Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

データ損失防止ポリシーを構成してみる。

 データ損失防止ポリシーを構成してみる。

2022年3月19日
気ままに勉強会#10 での発表スライドです。

0cc2ebc5781bcb2cae5f9ab7efa40ff2?s=128

Akihiro Suto

March 19, 2022
Tweet

More Decks by Akihiro Suto

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 2022-03-19________気ままに勉強会 #10 1

  2. 自己紹介 須藤明洋 すとうあきひろ 1984 年生まれ 集英社 勤務 Power BI (2021

    年 5 月~) Python (2021 年 9 月~) Rugby (1993 年~) Qiita https://qiita.com/hanaseleb 2
  3. Power Platform 便利ですよね 指定の日時がくると自動でメールが送られたり Flowボタンを押したらTwitterに投稿したり 3

  4. 4

  5. ただ・・ 自由度が高すぎて ユーザーに権限を開放しにくい・・! 5

  6. そこで 6

  7. データの損失防止ポリシー の 紹介 Data loss prevention policies 7

  8. コネクタごとに分類をする データの損失防止ポリシーの考え方は、 コネクタを3つのカテゴリに分けることです。 分類をすると、各カテゴリごとのデータのやりとりが制限されます。 8

  9. 設定するために必要な権限 テナント管理者 PowerPlatform管理者 環境管理者 9

  10. Power Platform管理センターで設定 https://admin.powerplatform.microsoft.com/ データポリシー をクリックすると設定の開始です。 10

  11. 11

  12. データの損失防止ポリシー (Data loss prevention policies)の作成 利用可能な3つのデータグループは下記になります。 ビジネスデータ グループ 非ビジネスデータ グループ

    ブロック済みデータ グループ 12
  13. ビジネスグループと非ビジネスグループ間 ビジネスグループ 非ビジネスグループ それぞれのグループに配置されたコネクタは 同じフローの中で使用することができなくなります。 13

  14. ブロック済み データグループ ブロック済みデータグループに分類されたコネクタは、 Power AutomateやPower Appsで使用することが できなくなります。 14

  15. 15

  16. 細かいカスタマイズ コネクタすべてをブロックするほどではないが、 特定のアクションだけを禁止したい・・というのも可能です。 16

  17. 17

  18. 18

  19. ポリシーのスコープ データ損失防止 (DLP) ポリシーは、 テナント レベル 環境レベル で作成可能。 19

  20. テナントレベルポリシー テナント管理者は、テナント レベルのデータ ポリシーの 3 種類のス コープを定義できます。 オプション1: すべての環境に適用する。 オプション2:

    複数の環境に適用する (すべてではない)。 オプション3: 特定の除外された環境を除くすべての環境に適用す る。 20
  21. 21

  22. 実際に適用してみる 600個以上のコネクタ どーする 22

  23. 方針 ブロック不可のコネクタのみ ビジネスグループに加える。 23

  24. コネクタを絞り込む 24

  25. 25

  26. 実験 実際にフローを作成し、動作確認 26

  27. Flowボタンを押す SharePointリストの一覧を読み込む Outlookメール本文に書き込んで発信 両コネクターはビジネスグループの中なので、 フローの作成は成功します。 27

  28. 28

  29. Flowボタンを押す SharePointリストの一覧を読み込む Tweetする 29

  30. SharePointはビジネスデータグループ Twitterは非ビジネスデータグループ 30

  31. 31

  32. 32

  33. Twitterコネクタをブロックしてみる Twitterのコネクタをブロック済みに変更してみます。 33

  34. 34

  35. 35

  36. 36

  37. まとめ ユーザーに自由に使ってもらうためにも 最低限のセキュリティは必要ですよね 37