Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

FOSS4G Japan Online 馬場英道

3d1f9bf1354d9a646e57ba788562fbd5?s=47 HideBa
November 08, 2020

FOSS4G Japan Online 馬場英道

3d1f9bf1354d9a646e57ba788562fbd5?s=128

HideBa

November 08, 2020
Tweet

Transcript

  1. エモい地図を コーディングなし・Cesiumで作れる サービスをリリースした話

  2. 1.Introduction Agenda ・自己紹介 ・会社紹介 2.About Re:Earth 3.Re:Earth in Syria ・サービス概要

    ・5つの特長 ・開発背景 ・ロードマップ ・メンバーについて ・シリアでのOSSコミュニティ形成
  3. 馬場英道 Hidemichi Baba 趣味:登山・スノボ・ダイビング・BBQ 特技:Zoomでのコミュニケーション 株式会社Eukarya エンジニア/「Re:Earth」プロダクトオーナー

  4. About us

  5. (旧・ダーウィンエデュケーション株式会社) 株式会社Eukarya [設立] 2017年7月 [事業内容] Webコンテンツ制作、データベース開発 [社員数] 正社員9名+インターン3名 [発足背景] 東大発スタートアップ

    [資金] 国内史上初3億円のクラウドファンディング等
  6. ヒロシマ・アーカイブで有名な東京大学大学院 渡邉英徳研究室 Background 01 ・被曝者の記憶証言をマッピング ・Cesiumを用いて実装

  7. 渡邉研のメンバーで創業 Background 01

  8. Works 01 一般企業・地方自治体・NPO・個人などの依頼で、 さまざまなデジタルアーカイブ(※以降アーカイブ)を制作 南アルプス市 「ふるさと〇〇博物館  時代情報付与型デジタルマップ」 一般社団法人ピースニッポンプロジェクト 「ピースニッポンプロジェクト  SNS投稿参加型絶景デジタルマップ」

    凸版印刷株式会社・東京大学 「しのばず文化情報活用プロジェクト  位置情報対応古地図デジタルマップ」
  9. OSS 01 CesiumをReactコンポーネントとして書けるライブラリ https://github.com/darwin-education/resium 私はこれから大きなプロジェクトを始めよ うとしていますが、ResiumがCesiumの持 つ全ての機能を持っているかどうか疑問に 思っています。 私は昨年、プロトタイププロジェクトの一 部として

    Resium を使用しました。私はそれ が素晴らしいと思いました。Reactアプリで Cesiumを使おうとしている人には、Resium を使うことを強くお勧めします。
  10. About

  11. Re:Earth - コンセプト 02 地球に物語をのせる

  12. Re:Earth - 概要 02 主観的 (主題図に特化) (ヒロシマ・アーカイブのような) 「感情の伝わるアーカイブを、  誰でも簡単に作れる」  ツール

    ・ノーコード ・ストーリーテリング機能 ・公開機能 ・外部データの インポート・エクスポート ・開発者による拡張機能 Re:Earth5つの特長
  13. Re:Earth - 特長 02 GUI操作で完結

  14. Re:Earth-特長 02 ストーリーテリング機能 ・地図上にマッピングしたコンテンツに順序をもたせた再生 ・ユーザ(アーカイブを作りたい人)が見てほしいストーリーを閲覧者に伝えることが可能

  15. Re:Earth - 特長 02 公開機能:カスタムドメイン設定可能 外部サイトから公開する場合、 サブドメインとしての公開が 一般的 学芸員の方にヒアリングして得 た「自分の保有するドメインで

    公開したい」 というニーズに応える
  16. Re:Earth - 特長 02 外部データのインポート・エクスポートが可能 ・CSV ・Shapefile ・KML ・CZML ・GeoJSON

  17. Re:Earth - 特長 02 開発者による拡張機能 ・既存の機能を公式プラグインとして提供 ・外部の開発者によるプラグインをインポート →多くの機能を利用可能に

  18. Re:Earth - 開発背景 02 これまでのアーカイブ制作における課題 エンジニア必須:開発・保守・運用 作る上での課題 アーカイブ自体の課題 表現の難しさ: ・デザイナーが必要

    ・一覧表示によってメッセージが伝えにくい
  19. Re:Earth - 開発背景 02 これらをどう解決するか GUIで誰でも操作 開発に必要な工数削減 閲覧内容に順序をもたせる エンジニア必須 表現の難しさ

  20. Re:Earth - 今後の展開 03 Re:Earthロードマップ 国内向けリリース ・初期ユーザ ・パートナー ・ユーザビリティ 向上

    海外向けリリース ・海外ユーザ ・海外パートナー ・Cesium以外の ツールとの連携 OSS化 ・ドキュメント整備 ・コミッター獲得 ・開発体制の整備 OSSコミュニティ形成 ・ドキュメント整備 ・コミッター獲得 ・開発体制の整備
  21. Re:Earth - 今後の展開 in シリア 03 チームメンバー

  22. Re:Earth - 今後の展開 in シリア 03 不安定な状況下の人と共に働く 相互に利益のあるシステム作り この先の変化を見据えて

  23. まとめ 04 背景と課題 Re:Earth 今後の展望 ・デザイナーやエンジニアが必須 ・メッセージを表現しにくい ・GUIで誰でも操作可能 ・保守・運用不要 ・ストーリーテリング(順序を持ったビジュアライゼーション)

    ・海外向けリリース ・OSS化 ・ワールドワイドなコミュニティ形成
  24. 最後に 04 Re:Earthを使いたい方 Re:Earth開発に携わりたい方 (プラグイン開発ぜひ) OSS化したRe:Earthのコミッターになりたい方 ぜひこちらからご連絡ください↓ プロダクト プレスリリース(拡散希望) 会社HP

    https://reearth.io/jp https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000034320.html https://eukarya.io
  25. None