Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Steepで使えるコマンドを見てみよう

4a0e3afe85259f2973dbc9386b6a4bb3?s=47 ikuma-t
February 03, 2022

 Steepで使えるコマンドを見てみよう

omotesando.rb#71の登壇資料です

4a0e3afe85259f2973dbc9386b6a4bb3?s=128

ikuma-t

February 03, 2022
Tweet

More Decks by ikuma-t

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Steep で使えるコマンドを見てみよう! Omotesando.rb#71 @ikuma-t

  2. Self Introduction 🗣 名前 - ikuma-t 🐤 Twitter - @ikumatdkr

    😸 GitHub - IkumaTadokoro ✍️ Blog - セットプチフォッカ FJORD BOOT CAMP ってところでエンジニア目指して勉強しています 最近はじめてのGem をつくりました:jp_local_gov 趣味は作曲家めぐり・ツール漁り・アニメ鑑賞・ドット絵 自己紹介
  3. みなさん、RBS 書いてますか? 自分はあんまり書いていない

  4. RBS といえばSteep

  5. 型書いて、steep check して終わり

  6. Steep には steep check 以外にも 使用できるコマンドがある

  7. Steep には steep check 以外にも使用できるコマンドがある コマンド 概要 init Steepfile を作成する

    check 静的チェックを実行する validate 型定義自体の文法チェックを実行する project Steepfile に基づいて対象プロジェクトの構造を表示する stats お型付け具合をチェックする watch リアルタイムで変更をキャッチして、静的チェックを実行できる langserver LSP を起動する annotations インラインアノテーションの一覧を表示する
  8. Steep で使えるコマンドを見てみよう! 検証はSteep 0.47.0 で行っています

  9. steep project Steepfile で定義されているプロジェクトを出力する 1 $ steep project 2 3

    Target: 4 lib: 5 sources: 6 patterns: 7 - lib 8 ignores: 9 files: 10 - lib/jp_local_gov/base.rb 11 ... 12 signatures: 13 patterns: 14 - sig 15 files: 16 - sig/jp_local_gov/base.rbs 17 ... 18 libraries: 19 library dirs: 20 - core: ...
  10. steep validate 型定義の文法的誤りをチェックできる ソース 1 def hoge?(word) 2 word.size ==

    1 3 end RBS def hoge?: (String word) >- bool 実行結果 1 $ steep validate 2 sig/jp_local_gov.rbs:28:27: [error] sig/jp_local_gov.rbs:28:27...28:28: Syntax error: 3 │ Diagnostic ID: RBS::SyntaxError 4 │ 5 └ def hoge?: (String word) >- bool 6 ~
  11. steep stats 型付けの統計情報を確認することができる 1 $ steep stats --format={csv | table}

    で出力形式を切り替えることができる(デフォルトはSTDOUT.tty? に則る) 小規模なGem ですら100% にすることはできなかったのだ… Refs: https://github.com/soutaro/steep/pull/360 2 3 # Calculating stats: 4 5 Target File Status Typed calls Untyped calls All calls Typed % 6 -------------------------------------------------------------------------------------------------- 7 lib lib/jp_local_gov.rb success 69 5 74 93% 8 lib lib/jp_local_gov/base.rb success 4 0 4 100% 9 lib lib/jp_local_gov/local_gov.rb success 8 0 8 100% 10 lib lib/jp_local_gov/random.rb success 16 4 20 80% 11 lib lib/jp_local_gov/version.rb success 0 0 0 100% ` `
  12. 折り返し:steep check はTea が出る steep check を実行した際にエラーがなければ、Tea 「🫖」が出る 5 No

    type error detected. 🫖 実は出てくるのは「🫖」だけではなくて、ほかの絵文字(全4 種)が出ることもある。 残りの絵文字はだいたい10% くらいの確率で出るので試してみては? 1 # Type checking files: 2 3 ...................................................................... 4
  13. steep annotations インラインアノテーションの使用箇所を一覧することができる RBS 1 # @type var hoge: String

    2 hoge = "hoge" steep annotations の実行 1 $ steep annotations 2 lib/jp_local_gov/random.rb:18:4:def: def sample_data 3 @type var hoge: String Refs: https://github.com/soutaro/steep/blob/master/manual/annotations.md ` `
  14. steep watch webpack のwatch モードみたいなもの(公式談) ソースの変更時に静的チェックをリアルタイムで実行してくれる RBS 側はコマンドを実行した時点での情報を参照している模様 Refs: https://github.com/soutaro/steep/pull/77

    1 # 監視対象のディレクトリを指定して起動 2 steep watch lib 3 👀 Watching directories, Ctrl-C to stop. # 監視状態になる 4 🔬 Type checking updated files... # ソース側が変更されると、自動でチェックが行われる 5 lib/jp_local_gov.rb:81:6: [error] Cannot allow method body have type `::Integer` because declared as type `::Array 6 │ ::Integer <: ::Array[::String] 7 │ ::Numeric <: ::Array[::String] 8 │ ::Object <: ::Array[::String] 9 │ ::BasicObject <: ::Array[::String] 10 │ 11 │ Diagnostic ID: Ruby::MethodBodyTypeMismatch 12 │ 13 └ def prefecture_code_list 14 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 15 🔬 Type checking updated files...
  15. steep langserver LSP… なんですが、ごめんなさい、RubyMine で実証できませんでした🙏 Refs: https://github.com/soutaro/steep/pull/79 一応ここのPR のコメントでRubyMine での実行方法も書いてあるけどうまくいかない…

  16. まとめ Steep にはあんまり知られていないけど、いろんなコマンドがある! Steep をどんどん使って、Ruby での型定義を活発にしていこう!(私はAST を頑 張って勉強します… )