Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

QA組織パターン - 構造ごとのメリットデメリットまとめ / QA organizational structure

A760a90c9afd981004343b9861f1e8b4?s=47 Dai Fujihara
February 03, 2022

QA組織パターン - 構造ごとのメリットデメリットまとめ / QA organizational structure

QA組織構造ごとのメリットデメリットをまとめてみました。だいたい数パターンに集約されるように思います。
もし、これ以外にご存知であればぜひ教えて下さい。

A760a90c9afd981004343b9861f1e8b4?s=128

Dai Fujihara

February 03, 2022
Tweet

More Decks by Dai Fujihara

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 開発部 • 概要 ◦ 職能ごとの部門からプロジェクトごとに アサインする体制 ◦ 大きな企業やSIに多い、昔ながらの構 造 •

    メリット ◦ 職能ごとに集まるので育成やノウハウ 共有がしやすい ◦ 職能が明確なので人を比較的集めや すい • デメリット ◦ 概して、部門間の仲が悪い。いわゆる サイロ化 ◦ プロジェクトに知識が残らない QA部 プロジェクト 職能ごと組織構造とプロジェクト体制
  2. 開発チーム QA 開発チーム 開発チーム 開発チーム • 概要 ◦ QA、セキュリティ、SREなど横断的組織を 残すパターン

    • メリット ◦ 職能ごとに集まるので育成やノウハウ共 有がしやすい ◦ 職能が明確なので人を比較的集めやすい ◦ QA部分を外注しやすい ◦ QAリソースを開発は気にしなくていい • デメリット ◦ 横断部署へのリクエストはキューになるた め、窓口理論でボトルネックになりやすい ◦ 人貸し商売になりがち ◦ 依頼されたことをやるだけになりがち QA横断組織体制(社内受発注型) 仕事の依頼
  3. 開発チーム QA 開発チーム 開発チーム 開発チーム • 概要 ◦ QA、セキュリティ、SREなど横断的組織 を残すパターン

    • メリット ◦ 職能ごとに集まるので育成やノウハウ 共有がしやすい ◦ 職能が明確なので人を比較的集めや すい • デメリット ◦ 横断部署へのリクエストはキューになる ため、窓口理論でボトルネックになりや すい ◦ 人貸し商売になりがち ◦ 開発チームとレポートラインが異なるの で現場にコミットしにくい QA横断組織体制(アサイン型)
  4. 開発チーム QA 開発チーム 開発チーム 開発チーム • 概要 ◦ QA、セキュリティ、SREなど横断的組織を残す パターン

    ◦ さらにマネージャだけでなく、開発チームを支援 する人材を残して全体的なサポートをする • メリット ◦ 職能ごとに集まるので育成やノウハウ共有がし やすい ◦ 職能が明確なので人を比較的集めやすい ◦ ボトルネックに対応しやすい ◦ 横断的な関心に対応しやすい(例:自動テスト を支援部隊でやっていくとか) • デメリット ◦ 人貸し商売になりがち ◦ 開発チームとレポートラインが異なるので現場 にコミットしにくい ◦ 即支援できる強いスキルを持った人材が必要 になる QA横断組織体制(アサイン型2) 支援
  5. 開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム • 概要 ◦ 詳しくはこちら(https://bit.ly/3rmWJ1C) ◦ スタートアップ中心にこの構成が多い

    • メリット ◦ 開発チームに権限を委ねているので機動力が ある ◦ スクラムを利用する場合は、この形でやるのが 無難(集合知であり共通解になりつつある) ◦ 横軸の職能部門をもたせることもできる ◦ より柔軟性を高めるなら、横軸組織をコミュニ ティのようなゆるやかなつながりで運営できる • デメリット ◦ チームに必要な職能すべての採用を一気にや る必要がある(そうしないとバランスが悪くなっ たりスケールに躓く) ◦ コミュニティ形成など、主体的に仕事ができる 人材や、組織文化づくりが必要 Spotifyモデル
  6. 開発チーム QA 開発チーム 開発チーム 開発チーム • 概要 ◦ QAとよばれるサービスを完全に外出しする体 制。完全に独立した

    QA組織を作れるかは疑問 があるが、これができると開発チームは QAを外 注できる。 ◦ 注意: 今もQAの外注はあるが、納品型だと発 注者のレビューが必要になり、発注側に QAの 管理コスト負担がある。 QaaSはそれすらなくし た状態を目指している • メリット ◦ 職能ごとに集まるので育成やノウハウ共有がし やすい ◦ 職能が明確なので人を比較的集めやすい ◦ ボトルネックに対応しやすい ◦ 開発側の負担が少ない(まかせられる) • デメリット ◦ 人貸し商売になりがち ◦ 開発チームとレポートラインが異なるので現場 にコミットしにくい ◦ 品質の丸投げになりやすい QA as a Service サービスの提供