Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ノンプログラマーがAmazon Honeycodeでアプリを作ってみた/non-programer-amazonhoneycode

emi
November 06, 2021

ノンプログラマーがAmazon Honeycodeでアプリを作ってみた/non-programer-amazonhoneycode

2021/11/08(月)JAWS-UG朝会 #27で発表したスライドです。
(参考)
・Amazon Honeycode
https://builder.honeycode.aws/
・[AWS Expert Online for JAWS-UG #17 20211006] ノーコード、ローコード開発ってなに? Amazon Honeycode で何ができるの?
https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/amazon-honeycode
・Amazon Honeycode のご紹介 – コードを記述せずにウェブ & モバイルアプリを構築する
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/introducing-amazon-honeycode-build-web-mobile-apps-without-writing-code/
・Pricing
https://www.honeycode.aws/pricing
・Honeycode Folum(英語)
https://honeycodecommunity.aws/

emi

November 06, 2021
Tweet

More Decks by emi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ノンプログラマーが 2021/11/8(月) JAWS-UG 朝会 #27 で簡単アプリを作ってみた

  2. 目次 • Amazon Honeycodeとは • Amazon Honeycodeを触ろうと思ったきっかけ • アカウントの準備 •

    主要概念 • 「AWS認定資格取得チェッカー」的なものを作ってみた • 外部連携と制約 • 利用料金 • 感想・まとめ
  3. とは

  4. Amazon Honeycode とは • ノーコードでアプリケーション開発ができるフルマネージド サービス • 必要なのはブラウザだけ • 2020/6/26

    ベータ版リリース(約1年半ベータ版)
  5. を触ろうと思ったきっかけ

  6. きっかけ • 2021/10/06(水) • AWS Expert Online JAWS-UG: Honeycode &

    CI/CDパイプライン
  7. きっかけ • 見積り作成ワークフロー開発事例 • https://www.honeycode.aws/customers/wwt-improves-operational- efficiency • パートナーと連携して作成する見積り管理アプリケーションを 数週間で開発 •

    見積りプロセスの短縮、正確性の向上 すごい
  8. ノンプログラマーの私 プログラムは大学時代に少し、基本情報処理試験の 勉強でちょっとだけやったことがある Windows サーバ構築 ネットワーク機器設定 オンプレミス機器 ラッキング・設定 bat、ps1スクリプト作成 ソフトウェア、ミドルウェアの

    インストールと設定
  9. ノーコードならノンプログラマーの私でも できるかもしれない! • なんならエンジニアじゃなくてもできるかもしれない

  10. アカウントの準備

  11. Amazon Honeycodeアカウントの準備 • AWSアカウントとは別にHoneycodeアカウント (Team:チーム)を作成する必要がある 作成に必要なのはメールアドレスだけ クレカ登録など支払情報不要

  12. • Amazon Honeycodeにアクセス⇒Sign in • https://builder.honeycode.aws/ Amazon Honeycodeアカウントの準備

  13. • メールアドレスを入力 • パスワードを設定 Amazon Honeycodeアカウントの準備

  14. • メールが届くので Confirm now をクリック Amazon Honeycodeアカウントの準備

  15. • ブラウザで以下のように表示され、アカウント作成が完了する • 「Continue to log in」でログインする Amazon Honeycodeアカウントの準備

  16. • 最初は説明のポップアップが出ます Amazon Honeycodeアカウントの準備

  17. • Amazon Honeycodeの最初の画面 Amazon Honeycodeアカウントの準備

  18. 主要概念

  19. 主要概念 • Table:データストア • Builder:アプリ開発を行う • Automations:通知やイベント起点の処理を担う • Workbook:Table,Builder,Automationsを包括する

  20. • 構造型データストア • CSVまたはTSVファイルのインポート、もしくはスプレッドシー トからコピペでデータ追加可能 主要概念 -Table

  21. • アプリ開発ツール • 画面上に入力欄、ボタン、リストなどの部品を配置することでアプリ生成 • ソースコード不要、変更は即時アプリに反映 主要概念 -Builder

  22. • Tableのデータに対する変更やアプリ上の操作を起点に処理を実行 • データ追加、変更、削除、メール通知可能 • Webhookの実行により外部システムとの連携も可能 主要概念 -Automations

  23. • Table,Builder,Automationsを包括する枠組み • workbook内に複数のTable、アプリ、Automationsを含む • 開発者や利用者に対し、workbookもしくはアプリケーション単位に 権限付与 主要概念 -Workbook

  24. 「AWS認定資格取得チェッカー」 的なものを作ってみた

  25. 「AWS認定資格取得チェッカー」的なものを 作ってみた

  26. 「AWS認定資格取得チェッカー」的なものを 作ってみた

  27. 「AWS認定資格取得チェッカー」的なものを 作ってみた

  28. 「AWS認定資格取得チェッカー」的なものを 作ってみた

  29. 「AWS認定資格取得チェッカー」的なものを 作ってみた

  30. 外部連携と制約

  31. • API APIでTableデータのCreate,Read,Update,Deleteができる 例えばLambdaからHoneycodeのAPIを叩いてデータ更新できる • Amazon AppFlow Amazon AppFlowを使ってS3からHoneycodeテーブルにデータを追加できる •

    Webhook AoutomationでWebhookアクションを指定し任意のURLにデータ送信可能 外部連携
  32. • Honeycode利用可能リージョンは米国西部(オレゴン/us-west- 2)のみ • AWS SSO連携する場合はオレゴンリージョンでセットアップが 必要 制約 • 利用ユーザは認証が必要、不特定多数の公開Webアプリ非対応

    • Honeycodeで作成したアプリを簡易移行する方法は現段階で存 在せず、手作業
  33. 利用料金

  34. • 行:テーブル全体で水平方向に実行されるデータの範囲 • 有償プランの場合はAWSアカウントとの統合が必要 • 月額料金は統合したAWSアカウントで支払う • 1つのAWSアカウントに複数のTeamを登録し請求の集約が可能 利用料金 Basic

    PLUS PRO $0/月 $19.99/月 $29.99/月 2,500行/workbook 10,000行/workbook 100,000行/workbook 20人のメンバー含む 20人のメンバー含む 20人のメンバー含む - 追加メンバーごとに月額$9.99 追加メンバーごとに月額$19.99 - シングルサインオン シングルサインオン BasicプランならAWSアカウントも要らないぽい
  35. 使ってみてどうだった? ノンプログラマーが

  36. 感想 • BuilderからGUIでアプリを作成していくのが結構大変 • GUIなので感覚的に操作できるが、細かい設定はどこからどう 設定するのか迷うこと多々あり • 目的に近いサンプルからアプリを展開してmodifyしていくのが よさそう •

    アプリのドキュメントを残そうとすると大変な気 • プログラマーじゃなくてもなんとなく動く簡易アプリができて うれしい • ここまでBasicプラン(無料)で動いていてすごい
  37. 感想 • 日本語の情報がまだ少ない • ⇒Honeycode Folumという英語のフォーラムが一番情報が多いらしい • AWS SSOはリージョナルサービス(のはず)なのでもしGAされた らリージョンごとにSSOをセットアップする?

    • アプリ全体をexport・importなどできるといいな 使ったことはないのですがサイボウズさんの ビジネスアプリ作成クラウドサービスに 似ているという噂
  38. まとめ • Amazon Honeycodeとは ノーコードでアプリケーション開発ができる フルマネージドサービス 必要なのはブラウザだけ • BETA版でSLAが出ておらずリージョンもオレゴン のみ、移行ツールがないなどの制約がまだ多い

    • 内部利用でパパっとアプリ作成するにはよさそう
  39. 参考 • Amazon Honeycode • https://builder.honeycode.aws/ • [AWS Expert Online

    for JAWS-UG #17 20211006] ノーコード、ローコー ド開発ってなに? Amazon Honeycode で何ができるの? • https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/amazon- honeycode • Amazon Honeycode のご紹介 – コードを記述せずにウェブ & モバイル アプリを構築する • https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/introducing-amazon-honeycode- build-web-mobile-apps-without-writing-code/ • Pricing • https://www.honeycode.aws/pricing • Honeycode Folum(英語) • https://honeycodecommunity.aws/