Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

GAS x スプレッドシート x Looker Studio を組み合わせたデバイス管理 / DeviceMangent with GAS, SpreadSheet, Looker Studio

howdy39
October 11, 2023

GAS x スプレッドシート x Looker Studio を組み合わせたデバイス管理 / DeviceMangent with GAS, SpreadSheet, Looker Studio

howdy39

October 11, 2023
Tweet

More Decks by howdy39

Other Decks in Programming

Transcript

  1. GAS x スプレッドシート x Looker Studio
    を組み合わせたデバイス管理
    STORES 株式会社
    中野 達也
    1

    View full-size slide

  2. STORES 株式会社
    IT本部マネージャー
    GAS歴は7年ぐらい
    GASを使って
    社内ツール作ったり、OSS作ったり、ブログ書いたり
    同人誌つくってたり、社内研修したりしてる人
    自己紹介
    中野 達也
    (@howdy39)
    2
    2

    View full-size slide

  3. お店のデジタル化を支援する、5つのプロダクト。
    ネットショップ開設・運営 お店のキャッシュレス オンライン予約システム
    POSレジ 店舗アプリ作成
    STORES PRODUCTS
    3
    3

    View full-size slide

  4. デバイス管理の全体像
    GAS で Jamf Pro API を使ってコンピュータ情報の一覧を取得
    デバイス情報を可視化する Looker Studio
    01
    02
    03
    目次
    4

    View full-size slide

  5. デバイス管理の全体像
    5

    View full-size slide

  6. デバイス管理の全体像 (macの場合)
    6
    6

    View full-size slide

  7. GAS で Jamf Pro API を使って
    コンピュータ情報の一覧を取得
    7

    View full-size slide

  8. 1. バックアップのため
    2. BIツールのデータソースにするため
    3. 自動処理の参照データにするため
    なぜコンピューター情報を取得するのか
    8
    8

    View full-size slide

  9. ● Jamf Proのインベントリのプリロード画面は
    チェックボックスを選択したあとに「データを削除」ボタン押すと全削除さ
    れる罠がある
    ○ →もしものときの復旧に使える
    ● 過去の情報が確実に追える
    ○ →誰に貸与していたかなど
    コンピューター情報を取得する理由 その1 - バックアップのため
    9
    9

    View full-size slide

  10. 参考)インベントリのプリロード画面
    10
    10

    View full-size slide

  11. コンピューター情報を取得する理由 その2 - BIツールのデータソースにするため
    11
    11
    Looker Studio はスプレッドシートをデータソースにして可視化が可能

    View full-size slide

  12. 補足)つまりスプレッドシートの書き込みは2回おこなっている
    12
    12

    View full-size slide

  13. コンピューター情報を取得する理由 その3 - 自動処理の参照データにするため
    13
    13
    不適切な状態のデバイスを使っているユーザーに対してメッセージを送る
    例)最終チェックイン日時が古い場合
    ● 私物PCを使っている?
    ● Jamf との接続が切れている?
    ● →貸与しているmacの起動が確認できないので再起動をお願いします!

    View full-size slide

  14. コンピュータ情報の一覧を取得するGASの手順
    14

    View full-size slide

  15. 事前にJamf Proの管理画面から認証情報を作成
    15
    15

    View full-size slide

  16. コンピュータ情報を取得してスプレッドシートを更新
    16
    16

    View full-size slide

  17. 参考)Zenn に書いてあるのでそちらを参照
    17
    17
    API ロールと API クライアントを使った Jamf Pro API の使い方入門
    https://zenn.dev/howdy39/articles/52e592d8146dd4

    View full-size slide

  18. デバイス情報を可視化する Looker Studio
    18

    View full-size slide

  19. なぜ Looker Studio(BIツール)を使うのか
    19
    19
    1. 施策決定や効果測定の材料にするため
    2. MDM 以外のデータと統合するため

    View full-size slide

  20. ● 購入年数から一定期間を過ぎた端末を把握
    → 来期のPC予算の計算に使う
    ● ソフトウェアバージョンが古くなっている利用者にアップデートを依頼
    → どれぐらい上がったかを可視化
    Looker Studio を使う理由 その1 - 施策決定や効果測定の材料にするため
    20
    20

    View full-size slide

  21. Looker Studio を使う理由 その2 - MDM 以外のデータと統合するため
    21
    21
    例えば人事DBと結合した場合
    ● 起動されていない端末があっても、休職だから問題ないことに気づける
    ● 退職者に紐づいている端末がある場合、回収漏れ or Jamf から消し忘れてい
    る事に気づける

    View full-size slide

  22. 本日の要点
    22
    22
    ● GAS x スプレッドシート x Looker Studio の組み合わせ は相性抜群
    ● 見れなくなったら困るデータはないか?
    →GAS x スプレッドシートでバックアップを取ろう
    ● 情シスとして見たいデータってなんだろう?
    →Looker Studio(BIツール) で可視化しよう!

    View full-size slide

  23. https://hrmos.co/pages/storesinc/jobs/0000079
    コーポレートエンジニア 絶賛採用中です!
    23
    23

    View full-size slide

  24. ご清聴ありがとうございました!
    24

    View full-size slide