Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ZOZOTOWNにおける開発生産性向上に関する取り組み / Initiatives to Improve Development Productivity at ZOZOTOWN

Ryosuke Horie
October 19, 2023

ZOZOTOWNにおける開発生産性向上に関する取り組み / Initiatives to Improve Development Productivity at ZOZOTOWN

■ ZOZOエンジニア向け会社説明資料
https://speakerdeck.com/zozodevelopers/company-deck

■ 運用改善によるチームパフォーマンス向上のための取り組み
https://techblog.zozo.com/entry/operational-improvements-tips

■ GitHub Copilotの全社導入とその効果
https://techblog.zozo.com/entry/introducing_github_copilot

Ryosuke Horie

October 19, 2023
Tweet

More Decks by Ryosuke Horie

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ZOZOTOWNにおける
    開発生産性向上に関する取り組み
    2023/10/19
    Findy Team+ Award 2023
    株式会社ZOZO
    技術本部 技術戦略部 CTOブロック
    テックリード
    堀江 亮介
    Copyright © ZOZO, Inc.
    1

    View full-size slide

  2. © ZOZO, Inc.
    株式会社ZOZO
    技術本部 技術戦略部 CTOブロック
    テックリード
    堀江 亮介
    2018年 M&Aに伴い入社
    ZOZOTOWN、WEARおよび新規事業での開発に従事し
    2022年よりCTOブロックに異動
    組織横断での課題解決と採用および技術広報業務を担当
    2

    View full-size slide

  3. © ZOZO, Inc.
    https://zozo.jp/

    3
    ● ファッションEC
    ● 1,500以上のショップ、8,900以上のブランドの取り扱い
    ● 常時95万点以上の商品アイテム数と毎日平均2,900点以上の新着
    商品を掲載(2023年6月末時点)
    ● ブランド古着のファッションゾーン「ZOZOUSED」や
    コスメ専門モール「ZOZOCOSME」、靴の専門モール
    「ZOZOSHOES」、ラグジュアリー&デザイナーズゾーン
    「ZOZOVILLA」を展開
    ● 即日配送サービス
    ● ギフトラッピングサービス
    ● ツケ払い など

    View full-size slide

  4. © ZOZO, Inc.
    https://wear.jp/

    4
    ● ファッションコーディネートアプリ
    ● 1,600万ダウンロード突破、コーディネート投稿総数は1,400万
    件以上(2023年6月末時点)
    ● ピックアップタグから最新のトレンドをチェック
    ● コーディネート着用アイテムを公式サイトで購入可能
    ● WEAR公認の人気ユーザーをWEARISTAと認定。モデル・タレン
    ト・デザイナー・インフルエンサーといった各界著名人も参加

    View full-size slide

  5. © ZOZO, Inc.
    5
    ZOZOエンジニア向け会社説明資料: https://speakerdeck.com/zozodevelopers/company-deck

    View full-size slide

  6. © ZOZO, Inc.
    6
    ZOZOでのFindy Team+の活用
    運用改善によるチームパフォーマンス向上のための取り組み: https://techblog.zozo.com/entry/operational-improvements-tips
    ● WEARでの活用が先行、成果が出ている状態

    View full-size slide

  7. © ZOZO, Inc.
    7
    ZOZOでのFindy Team+の活用
    開発生産性カンファレンス: https://dev-productivity-con.findy-code.io/

    View full-size slide

  8. © ZOZO, Inc.
    8
    今日話す内容
    ● ZOZOTOWNにおける開発生産性向上のための取り組みについて
    ○ 開発生産性向上に取り組む背景と目的
    ○ 取り組みの概要とアプローチ方法
    ○ 取り組みの現況

    View full-size slide

  9. © ZOZO, Inc.
    9
    開発生産性向上に取り組む背景
    ● ZOZOTOWNをより魅力的なプロダクトにしたい
    ● プロダクトとして実現したいことはまだまだ数多くある
    ● 多くの挑戦をしユーザーに新しい価値を届けたい

    View full-size slide

  10. © ZOZO, Inc.
    10
    具体的な目標
    ユーザーに届ける価値を2倍にする

    View full-size slide

  11. © ZOZO, Inc.
    11
    ユーザーへ
    届ける価値
    量 × 質
    =

    View full-size slide

  12. © ZOZO, Inc.
    12
    ユーザーへ
    届ける価値
    の最大化
    量 × 質 の最大化
    =

    View full-size slide

  13. © ZOZO, Inc.
    13
    ● 量から取り組むことを意思決定 (レベル1生産性の改善)
    ● 質にあたるレベル2,3生産性の改善はより難易度が高い
    ● どのように向き合っていくかは継続して検討
    量 × 質 の最大化にどう取り組むか
    引用: 開発生産性について議論する前に知っておきたいこと https://qiita.com/hirokidaichi/items/53f0865398829bdebef1

    View full-size slide

  14. © ZOZO, Inc.
    14
    量を最大化する戦略
    ● 量 = 一定期間における案件リリース数

    View full-size slide

  15. © ZOZO, Inc.
    15
    量を最大化する戦略
    ● 量 = 一定期間における案件リリース数
    ● どう向上させていくか?
    ○ 開発効率を改善し開発速度を上げる

    View full-size slide

  16. © ZOZO, Inc.
    16
    量を最大化する戦略
    ● 量 = 一定期間における案件リリース数
    ● どう向上させていくか?
    ○ 開発効率を改善し開発速度を上げる
    ● 開発効率をどう改善するのか?

    View full-size slide

  17. © ZOZO, Inc.
    17
    リソース効率とフロー効率
    ● スループット的な速さとリードタイム的な速さ
    ● 量の最大化
    ○ 両方の効率を向上させることで実現
    引用: 「もったいない」マインドが逆に効率を悪くする。フロー効率とリソース効率から考えるチームで仕事をする理由
    https://qiita.com/hirokidaichi/items/f59e611772c02f2e74ee

    View full-size slide

  18. © ZOZO, Inc.
    18
    「完璧な状態」を目指す
    ● 「完璧な状態」をどう目指していくか?
    ● ZOZOTOWNの場合
    ○ まずはフロー効率を計測可能な状態へ
    ○ リードタイムを計測する仕組みを整備
    ○ フロー効率を高める際の指標とする
    効率性の孤島 完璧な状態
    荒野 効率性の海
    低 高


    リソース効率
    フロー効率
    引用: This is Lean, 効率性マトリックス https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798169521

    View full-size slide

  19. © ZOZO, Inc.
    19
    リードタイムを計測する仕組み
    ● リードタイム計測のスコープを決定
    ● 開発プロセスの整理と標準化
    ● 各プロセスの開始終了日の記録
    ● リードタイムの可視化

    View full-size slide

  20. © ZOZO, Inc.
    20
    リードタイム計測のスコープ
    ● 開発可能になってからリリースされるまでのリードタイムを計測
    引用: 開発生産性について議論する前に知っておきたいこと https://qiita.com/hirokidaichi/items/53f0865398829bdebef1

    View full-size slide

  21. © ZOZO, Inc.
    21
    開発プロセスの整理と標準化
    ● ZOZOTOWNにおける既存開発プロセスを整理
    ● 標準的なプロセスとして統一してプロジェクト管理に使用
    ● 次の7つのプロセスに整理し標準化
    ○ 企画
    ○ 要求定義
    ○ 要件定義
    ○ 開発計画
    ○ 詳細設計・開発
    ○ QA
    ○ リリース

    View full-size slide

  22. © ZOZO, Inc.
    22
    開発プロセスの整理と標準化
    ● ZOZOTOWNにおける既存開発プロセスを整理
    ● 標準的なプロセスとして統一してプロジェクト管理に使用
    ● 次の7つのプロセスに整理し標準化
    ○ 企画
    ○ 要求定義
    ○ 要件定義
    ○ 開発計画
    ○ 詳細設計・開発
    ○ QA
    ○ リリース
    リードタイム計測の対象となるプロセス

    View full-size slide

  23. © ZOZO, Inc.
    23
    各プロセスの開始終了日の記録
    ● Jiraを用いた運用ルールを整備
    ○ 開発プロセスに相当するストーリーを作成
    ○ 各ストーリーに開始終了日時を記録
    ○ テンプレート作成・運用マニュアルの整備

    View full-size slide

  24. © ZOZO, Inc.
    24
    リードタイムの可視化
    ● Googleスプレッドシートを利用
    ● Jiraへの入力実績からリードタイムを可視化
    ● 案件ごとのリードタイムを各プロセス別に確認可能

    View full-size slide

  25. © ZOZO, Inc.
    25
    Findy Team+の活用
    ● Jiraによるリードタイム計測の仕組みと同時に活用
    ● コーディング、デリバリにフォーカスしたリードタイム計測と分析が可能
    引用: 開発生産性について議論する前に知っておきたいこと https://qiita.com/hirokidaichi/items/53f0865398829bdebef1

    View full-size slide

  26. © ZOZO, Inc.
    26
    仕組みの展開
    ● Jiraによるリードタイム計測の仕組みを組織に展開
    ● 計測対象とする案件・チームの範囲を広げながら展開し試験運用
    ● 小さく試しフィードバックを得て仕組みを改善
    引用: ZOZOエンジニア向け会社説明資料 https://speakerdeck.com/zozodevelopers/company-deck

    View full-size slide

  27. © ZOZO, Inc.
    27
    取り組みの現況
    ● Jiraによるリードタイム計測の仕組みを組織へ展開
    ○ ZOZOTOWN開発本部への展開途中(近日中に完了予定)
    ○ ZOZOTOWNで実施するプロジェクトについてリードタイムの計測が可能に
    ○ 計測で得られたリードタイムを指標の一つとして量の最大化する施策を立案・実行

    View full-size slide

  28. © ZOZO, Inc.
    28
    取り組みの現況
    ● Jiraによるリードタイム計測の仕組みを組織へ展開
    ○ ZOZOTOWN開発本部への展開途中(近日中に完了予定)
    ○ ZOZOTOWNで実施するプロジェクトについてリードタイムの計測が可能に
    ○ 計測で得られたリードタイムを指標の一つとして量の最大化する施策を立案・実行
    ● コーディング・デリバリにフォーカスした生産性改善の取り組み
    ○ Findy Team+の活用
    ○ 生成AIツールの活用

    View full-size slide

  29. © ZOZO, Inc.
    29
    Findy Team+の活用
    ● 社内の多くのチームがFindy Team+を利用可能
    ● 各開発チーム単位で活用
    ○ サイクルタイムによるリードタイムの把握と改善
    ○ チームコンディションによるチームメンバーのタスク消化状況把握
    ○ レビュー分析によるレビュー体制の改善など
    ● Findy Team+を活用するチームを増やす取り組み
    ○ Findyさんと協力し社内説明会を実施
    ○ 定期的な振り返り会でFindy Team+の効果的な使用方法をディスカッション

    View full-size slide

  30. © ZOZO, Inc.
    30
    生成AIツールの活用
    ● GitHub Copilotの全社導入
    GitHub Copilotの全社導入とその効果: https://techblog.zozo.com/entry/introducing_github_copilot

    View full-size slide

  31. © ZOZO, Inc.
    31
    まとめ
    ● ZOZOTOWNは開発生産性を向上させ「ユーザーに届ける価値を2倍」にすることを目標に置く
    ● 開発のリードタイム計測のためにJiraとFindy Team+を活用した仕組みを整備
    ● 取り組みの現況と展望について紹介

    View full-size slide