crates.io にライブラリを公開してみた / publish-on-crates-io

0eba807ea367a2b648480d20f52d3af3?s=47 haco
November 13, 2020

crates.io にライブラリを公開してみた / publish-on-crates-io

0eba807ea367a2b648480d20f52d3af3?s=128

haco

November 13, 2020
Tweet

Transcript

  1. Mobility Technologies Co., Ltd. crates.io にライブラリを公開してみた t.aida / 相田岳彦 2020/10/29

    MoT.rs #2
  2. Mobility Technologies Co., Ltd. 2 主題 : Rust エコシステム紹介 1.

    crates.io 紹介 2. ライブラリ公開の手順 3. 自動化のススメ 話すこと
  3. Mobility Technologies Co., Ltd. crates.io の紹介 3 01

  4. Mobility Technologies Co., Ltd. 4 https://crates.io/ crates.io って何?

  5. Mobility Technologies Co., Ltd. 5 • RubyGems や • JavaScript

    の npm みたいなやつです crates.io って何?
  6. Mobility Technologies Co., Ltd. 6 モジュールを検索したり… こんな感じで

  7. Mobility Technologies Co., Ltd. 7 ドキュメントを読んだり… こんな感じで

  8. Mobility Technologies Co., Ltd. 8 依存モジュールを確認できたり… パッケージ管理に必要な一通りの機能が揃ってます こんな感じで

  9. Mobility Technologies Co., Ltd. 9 https://www.reddit.com/r/rust/ 最新情報のキャッチアップは reddit がオススメ •

    あるある罠の Q&A • アップデート後のバグ報告 • ライブラリ作者によるハイテンションなリリース報告 • 今話題のブログ記事 etc… 余談
  10. Mobility Technologies Co., Ltd. ライブラリを公開する 10 02

  11. Mobility Technologies Co., Ltd. 11 まずはアカウント登録!

  12. Mobility Technologies Co., Ltd. 12 まずはアカウント登録!

  13. Mobility Technologies Co., Ltd. 13 APIトークン発行!

  14. Mobility Technologies Co., Ltd. 14 $ cargo login xxxxxxxxxx $

    cargo publish または… $ export CARGO_REGISTRY_TOKEN=”xxxxxxxxxx” $ cargo publish ライブラリ公開!
  15. Mobility Technologies Co., Ltd. 15 ライブラリの公開は超簡単です! レッツトライ!! 君だけの最強のライブラリを公開してライバルに差をつけよう! ということで

  16. Mobility Technologies Co., Ltd. 16 cargo.toml ファイルに一行追加するだけ [dependencies] serde_json =

    "1.0" もちろん使うのも簡単!
  17. Mobility Technologies Co., Ltd. 17 …?

  18. Mobility Technologies Co., Ltd. 18 「npm でも gem でもほとんど同じでしょ」 え、それって…

  19. Mobility Technologies Co., Ltd. 19 「npm でも gem でもほとんど同じでしょ」 「当たり前のことじゃないの?」

    え、それって…
  20. Mobility Technologies Co., Ltd. 20 「npm でも gem でもほとんど同じでしょ」 「当たり前のことじゃないの?」

    → そんなふうに考えていた時期が(ry え、それって…
  21. Mobility Technologies Co., Ltd. 21 組み込み Linux で使われている C/C++ の世界観では全く当たり前ではない!

    それって当たり前のことじゃないの?
  22. Mobility Technologies Co., Ltd. 22 まずビルドツールが乱立していて… • GNU Make /

    CMake / Ninja / Meson / Bazel / Gradle (!) etc... ビルド方法がライブラリごとに異なるため… • 依存しているモジュールのバージョンを調べて • ライブラリをそれぞれの手順でビルドして • 生成されたファイル群を特定のパスに配置して やっと自分のアプリケーションをビルドできる (yum や apt で完結するなら楽だけど docker コンテナは必須) (クロスコンパイルのツールチェインが入ると GB 単位で膨れる) (そもそもパッケージ管理ツールで完結することはまずない ) C/C++ のプロジェクトは…
  23. Mobility Technologies Co., Ltd. 23 まずビルドツールが乱立していて… • GNU Make /

    CMake / Ninja / Meson / Bazel / Gradle (!) etc... ビルド方法がライブラリごとに異なるため… • 依存しているモジュールのバージョンを合わせて • ライブラリをそれぞれ異なる手順でビルドして • 生成されたファイルを特定のパスに配置して やっと自分のアプリケーションをビルドできる (yum や apt で完結するなら楽だけど docker コンテナは必須) (そもそもパッケージ管理ツールで完結することはまずない ) C/C++ のプロジェクトは… TL;DR ビルドが地獄!
  24. Mobility Technologies Co., Ltd. 24 システムプログラミング言語では 統一されたツールがあること自体が画期的! なので…

  25. Mobility Technologies Co., Ltd. 25 言い換えると… ウェブ開発のようなお手軽さで システムプログラミング言語を扱うことができる!! (ライブラリ公開の話から脱線してますね…) ということで

  26. Mobility Technologies Co., Ltd. 自動化のススメ 26 03

  27. Mobility Technologies Co., Ltd. 27 数が増えてくると結構大変 ライブラリ公開はお手軽だけど…

  28. Mobility Technologies Co., Ltd. 28 複数個のライブラリを含むプロジェクトで ▪ libs/ ▪ foo/Cargo.toml

    ▪ bar/Cargo.toml ▪ baz/Cargo.toml ▪ app/ ▪ Cargo.toml foo, bar, baz をリリースしたい場合 たとえば…
  29. Mobility Technologies Co., Ltd. 29 $ cd libs/foo $ cargo

    publish --manifest-path=... を繰り返すのは面倒なので CI にやらせたい! 手作業で
  30. Mobility Technologies Co., Ltd. 30 • libs/*/Cargo.toml が更新されたらライブラリのリリース • master

    以外では --dry-run • リリース時は Cargo.toml のバージョンを上げる [package] name = "foo" version = "0.1.0" # これ 運用ルールを決める
  31. Mobility Technologies Co., Ltd. 31 更新されたファイルの一覧を取得して - id: files uses:

    jitterbit/get-changed-files@v1 with: format: 'json' 適当なリリース用のスクリプトに渡せば OK - name: Release applications if: ${{ github.ref == 'refs/heads/master' }} run: | ./builder/call.sh task release-apps \ --files='${{ steps.files. outputs.added_modified }}' GitHub Actions でやること
  32. Mobility Technologies Co., Ltd. 32 • Cargo.toml から version 取得

    • タグを作って git tag と git push 実行 • 最後に cargo publish お手軽! リリース用のスクリプトでやること
  33. Mobility Technologies Co., Ltd. 33 三行まとめ • ライブラリ公開は簡単! • GitHub

    Actions で自動化も簡単! • Rust やってこ 公開したライブラリ • log4rs-cases - crates.io • env-extractor - crates.io おわり
  34. 文章·画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。 Mobility Technologies Co., Ltd. 34