"S分析" 最強説 : Presentation in Marunouchi Analytics | Jun 2016

"S分析" 最強説 : Presentation in Marunouchi Analytics | Jun 2016

2016. Jun 丸の内アナリティクスイベントに登壇したときの資料

これまで色んな分析をしてきた中で、一番有用性が高いと思った「S分析」についてのプレゼンです

2e241cf3b0bc7ee724b6dfb12a2bc9ea?s=128

Hikaru Kashida

May 31, 2017
Tweet

Transcript

  1. 株式会社メルカリ Hikaru Kashida (@hik0107) 業界横断で使える分析 「S分析」最強説

  2. メルカリとは v オールジャンルのフリマアプリ v ⽇⽶通算 4000万 DL(⽇本:3000万 / US:1000万)

  3. ⾃⼰紹介 v 外資戦略コンサル ➔ 友⼈と起業 ➔ 分析コンサル ➔ メルカリ v

    今はデータサイエンティスト v ゆるいPython使い v Qiitaで活動中 v 実務で使える機械学習を勉強中
  4. 業界横断で使える分析? ⇢ S分析 仕事変われど使い続けてきた分析手法

  5. 業界横断で使える分析? ⇢ 散布図 仕事変われど使い続けてきた分析手法

  6. なぜ散布図か? A. 比較 C. 変動 B. 関係性 D. 5次元

  7. A.⽐較といえば 散布図 v 戦略コンサル時代に、ビジネス⽐較で多様 ⇢ 「2~3 の軸」で 「複数の対象」を 「同時に⽐較可能」 総資本額

    JPY 資本効率 % A社 B社 C社 D社 スケール追求 経営 アセットライト 経営 E社 会社のビジネスモデルの比較
  8. B.関係性といえば 散布図 v 分析コンサル時代に、モデルづくりの際に多様 ⇢ 特に「予測のずれ」について話す時などの時に便利 観測値(正解データ) 予測値 日次注文数の予測のズレ

  9. B.関係性といえば 散布図 観測値(正解データ) 日曜日 土曜日 予測値 v 分析コンサル時代に、モデルづくりの際に多様 ⇢ 特に「予測のずれ」について話す時などの時に便利

    日次注文数の予測のズレ
  10. C.変動といえば 散布図 出品商品数 [#] E 売れる確率 [%] C D B

    A 商品カテゴリの需給バランス v メルカリでやってる分析 ⇢ 2軸上での変化を表すのに⾮常に優れる 通常時 スナップショット
  11. C.変動といえば 散布図 出品商品数 [#] E 売れる確率 [%] C D B

    A 商品カテゴリの需給バランス v メルカリでやってる分析 ⇢ 2軸上での変化を表すのに⾮常に優れる 通常時 増加時 変動
  12. C.変動といえば 散布図 出品商品数 [#] 供給過多 カテゴリ E 売れる確率 [%] C

    D B A 商品カテゴリの需給バランス 有望 カテゴリ 伸び悩み カテゴリ v メルカリでやってる分析 ⇢ 2軸上での変化を表すのに⾮常に優れる 通常時 増加時
  13. 散布図はビジネスに適している v 情報量が多い割に、誰でも⾒やすい v ビジネスは⼤体2要素(以上) のトレードオフ

  14. D.5次元といえば 散布図 v 定量1. X軸 v 定量2. Y軸 v 定量3.

    ⼤きさ v カテゴリ1. ⾊ v カテゴリ2. ラベル 2016 2017
  15. それって⾒づらくない?

  16. 決算資料会の神コロプラさん

  17. 散布図は、最⾼だ

  18. 無⼈島に何か⼀つ持って⾏くとしたら?

  19. 無⼈島に何か⼀つ持って⾏くとしたら? 迷わず「散布図」と⾔える⼈を増やしたい

  20. Enjoy!

  21. We Are Hiring!