Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CODE for YAMATOKORIYAMA 3年間の軌跡!

CODE for YAMATOKORIYAMA 3年間の軌跡!

2020年5月30にオンライン開催した、CODE for YAMATOKORIYAMAの3周年記念ミートアップでの発表資料です。これまでの3年間をざっくり振り返っています。

Ken Honda

May 30, 2020
Tweet

More Decks by Ken Honda

Other Decks in Technology

Transcript

  1. これまでの3年を振り返り、これからの活動を一緒に考える会
    3rd Anniversary Meetup
    おかげさまで3周年!
    オンライン
    開催!
    LT希望者
    募集!
    参加無料
    2020年
    5月
    30日(土)15:00~17:30
    主催 CODE for YAMATOKORIYAMA

    View full-size slide

  2. CODE for
    YAMATOKORIYAMA
    3年間の軌跡!
    1

    View full-size slide

  3. 本多 健一
    長崎県長崎市出身、奈良県大和郡山市在住
    建築土木構造系の学科を卒業
    社会人5年目で大学院へ進学
    データサイエンス系の研究科を修了(今思えば)
    自身が真にやりたいことに気づく
    コミュニティ活動の楽しさに目覚める
    「くらす*」にジョイン
    シビックテックに出会う
    自分なりにやり始める
    少しずつ活動が積み重なってきた? ←今ここ

    View full-size slide

  4. CODE for YAMATOKORIYAMA
    CODE for YAMATOKORIYAMAは、奈良県大和郡山市において、
    ITなどのテクノロジーを活用し、地域課題の解決やまちの魅力の再発見及び
    発信を目指す任意活動団体です。2017年5月立ち上げ!!
    地域課題
    まちの魅力
    ITなどの
    テクノロジー
    課題解決・新たな魅力の発見と発信
    みんなの力

    View full-size slide

  5. きっかけは、2015年12月
    4
    1
    130
    関西ネットワークシステムに参加
    (くらす*のメンバーに誘われて・・・)
    産学官民メンバー相互のコミュニケーションを深め、信頼関係を築
    く異分野コミュニティを目指す、大規模な交流会。KNS=必ず飲ん
    で騒ぐ」という意味でもあり、ここで知り合った人同士が、様々な
    シーンで活動することにつながることが狙い。

    View full-size slide

  6. 佐藤拓也氏(同い年)と出会う
    CODE for IKOMAってのをやってます
    シビックテックというのがありまして・・・
    全国にもいろいろありますよ
    一度、CODE for IKOMA来てみます?
    ナチュラルに口説かれた!!
    自分がやりたいことそのものだった・・・
    初対面だが、刺激を受ける

    View full-size slide

  7. 2017年5月 一念発起!
    6
    動機
    地域課題を解決したり、自分が住んでいる地域をより楽しくするため
    の新たなアプローチを実践してみたかったから
    本音
    自分が知らないこと、勉強したいことを教えてくれて、
    実際にフィールドで試せる場を作りたい!

    View full-size slide

  8. 2017年 「模索」
    7

    View full-size slide

  9. 2017年5月
    「金魚の気持ちVR体験」
    8

    View full-size slide

  10. 2017年5月
    「金魚の気持ちVR体験」
    9
    約70名が
    金魚の気持ち
    を体感!

    View full-size slide

  11. 2017年の活動
    10
    10/9
    地域課題の解決に、ちょっとItを足して考えてみる会
    @町家物語館(旧・川本邸)
    12/10
    地図のデジタル化ワークショップ&
    まちをもっと楽しくするアイデアソン
    @洞泉寺町の町家

    View full-size slide

  12. アーバンデータチャレンジ2017
    UDCへ初挑戦!
    11
    データを活用した作品を募集

    各地域拠点での活動を支援
    表彰
    全国の地方拠点から
    様々な作品が応募
    地域の課題解決に向けたコミュニティづくり
    &作品コンテスト

    View full-size slide

  13. 実はこんなん出してました1
    UDC2017応募1(初参加)

    View full-size slide

  14. 実はこんなん出してました2
    UDC2017応募2(初参加)

    View full-size slide

  15. 大きく飛ぶには、しゃがむべし
    UDC2017落選
    →最終報告会では、
    ただのオーディエンスと化す
    悔しい・・・どうせ会場に来たなら、
    なんかしゃべりたかった。
    この思いが翌年の原動力に!?

    View full-size slide

  16. 2018年 「助走」
    15

    View full-size slide

  17. 2018年 「助走」
    UDCキックオフでのアイデア
    16
    「金魚×テクノロジーで何か!」
    テーマ
    (7月)UDC2018キックオフ

    View full-size slide

  18. 2018年 主な活動
    17

    View full-size slide

  19. アーバンデータチャレンジ2018
    18
    金魚の品種、育て方、地域内での道具の購入
    先、金魚の生息地などの情報を一元的に知る
    ことができる。金魚の飼育ガイド、郡山の地
    域情報の集約を目指すもの。

    View full-size slide

  20. アーバンデータチャレンジ2018
    結果!
    19
    アイデア部門
    金賞受賞

    View full-size slide

  21. 2019年 「具現化」
    20

    View full-size slide

  22. 2019年の主な活動
    21
    (6月)Civic Tech Forum 2019に初参加!
    (6月)機械学習のための金魚品種講座

    View full-size slide

  23. 2019年の主な活動
    22
    (7月)アーバンデータチャレンジ奈良ブロックキックオフ

    View full-size slide

  24. 2019年の主な活動
    23
    (7月)「メーカーバザール大阪」 (11月)「金魚フェスinイオンモール大和郡山」

    View full-size slide

  25. 2019年の主な活動
    24
    (12月)「FESTA2019 by MA」
    (11月)ヒーローズリーグ2019に
    エントリー&関西予選

    View full-size slide

  26. 2019年の主な活動
    25
    (12月21日)チャットボット活用ワークショプ

    View full-size slide

  27. アーバンデータチャレンジ2019
    26
    資料スライドはこちらから
    https://speakerdeck.com/hondak639/kingyo-ai-navi-line-ver-nil-urban-data-challenge-2019

    View full-size slide

  28. アーバンデータチャレンジ2019
    結果
    27
    実行委員会特別賞受賞!
    ご協力いただいた皆様、
    ありがとうございます!

    View full-size slide

  29. 3年間まとめ
    28
    2017年 模索:活動の方向性模索、周知活動
    2018年 助走:テーマを絞ってアイデア固め
    2019年 具現化:アイデアを具体化&露出

    View full-size slide

  30. ご協力・ご支援いただいた方々に
    大感謝です!
    29

    View full-size slide

  31. これからも…
    自分たちが楽しめるテーマを見つけて
    自分たちができることで楽しもう!
    30

    View full-size slide

  32. 3年間まとめ
    31
    2017年 模索:活動の方向性模索、周知活動
    2018年 助走:テーマを絞ってアイデア固め
    2019年 具現化:アイデアを具体化&露出
    2020年 新PJスタート?

    View full-size slide

  33. 2020年もよろしくお願いします
    32

    View full-size slide