副業時代のプロジェクトマネジメント

45d01c5df7a87588fe3fff1a138681f3?s=47 gyarasu
January 26, 2019

 副業時代のプロジェクトマネジメント

2016/01/26 Backlog Worldd 2016
https://backlogworld2019.jbug.info/

45d01c5df7a87588fe3fff1a138681f3?s=128

gyarasu

January 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. 副業時代の プロジェクトマネジメント 2019/01/26 Backlog World 2019 株式会社オムニス 吉次 洋毅

  2. 話すこと • 自己紹介 • 副業「チーム」とは? • チームマネジメント • プロジェクトマネジメント •

    まとめ
  3. 自己紹介 • 吉次 洋毅(ヨシツグ ヒロキ) • 1991年生(27歳) • 徳山高専 専攻科修了

    • 経歴 ◦ 2014/4〜2016/11: 某飲食店検索サービス企業(主にサー バサイドエンジニア) ◦ 2016/12〜 某HR企業 (主にフロントエンドエンジニア+いろいろ) ◦ 2018/8〜: オムニス(副業リードエンジニア) ◦ プロジェクトマネジメント的な仕事は割と得意だったので ずっとやってきました
  4. 今の働き方 平日の日中は正社員とし てWebサイトを開発する など 土日や平日夜間は フリーランスエンジニア 本業 オムニス フレックス! リモートOK!

    (※部署による) 基本リモート!
  5. オムニスの開発体制(例) https://unbuilt.jp 【プロダクト】 【常駐チーム】 ・平日日中稼動 ・基本的には同時間帯 【副業チーム】 ・夜間 / 土日稼動

    ・曜日、時間帯バラバラ ・現在3人 1つのプロダクトに異なる性質の2つのチームが関わっている コミュニケーション
  6. 背景... 副業「チーム」がもともともと存在したわけではなく、 吉次がジョインするタイミングで出てきた新しい試みだった

  7. 課題の抽出と分析(まずやったこと) • 目指すべき状態 ◦ 副業メンバーがチームとして成り立つこと ◦ 副業メンバーのモチベーションが高いこと ◦ プロダクトに対しての成果を最大化させるために最適なコ ミュニケーションが取れること

    • 課題としては大別して2種類 ◦ そもそも副業「チーム」がうまくワークするか →①チームマネジメント戦略 ◦ 常駐チームとうまく連携して、業務を進められるか →②プロジェクトマネジメント戦略
  8. これを https://unbuilt.jp 【プロダクト】 常駐チーム 副業チーム

  9. こうしたい https://unbuilt.jp 【プロダクト】 常駐チーム 副業チーム

  10. ??

  11. これを! https://unbuilt.jp 【プロダクト】 常駐チーム 副業チーム

  12. こうしたい! https://unbuilt.jp 【プロダクト】 常駐チーム 副業チーム

  13. どういうことかというと… https://unbuilt.jp 【プロダクト】 ②常駐チームー副業チー ム間のコミュニケーション の最適化 ①副業「チーム」としての成 果最大化 常駐チーム 副業チーム

  14. ①+②=プロダクト価値の最大化

  15. 組織を起点に 仕組みを考える

  16. ①チームマネジメント戦略 組織の話

  17. 個々のモチベーションとパフォーマンスの最大化 • モチベーションの維持&向上、不安の排除 ◦ 時間的な制約を受けやすい副業では、細切れ時間を使っ て成果を積み上げていく必要がある ◦ 故に、「成果が見えづらい状況」はかなり辛い →適切な粒度でのタスク分割 →適切な粒度での情報伝達

    モチベーションを下支えする仕組みづくりが必要 ※具体的にどうやるかは「プロジェクトマネジメント」パートでのお話
  18. マネジメントにあたっての意識 • バランス感覚 ◦ フリーランスとしてジョインする会社・社員の方に求めるこ と ◦ 会社員としてフリーランス(≒副業メンバー)に求めること → どちらかの立場に視点が偏らないように意識的に振る舞う

    → 全体最適の狙いを持って異なる立場の人にアプローチする
  19. 副業リードエンジニアとしての振る舞い • コミュニケーションの吸収 ◦ いざ副業メンバー(開発やりたくて参加している)が手を動 かすとなったときに、いろんな確認が発生するのはもった いない ◦ タスク発生時点で内容を確認して、手を動かすために必要 な情報を揃えておく

  20. 副業リードエンジニアとしての振る舞い • 「決める」こと ◦ いつもやりやすい状態でタスクが切られるわけではない ◦ 異なる働き方をする人同士のコミュニケーションは簡単で ない ◦ タスクを切る側からすると「それはやる人が決めてほしい」

    ということも多々ある(会社員としての立場) ◦ 不確定要素には意思決定。仮決定と提案をあわせて行っ てとにかく前に進める ◦ 立場や肩書きがあると決めやすい
  21. ②プロジェクトマネジメント戦略 仕組みの話

  22. 副業メンバーの稼動・工数管理 • Googleカレンダーの活用 ◦ 稼働予定を1ヶ月単位程度で登録 ◦ 大体の消化可能なタスク量を把握 ◦ プロジェクトのスケジュールと各人の稼動予定に応じて副業 チームに回ってくるタスクをアサイン

    ◦ バッファは自分
  23. ミーティングの実施 • ミーティングの実施 ◦ ずっと非同期、非対面は結構厳しい ▪ 人となりの理解 ▪ ちょっとした息抜き ◦

    適切な粒度で情報を伝える場が必要 ▪ 「見といて」だけだとちょっと乱暴 ◦ 一緒に仕事をしている感覚(重要!) ▪ モチベーションの維持・向上、心理的安全性 ◦ プロジェクト状況の棚卸し ▪ 全体把握の視点
  24. コミュニケーション設計 仕事の模式図

  25. コミュニケーションはタスクから生まれ、タスクはプロ ジェクトから生まれる。 良いコミュニケーションのためには良いプロジェクト/ タスク管理が必要。

  26. ツールの整理

  27. ツールの整理 寿命の長い情報 アドホックなやりと り

  28. みんなだいすきBacklog!

  29. Backlogの使い方 • タスクの発生から完了までの流れを定義 • チケットに記載する基本的な情報の定義 ◦ テンプレートの作成 • 基本的なルール ◦

    担当者を必ず入れる ◦ 期限日を必ず入れる ◦ 完了条件を記載する ◦ チケットの分割、統合は担当者に任せる ※細かい部分は時間が無いので省略...
  30. BacklogとSlackの使い分け基準 • Backlogを使ったほうが良いこと ◦ タスクに関係する質問 ◦ 記録しておいたほうが良いこと ◦ 質問から回答まで時間がかかりそうなもの ◦

    非同期で進める必要があること • Slackを使ったほうが良いこと ◦ 同期的に進められること ◦ 軽いコミュニケーション(すぐに解決しそうな質問など) ◦ 共有(タスクとして管理する必要が無いもの)
  31. ベースラインを合わせる これらの情報をKiberaにまとめて、新しくジョインした人もベースが揃うようにしてい る

  32. まとめ • まずはモチベーション ◦ モチベーション抜きにしていい仕事は生まれない ◦ 共通認識やチーム感がパフォーマンスに寄与する ◦ 下がる要因の排除が重要 •

    その次に仕組み ◦ モチベーションを支え、プロジェクト進行に有用な仕組みづ くりを行う • 苦しみは必ずある ◦ ビジネスにもテクノロジーにも、何かと事情がついて回る。 ときには歯を食いしばって気合で乗り切る覚悟も必要。
  33. ありがとうございました! ※スライドはSpeaker Deckで公開します  @gyarasu