Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

MagicPodで始めるがんばらない回帰試験の自動化​/Automated Regression Testing Journey with MagicPod​

gkzz
July 14, 2023

MagicPodで始めるがんばらない回帰試験の自動化​/Automated Regression Testing Journey with MagicPod​

【有料プランユーザー様限定×オフライン】MagicPodユーザーLT会
https://trident-qa.connpass.com/event/283709/

gkzz

July 14, 2023
Tweet

More Decks by gkzz

Other Decks in Technology

Transcript

  1. MagicPodで始める
    がんばらない回帰試験の⾃動化
    MagicPodユーザーLT会 2023/07/14(⾦)
    サイボウズOfficeモバイルチーム
    ⽟⽊ 岳爾
    Automated Regression Testing Journey with MagicPod

    View Slide

  2. 自己紹介
    2
    § ۄ໦ַ࣐ / Gakuji Tamaki
    § αΠϘ΢ζגࣜձࣾ QAΤϯδχΞ
    § αΠϘ΢ζ Office ϞόΠϧͷQAۀ຿
    § MagicPodを使ったE2E自動テストの設計と運用
    § Twitter: @gkzvoice
    § झຯ: ଍Λ͖ͭͳ͕Β
    ࣗసंͰࢁΛొΔ͜ͱ

    View Slide

  3. チームワークあふれる
    社会を創る
    サイボウズの理念は「チームワークあふれる社会を創る」こと。
    私たちはその理念に沿ってチームワークを⽀えるソフトウェアを
    開発し続けてきました。
    サイボウズについて

    View Slide

  4. 開発の知識がなくても
    業務に合わせたシステムを
    かんたんに作成できる
    クラウドサービス
    主⼒製品
    参考: https://cybozu.co.jp/logotypes

    View Slide

  5. 主⼒製品
    スケジュール共有
    ワークフローなど
    中⼩企業の情報共有を
    ⽀援するサービス
    参考: https://cybozu.co.jp/logotypes

    View Slide

  6. § 1.前提
    § 2.MagicPodの導⼊経緯
    § 3.MagicPodをこんなふうに使っています
    § 4.MagicPodで回帰試験の⾃動化をやってみてよかったこと
    § 5.MagicPodで回帰試験の⾃動化の失敗談と学び
    § 6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の⾃動化の⼀例
    § 7.MagicPodで回帰試験の⾃動化、その先に⾒据えること
    § 8.このLTで⼀番お伝えしたいこと
    6
    ⽬次

    View Slide

  7. § 1.前提
    § 2.MagicPodの導⼊経緯
    § 3.MagicPodをこんなふうに使っています
    § 4.MagicPodで回帰試験の自動化をやってみてよかったこと
    § 5.MagicPodで回帰試験の⾃動化の失敗談と学び
    § 6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の⾃動化の⼀例
    § 7.MagicPodで回帰試験の⾃動化、その先に⾒据えること
    § 8.このLTで⼀番お伝えしたいこと
    7
    ⽬次

    View Slide

  8. 8
    1.前提
    § MagicPod導⼊からクラウド端末と実機端末が軌道にのるまでは専任
    § 軌道にのるまでは専任じゃないとしんどい
    § MagicPodで自動試験したいアプリケーションは「サイボウズ Office」の
    公式モバイル版アプリ
    § iOS/Android それぞれ提供している
    § 開発プロセスとQAの業務(次のスライド)

    View Slide

  9. 9
    開発プロセスとQAの業務
    1.前提

    View Slide

  10. § 1.前提
    § 2.MagicPodの導入経緯
    § 3.MagicPodをこんなふうに使っています
    § 4.MagicPodで回帰試験の自動化をやってみてよかったこと
    § 5.MagicPodで回帰試験の⾃動化の失敗談と学び
    § 6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の自動化の一例
    § 7.MagicPodで回帰試験の自動化、その先に見据えること
    § 8.このLTで一番お伝えしたいこと
    10
    目次

    View Slide

  11. 11
    2.MagicPod の導入経緯
    § 2-1.なぜ⾃動テストを導⼊したのか?
    § 2-2.なぜ⾃動テストの導⼊のための⼿段として、
    MagicPodを採⽤したのか?

    View Slide

  12. 12
    2.MagicPod の導入経緯
    § 2-1.なぜ⾃動テストを導⼊したのか?
    § 2-2.なぜ⾃動テストの導⼊のための⼿段として、
    MagicPodを採⽤したのか?

    View Slide

  13. ???「リリースを早くしたいんだ。
    さあ、馬車馬のように働けー。」
    13
    ※これはフィクションです。
    参考: https://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_89.html

    View Slide

  14. 早くリリースしたいサイ
    ボウズOfficeモバイル
    チームの前に立ちは
    だかる高いハード
    ル!!
    14
    参考: https://www.irasutoya.com/2019/01/blog-post_52.html

    View Slide

  15. サイボウズOfficeモバイルチームの
    前に立ちはだかるハードル。
    その正体の手がかりは開発プロセス
    とQAの業務フローにあります。
    もういちど見てみましょう。
    15
    参考: https://www.irasutoya.com/2019/01/blog-post_52.html

    View Slide

  16. 16
    開発プロセスとQAの業務(再掲)
    2-1.なぜ自動テストを導入したのか?
    ???

    View Slide

  17. 17
    開発プロセスとQAの業務(再掲)
    2-1.なぜ自動テストを導入したのか?

    View Slide

  18. 早くリリースしたい、サイ
    ボウズOfficeモバイル
    チームの前に立ちはだ
    かる高いハードル!
    それは試験だった!!
    18
    参考: https://www.irasutoya.com/2019/01/blog-post_52.html

    View Slide

  19. 19
    2-1.なぜ自動テストを導入したのか?
    機能A 機能B 機能C
    機能A 機能B
    機能A
    参考: https://icooon-mono.com/11324-サラリーマン/ ,
    https://www.browserstack.com/guide/regression-testing を参考に筆者作成
    スプリント
    試験のボリューム/スプリント
    スプリントを重ねるごとに
    試験は増えるばかり。

    View Slide

  20. 20
    2-1.なぜ自動テストを導入したのか?
    機能A 機能B 機能C
    機能A 機能B
    機能A
    参考: https://icooon-mono.com/11324-サラリーマン/ ,
    https://www.browserstack.com/guide/regression-testing を参考に筆者作成
    スプリント
    試験のボリューム/スプリント
    スプリントを重ねるごとに試験は
    増えるばかり。
    一方でQAの人手は増えません、、。

    View Slide

  21. 21
    2-1.なぜ自動テストを導入したのか?
    機能A 機能B 機能C
    機能A 機能B
    機能A
    参考: https://icooon-mono.com/11324-サラリーマン/ ,
    https://www.browserstack.com/guide/regression-testing を参考に筆者作成
    スプリント
    試験のボリューム/スプリント
    ところで、
    増え続ける試験には
    ある特徴がありました、、!

    View Slide

  22. 22
    2-1.なぜ自動テストを導入したのか?
    機能A 機能B 機能C
    機能A 機能B
    機能A
    参考: https://icooon-mono.com/11324-サラリーマン/ ,
    https://www.browserstack.com/guide/regression-testing を参考に筆者作成
    スプリント
    試験のボリューム/スプリント
    増え続けるのは
    回帰試験だけ!
    新機能分の試験は毎回同じくらい

    View Slide

  23. 23
    2-1.なぜ自動テストを導入したのか?
    機能A 機能B 機能C
    機能A 機能B
    機能A
    参考: https://icooon-mono.com/11324-サラリーマン/ , https://icooon-mono.com/16067-ロボットアイコン1/
    https://www.browserstack.com/guide/regression-testing を参考に筆者作成
    スプリント
    試験のボリューム/スプリント
    増え続ける
    回帰試験を
    自動化しよう!

    View Slide

  24. 24
    2.MagicPod の導入経緯
    §2-1.なぜ⾃動テストを導⼊したのか?
    §2-2.なぜ⾃動テストの導⼊のための⼿段として、
    MagicPodを採⽤したのか?

    View Slide

  25. 自動試験と手動試験
    のある勘違い
    25
    参考: https://www.irasutoya.com/2016/11/blog-post_652.html

    View Slide

  26. 26
    2-2.なぜ自動テストの導入のための手段として、
    MagicPodを採用したのか?
    ※上記のグラフはあくまで筆者のイメージです。
    手動試験
    スプリント
    自動試験
    ⾃動試験のコストを⼿動試験と⽐較
    するときによくみるこのグラフ。
    実際は、、?
    試験実施の手間/スプリント

    View Slide

  27. 27
    2-2.なぜ自動テストの導入のための手段として、
    MagicPodを採用したのか?
    スプリント
    自動試験
    ⾃動試験のコストを⼿動試験と⽐較
    するときによくみるこのグラフ。
    実際は、導⼊コスト分
    が⾒積もられていない
    のでは?
    ※上記のグラフはあくまで筆者のイメージです。
    試験実施の手間/スプリント

    View Slide

  28. 28
    2-2.なぜ自動テストの導入のための手段として、
    MagicPodを採用したのか?
    MagicPod
    スプリント
    試験実施の手間/スプリント
    自動試験
    ⾃動試験の⼿間、特に
    導⼊コストを抑えたい
    ※上記のグラフはあくまで筆者のイメージです。

    View Slide

  29. 29
    2-2.なぜ自動テストの導入のための手段として、
    MagicPodを採用したのか?
    他にも理由があります!
    § 誰でも自動テストが書ける。
    § モバイルの自動テストのツールのなかで
    安定していそう。(導入検討時)
    参考: https://www.irasutoya.com/2020/03/blog-post_74.html

    View Slide

  30. 30
    2.MagicPod の導入経緯(まとめ?)
    リリースを早くしたい。
    そのために、
    増え続ける回帰試験を自動化したい。

    View Slide

  31. リリースを早くしたいか
    ら、試験はテキトーでい
    いなんてことはない!
    31
    参考: https://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_35.html

    View Slide

  32. 32
    Ø チーム全体でのアプローチとは、チームメンバー全員が
    プロダクトの品質に責任を持つことを意味します。
    Ø その責任の一端には、テスト以外の開発タスクと並行し
    て、テストタスクを完了させることも含まれています。
    Ø 速く提供することよりも、可能な限り最高の品質 を提供
    することが目標である場合、チームはプラクティスの強
    固な基盤を構築します。
    参考: Janet Gregory, Lisa Crispin,『Agile Testing Condensed Japanese Edition』, 2019, p7
    "Agile Testing Condensed Japanese Edition"

    View Slide

  33. 33
    参考: Janet Gregory, Lisa Crispin,『Agile Testing Condensed Japanese Edition』, 2019, p7
    "Agile Testing Condensed Japanese Edition"
    私の理解
    § リリースを早くする ≠ 品質を蔑ろにす

    § 「最後にテストするのでははく、ずっと
    テストする」ようにチーム一丸で、かつ
    常に品質保証と向き合うべき

    View Slide

  34. 34
    2.MagicPod の導入経緯(まとめ)
    品質を意識した上で、
    リリースを早くしたい。
    そのために、
    増え続ける回帰試験を自動化したい。

    View Slide

  35. § 1.前提
    § 2.MagicPodの導入経緯
    § 3.MagicPodをこんなふうに使っています
    § 4.MagicPodで回帰試験の自動化をやってみてよかったこと
    § 5.MagicPodで回帰試験の自動化の失敗談と学び
    § 6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の自動化の一例
    § 7.MagicPodで回帰試験の自動化、その先に見据えること
    § 8.このLTで一番お伝えしたいこと
    35
    目次

    View Slide

  36. 36
    ☆ アーカイブ NO.(^1)
    - iOS/Android
    ☆ GitHub Actions
    - GitHub Hosted Runner
    - Self Hosted Runner on Macbook @弊社オフィス
    ☆ iOS/Android 端末の試験環境
    - MagicPod クラウド端末
    - 弊社オフィスに置いてある実機端末
    Schedule?
    ^1: アーカイブとは、それぞれ以下を指す。
    試験環境が iOSシミュレータの場合は Appファイル、iOS 実機端末の場合は ipaファイル、Androidエミュレータ/実機端末の場合は apkファイル。
    参考: https://support.magic-pod.com/hc/ja/articles/4408836787609 , https://github.com/logos , https://github.com/actions ,
    https://magicpod.com/resources/brand
    ☆ MagicPodの定期実行の結果の記録
    - 弊社のサービスのKintone
    3.MagicPod をこんなふうに使っています

    View Slide

  37. § 1.前提
    § 2.MagicPodの導入経緯
    § 3.MagicPodをこんなふうに使っています
    § 4.MagicPodで回帰試験の自動化をやってみてよかったこと
    § 5.MagicPodで回帰試験の自動化の失敗談と学び
    § 6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の自動化の一例
    § 7.MagicPodで回帰試験の自動化、その先に見据えること
    § 8.このLTで一番お伝えしたいこと
    37
    目次

    View Slide

  38. 38
    4.MagicPodで回帰試験の自動化をやってみてよ
    かったこと
    § みなさんがおっしゃるとおり使いやすく、すんなり導入できた ◎
    § Se◯enium の初期セットアップが大変だった記憶があるので余計にすごく感じる
    § サポート力が尋常じゃない ◎
    § 謎エラーに対するアドバイスには幾度なく助けられました
    § MagicPodのデグレが起きることがない ◎
    § ツールとしての信頼性が高い

    View Slide

  39. § 1.前提
    § 2.MagicPodの導入経緯
    § 3.MagicPodをこんなふうに使っています
    § 4.MagicPodで回帰試験の自動化をやってみてよかったこと
    § 5.MagicPodで回帰試験の自動化の失敗談と学び
    § 6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の自動化の一例
    § 7.MagicPodで回帰試験の自動化、その先に見据えること
    § 8.このLTで一番お伝えしたいこと
    39
    目次

    View Slide

  40. 40
    5.MagicPodで回帰試験の自動化の失敗談と学び
    参考: https://magicpod.com/resources/brand
    もっとはやく、
    MagicPodさんのベス
    トプラクティスに
    乗っかればよかった

    View Slide

  41. 41
    MagicPodさんの
    ベストプラクティス!!!

    View Slide

  42. 42
    “毎日テストを実行する”ことから始める
    参考: https://support.magic-pod.com/hc/ja/articles/7515195778457

    View Slide

  43. 毎日テストを実行する
    テストのメンテをする
    テストを増やす
    43
    “毎日テストを実行する”ことから始める。
    できることを少しずつ増やしていく。
    https://support.magic-pod.com/hc/ja/articles/7515195778457 を参考に筆者作成

    View Slide

  44. 44
    5.MagicPodで回帰試験の自動化の失敗談と学び
    実機端末を自動テストの試験
    環境にしようとがんばってし
    まった、、。

    View Slide

  45. 45
    実機端末で自動テストする3つの難しさ
    参考: https://support.magic-pod.com/hc/ja/articles/6468420020633
    ←このような設定
    ファイルを用意し
    さえすればい
    い、、?

    View Slide

  46. 46
    実機端末で自動テストする3つの難しさ
    n 実機端末の自動テスト環境の構築そのもの
    n 1台のMacbookと1台の実機端末の直列は用意できた
    n 並列複数台はドキュメントが乏しく茨の道
    n 例)実機端末ごとにユニークなポートを割り当てても同じ端末でテストが走ってしまう問題
    n 実機端末の自動テスト環境のメンテ
    n 実機端末/Macbook/MagicPodDesktop/Xcodeなどのアップデート
    n Macbookと実機端末をつなぐケーブルの不調
    n実機端末を使ったクリーンな試験環境を維持すること
    n 直前のテストケースが落ちたことを、後続のテストケースは知る術がない。テストケースの冒頭で落ちた場合のケアをすると実行時間が長く
    なるので避けたい。。。
    n MagicPodDesktopのプロセスがゾンビ化することを防ぐ、、。

    View Slide

  47. § 1.前提
    § 2.MagicPodの導入経緯
    § 3.MagicPodをこんなふうに使っています
    § 4.MagicPodで回帰試験の自動化をやってみてよかったこと
    § 5.MagicPodで回帰試験の自動化の失敗談と学び
    § 6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の自動化の一例
    § 7.MagicPodで回帰試験の自動化、その先に見据えること
    § 8.このLTで一番お伝えしたいこと
    47
    目次

    View Slide

  48. 6-1.実機端末はできるだけ使わない。
    6-2.MagicPodの定期実行の結果はKintoneで管理
    48
    6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の
    自動化の一例

    View Slide

  49. 6-1.実機端末はできるだけ使わない
    6-2.MagicPodの定期実行の結果はKintoneで管理
    49
    6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の
    自動化の一例

    View Slide

  50. 50
    6-1.実機端末はできるだけ使わない
    参考: https://magicpod.com/resources/brand
    実機端末を使わざるを得ないテ
    ストケースは、試験内容を
    MagicPodでできる試験内容に変
    えることも検討!

    View Slide

  51. 51
    6-1.実機端末はできるだけ使わない
    参考: https://github.com/Magic-Pod/japanese-issue-and-doc/issues/516
    issue/要望を書こう!
    issue/要望は通ることもある!

    View Slide

  52. 52
    "クラウドにアップロードしたファイルを選択でき
    る"と何がうれしいのか?
    参考: https://github.com/Magic-Pod/japanese-issue-and-doc/issues/516
    予めPCに配置したアーカイブで
    MagicPodDesktopと端末などを起動
    テストケース開始直後にバージョン
    アップ前のアーカイブをインストール
    テストケース中にリリース予定の
    アーカイブをインストール
    これまではクラウド端末上でテストケース
    中にアーカイブをインストールする手段が
    なかった。
    そのため、バージョンアップ試験は実機端
    末とTestFlight/Firebase App Testerを使って
    バージョンアップ後のアーカイブをインス
    トールすることで自動化していた。

    View Slide

  53. 53
    "クラウドにアップロードしたファイルを選択でき
    る"と何がうれしいのか?
    参考: https://github.com/Magic-Pod/japanese-issue-and-doc/issues/516
    ところが、"クラウドにアップロードしたファ
    イルを選択できる"機能があることで、テス
    トケース中に「リリース予定のアーカイ
    ブ」(^1)をインストールすることができるよ
    うになった。
    そのため、バージョンアップ試験の試験環
    境は実機端末からMagicPodのクラウド端末
    へ移行することができた。
    ^1:「リリース予定のアーカイブ」は「MagicPodに最後にアップロードされたアーカイブ」 と
    いう制約はある。
    バージョンアップ前の
    アーカイブでMagicPod
    のクラウド端末を起動
    テストケース中にリ
    リース予定のアーカイ
    ブをインストール

    View Slide

  54. 6-1.実機端末はできるだけ使わない
    6-2.MagicPodの定期実行の結果はKintoneで管理
    54
    6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の
    自動化の一例

    View Slide

  55. 55
    ☆ アーカイブ NO.(^1)
    - iOS/Android
    ☆ GitHub Actions
    - GitHub Hosted Runner
    - Self Hosted Runner on Macbook @弊社オフィス
    ☆ iOS/Android 端末の試験環境
    - MagicPod クラウド端末
    - 弊社オフィスに置いてある実機端末
    Schedule?
    ^1: アーカイブとは、それぞれ以下を指す。
    試験環境が iOSシミュレータの場合は Appファイル、iOS 実機端末の場合は ipaファイル、Androidエミュレータ/実機端末の場合は apkファイル。
    参考: https://support.magic-pod.com/hc/ja/articles/4408836787609 , https://github.com/logos , https://github.com/actions ,
    https://magicpod.com/resources/brand
    ☆ MagicPodの定期実行の結果の記録
    - 弊社のサービスのKintone
    MagicPod をこんなふうに使っています(再掲)

    View Slide

  56. 56
    6-2.MagicPodの定期実行の結果はKintoneで管理
    参考: https://jp.cybozu.help/k/ja/user/app_settings/report.html
    実行結果を日次で追ったり。(^1)
    ^1: デモ用に作成したグラフです。実際のものとは異なります。

    View Slide

  57. 57
    6-2.MagicPodの定期実行の結果はKintoneで管理
    参考: https://jp.cybozu.help/k/ja/user/app_settings/report.html, https://support.magic-pod.com/hc/ja/articles/20127503942425
    実行時間の推移を追うこともでき
    る。(^1)
    ^1: デモ用に作成したグラフです。実際のものとは異なります。

    View Slide

  58. 58
    6-2.MagicPodの定期実行の結果はKintoneで管理
    参考: https://jp.cybozu.help/k/ja/user/app_settings/report.html,
    落ちた原因でチームメンバーに共有したほうがいいものはメンションをつけて共有している。
    (^1)
    ^1: デモ用に作成した画面です。実際のものとは異なります。

    View Slide

  59. § 1.前提
    § 2.MagicPodの導入経緯
    § 3.MagicPodをこんなふうに使っています
    § 4.MagicPodで回帰試験の自動化をやってみてよかったこと
    § 5.MagicPodで回帰試験の自動化の失敗談と学び
    § 6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の自動化の一例
    § 7.MagicPodで回帰試験の自動化、その先に見据えること
    § 8.このLTで一番お伝えしたいこと
    59
    目次

    View Slide

  60. 60
    7.MagicPodで回帰試験の⾃動化、その先に⾒据
    えること
    § 実行時間の短縮
    § ⾃動化できていない回帰試験の⾃動化

    View Slide

  61. § 1.前提
    § 2.MagicPodの導入経緯
    § 3.MagicPodをこんなふうに使っています
    § 4.MagicPodで回帰試験の自動化をやってみてよかったこと
    § 5.MagicPodで回帰試験の自動化の失敗談と学び
    § 6.MagicPodではじめるがんばらない回帰試験の自動化の一例
    § 7.MagicPodで回帰試験の自動化、その先に見据えること
    § 8.このLTで一番お伝えしたいこと
    61
    目次

    View Slide

  62. 62
    8.このLTで⼀番お伝えしたいこと
    MagicPodは目的地に
    コスパよく向かうため
    の相乗りタクシー
    参考: https://www.irasutoya.com/2018/02/blog-post_209.html

    View Slide

  63. 63
    MagicPodは目的地にコスパよく向かうための相乗
    りタクシー
    MagicPod
    スプリント
    試験実施の手間/スプリント
    自動試験
    ⾃動試験の⼿間、特に
    導⼊コストを抑えるた
    めに何ができるか?
    考えよう!
    ※上記のグラフはあくまで筆者のイメージです。

    View Slide

  64. 64
    MagicPodは目的地にコスパよく向かうための相
    乗りタクシー
    自動化そのものを頑張らないという割り切り
    § 自動化の内製化ではなく、ありもののSaaSの導入に踏み切っ
    た決め手はなにか?
    § 自動化の内製化を妥協する代わりに、優先したかったことは
    なにか?

    View Slide

  65. 相乗りタクシーであることはわかった
    けれども、それでも目的地まで行ける
    なら行きたい 、、。
    65

    View Slide

  66. 66
    MagicPodという相乗りタクシーで目的地まで
    向かうための思考フレームワーク(案)
    MagicPodの既存の機能の
    延⻑でできそう
    無理難題な感
    少数のユーザーが抱えているニーズ
    多くのユーザーが抱えているニーズ
    参考: https://www.irasutoya.com/2018/02/blog-post_209.html

    View Slide

  67. もし、MagicPodのユーザーさんや
    機能がどんどん増えていくとしたら、、?
    67

    View Slide

  68. 68
    MagicPodという相乗りタクシーは
    より大きく、より快適になるのでは?笑
    MagicPodの既存の機能の
    延⻑でできそう
    無理難題な感
    少数のユーザーが抱えているニーズ
    多くのユーザーが抱えているニーズ
    参考: https://www.irasutoya.com/2018/02/blog-post_209.html

    View Slide

  69. MagicPodのユーザーコミュニティーを
    もっともっと盛り上げましょう!!
    69

    View Slide

  70. 70
    参考資料
    n Regression Testing : Definition, How it works | BrowserStack, https://www.browserstack.com/guide/regression-testing ,
    2023/07/14
    n Appファイルの作成方法 – MagicPodヘルプセンター, https://support.magic-
    pod.com/hc/ja/articles/4408836787609 , 2023/07/14
    n スタートガイド:5.テスト自動化の習慣を最速で定着させる(モバイルアプリ) – MagicPodヘルプセン
    ター, https://support.magic-pod.com/hc/ja/articles/7515195778457 , 2023/07/14
    n 一括テスト実行・コマンドラインテスト実行(ローカルPCテスト) – MagicPodヘルプセン
    ター, https://support.magic-pod.com/hc/ja/articles/6468420020633 , 2023/07/14
    n クラウドアップロードした任意のAppファイル(アーカイブ)をMagicPodのクラウド環境下でインストールできるよ
    うにする · Issue #516 · Magic-Pod/japanese-issue-and-doc, https://github.com/Magic-Pod/japanese-issue-and-
    doc/issues/516 , 2023/07/14
    n iOSの実行時間がAndroidよりも遅い – MagicPodヘルプセンター, https://support.magic-
    pod.com/hc/ja/articles/20127503942425 , 2023/07/14
    n グラフ機能の概要 | kintone ヘルプ, https://jp.cybozu.help/k/ja/user/app_settings/report.html , 2023/07/14

    View Slide

  71. MagicPodで始める
    がんばらない回帰試験の⾃動化
    ご清聴ありがとうございました!
    Automated Regression Testing Journey with MagicPod

    View Slide