kaggle or 競プロのおさそい

Afe2f4da332a580161799fa1a2d99b13?s=47 m-ito
August 31, 2020

kaggle or 競プロのおさそい

Afe2f4da332a580161799fa1a2d99b13?s=128

m-ito

August 31, 2020
Tweet

Transcript

  1. 精進しようぜ@Future kaggle or 競プロのおさそい

  2. 自己紹介 2020年6月TIG入社 GoでAPI開発したり ドキュメント作ったり ギター職人歴(3年) ソシャゲ開発歴(3か月) web開発歴(2年) 伊藤真彦

  3. FUTUREと kaggle,競プロ

  4. V OCV(競プロ部) FUTUREは 競技プログラミングをやる部活があります。 僕も入社してから始めました。

  5. V Kaggle masterもいます FUTUREは Kaggleが強い人材もいます 僕も入門記事書いたよ 詳しくはフューチャー技術ブログへ!

  6. V 私は両方はじめてみました 経緯 元々Kaggleやるつもりだったのでやってみた、 始めた直後に案件内で雑談してたらOCVに入れて もらった

  7. Kaggleと競プロ比べてみた

  8. About Kaggle

  9. Kaggleとは ・機械学習のモデルを作成・共有 ・モデルの精度を競い合うプラットフォーム ・環境構築なしに  ノートブック形式の成果物を作成できる 9

  10. Kaggleとは 出たいコンペを選ぶ 10

  11. Kaggleとは ノートブックを書く 11

  12. Kaggleとは 提出するとランキングに乗る 上位入賞したら賞金です 12

  13. Kaggleとは コンペの期間は数日間にわたり、 一日あたり既定の回数まで再提出できます、 結構長い闘い 練習問題に挑戦してどのくらいの順位とれるかを 緩く挑戦することも可能 13

  14. Kaggleとは 人の書いたコードを論文的な読み物として 見れるのも良いところ 14

  15. About 競プロ

  16. 競プロとは ・数学のクイズのようなものを  プログラムで解くコンテスト ・Atcoderが有名 ・こちらも環境構築不要 ・いろんな言語で参加できる 16

  17. 競プロとは コンテストに参加する 基本1コンテスト6問 17

  18. 競プロとは 問題こんな感じです 18

  19. 競プロとは 問題こんな感じです 19

  20. 競プロとは コードを書いて提出 20

  21. 競プロとは 結果が判定される 21

  22. 競プロとは 解いた時間、ミスの少なさで順位が決まる 22

  23. 競プロとは プロフィールのレートが更新される 23

  24. やってみた感想

  25. Kaggleやってみた感想 ・ノートブック形式作るの楽しい ・具体的な作業がしっかり学習できる ・慣れるまで大変、一問が重い(5時間とかかる) ・結局フレームワーク覚えゲー ・賞金出るのはロマンがある これやらずにAI系の部署にロマンを持つのは× と言っても過言ではない 25

  26. 競プロやってみた感想 ・言語の書き方の学びになる ・実務とはかけ離れている(難しい) ・一問5分~1時間(ほぼ悩む時間)程度でやれる ・純粋な実力が競い合える ・レベル高すぎて絶望する 26

  27. 感想 ・競プロの方にハマりました ・自分自身を鍛えている感覚が良い 27

  28. 参考 ・社内Atcoderレーティング  ※青(1600)以上は一部上場のIT企業でも、   一人もいないことが結構あるレベル 28

  29. まとめ ・Kaggle, Atcoderアカウント作ってみる ・部活に入ってみる ぜひやってみてね

  30. None