Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

技術トレンドと組織拡大におけるインフラ領域に求められることの変化 / iCARE Dev Meetup #17

38a5e73df1df8e5f08c8b1b567755dd0?s=47 gomesuit
January 23, 2021

技術トレンドと組織拡大におけるインフラ領域に求められることの変化 / iCARE Dev Meetup #17

38a5e73df1df8e5f08c8b1b567755dd0?s=128

gomesuit

January 23, 2021
Tweet

More Decks by gomesuit

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 技術トレンドと組織拡大における インフラ領域に求められることの変化 SaaSを支えるインフラ iCARE Dev Meetup #17 2021.01.20 井上崇嗣 @gomesuit

  2. 自己紹介 新卒でSIerに入社後、WEB系企業で基盤開発、 ベンチャーでインフラエンジニアを経験し、SRE として2018年5月にdelyに入社。マネージャーを 経て現在は開発部のGMおよびSREを兼任。 VPoE / 開発部GM / SRE

    井上 崇嗣@gomesuit
  3. None
  4. 1.プロダクト開発におけるインフラ領域とは 2.環境の変化によるインフラ領域の変化 3.事業フェーズ毎のインフラ領域に求められること 4.キャリアにおけるインフラ領域 目次

  5. 2.環境の変化によるインフラ領域の変化 3.事業フェーズ毎のインフラ領域に求められること 4.キャリアにおけるインフラ領域 1.プロダクト開発におけるインフラ領域とは 目次

  6. 一般的なインターネットサービスの仕組み 提供 利用 PC・スマホ サービス利用者 サーバー インターネットサービス提供者

  7. PC・スマホ ミドルウェア バックエンド アプリケーション フロントエンド アプリケーション ネイティブ アプリケーション OS OS

    マシン ネットワーク サーバー 提供 利用 PC・スマホ サービス利用者 インターネットサービス提供者
  8. iOS、Android プラットフォーム ブラウザ アプリケーションの開発 ミドルウェアの インストール・設定 OSのインストール・設定 フレームワーク ライブラリの利用 インフラ領域

    サーバ/ストレージの構築 ネットワーク機器の構築 PC・スマホ ミドルウェア バックエンド アプリケーション フロントエンド アプリケーション ネイティブ アプリケーション OS OS マシン ネットワーク
  9. 2.環境の変化によるインフラ領域の変化 1.プロダクト開発におけるインフラ領域とは 3.事業フェーズ毎のインフラ領域に求められること 4.キャリアにおけるインフラ領域 目次

  10. ・クラウドコンピューティング ・スマートフォンの普及と高性能化 ・ソフトウェアの細分化 インフラ領域に影響を与えた環境の変化

  11. クラウドコンピューティング

  12. アプリケーションの開発 ミドルウェアの インストール・設定 OSのインストール・設定 フレームワーク ライブラリの利用 サーバ/ストレージの構築 ネットワーク機器の構築 インフラ領域

  13. アプリケーションの開発 ミドルウェアの インストール・設定 OSのインストール・設定 フレームワーク ライブラリの利用 サーバ/ストレージの構築 ネットワーク機器の構築 SaaS IaaS

    PaaS
  14. バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 IaaS、PaaS、SaaS の利用・構築 アプリケーションの開発 ミドルウェアの インストール・設定 OSのインストール・設定

    フレームワーク ライブラリの利用 サーバ/ストレージの構築 ネットワーク機器の構築 SaaS IaaS PaaS 境界は曖昧
  15. バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 IaaS、PaaS、SaaS の利用・構築 システム 運用 システムには開発だけではなく運用も存在する

  16. バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 IaaS、PaaS、SaaS の利用・構築 システム 運用 バックエンド フロントエンド

    ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 IaaS、PaaS、SaaS の利用・構築 システム 運用
  17. バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 IaaS、PaaS、SaaS の利用・構築・運用 システム 運用 インフラ領域

  18. ・インフラ領域はクラウドへ ・境界は曖昧に クラウドコンピューティング

  19. スマートフォンの普及と高性能化

  20. PC・スマホ ミドルウェア バックエンド アプリケーション フロントエンド アプリケーション ネイティブ アプリケーション OS OS

    マシン ネットワーク サーバー サービス 提供 サービス 利用 PC・スマホ サービス利用者 インターネットサービス提供者
  21. PC・スマホ ミドルウェア バックエンド アプリケーション フロントエンド アプリケーション ネイティブ アプリケーション OS OS

    マシン ネットワーク ソフトウェア ハードウェア ハードウェア
  22. サービス利用者 仮説検証 機能改善 定量・定性 評価 インターネットサービス提供者 高性能スマートフォンの普及によって サービスのPDCAが手軽に回せるように

  23. ソフトウェアの変更のみで PDCAが高速に回せるように 「どうやって実現するのか」より 「何を実現するのか」 がサービスの付加価値として重要な時代に

  24. インフラ領域にはPDCAを高速に回すための 柔軟性やスケール性が求められるように スマートフォンの普及と高性能化

  25. ソフトウェアの細分化

  26. (The World Through an API https://youtu.be/xd5EoVc3I_Y)

  27. (The World Through an API https://youtu.be/xd5EoVc3I_Y)

  28. (The World Through an API https://youtu.be/xd5EoVc3I_Y)

  29. (The World Through an API https://youtu.be/xd5EoVc3I_Y)

  30. (The World Through an API https://youtu.be/xd5EoVc3I_Y)

  31. サービスA バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジック の開発 IaaS、PaaS、SaaS の利用・構築 サービスB バックエンド

    フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジック の開発 IaaS、PaaS、SaaS の利用・構築 サービスC バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジック の開発 IaaS、PaaS、SaaS の利用・構築 OSS SaaS/PaaS
  32. AWSサービスの機能改善数の推移 (AWS Summit Tokyo 2019 https://youtu.be/mYJOn8l1x20)

  33. バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 IaaS、PaaS、SaaS の利用・構築 OSS SaaS/PaaS

  34. クラウドの利用や既存システムのクラウドへの 置き換えの割合が増えていく ソフトウェアの細分化

  35. ・クラウドコンピューティングにより従来のインフ ラ領域は消滅 ・スマホの普及と高性能化はインフラ領域に柔軟性 とスケールを求めるように ・ソフトウェアの細分化によるクラウド利用の加速 インフラ領域に影響を与えた環境の変化

  36. 3.事業フェーズ毎のインフラ領域に求められること 1.プロダクト開発におけるインフラ領域とは 2.環境の変化によるインフラ領域の変化 4.キャリアにおけるインフラ領域 目次

  37. 創造 仕組化 拡大 収益 時間 0→1 1→10 10→100 サービスの事業フェーズ

  38. 0 → 1 収益 時間 0→1 1→10 10→100

  39. 1人〜 バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 システム 運用 IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 PdM

    アプリエンジニア WEBエンジニア
  40. 1人〜 PdM アプリエンジニア WEBエンジニア バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 システム 運用

    IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 WEBエンジニア アプリエンジニア
  41. 6人〜 バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 システム 運用 IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 デザイナー

    PdM フロントエンドエンジニア SRE アプリエンジニア WEBエンジニア アプリエンジニア WEBエンジニア フロントエンドエンジニア SRE
  42. 0→1フェーズにおいて インフラ領域に求められること ・高速な構築やデプロイ ・最低限の監視

  43. 1 → 10 収益 時間 0→1 1→10 10→100

  44. 10人〜 バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 システム 運用 IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 アプリエンジニア

    サーバサイドエンジニア フロントエンドエンジニア SRE デザイナー PdM フロントエンドエンジニア SRE サーバサイドエンジニア アプリエンジニア
  45. SRE PdM デザイナー サーバサイドエンジニア アプリエンジニア アプリチーム PdM デザイナー フロントエンドエンジニア サーバサイドエンジニア

    WEBチーム バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 システム 運用 IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 アプリエンジニア サーバサイドエンジニア フロントエンドエンジニア SRE 15人〜
  46. 20人〜 バックエンド 運用 IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 SRE サーバサイド エンジニア バックエンド フロントエンド

    ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 システム 運用 IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 アプリエンジニア サーバサイドエンジニア フロントエンドエンジニア SRE SRE フロントエンド エンジニア デザイナー PdM チームE サーバサイド エンジニア チームC チームA チームB チームD アプリ エンジニア
  47. 1→10フェーズにおいて インフラ領域に求められること ・安定稼働 ・安全なデプロイ ・モニタリング ・変更に柔軟性なインフラ ・パフォーマンス

  48. 10 → 100 収益 時間 0→1 1→10 10→100

  49. バックエンド 運用 IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 SRE サーバサイド エンジニア バックエンド 運用 IaaS、PaaS、SaaS

    の利用/構築/運用 SRE サーバサイド エンジニア バックエンド 運用 IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 SRE サーバサイド エンジニア バックエンド フロントエンド ネイティブアプリ ビジネスロジックの開発 システム 運用 IaaS、PaaS、SaaS の利用/構築/運用 アプリエンジニア サーバサイドエンジニア フロントエンドエンジニア SRE 30人〜
  50. 開発 運用 IaaS/PaaS/SaaS 利用/構築/運用 開発 運用 IaaS/PaaS/SaaS 利用/構築/運用 IaaS/PaaS/SaaS 利用/構築/運用

    開発 運用 IaaS/PaaS/SaaS 利用/構築/運用 開発 運用 IaaS/PaaS/SaaS 利用/構築/運用 開発 運用 IaaS/PaaS/SaaS 利用/構築/運用 開発 運用 サーバサイドエンジニア アプリエンジニア フロントエンドエンジニア SRE 80人〜
  51. 10→100フェーズにおいて インフラ領域に求められること ・所有権の分離と権限移譲 ・安全な独立デプロイ ・スケーラブルなアーキテクチャ ・セキュリティ対策

  52. 4.キャリアにおけるインフラ領域 1.プロダクト開発におけるインフラ領域とは 2.環境の変化によるインフラ領域の変化 3.事業フェーズ毎のインフラ領域に求められること 目次

  53. インフラ領域は専門知識から前提知識へ ソフトウェア細分化への追従 事業フェーズの認識

  54. ・インフラ領域はプロダクト開発を行う前提知識へと変化してい る ・インフラ領域の知識をベースとしてアプリケーション開 発、SRE(運用)、セキュリティ、データエンジニア等へのキャ リアの派生を検討する ・インフラを専門領域としてキャリアを築くのであればIaaS提供 事業者へ インフラ領域は専門知識から前提知識へ

  55. ・IaaS、SaaS、PaaSの継続的なキャッチアップを行う ・適切なタイミングで適切なサービスに置き換えられるよう にする ・既存機能を疎結合に置き換えるスキルを養う ソフトウェア細分化への追従

  56. 事業フェーズを認識する ・組織の事業フェーズによってインフラ領域に求められる (=得られる)ことが違うことを認識する ・自身のサービスの事業フェーズを認識し、サービスの成長 に合わせて視点を変える

  57. ありがとうございました