Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

Envtest Binaries Managerを使ってみた話 / About Envtest Binaries Manager

Envtest Binaries Managerを使ってみた話 / About Envtest Binaries Manager

Kubernetes Meetup Tokyo #42 で LT しました。
https://k8sjp.connpass.com/event/214286/

36bb9dcd778d2a9621d44e92425d0907?s=128

hhiroshell

June 24, 2021
Tweet

Transcript

  1. Kubernetes Meetup Tokyo Envtest Binaries Managerを使ってみた話 @hhiroshell 1

  2. Kubernetes Meetup Tokyo 宣伝 しっかり感染対策して遊舎⼯房に⾏きましょう 2 遊舎⼯房さんの店舗はこちら→ ↓現在の@hhiroshellのキーボード #crkbd ⾃⼰紹介

    @hhiroshell 早川 博 (はやかわ ひろし) • Cloud Nativeなインフラを開発 するエンジニア。 Yahoo Japan Corporation 所属 • エンジニアコミュニティ 「Cloud Native Developers JP」 オーガナイザー • Developers Summit 2018 Japan Container Days 12.18 CloudNative Days Tokyo 2019 / 2020 登壇 • ⾃作キーボード沼
  3. Kubernetes Meetup Tokyo Envtest Binaries Manager is 何 • カスタムコントローラーのテストで使うツール

    • テスト⽤のControl Planeバイナリ(API Server + etcd)を便利に管理 • 2021年6⽉8⽇⽣まれ(リリースタグが付いた) • https://github.com/kubernetes-sigs/controller-runtime/tree/master/tools/setup-envtest 3
  4. Kubernetes Meetup Tokyo その前に…Envtestとは • controller-runtimeに含まれるテストユーティリティのパッケージ • API Serverと組み合わせてカスタムコントローラーの結合テスト⾏う ことができる

    • kubebuilderでscaffoldするとEnvtest前提のテストが出⼒されたりする。 なので結構よく使われているのでは 4 【参考】Envtestのgodoc: https://pkg.go.dev/sigs.k8s.io/controller-runtime/pkg/envtest
  5. Kubernetes Meetup Tokyo Envtestによるカスタムコントローラーのテスト • テストを実⾏する環境上にControl Planeバイナリが必要 5 API Server

    & etcd Control Planeバイナリ 起動 (goroutine) watch & edit 起動 (Envtest経由でバイナリ実⾏) 環境変数 KUBEBUILDER_ASSETS で指定されたパス hoge_controller.go suite_test.go hoge_controller_test.go controllerの振る舞いをテスト • hogeリソースを作ったら、配下にfugaリソースが作られる • fugaリソースを消したら、hogeリソースを元に再作成される...etc
  6. Kubernetes Meetup Tokyo Control Planeバイナリを⽤意するのは⼤変 • kubebuilderのドキュメントではこれを⼿動で実施 (curl, tar) •

    setup-envtest.sh で多少省⼒化できたが以下のような不便さがあった – 使えるk8sバージョンを調べるのが⼿間 – バージョンを切り替えて使ったり管理するのが⼤変 6 1. 使いたいk8sバージョンのバイナリをダウンロード/展開する 2. Envtestにバイナリの場所を指⽰する(環境変数で指定) 3. テストを実⾏する
  7. Kubernetes Meetup Tokyo Envtest Binary Managerならとても簡単! • 簡単なコマンドでControl Planeバイナリを⼿に⼊れられる •

    簡単なコマンドで複数バージョンのバイナリを切り替えられる • 簡単なコマンドでバイナリのパスの環境変数を設定できる • Windows環境でもOK • つまりとても便利 7
  8. Kubernetes Meetup Tokyo 8 Envtest Binaries Manager クイックスタート 1/2 $

    go install sigs.k8s.io/controller-runtime/tools/setup-envtest@latest • Envtest Binaries Managerのインストール $ setup-envtest use • 最新版のControl Planeバイナリをダウンロード $ setup-envtest list • ダウンロード済み/ダウンロード可能なControl Planeバイナリの⼀覧 $ setup-envtest use 1.21.x • バージョンを指定してControl Planeバイナリをダウンロード
  9. Kubernetes Meetup Tokyo 9 Envtest Binaries Manager クイックスタート 2/2 $

    source <(setup-envtest use -i -p env 1.21.x) # export KUBEBUILDER_ASSETS='/Users/hhiroshell/Library/Application Support/io.kubebuilder.envtest/k8s/1.21.2-darwin-amd64' • Control Planeバイナリのパスを環境変数に設定(envtestが使えるよう にする)
  10. Kubernetes Meetup Tokyo おまけ • EnvtestによるテストのGitHub Action(中⾝にEnvtest Binaries Managerを利⽤) –

    https://github.com/marketplace/actions/envtest-action 10
  11. Kubernetes Meetup Tokyo まとめ • Envtest Binaries Managerはカスタムコントローラーのテストのときに 使うツールです •

    テスト⽤のControl Planeバイナリを便利に導⼊・管理できます 11
  12. Kubernetes Meetup Tokyo Fin. 12

  13. Kubernetes Meetup Tokyo Appendix. 参考リンク集 13

  14. Kubernetes Meetup Tokyo 【参考リンク】 • Envtest Binalies Manager – https://github.com/kubernetes-sigs/controller-runtime/tree/master/tools/setup-envtest

    – https://github.com/kubernetes-sigs/controller-runtime/pull/1488 • kubebuilderのドキュメント – https://book.kubebuilder.io/cronjob-tutorial/writing-tests.html – https://book.kubebuilder.io/reference/envtest.html • controller-runtimeのenvtestパッケージ – https://pkg.go.dev/sigs.k8s.io/controller-runtime/pkg/envtest • setup-envtest.sh(Envtest Binaries Managerの前⾝) – https://github.com/kubernetes-sigs/controller-runtime/blob/v0.8.3/hack/setup-envtest.sh 14