Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

料理の注文メニューの3D化への挑戦

 料理の注文メニューの3D化への挑戦

Babylon.jsゆるほめLT会

料理の注文メニューの3D化への挑戦

Hideyuki Nagata

July 08, 2022
Tweet

More Decks by Hideyuki Nagata

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Babylon.jsゆるほめLT会 2022年7月8日 料理の注文メニューの3D化への挑戦 長田英幸 スライドのSNS投稿 大歓迎 事後レポート掲載 大歓迎

  2. 自己紹介 • 長田英幸 (ながた ひでゆき) • 大阪の会社で、製造業向けのWebシステムの開発しています。 • 3D表示には憧れがあったので、Babylon.jsに俄然興味が出ました。 •

    個人開発でスマートスピーカーのアプリを開発しています (最近公開出来てません😿)
  3. かつ丼ARが流行っていたので 思いついたのですが

  4. 初めてPlaygroundを触ってみました。 •ゆるく褒めてください(涙) •https://playground.babylonjs.c om/#K8NRJG#9

  5. 解説-1 • BABYLON.SceneLoader.ImportMesh("", "scenes/Dude/", "Dude.bab ylon", scene, function (meshes) {

    • scene.createDefaultCameraOrLight(true, true, true); • scene.createDefaultEnvironment(); • • });
  6. 解説-2 • https://doc.babylonjs.com/toolsAndResources/assetLibraries/availabl eMeshes • The Meshes Library に自由に使えるオブジェクトが掲載されている。 •

    特殊なのしかないのですか。
  7. 解説-3 • 環境構築しなくても試せるので、Playground、ありがたいですね。 • // 調理台と思ってください。 • const box =

    BABYLON.MeshBuilder.CreateBox("box", {height: 35, wi dth: 100, depth: 50}); • box.position.x = 10; • box.position.y = 20; • box.position.z = 35;
  8. まとめ • 簡単に3Dが試せて、新鮮な驚きがあった。 • 構想の十分の一も出来なかった。もっとBabylon.jsを触りたい。 • 今後、音声入力も挑戦したいです。 • https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-how-to-hands-free- interaction-ar-vr-amazon-lex-babylon-js/