Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

料理の注文メニューの3D化への挑戦

 料理の注文メニューの3D化への挑戦

Babylon.jsゆるほめLT会

料理の注文メニューの3D化への挑戦

Fbe7836c8ca96e3099dd5bbd83d1a391?s=128

Hideyuki Nagata

July 08, 2022
Tweet

More Decks by Hideyuki Nagata

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Babylon.jsゆるほめLT会 2022年7月8日 料理の注文メニューの3D化への挑戦 長田英幸 スライドのSNS投稿 大歓迎 事後レポート掲載 大歓迎

  2. 自己紹介 • 長田英幸 (ながた ひでゆき) • 大阪の会社で、製造業向けのWebシステムの開発しています。 • 3D表示には憧れがあったので、Babylon.jsに俄然興味が出ました。 •

    個人開発でスマートスピーカーのアプリを開発しています (最近公開出来てません😿)
  3. かつ丼ARが流行っていたので 思いついたのですが

  4. 初めてPlaygroundを触ってみました。 •ゆるく褒めてください(涙) •https://playground.babylonjs.c om/#K8NRJG#9

  5. 解説-1 • BABYLON.SceneLoader.ImportMesh("", "scenes/Dude/", "Dude.bab ylon", scene, function (meshes) {

    • scene.createDefaultCameraOrLight(true, true, true); • scene.createDefaultEnvironment(); • • });
  6. 解説-2 • https://doc.babylonjs.com/toolsAndResources/assetLibraries/availabl eMeshes • The Meshes Library に自由に使えるオブジェクトが掲載されている。 •

    特殊なのしかないのですか。
  7. 解説-3 • 環境構築しなくても試せるので、Playground、ありがたいですね。 • // 調理台と思ってください。 • const box =

    BABYLON.MeshBuilder.CreateBox("box", {height: 35, wi dth: 100, depth: 50}); • box.position.x = 10; • box.position.y = 20; • box.position.z = 35;
  8. まとめ • 簡単に3Dが試せて、新鮮な驚きがあった。 • 構想の十分の一も出来なかった。もっとBabylon.jsを触りたい。 • 今後、音声入力も挑戦したいです。 • https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-how-to-hands-free- interaction-ar-vr-amazon-lex-babylon-js/