Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「受身から攻めのQA」に至るまでの道のり【QA Online #2】

「受身から攻めのQA」に至るまでの道のり【QA Online #2】

DeNA techCon2022で発表された、「受身から攻めのQAへ!事業を成功に導くQAへの変革」の裏話。DeNA品管がどうやって事業に入り込める、強いQA組織まで成長してこれたかの3年間の道のりを公開します。

8a84268593355816432ceaf78777d585?s=128

DeNA_Tech
PRO

June 06, 2022
Tweet

More Decks by DeNA_Tech

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 「受身から攻めのQA」に至るまでの 道のり 前川健二 品質本部品質管理部QC第二グループ 株式会社ディー・エヌ・エー 2022/6/3 @ DeNA Co.,Ltd. CONFIDENTIAL

  2. 2 発表の概要 DeNA techCon2022で発表された、「受身から攻めのQAへ!事業を成功に導くQAへの 変革」の裏話を公開します。 DeNA品管がどうやって事業に入り込むことができる、強いQA組織まで成長してこれ たかの3年間の道のりをトーク形式でお伝えできればと思います。    TechCon発表動画     https://www.youtube.com/watch?v=xtze8wzEsys    関連Blog記事    

        https://engineering.dena.com/blog/2022/05/road_to_aggressive_qa/
  3. 3 タイムスケジュール(目安) 1.自己紹介:1分 2.QMO(Quality Management Office)の紹介:5分 3.受身から攻めに至った道のり:3分 4.トーク形式での説明(質問もお受けします):15分    司会&インタビューワー:柏倉直樹 5.CLOSE:1分

  4. 4 新卒で車載音響機器メーカー入社し品質保証を担当。その後 QAコンサルを経て、2017年にDeNAに入社。 オートモーティブ事業のQA担当を経て品質管理部のマネー ジャーとなる。ヘルスケア事業のQMO&エンジニアも兼務で 担当し開発プロセスの改善等を担当している。 【経歴】 ・1999~2015 車載音響機器メーカーQA担当 ・2015~2017 QAコンサルタント ・2017~  

    DeNA入社    主務:品質管理部マネージャー    兼務:ヘルスケア領域QMO   ※在籍中に2回社長賞受賞(個人、チーム) 【趣味】 ・映画鑑賞(好きすぎて1室改築してシアタールーム作る) ・マラソン大会(練習は嫌い、あくまでも大会が好き) 自己紹介
  5. 5 QMO(Quality Management Office)の紹介

  6. 6 ❏ QMOの役割 参謀 コンサルティング機能 
 開発プロセスやプロジェクト標準の策定・導入 
 プロジェクト計画(管理計画)の作成支援 


    リスクの検知と予防策検討 
 炎上プロジェクトの原因分析、改善 
 支援
 意思決定支援機能
 プロジェクト状況の可視化 
 各種プロジェクト管理支援 
 プロセス遵守状況の確認 
 メンタリング機能
 PMや開発メンバーの心理状況把握&ケア 
 相談役(1on1を通じて会話) 
 QAスキルがあるメンバーがサービスの企画(PJ)が始まる上流からコアメンバーとして活動する。 参謀・支援の役割でプロジェクトに入り、PJ課題を未然防止(解決)する事を目的とする。 QMO担当は、QAを担 当していたメンバーで 構成しています QMO(Quality Management Office)の紹介
  7. QMOの役割をW字モデルで示しています。 ①の役割 QA担当が検証を実施する開発成果物を、 先回りして改善する役割 具体的には、各種ドキュメントの書き方 やフォーマット案の指導など ②の役割 PjMやPdMと連携し開発全般の改善を実施 具体的には、開発プロセスやプロジェクト 管理の定義や推進を実施したり、各担当の

    連携が弱い場合は、連携強化する為に動く 7 ❏ QMOの担当領域 ①
 ②
 攻めのQA活動 QMO(Quality Management Office)の紹介
  8. QMO担当が参画したプロジェクトの成果を一部紹介!  【Quality】    ・QAテストによる不具合検出率の予測値から半減以下    ・市場での本番障害ゼロ  【Cost】    ・品質に関わる年間予算(QA費や市場不具合対応)の30%削減  【Delivery】    ・2週間前倒して開発完了し余裕を持ったリリースの成功    ・開発開始時にリリース日厳守が不可の見込みであったPJをリリース日間に合わせる      →リリース日を厳守しないと多大な損失があるPJのためCost成果もあり

     【Process】    ・開発プロセスの整備と導入    ・コミュニケーション施策による連携強化 8 ❏ QMOの成果 QMO(Quality Management Office)の紹介
  9. 9 受身から攻めに至った道のり

  10. 10 テスト請負 事業部から依頼されたテストの実施 事業部→QA一方通行の依頼 テストプロセス 整備 DeNA標準テストプロセス整備 依頼受けベースからポリシー策定 品質分析・定量 評価による改善

    テスト結果の品質分析や定量評価 による改善活動を開始 開発ドキュメン トの検証 開発上流工程に入り込み、 開発ドキュメントに対する 検証や要望をフィードバック開始 CSと組み ユーザ意見導入 カスタマーサポートと組むことで、 ユーザー意見などを利用したQAを開始 仕様策定にも活かす QMOグループ発 足 QMOグループを発足し、開発初期から コアメンバーで入ることにより、 開発品質向上やプロジェクトの健全化を行う 開発プロセス 開発成果物改善 開発初期からQAが入り、 開発プロセスや開発成果物自体の 改善を開始 QAの成果報告開 始 見えずらいQAの成果を経営陣に報告 QA活動による品質向上やコスト効率化による 事業への貢献度をしっかり伝達 受身から攻めに至った道のり 約
 3
 年
 の
 道
 の
 り

  11. 11 トーク形式での説明

  12. 12 まとめ

  13. DeNAの品質管理部はこの3年間で、事業を支える組織へと進化し、モノづくりをする 楽しさを実感して活動しています。 DeNAの活動を参考にしてもらいつつ、QA業界を盛り上げていければ幸いです。 同時に、DeNAでは一緒に働く仲間の募集もしていますので、興味がある方はお声が けください。 ※募集職種は、この後の発表で紹介します 13 まとめ

  14. @ DeNA Co.,Ltd. CONFIDENTIAL