋 禁断 ドロドロ 役争い リアル ドラマ撮影 必ずキスする 恋愛リアリティ ショー 重厚感 複雑に絡み合う大人の 恋愛のドキドキ感 俳優と女優のキスが見れる 恋愛リアリティーショー VISION 情緒的価値 機能的価値
  21. None
  22. rough sketch キス / ベッドシーン / 大人な恋愛 / 艶っぽさ fix

  23. 色味の指定 赤をピンポイントで目立たせることで、 キスを視覚的に強く印象づけたい ↓ ヌーディートーンをベースに選択

  24. 質感の指定 大人っぽい恋愛がテーマ ↓ 奥行き感の表現 ↓ ヌーディートーンの中にも 複雑な質感を出したい      ↓ 美術や衣装などの素材の方向性が 決まってくる

  25. ただの群像劇に見えない 目を引く仕掛け作り ・メインMCを大きくアイコンとして  入れることによって番組のリソースを  最大限活かした仕掛け ・普通のリアリティーショーとは違う  役の設定や作られた世界観の表現

  26. スマホサイズの意識 ・スマホでの見え方を考えた場合、  顔が認識できるサイズや、  情報量の多さに気をつける ・ABEMAではアプリ内のビジュアルは  同一サイズの人物は3人までや  3色以上使用しないというルールを推奨

  27. SNS展開の見え方 ・キービジュアル以外にも  どのように展開されていくか ・キーカラーやキーアイテムが  その番組らしさをつくる

  28. 番組の軸がもたらす超加速効果 ・意思決定が加速する   軸が決まると番組としてあるべき姿がチームに共有されるので これは違うなというものが全員に瞬時に判断できるようになる。 ・マーケティングが加速する   軸が決まると「やること」「やらないこと」が明確化するので どこを価値にすべきか絞って開発や宣伝ができるのでコストに無駄がなくなる。

  29. 番組の軸や戦略が 視聴者の 見たい に繋がる ↓ 数字に貢献できるアートディレクターへ

  30. 03 高いクオリティを生み出すための環境

  31. ACC ABEMA Creative Center

  32. ACCで求められる理想状態 どちらかが先走ってはいけない かっこいいけど 番組の内容が伝わらない × 斬新すぎてわからない × 効果が高そうならと やたらと訴求を入れる ×

    有名人をたくさん ビジュアルに入れる × とにかく目立たせる ために多色使い × クオリティ 数字
  33. ACCの取り組み クリエイティブでABEMAの価値を上げる クリエイターの企画力/プレゼン力アップ クリエイティブクオリティ  

  34. クリエイターによる プレゼンの機会 課題 インハウスのクリエイターだと 社内向けに喋ることが多く 自分の企画を全く知らない人に話す機会が少ない。 解決 別部署の人にも話す機会を月1で創出し クリエイターの企画力、プレゼン力を上げる。

  35. クオリティについての 挑戦を褒め合う文化 課題 数字を意識しすぎてどの番組も 似てきてしまう。 解決 新しい未来のテレビとしての 挑戦やアイデアをリーダー陣から 評価する機会を増やす。

  36. ありがとうございました!

  37. None