Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

サステナビリティと価格の壁 / Price Challenges to Sustainability

サステナビリティと価格の壁 / Price Challenges to Sustainability

<Ver 0.1>
サステナビリティと価格の壁
超訳!「GXリーグ グリーン商材の付加価値付け検討WG 最終報告書」

松村 大貴 / @dmattsun
<シェア・共有歓迎です>

More Decks by 松村 大貴|ハルモニア

Other Decks in Research

Transcript

  1. サステナビリティと
    価格の壁
    超訳!「GXリーグ グリーン商材の付加価値付け検討WG 最終報告書」
    松村 ⼤貴 / @dmattsun
    1

    View full-size slide

  2. 「グリーン商材の付加価値付け検討WG」について
    各社の排出削減施策が、製品やサービスの経済的価値に結び付くた
    めの仕組みについて、具体商材のユースケースを想定しながら検討
    を⾏うWGです。
    グリーン商材の価値創出に関して、幅広い業界で応⽤可能な考え⽅
    についての提⾔をアウトプットとして策定します。
    https://gx-league.go.jp/news/2023120401/
    2

    View full-size slide

  3. 企業の積極的なグリーン投資

    脱炭素+循環経済
    の実現を加速させたい
    3

    View full-size slide

  4. 企業のグリーン投資が進みづらい

    脱炭素+循環経済
    の実現がなかなか進まない
    4
    持続可能な商材の
    製造‧流通に
    追加コストがかかる
    販売価格を
    上げにくい
    測定‧評価制度
    が使いづらい
    投資しても
    回収できるか不透明

    View full-size slide

  5. について議論され、提⾔がまとめられている
    5
    グリーン
    インセンティブ
    評価指標
    とラベル表⽰
    toC
    消費者⽀援
    toB
    企業⽀援
    解決策として、

    View full-size slide

  6. 6つの提⾔と今後の展開(資料から転載)
    • 提⾔1 企業の脱炭素等の取組みを進めるため、商材のグリーン価値が市場から適切に評価され、経済活
    ⽤される仕組みづくりを⾏うこと。
    • 提⾔2 グリーン商材の普及を推進するため、これまで着⽬されてきた CO2 排出の絶対量に加え、基準
    値からの排出削減量(以下、ΔCO2)を指標として適切に認識‧活⽤すること。その際、「マスバランス
    ⽅式」の考え⽅を参考に、グリーン商材への投資を促すなど ΔCO2 のグリーン価値を有効活⽤すること。
    • 提⾔3 サプライチェーン全体のグリーン価値を評価すること。特に、調達、製造、製品利⽤における
    ΔCO2を評価に組みこむこと、プラスチックなどのリサイクルにおけるΔCO2排出量についてライフサイ
    クル全体での評価が重要であること。
    • 提⾔4 CO2 削減を推進する上で重要⾦属資源の資源セキュリティーが益々重要となること。特に、⽇本
    では、域内循環を⽀援することが重要であること。
    • 提⾔5 グリーン商材の市場拡⼤に向けては、カーボンプライシングの導⼊以外にも様々なインセンティ
    ブの仕組みが必要であること。
    • 提⾔6 グリーン商材に関するルールについては、本提⾔をベースとして、業界ごとの取組みや国際標準
    化の取組みにつなげていくこと。
    6

    View full-size slide

  7. 課題の構造を整理する
    (個⼈的な解釈です)
    7
    1.

    View full-size slide

  8. グリーン商材が浸透しない課題構造(仮説)
    8
    企業の積極的なグリー
    ン投資が増えない
    産業のグリーン
    変⾰が進まない
    流通する商材のグリー
    ン⽐率が上がらない
    リサイクル‧資源循環
    率が上がらない
    投資回収が
    不透明
    価格転嫁が
    難しい
    グリーンプレミアム
    (持続可能な商材
    の追加コスト)
    グリーン商材の
    規模の経済が働かない
    消費者‧企業の
    購⼊シフトが進まない

    View full-size slide

  9. 価格転嫁がなぜ難しいか
    (グリーンな商材を⾼めの価格で販売すること)
    10
    個⼈ 企業
    持続可能な製造‧流通に
    切り替えても
    商材によっては
    機能的価値が変わらない
    (例:鉄鋼)
    気候変動などの
    良い結果も悪い結果も
    全員に降りかかる
    (外部性がある)
    (規制‧炭素税がなければ)
    従来品が
    まだ安く変える

    積極的に購⼊する個⼈‧企業が得をする、評価制度‧インセンティブを設計する必要がある
    あえて⾼い⽅を
    買う理由が
    (感情‧倫理⾯しか)
    ない‧‧‧

    View full-size slide

  10. 提⾔で⽬指す変化と施策
    11
    企業の積極的なグリー
    ン投資が増える
    産業のグリーン
    変⾰が進む
    流通する商材のグリー
    ン⽐率が上がる
    リサイクル‧資源循環
    率が上がる
    投資回収の
    期待ができる
    価格転嫁が
    進む
    グリーンプレミアム
    (持続可能な商材の追加
    コスト)が減る
    グリーン
    インセンティブ
    グリーン
    ファイナンス
    納得感のある測
    定‧評価制度
    グリーン商材の
    規模の経済が働く
    消費者‧企業の
    購⼊シフトが進む
    カーボンクレジット
    ‧優先調達
    ΔCO2、削減貢献量
    エコラベル
    購⼊補助⾦
    サステナビリティ‧リ
    ンク‧ファイナンス

    View full-size slide

  11. 加えられる視点‧アイディア
    (ここからは提案です)
    12
    2.

    View full-size slide

  12. ワーキンググループで議論‧整理されたことに
    同感‧リスペクトしつつ、
    より成功確度を⾼めるために、
    追加できそうな視点
    13

    View full-size slide

  13. 追記版‧課題構造(仮説)
    14
    企業の積極的なグリー
    ン投資が増えない
    産業のグリーン
    変⾰が進まない
    流通する商材のグリー
    ン⽐率が上がらない
    リサイクル‧資源循環
    率が上がらない
    投資回収が
    不透明
    価格転嫁が
    難しい
    グリーンプレミアム
    (持続可能な商材
    の追加コスト)
    グリーン
    インセンティブ
    納得感のある測
    定‧評価制度
    グリーン商材の
    規模の経済
    消費者‧企業の
    購⼊シフトが進まない
    みんなで負担の
    合意形成が難しい
    社会‧経済の不安
    可処分所得縮⼩
    政治信頼感‧推せ
    るビジョンの不⾜
    ⾼齢化‧
    ⼈⼝動態の変化
    ⼈⼿不⾜‧
    専⾨⼈材不⾜
    組織ケイパビリ
    ティの不⾜
    グリーン
    ファイナンス
    変わる世代‧
    価値観&⾏動変容の可能性
    背景にある社会‧経
    済モデルの課題
    問題の種類とアプ
    ローチの整合性
    ⼈材‧組織開発
    の課題

    View full-size slide

  14. 制度確⽴のためには合意形成が必要
    全体的な機運‧ムード不⾜も無視できない
    フランス「⻩⾊いベスト運動」
    化⽯燃料からのシフトを⽬的に掲げていた燃
    料税の引き上げ
    税収の⼀部しか環境問題に使われない

    フランス全国で⼤規模な抗議運動に発展
    15
    背景にある社会‧経
    済モデルの課題
    CC 表⽰-継承 https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=74483210
    施策の公平感‧納得感に細⼼の注意が必要

    View full-size slide

  15. 経済の先⾏き不安や⾼齢化を抱え、
    政治の信頼感が⾼くない状態で
    “みんなで負担”の合意形成は
    どうすれば可能だろうか?
    16
    背景にある社会‧経
    済モデルの課題

    View full-size slide

  16. 頭と⾝体で考える、感じる、
    “ボトムアップの⺠主主義”に可能性
    全員が納得し、“推せる”トップ
    ダウンの社会Visionを描くこと
    が難しいならば
    ひとりひとりが⼿を動かし始め、
    ⾃分なりのVision(より良い未
    来像)を描ける社会‧機会を⽬
    指すのが良いかもしれない
    17
    背景にある社会‧経
    済モデルの課題
    『実験の⺠主主義
    』宇野重規
    『クリエイティブデモクラシー 「わたし」
    から社会を変える』
    ⼀般社団法⼈ 公共とデザイン

    View full-size slide

  17. 購⼊シフトがどう進むかも、
    2040~2050年の価値観を想像して考える
    18
    変わる世代‧
    価値観&⾏動変容の可能性
    ベビーブーマー世代
    (≒団塊世代)
    X世代
    (≒団塊ジュニア)
    Y世代(ミレニアル)
    Z世代
    α世代
    ベビーブーマー世代
    (≒団塊世代)
    X世代
    (≒団塊ジュニア)
    Y世代(ミレニアル)
    Z世代
    α世代
    ??世代
    各産業の中核を担うのはミレニアル世代‧Z世代となっていく

    例えば「GXリーグ U-40」(40歳以下の分科会‧勉強会)をやってみるのはどうか

    View full-size slide

  18. 制度だけでなく、組織‧⼈材にも⽬を向ける
    価格転嫁も、グリーン投資も、
    ⽀援策があればすぐに実⾏で
    きるわけじゃない
    元々企業努⼒で我慢していたグリーン化のコストを
    価格に転嫁しても「便乗値上げ」と批判されるかも
    しれない環境で、フェアな値上げは進められるだろ
    うか?
    インセンティブプランに加えて、各社の⼈材‧
    組織開発の課題解決にも注⼒したい
    19
    ⼈材‧組織開発
    の課題
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221016/k10013860801000.html

    View full-size slide

  19. 施策が散発的にならないよう、
    全体をシステムとして捉え、取り組んでいく
    20
    『⾏政とデザイン: 公共セクターに変化を
    もたらすデザイン思考の使い⽅』
    アンドレ・シャミネー
    利⽤できる情報
    が豊富
    知識の不⾜
    コンセンサス
    がない
    コンセンサス
    がある
    単純な問題

    カイゼン・効率化
    倫理的な問題

    話し合い・調整
    科学的/専⾨的な問題

    ロジカルシンキング
    ・仮説検証
    複雑/厄介な問題

    ︖︖︖
    問題の種類とアプ
    ローチの整合性
    複雑な問題には新しい
    アプローチが必要
    「施策ありき」「個別に実
    験」という進め⽅にならない
    よう、
    システムチェンジやデザイン
    の専⾨家をプロジェクトに⼊
    れていく

    View full-size slide

  20. ⾃分⾃⾝のコミットメント、貢献できること
    21
    正解のない問題に
    取り組む
    ファシリテーション
    ⾏動変容の
    ワークショップ、
    プロジェクト⽀援
    持続可能性と利益を
    両⽴する
    価格戦略の⽀援

    View full-size slide

  21. より詳しい⽅法論に興味のある⽅は、
    過去のスライドもご覧ください
    22
    ⇤⇧⇥⌅ ⌃
    ◆ # .( ) ⇣⇢⇧ 1
    ⇥ ✓ ⇡⌃.()+ & ⌧1
    ⇤ *0,$ )⌥⌧✏⇠% ⌘⌦⌧1
    ⌅ -'-/ .( )⌥⌧ 1
    ⌫↵ .()+ "! ⌧ 1
    ⇤ ⇥
    ⇧ ⌅ ⇤⌃ ⇥⌥⌦
    ↵ ⌦ ⇥⌅⇧⇤ ⌥ ⌃
    ⾏動変容 ⾃分と世界を変える技術
    https://speakerdeck.com/dmattsun/behavior-change-techniques

    View full-size slide

  22. CEO
    CEO
    https://twitter.com/dmattsun
    https://note.com/mattsun
    https://www.linkedin.com/in/daikimatsumura/
    23

    View full-size slide

  23. 最後までお読みいただきありがとうございました。
    松村 ⼤貴 / @dmattsun
    24

    View full-size slide