Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

確率的データ構造を使って巨大な集合を定数メモリで近似しよう

 確率的データ構造を使って巨大な集合を定数メモリで近似しよう

巨大な集合に対して、定数メモリ&定数時間で近似値を計算できる、確率的データ構造の紹介スライドです。

本スライドは、株式会社エフ・コードの社内勉強会(2018/08/30)にて使用されたものです。

12d30f1d619b2b2937f57e24c21a26fc?s=128

Shingo Omura

August 30, 2018
Tweet

Transcript

  1. 確率的データ構造 を使って巨大な集合を 定数メモリで近似しよう 大村伸吾 @everpeace 2018/08/30 株式会社エフ・コード 社内勉強会

  2. 大村伸吾 おおむら しんご ✘ Software Engineer at Preferred Networks ✘

    Technical Consultant at f-code, ChatWork ✘ twitter/github: everpeace ✘ facebook: shingo.omura 2
  3. ご注意 ✘ 専門家が作った or 専門家向けの資料ではありません ✘ 私自身勉強を続けており、この勉強会に向けて論文・文献を自分自身 で読解し作成しています ✘ 間違い等あるかもしれません。あれば是非コメント等いただけたら嬉し

    いです ✘ 最後の付録に参考文献を幾つか載せていますので適宜参照をお願い します 3
  4. 本日の流れ ✘ 確率的データ構造が解決したい課題 ✘ 確率的データ構造を使うとどう嬉しいのか ✘ 今回紹介するデータ構造の紹介 ✘ Bloom Filter

    (集合の所属確認) ✘ Count Min-Sketch (ヒストグラム, 分位数, レンジクエリ) ✘ HyperLogLog (集合異なり数) ✘ 利用可能なライブラリ・ソフトウェア 4
  5. Section 1.    確率的データ構造が 解決したい課題 5

  6. 確率的データ構造が解決したい課題 ✘ 超巨大な集合がメモリに乗り切らない ✗ 例: ドキュメントの集合(単語のmulti set) ✗ メモリに乗らないので処理が遅い ✗

    ストリーム処理でたくさんディスク読んでると 追いつかない ✘ 分析系でUnique Countするだけでもキーの数が多すぎ・・・ ✗ 軸が増えれば増えるほどサイズは掛け算で増えていく ▪ 例: 全ドキュメントの単語の種類 各ユーザのtweet数の時系列データ 6
  7. Section 2.       確率的データ構造を使うと 何が嬉しくなるのか 7

  8. 確率的データ構造を使うと何が嬉しいのか ✘ 超巨大なサイズの集合を 定数メモリ の領域に保存 ✗ 特定の操作のみしかできない ✗ 多くの処理が定数時間で処理可能 ✗

    近似値のみしか得られない 超巨大な集合 ????? (賢い仕組み) サイズが増えれば 保存領域が増える サイズが増えても 領域が増えない! 近似値 (でもO(1)時間 !) 8
  9. Section 3.     今回紹介する 確率的データ構造 9

  10. 今回紹介する確率的データ構造 ✘ Bloom Filter ➔ 集合の所属確認 ✘ Count-Min Sketch ➔

    ヒストグラム,レンジクエリ, 分位数 ✘ HyperLogLog ➔ 集合異なり数 ✘ Q-Digest ➔ 分位数 10
  11. Section 4.       Bloom Filter (集合への所属確認) 11

  12. Bloom Filter ✘ Burton H. Bloom 氏によって 1970年 に考案 ✘

    任意サイズの集合の所属確認が 定数メモリ, 定数時間 ✘ Cassandra, HBase, Google BigTable等で普通に使われている 定数メモリ で表現された 集合 x x は含まれるか? true false 確率的に嘘を含む 絶対正しい 偽陽性 O(1) 時間 12
  13. え ✘ 一枚の紙(定数サイズ!) に文字に重ね書きしていくイメージ ✗ 実際は文字の影(ハッシュ値!)みたいなものを書きます ✘ 紙の大きさが定数なので追加も所属確認も O(1) 時間!

    Bloom Filterのアイデア ふ え ふ x x は含まれるか? true false • x の形が通ったら true ◦ ただしx以外の複数の形 でたまたま通ったのかも しれない • x の形が通らないなら false ゼッタイ! O(1) 時間 O(1) 時間 13
  14. Bloom Filter ✘ 準備 ✗ m bitの配列 ✗ k 個のランダムなハッシュ関数

    hi : KEY → {1, … m} ✘ 処理 ✗ x の追加 ➔ h1(x), h2(x), … hk(x)の位置のbitを1にする ✗ x の所属確認➔ h1(x), h2(x),...hk(x)のbitを見て1個でも0があればfalse 1 1 1 1 1 1 … 0 1 2 m-1 x h1(x) h2(x) hk(x) 14 y h1(y) h2(y) hk(y)
  15. Bloom Filter の 偽陽性 はどのくらいか? ✘ 偽陽性: メンバーでない要素 x が

    trueになってしまう確率 ✗ Hash関数 = n 個の要素を m個のbucket にランダムに入れる ✗ k = 1 のとき ▪ 入るbucketの値が 1 である 確率 = n 個の要素を追加したときその bitが 1 である確率 = 1 - (n個要素追加されてまだ 0の確率) = 1 - (1 - 1/m)^n ✗ k のとき ▪ n 個追加したときにある bitが 1 である確率 = (1- 1/m)^kn ▪ チェック時にk個のhashで全部 1 だと偽陽 ▪ m, n を固定したときに確率を最小化できる k = m が大きい ➔ 小さくなる, n が大きい ➔ 大きくなる ref: ブルームフィルタ - Wikipedia 15
  16. Bloom Filter の 偽陽性 はどのくらいか? ✘ k が最適だとすると偽陽性は ✘ 2^30個(signed

    int空間の1/2)を偽陽率10%で所属確認するためには1〜2GBくらい 16 横軸: 要素数のlog, 縦軸: filterサイズ[GB], 色: 偽陽確率
  17. Bloom Filterの応用 ✘ 集合演算 (同じhashである前提) ✗ 和集合 ➔ filterのOR でOK

    ✗ 積集合 ➔ filter のANDでOK. (偽陽性が高くなるので注意) ✗ SQLの処理でJOINの前処理とかに便利 ✘ 要素の削除への対応 ➔ Counting Bloom Filter (1998) ✗ 配列をbitじゃなくてカウンタにする(0以上で所属) ✗ 要素を取り除くときはdecrementする ✘ 他にも亜種がいっぱいある ✗ Quotient Filter (2011): Bloom Filterより空間効率良い ✗ Bloomier Filter (2003): keyに紐づく値 (ハッシュテーブル) ✗ Scalable Bloom Filter (2007): サイズを動的に増やせる 17
  18. Section 5.       Count Min-Sketch (ヒストグラム, 分位数, レンジクエリ) 18

  19. Count Min Sketch 19 ✘ Graham Cormode and S. Muthu

    Muthukrishnan (2003) ✘ 要素ごとの頻度(ヒストグラム)を定数メモリで保持できる ✗ x は何個あるか? ✘ 少し工夫すると 要素の頻度 だけでなく下記も実現可 ✗ レンジクエリ: a <= x <= b には何個? ✗ パーセンタイル: 90% tileはいくつ?
  20. … … … … c1 c2 c3 c4 Count Min

    Sketch の アルゴリズム ✘ d 個のhash: h1, h2, …, hd: KEY_SPACE => {0, w-1} ✗ 追加 ➔ 各ハッシュ列のハッシュ値indexの値を +1 ✗ xは何個? ➔ テーブルの該当セルの最小値 20 x w d O(1)時間 出力: min{ T[1, h1(x)], …, T[d, hd(x)] } x は何個? x を追加 +1 +1 +1 +1
  21. Count Min Sketch の アルゴリズム ✘ 欲しい誤差上限ε, 誤差逸脱確率δ から w,

    dが計算できる ✘ 1 GBあればungined int全体(10桁)くらいのサイズの集合でも 99% の確率で3桁誤差以内を達成 21 multisetの全要素数
  22. レンジクエリ( l〜r までの頻度の和 )対応版 ✘ アイデア: [1, n] 内の任意のrangeは 高々

    2 log n 個 の dyadic range coverに分割可 ✗ dyadic range = [ g*2^h + 1, (g+1)*2^h ] 22 1 2 3 4 [1,2] [3,4] [1,4] 5 6 7 8 [5,6] [7,8] [5,8] [1,8] N = 3のとき 例: [2, 6] → [2, 2], [3, 4], [5, 6] g=0 g=1 g=2 g=3 h=1
  23. レンジクエリ( l〜r までの頻度の和 )対応版 ✘ 各高さごとにsketchを保持 ✗ 追加 ➔ 各高さで該当dyadic

    rangeの g の値をテーブルに追加 ✗ クエリ ➔ dyadic range coverの各rangeクエリの和をとる ✘ 実行時間は O(log n) (nはキーの最大値 ⬅ 通常定数!) 23 3 4 [3,4] [1,4] 5 6 7 8 [5,6] [7,8] [5,8] 1 2 [1,8] [1,2] g=0 g=0 g=1 g=4 h1(0)... hd(0) h1(0)... hd(0) h1(1)... hd(1) h1(4)... hd(4) 4
  24. 分位数(パーセンタイル) 対応版 ✘ p -パーセンタイルを探したければ, ✗ count( [1, n] )

    = Total で全体を求める ✗ あとは二分探索で count ( [1, r] ) = pT になるように r を見つける 24
  25. Section 6.    HyperLogLog (集合異なり数) 25

  26. HyperLogLog ✘ 集合異なり数: 重複を取り除いた異なる物の数 ✗ 例: ユニークユーザー数 ✗ カーディナリティとも呼ばれる ✘

    near-optimalである(漸近的にはこれ以上改善できないらしい? ) ✘ ハッシュ値ではなく Base 2 Rank というスケッチ値を使う ✗ Base 2 Rank ▪ ハッシュ値の先頭の0の個数: ρ(000101010011) = 3 ✗ 要素を入れるたびにρの最大値を覚えておく ✗ データに含まれる異なり数を2^(ρの最大値)で推定 26
  27. HyperLogLog 先頭の0の数がなぜユニーク数と関係するのか!? ✘ ハッシュ値のビットがランダムだとすると・・・ ➔ 各ビットが 1, 0 になる確率= 1/2

    ➔ 先頭に 0 が p 個並ぶ確率 = 1/ 2^p ➔ pの最大値が更新された ➔ 初めて p 個 0 が並んだ ➔ 確率 1/2^p で出現する数が出た ➔ これまでざっくり言って 2^p 種類が存在したはず!? 27
  28. HyperLogLog のアルゴリズム ✘ k = 2^b のbucketを用意 ✘ Hashの先頭 b

    ビットでbucketに振り分け ✘ Bucketごとに Base 2 Rank の maxを保存 28 Hash値はもちろん先頭bビットを 切り捨てて使う 000 001 010 011 100 101 110 111 b = 3 3 4 1 ➔ 2 1 5 3 4 6 x 01000101..10 h(x) Z = (Σ 1/2^t[i])^-1 Output: α m^2 Z αはhash衝突 分を補う係数
  29. HyperLogLogのメモリ量と性能 ✘ メモリはものすごく少なくていい ✗ 32ビットのハッシュ値の場合 ▪ ρの値は5 bitで保存可 (実際このくらいで十分らしい) ✗

    b = 16 (4 bit)としても たったの 80 bit !!! ✘ 精度 ✗ 相対誤差 = 1.04 √k ✗ 定数確率で1 ±ε近似するために O(ε^(-2) loglogn + logn) 29 名前の由来
  30. HyperLogLog は 巨大な集合でないと誤差大き杉 ✘ 小さい時はかなりデタラメ ✘ Cardinalityが小さい時は Linear Counting(1990) が良いらしい

    ✗ Hash値を適当なbucket数 に mod して分けてカウントする 30 ref: HyperLogLog in Practice: Algorithmic Engineering of a ... - Google AI
  31. HyperLogLog in Practice (Googleによる改良) ✘ LinearCountingとHyperLogLogをしきい値で使い分けて良いとこ取り ✗ 異なり数 15000 くらいまではLinear

    Counting のほうが誤差が少ないのが図から分かる ✘ 実はもっと良い改良版もある ✗ HIP(Historic Inverse Probability) Estimator (2014) ✗ HyperLogLogは最大値を更新したが これはその時に値が更新される 条件付き確率を考えてその逆数を足す ✗ メモリが0.56倍同じ精度! ✗ Cardinalityが小さくてもOK ! 31 ref: HyperLogLog in Practice: Algorithmic Engineering of a ... - Google AI
  32. Section 7. 利用可能なライブラリ ソフトウェア 32

  33. 確率的データ構造のライブラリ・ソフトウェア ✘ 探すとたーーーっくさんあります(Production Readyかどうか謎なものを含む) ✗ https://www.google.co.jp/search?q=bloom+filter+libraries ✗ https://www.google.co.jp/search?q=count+min+sketch+libraries ✗ https://www.google.co.jp/search?q=hyperloglog+libraries

    ✘ Scalaだと twitter/algebird: Abstract Algebra for Scala ✗ 今日紹介するデータ構造は全部入ってて良いです ✗ akkaでwrapしてakka-streamで使えるようにすると タイムリーで結構喜ばれるかも ✘ 実装は難しくないので勉強がてら作るのも楽しいです ✗ Bloom filterは作ってみたことある: https://github.com/everpeace/bloom-filter ✘ Redis, Spark, Presto とかから使えたりもするので実行時間とか比較してみるのも面白 いかも ✗ PrestoとHyperLogLogで、大量ログからユニークユーザー数を高速に推定する (実践編) 33
  34. hash関数について。実際どのhashがよいか? ✘ 実性能はhashの性能に依存する ✗ 解析ではハッシュ値がrandomだと仮定していたりする ✘ Hash functions: An empirical

    comparison - strchr.com ✗ Hash関数の性能比較をとても幅広くしてくれている (注意: 最終更新が6年前, 初稿は10年前) ✗ 結果: Murmur2, Meiyan, SBox, CRC32 が汎用として良い ▪ 暗号的ハッシュ出ないものもあるので注意! ✗ 個人的にはハッシュテーブルでよく使われているMurmur2, Murmur3で良さそうに思う 34
  35. THANKS! Any questions? You can find me at ✘ twitter/github:

    everpeace ✘ facebook: shingo.omura 35
  36. 付録: 参考文献 ✘ 乱択データ構造の最新事情 -MinHash と HyperLogLog の最近の進歩- ✗ しっかり最新の事情が詳しく紹介されている。おすすめ。

    ✘ PrestoとHyperLogLogで、大量ログからユニークユーザー数を高速に推定する(実践編) ✘ RedisのBitCountとHyperLogLogを使用した超高速Unique User数集計 ✘ An Improved Data Stream Summary: The Count-Min Sketch and its Applications ✗ Count min sketch の 原典 ✘ A Linear-Time Probabilistic Counting Algorithm for Database Applications ✗ Linear Countingの原典 ✘ Hyperloglog: The analysis of a near-optimal cardinality estimation algorithm ✗ HyperLogLog原典 ✘ Hyperloglog: The analysis of a near-optimal cardinality estimation algorithm ✗ HyperLoglogのGoogleの改良 ✘ All-Distances Sketches, Revisited: HIP Estimators for Massive Graphs Analysis ✘ Hash functions: An empirical comparison - strchr.com ✘ Algebird & Approximation algorithms by Stephan H on Prezi ✗ Algebirdというtwitterのライブラリと絡めた説明 36
  37. 付録: Bloom Filter の 偽陽性グラフのgnuplot script set palette model XYZ

    functions gray**0.35, gray**0.5, gray**0.8 set pm3d map interpolate 10,10 set xrange [27:35] set yrange [0.5:5] set xlabel "lg n" set ylabel "m [GB]" splot 0.6185**(8*1024*1024*1024*y/2**x) 37
  38. 付録: count min sketchのsketchサイズのグラフのgnuplot スクリプト set pm3d map interpolate 3,

    3 set palette model XYZ functions gray**0.35, gray**0.5, gray**0.8 set title "sketch size [GB]" set xrange [1e-6:1e-1] set logscale x 10 set xtics auto set xlabel "delta" set yrange [1e-9:1e-7] set logscale y 10 set ytics auto set ylabel "epsilon" splot ceil(2.718/(y))*ceil(log(1/(x)))/(1024*1024*1024) 38