Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AgileTechExpoサービスを創り出す作法

 AgileTechExpoサービスを創り出す作法

ソフトウェアサービス開発やプロダクト開発をできるだけ円滑に効率よく進めるための手法や技法はこの10〜20年ほどで大きく前進し、共有され、成熟して来ているのではないかと思います。一方で、ソフトウェア開発のプロセスは比較的スムーズに速やかに進んでるはずのに、そのサービスやプロダクトを自分たちで満足できる状態・結果にまで到達させる事は意外に難しく、このギャップを埋める事に苦労しているプロジェクトも多いのではないでしょうか。AgileTechExpoで行った本講演では、プロジェクトに関わるメンバー・リーダー・責任者・経営者の方を対象に、この「サービス開発プロセスの最適化と、プロジェクトや事業としての成功が必ずしも一致しないギャップ」にフォーカスしたお話をしました。

49d2208d5092ac4ea8764f6d34484e8b?s=128

Yoshihisa Hashimoto
PRO

January 23, 2021
Tweet

Transcript

  1. サービスを創り出す作法
 アジャイルやテックと併せて心得ておきたい大切なこと 
 2021.1.23
 株式会社時空テクノロジーズ
 代表取締役CEO 橋本 善久


  2. 自己紹介 ・学生時代 ・ゲーム開発者時代 ・セガ ・ソニック・ザ・ヘッジホッグの部署でプログラマ、企画、ゲームディレクターなど ・代表作 「ソニック・ワールドアドベンチャー」、「チャオ」他 ・スクエニ ・CTO、R&D部門長、技術ディレクター、映像作品プロデューサー兼ディレクター ・代表作 ゲームエンジン、「 FF14」再立ち上げ、「Agni’s

    Philosophy」(映像作品) ・「ゲーム開発プロジェクトマネジメント講座 」 ・スタートアップ経営者時代 ・時空テクノロジーズ 代表取締役CEO+もう一社経営 ・ビジネス系 B2B SaaS、生産性向上、新規事業コンサル、ハードウェア開発 ・CG系 VR/AR/アバター、バーチャルアイドル、ライブ演出、ゲーム開発、 CGチーム ・ライフイズテック 取締役CTO(現在は非常勤取締役) ・プログラミング教育の学習システム開発と教材開発  「ディズニー テクノロジア魔法学校」「ライフイズテック レッスン」 ・現在全国の中高へ教材導入が進んでいる  1千数百校導入/全国1万5千校、十数万ユーザー
  3. 自己紹介 ・学生時代 東京大学工学部  CGや機械など専攻 ・ゲーム開発者時代 1997-2014 ・セガ ・ソニック・ザ・ヘッジホッグの部署でプログラマ、企画、ゲームディレクターなど ・代表作 「ソニック・ワールドアドベンチャー」、「チャオ」他 ・スクエニ ・CTO、R&D部門長、技術ディレクター、映像作品プロデューサー兼ディレクター ・代表作 ゲームエンジン、「

    FF14」再立ち上げ、「Agni’s Philosophy」(映像作品) ・「ゲーム開発プロジェクトマネジメント講座 」 ・スタートアップ経営者時代  2014-現在 ・時空テクノロジーズ 代表取締役CEO+もう一社経営 ・ビジネス系 B2B SaaS、生産性向上、新規事業コンサル、ハードウェア開発 ・CG系 VR/AR/アバター、バーチャルアイドル、ライブ演出、ゲーム開発、 CGチーム ・ライフイズテック 取締役CTO(現在は非常勤取締役) ・プログラミング教育の学習システム開発と教材開発  「ディズニー テクノロジア魔法学校」「ライフイズテック レッスン」 ・現在全国の中高へ教材導入が進んでいる  1千数百校導入/全国1万5千校、十数万ユーザー
  4. ゲーム開発プロジェクトマネジメント講座

  5. None
  6. アバターでウェブ会議 vmeets ※α版

  7. None
  8. None
  9. ウルトラハイエンドアバターをお手軽に インタラクティブ・クラウド・ストリーミング・アバターシステム                            ※開発中 ※参考イメージ (C)Yinxuan Li Dezarmenien

  10. None
  11. None
  12. CGデータ制作チーム

  13. 将来は、本物と見紛うリアルなアバターや 大人数オンラインライブやバーチャルワールドなど だんだんとSFのような世界に近づいていく予定です

  14. にも関わらず

  15. 実はガチガチの生産性向上B2B SaaSこそが 時空テクノロジーズの最初の商品です

  16. ログミーツは、オンライン会議や対面打ち合わせの ロギング・閲覧・検索・編集・共有に加えて 海外言語の文字起こしや自動翻訳など コミュニケーションサポート機能も近日入ります 詳しくはLINE公式へどうぞ。 ログミーツの無料モニターの案 内や資料請求などもしていただ けます。

  17. これら一見関係ない アバターもウェブ会議もVRも文字起こしも 全部つながってまして

  18. None
  19. None
  20. 元々は中高生向けのIT教育キャンプの会社

  21. None
  22. • 中高生向けのプログラミング 学習システムと教材 • 現在全国の中高へ教材導入が 進んでいます • 全国1万5千校のうち千数百校で 採用済み、十数万ユーザー •

    「ディズニー テクノロジア魔法学 校」も中核の一人として開発 ライフイズテック レッスン
  23. 私の経験/スキルの範囲 ・大手企業~ベンチャー企業、社員視点~経営視点 ・一般型会社経営とスタートアップ型会社経営を7年 ・受託/協業開発、外部へ委託開発、コンサルティング、自社サービス開発 ・人員の採用、社内調達 ・多様な様式のソフトウェア開発経験 ・ゲーム、教育、VR/AR/アバター、機械学習、ライブ演出、B2B SaaS etc. ・数人~数百人、数か月~数年、数百万円~数十億円

    ・クリエイティブ、テクノロジー、サービス設計、マネジメント、経営、etc. ・マーケ、セールス、CS、法務、知財、資金調達(出資・融資)、etc. こういった経験からのお話をします
  24. 本日のお話 • どんなテーマにしようかなと考えたのですが ◦ 「アフターコロナ時代のリモートワークに最適化されたアジャイル開発」とか ◦ 「IoT・店舗・デジタル機材などソフトウェア以外も併せたアジャイル開発」とか ◦ 「プロジェクトマネジメント講座2021」とか •

    この後のセッションでエキスパートの皆様がアジャイルやその周辺テックをテーマに した素晴らしいお話を沢山してくださるはず • 私の時間枠では、アジャイル・テックに深く関わるテーマでありつつ、少し軸を変え たお話をしようと思います
  25. 本題に入る前に まずはサービス開発という行為について 簡単に振り返ってみます

  26. サービス開発の要所 1) 顧客やUXを踏まえてサービスのコンセプト・ビジネスモデルを定める 2) 最初はサービスの正解が全部は分からないので作りながら正解を探り当てる 3) 少しでも早く・安く・効率よく開発進行し、ゴールに辿り着けるようにする 4) サービス自体や開発工程の課題を素早く発見し速やかに対応できるようにする 5)

    メンバーのモチベーションやマインドを良好に維持し生産性を最大化する 6) 顧客やステークホルダーとの関係を良好に維持する 7) 人・資金・期間・材料・環境・パートナー企業などのリソースを適切に集めて管理する 8) マーケ・セールス・CS・その他含めた一気通貫のサービスにまとめあげる 9) etc.
  27. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する

  28. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO REVIEW

  29. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO REVIEW or SEE

    or CHECK
  30. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO REVIEW インセプションデッキ スコープ/ユーザーストーリー/フィーチャー

    タスク分解 見積もりポーカー/ストーリーポイント プロダクトバックログ/スプリント テスト駆動/CI/DevOps ペアプロ/コードレビュー リファクタリング 定例会議/日報 カンバン バーンダウンチャート
  31. タスク計画

  32. None
  33. None
  34. None
  35. None
  36. None
  37. None
  38. None
  39. None
  40. None
  41. None
  42. None
  43. None
  44. None
  45. None
  46. None
  47. None
  48. None
  49. None
  50. None
  51. None
  52. None
  53. None
  54. None
  55. None
  56. None
  57. None
  58. None
  59. None
  60. None
  61. None
  62. 開発プライオリティマトリクス

  63. 開発プライオリティマトリクス

  64. トレードオフスライダー

  65. トレードオフスライダー

  66. トレードオフスライダー

  67. トレードオフスライダー

  68. トレードオフスライダー

  69. タスク計画をまとめると

  70. None
  71. None
  72. None
  73. None
  74. None
  75. None
  76. None
  77. None
  78. None
  79. None
  80. タスク計画の考え方はシンプル

  81. こういう考えを深めていくと スクラムのエッセンスにも 自然と近づいていくわけです

  82. みなさんもいろいろな考え方で サービス開発をしていると思います

  83. アジャイルやスクラムは ノウハウ共有やツールも増え 程度の差こそあれど一般に浸透し 常識化・日常化していると思います

  84. だがしかし

  85. アジャイルに慣れてみたものの

  86. こんな悩みや疑問が残りませんか?

  87. 上手にアジャイルやってるつもりなんだけど サービスとして満足行く結果になってない気がする ※この悩みが無い場合は、あなたが居るのは  素晴らしいプロジェクト/チーム/企業ですのでおめでとうございます

  88. このサービスのコンセプトは合っているのだろうか

  89. このサービスのコンセプトは合っているのだろうか このサービスは今後PMFを迎えるのだろうか

  90. このサービスのコンセプトは合っているのだろうか このサービスは今後PMFを迎えるのだろうか このプロジェクトは長期に存続できるのだろうか

  91. このサービスのコンセプトは合っているのだろうか このサービスは今後PMFを迎えるのだろうか このプロジェクトは長期に存続できるのだろうか 自分はこのPJ/チーム/会社で働き続けるべきだろうか

  92. アジャイルやスクラムの取り組み方が いけないのだろうか?

  93. いいえ

  94. こういった悩みや不安や疑問は アジャイルやスクラムの取り扱い範囲の 外側から来ているのかもしれません

  95. サービス開発の要所 1) ビジネスやUXを踏まえてサービスのコンセプト・デザインを定める 2) 最初はサービスの正解が全部は分からないので作りながら正解を探り当てる 3) 少しでも早く・安く・効率よく開発進行し、ゴールに辿り着けるようにする 4) サービス自体や開発工程の課題を素早く発見し速やかに対応できるようにする 5)

    メンバーのモチベーションやマインドを良好に維持し生産性を最大化する 6) 顧客やステークホルダーとの関係を良好に維持する 7) 人・資金・期間・材料・環境・パートナー企業などのリソースを適切に集めて管理する 8) マーケ・セールス・CSその他含めた一気通貫のサービスにまとめあげる
  96. アジャイルで 扱いやすい 中間 アジャイルで 扱いにくい 1) ビジネスやUXを踏まえてサービスのコンセプトを定める 2) 最初はサービスの正解が全部は分からないので作りながら正解を探り当てる 3)

    少しでも早く・安く・効率よく開発進行し、ゴールに辿り着けるようにする 4) サービス自体や開発工程の課題を素早く発見し速やかに対応できるようにする 5) メンバーのモチベーションやマインドを良好に維持し生産性を最大化する 6) 顧客やステークホルダーとの関係を良好に維持する 7) 人・資金・期間・材料・環境・パートナー企業などのリソースを適切に集めて管理する 8) マーケ・セールス・CSなどを含めた一気通貫のサービスにまとめあげる サービス開発の要所
  97. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO CHECK

  98. 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO CHECK アジャイルで 扱いやすい アジャイルで

    扱いにくい サービス開発サイクル
  99. 赤や黄色はアジャイルのカバー範囲のちょっと外側 ※アジャイルと言う言葉の定義や解釈によりますので厳密性はご容赦

  100. サービス開発の要所 1) ビジネスやUXを踏まえてサービスのコンセプトを定める 2) 最初はサービスの正解が全部は分からないので作りながら正解を探り当てる 3) 少しでも早く・安く・効率よく開発進行し、ゴールに辿り着けるようにする 4) サービス自体や開発工程の課題を素早く発見し速やかに対応できるようにする 5)

    メンバーのモチベーションやマインドを良好に維持し生産性を最大化する 6) 顧客やステークホルダーとの関係を良好に維持する 7) 人・資金・期間・材料・環境・パートナー企業などのリソースを適切に集めて管理する 8) マーケ・セールス・CSなどを含めた一気通貫のサービスにまとめあげる
  101. サービス開発の要所 1) ビジネスやUXを踏まえてサービスのコンセプトを定める 2) 最初はサービスの正解が全部は分からないので作りながら正解を探り当てる 3) 少しでも早く・安く・効率よく開発進行し、ゴールに辿り着けるようにする 4) サービス自体や開発工程の課題を素早く発見し速やかに対応できるようにする 5)

    メンバーのモチベーションやマインドを良好に維持し生産性を最大化する 6) 顧客やステークホルダーとの関係を良好に維持する 7) 人・資金・期間・材料・環境・パートナー企業などのリソースを適切に集めて管理する 8) マーケ・セールス・CSなどを含めた一気通貫のサービスにまとめあげる
  102. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO REVIEW 調査・分析・戦略 &

  103. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO REVIEW インセプションデッキ スコープ/ユーザーストーリー/フィーチャー

    タスク分解 見積もりポーカー/ストーリーポイント プロダクトバックログ/スプリント テスト駆動/CI/DevOps ペアプロ/コードレビュー リファクタリング 定例会議/日報 カンバン バーンダウンチャート 調査・分析・戦略 &
  104. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO REVIEW コンセプトメイキング カスタマーエピソード

    インセプションデッキ スコープ/ユーザーストーリー/フィーチャー ワイヤーフレーム/製品スペック STP/3C/4P/4C/PEST/SWOT ペルソナ/インサイト/カスタマージャーニー ビジネスモデル/リーンキャンバス AIDMA/AISAS/SIPS 価格体系/コスト/バリューチェーン/流通 プロモーション/資本政策 etc.. タスク分解/工数見積もり 見積もりポーカー/ストーリーポイント プロダクトバックログ/スプリント 開発プライオリティマトリクス トレードオフスライダー MVP 人員計画/採用計画/外注計画 費用見積もり 事業計画 etc. ラピッドプロトタイピング テスト駆動/CI/DevOps ペアプロ/コードレビュー リファクタリング etc. 【進捗評価】 定例会議/日報 カンバン バーンダウンチャート 【製品評価】 ユーザーテスト/インタビュー ユーザー解析/データ解析/CRM ショーン・エリステスト/NPS ARRRR/ARRRA PSF/PMF/PCF ステークホルダー プロジェクト承認会議/審議会 ピッチ etc. 調査・分析・戦略 & スタートアップ系や マーケティング系の要素も追加
  105. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO REVIEW コンセプトメイキング カスタマーエピソード

    インセプションデッキ スコープ/ユーザーストーリー/フィーチャー ワイヤーフレーム/製品スペック STP/3C/4P/4C/PEST/SWOT ペルソナ/インサイト/カスタマージャーニー ビジネスモデル/リーンキャンバス AIDMA/AISAS/SIPS 価格体系/コスト/バリューチェーン/流通 プロモーション/資本政策 etc.. タスク分解/工数見積もり 見積もりポーカー/ストーリーポイント プロダクトバックログ/スプリント 開発プライオリティマトリクス トレードオフスライダー MVP 人員計画/採用計画/外注計画 費用見積もり 事業計画 etc. ラピッドプロトタイピング テスト駆動/CI/DevOps ペアプロ/コードレビュー リファクタリング etc. 【進捗評価】 定例会議/日報 カンバン バーンダウンチャート 【製品評価】 ユーザーテスト/インタビュー ユーザー解析/データ解析/CRM ショーン・エリステスト/NPS ARRRR/ARRRA PSF/PMF/PCF ステークホルダー プロジェクト承認会議/審議会 ピッチ etc. 調査・分析・戦略 &
  106. 赤文字のテーマ関連を掘り下げます

  107. 長い前振りでしたが

  108. サービスを創り出すためには アジャイルのちょっと外側も 併せて意識する方が良いよ、 というお話を本日はします

  109. サービスを創り出す作法
 アジャイルやテックと併せて心得ておきたい大切なこと 


  110. 赤文字のテーマ関連を掘り下げます

  111. テーマの抽出 コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダー リソースマネジメント 一気通貫 財務・資本政策

    決済/プロジェクト承認
  112. テーマの拡張 コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダー リソースマネジメント 一気通貫 財務・資本政策

    短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) 意思決定の自由度 スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業
  113. 本日のテーマ コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダーの種類と影響度 リソースマネジメント 一気通貫 財務・資本政策

    短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) 意思決定の自由度 スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業 テーマ1 テーマ2 テーマ3
  114. 本日のテーマ コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダーの種類と影響度 リソースマネジメント 一気通貫 財務・資本政策

    短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) 意思決定の自由度 スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業 テーマ1 テーマ2 テーマ3 これらがグラグラだとサービス開発は難航しやすい
  115. 意思決定の自由度 本日のテーマ コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダーの種類と影響度 リソースマネジメント 一気通貫

    財務・資本政策 短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業 テーマ1 テーマ2 テーマ3
  116. コンセプトメイキング

  117. コンセプトとは何でしょう

  118. 異なるコンセプト

  119. 異なるコンセプト

  120. 異なるコンセプト

  121. 異なるコンセプト どちらも正義

  122. 異なるコンセプト どちらも正義 ※極端に振り切るという意味で正義と表現してい るのではありません。「貫いているかどうか」という 意味で正義と表現しています。例えば「バランス」 「中庸」もそれを貫いていれば正義です。

  123. コンセプトは その商品・作品・サービスの 存在意義、フィーリング、機能、 デザイン、品質、価格、販売戦略 全てに影響を与える 最も重要な存在の一つ

  124. その商品・作品・サービスの命である コンセプトをつくるのが 「コンセプトメイキング」

  125. コンセプトメイキングとは 「何を守り抜くのか」を 決めること

  126. コンセプトメイキングにおいて 重要なプロセスがいくつかありますが 本日はひとつピックアップします それが カスタマーエピソード です

  127. 顧客 Customer

  128. 顧客 Customer 課題 Problem

  129. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution

  130. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 商品・サービス Product

  131. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action Information 商品・サービス Product
  132. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information 商品・サービス Product
  133. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information 商品・サービス Product これ大事
  134. カスタマーエピソード 無理に言葉を圧縮せずに 情景や感情が浮かぶ 生きた言葉のストーリーで ユーザーに起きる出来事を表現

  135. カスタマーエピソード 無理に言葉を圧縮せずに 情景や感情が浮かぶ 生きた言葉のストーリーで ユーザーに起きる出来事を表現 ※カスタマージャーニーとは全く異なります

  136. 「美しい夜景」

  137. 「美しい夜景」 「5年付き合った彼女へ、深く緊張しながらの プロポーズをあの夜景の前で行った。 その時のとっておきのロマンチックな眺めと 僕らの笑顔は、僕たちがおじいさんおばあさんに なった今も鮮明に思い浮かべ、 語り合うことができる。 あの時の気持ちは今も変わらない。」

  138. 「XXdbの優れた遮音性能」

  139. 「XXdbの優れた遮音性能」 「ぐっすり眠った赤ちゃんの寝息が聞こえ、 リラックスしたお母さんも うたた寝してしまう静かな車内。 脇で運転しているお父さんは そっと家族の様子を見て幸せな気分。」

  140. 例えば、メルカリの カスタマーエピソード

  141. 例えば、VR旅行体験の カスタマーエピソード

  142. キャッチコピーと カスタマーエピソードは別物

  143. ワンワード、ワンフレーズに 無理に圧縮しない

  144. きれいな短い言葉にまとめたつもりで 自己満足するのはNGです それは重要で繊細な情報を 不可逆圧縮する行為です

  145. 見たこと聞いたこともないような 魔法のフレーズを作る必要もない

  146. 情景や感情が浮かぶ 他愛ない 生きた言葉のストーリーを

  147. 早く見たい 早く見せたい

  148. 考えている自分たちが ワクワクしてしょうがないかどうか ニヤニヤが止まらないかどうか それを聞いた人に感染するかどうか それが基準です

  149. 守り抜きたいエピソード 見てみたいエピソードは何ですか

  150. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information 商品・サービス Product
  151. 意思決定の自由度 本日のテーマ コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダーの種類と影響度 リソースマネジメント 一気通貫

    財務・資本政策 短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業 テーマ1 テーマ2 テーマ3
  152. 本日のテーマ コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダーの種類と影響度 リソースマネジメント 一気通貫 財務・資本政策

    短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) 意思決定の自由度 スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業 テーマ1 テーマ2 テーマ3
  153. PMF(Procuct Market Fit) これがサービス開発の全て お客さんはその商品が必要でしょうがないのか 明日から無くなったら困るようなものか

  154. 顧客 Customer

  155. 顧客 Customer 課題 Problem

  156. 顧客 Customer 課題 Problem Customer Problem Fit

  157. 顧客 Customer 課題 Problem Customer Problem Fit お客さんは本当に解決したい 重要な課題として抱えているのか?

  158. 顧客 Customer 課題 Problem

  159. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution

  160. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution Problem Solution Fit

  161. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution Problem Solution Fit お客さんにとって

    その課題を解決する方法に なっているのか?
  162. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution

  163. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 商品・サービス Product

  164. 企業の活動 作る 企画・開発・製造 売る・届ける マーケ・営業・店舗 ・ロジスティクス 運営する 運営・CS チームを作る 採用・育成・チームビルディング・報酬・評価・制度・労務

    働く環境を作る 総務・IT お金をまわす 資金調達・財務・会計・経理 カ ル チ ャI ブ ラ ン デ ィ ン グ ミ ッ シ ョ ン ・ ビ ジ ョ ン 経営 改善する データ分析・KPI 法律・権利・ルールを管理 法務・知財・認証
  165. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 商品・サービス Product

  166. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 商品・サービス Product Price Logistics

    Branding Marketing Sales CS etc.
  167. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 商品・サービス Product Price Logistics

    Branding Marketing Sales CS etc. なにもかもをひっくるめて ひとつの商品
  168. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 商品・サービス Product Price Logistics

    Branding Marketing Sales CS etc. Solution Product Fit
  169. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 商品・サービス Product Price Logistics

    Branding Marketing Sales CS etc. Solution Product Fit その解決策は本当に実現可能なのか? 商品化できるのか?
  170. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 商品・サービス Product Price Logistics

    Branding Marketing Sales CS etc.
  171. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc.
  172. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc.
  173. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. カスタマーエピソードもなにもかもを ひっくるめて顧客体験
  174. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. Product Market Fit
  175. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. Product Market Fit その商品は、お客さんにとって欠かせないものになっているのか? 明日無くなったら困るものなのか?
  176. PMF(Procuct Market Fit) これがサービス開発の全て お客さんはその商品が必要でしょうがないのか 明日から無くなったら困るようなものか

  177. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. Product Market Fit
  178. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc.
  179. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. Founder
  180. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. Founder Founder Problem Fit
  181. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. Founder Founder Problem Fit 創業者またはプロダクトオーナーが その課題に精通している場合、各 Fitを達成させやすい
  182. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. Founder
  183. 本日のテーマ コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダーの種類と影響度 リソースマネジメント 一気通貫 財務・資本政策

    短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) 意思決定の自由度 スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業 テーマ1 テーマ2 テーマ3
  184. 本日のテーマ コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダーの種類と影響度 リソースマネジメント 一気通貫 財務・資本政策

    短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) 意思決定の自由度 スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業 テーマ1 テーマ2 テーマ3
  185. まとめ

  186. サービス開発の要所 1) 顧客やUXを踏まえてサービスのコンセプト・ビジネスモデルを定める 2) 最初はサービスの正解が全部は分からないので作りながら正解を探り当てる 3) 少しでも早く・安く・効率よく開発進行し、ゴールに辿り着けるようにする 4) サービス自体や開発工程の課題を素早く発見し速やかに対応できるようにする 5)

    メンバーのモチベーションやマインドを良好に維持し生産性を最大化する 6) 顧客やステークホルダーとの関係を良好に維持する 7) 人・資金・期間・材料・環境・パートナー企業などのリソースを適切に集めて管理する 8) マーケ・セールス・CS・その他含めた一気通貫のサービスにまとめあげる 9) etc.
  187. サービス開発サイクル 設計する 計画する 作る 評価する PLAN DO REVIEW インセプションデッキ スコープ/ユーザーストーリー/フィーチャー

    タスク分解 見積もりポーカー/ストーリーポイント プロダクトバックログ/スプリント テスト駆動/CI/DevOps ペアプロ/コードレビュー リファクタリング 定例会議/日報 カンバン バーンダウンチャート
  188. None
  189. 上手にアジャイルやってるつもりなんだけど サービスとして満足行く結果になってない気がする

  190. このサービスのコンセプトは合っているのだろうか このサービスは今後PMFを迎えるのだろうか このプロジェクトは長期に存続できるのだろうか 自分はこのPJ/チーム/会社で働き続けるべきだろうか

  191. 赤や黄色はアジャイルのカバー範囲のちょっと外側 ※アジャイルと言う言葉の定義や解釈によりますので厳密性はご容赦

  192. 赤文字のテーマ関連を掘り下げました

  193. 本日のテーマ コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダーの種類と影響度 リソースマネジメント 一気通貫 財務・資本政策

    短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) 意思決定の自由度 スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業 テーマ1 テーマ2 テーマ3 これらがグラグラだとサービス開発は難航しやすい
  194. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information 商品・サービス Product
  195. 無理に言葉を圧縮せずに 情景や感情が浮かぶ 生きた言葉のストーリーで ユーザーに起きる出来事を表現

  196. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. Product Market Fit
  197. 顧客 Customer 課題 Problem 解決策 Solution 感情 Emotion 情報 行動

    Action 結果起きる事 Customer Episode Information ユーザー体験/顧客体験 User Experience/Customer Experience 商品・サービス Product Price Logistics Branding Marketing Sales CS etc. Founder Founder Problem Fit
  198. 本日のテーマ コンセプトメイキング カスタマーエピソード PMF(Product Market Fit) ステークホルダーの種類と影響度 リソースマネジメント 一気通貫 財務・資本政策

    短期でぐうの音も出ない結果or PCF(Project Company Fit) 決済/プロジェクト承認 FPF(Founder Problem Fit) 意思決定の自由度 スタートアップvs大企業 ブラックボックスを作らない 細かくすべてをやりきる覚悟 起業vs社内新規事業 テーマ1 テーマ2 テーマ3
  199. このサービスのコンセプトは合っているのだろうか このサービスは今後PMFを迎えるのだろうか このプロジェクトは長期に存続できるのだろうか 自分はこのPJ/チーム/会社で働き続けるべきだろうか

  200. 良きサービス開発ライフを