detached HEADを理解して脱Git初心者を目指す方のためのGit入門勉強会 @サポーターズCoLab

detached HEADを理解して脱Git初心者を目指す方のためのGit入門勉強会 @サポーターズCoLab

ソースコード管理システムの定番となったGit。
初心者が覚える基本的なGitの概念のうち、最初のハードルの1つと言えるのがbranchです。
特に作業中 "detached HEAD" という文字列が現れて慌ててしまった経験はどなたにもあるかと思われます。
実はdetached HEADを正しく理解できれば、ブランチに縛られない自由な開発ができるようになります。
またそのためにはbranchとHEADの正しい理解が不可欠です。
独学やネットからの情報からでは誤った理解をしてしまうこともあるため、今一度branchとHEADの真の姿を解説した上で、detached HEADとは何かをやさしく紐解きます。

1a74617b91d2757b839b9cf3614648ce?s=128

Tomohiro Imaizumi

February 06, 2018
Tweet

Transcript

  1. 2.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  2. 3.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  3. 4.

    自己紹介 今泉智博 (@imaizume ) 株式会社 in iOS版の開発を担当 よく使うコマンドはrebase -i &

    add -p 今年はノーラーメン&COMPで-5kgを達成 2/20に学生向けLT会出ます(&もあるよ❗) (https://mixi-recruit.snar.jp/jobboard/detail.aspx?id=fuEGYRyWOsM)
  4. 5.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  5. 18.
  6. 19.
  7. 28.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  8. 31.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  9. 32.

    基礎的なGitコマンド ⭐git init ⭐git status ⭐git add git commit [-m]

    git checkout [-b] git branch 今日の講義でよく使います‼
  10. 33.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  11. 35.

    よくあるbranchの説明 001 002 master > git init && git commit

    > git commit 003 > git branch dev && git checkout dev > git commit dev 004 > git checkout master 005 > git commit > git checkout dev > git commit branch is コレ
  12. 37.

    分岐前の部分 001 002 master 003 dev 004 005 branch is

    … アレ ❓ 分岐前の部分を 図的に入れ替えてみた (履歴は前の図と同じ)
  13. 38.

    同一commitで複数branch作成 001 master dev > git checkout master > git

    checkout -b dev > git checkout -b test > git checkout -b feature feature test branch is ドレ❓
  14. 39.

    マージした/されたブランチ 001 002 master 003 004 005 > git merge

    dev dev > git checkout master 006 master branch is コレ❓
  15. 45.

    git branch の正体 ⭐ さらにざっくり言えば 「branch = commitの別名」 (⾠コマンドの実行結果は異なるので注意) よくある勘違いの原因

    「branch ≠ コミット群」
 左の例では • master は004を指すポインタ • devは 005を指すポインタ 001 002 master 003 dev 004 005 ここを詳しく深掘り
  16. 46.

    branchへcommitを積んだ時のgit内部の動き master 001 002 > git checkout master (操作対象をmasterに切り替え) >

    git commit -m “fix bugs” (masterが指しているcommit 001に新しいcommitを積むよ) (新しいcommit 002を作るね、親は001だよ) > [master 002] fix bugs (masterの指す先を002に更新するよ) ポイント branchが指すcommitは 自動で更新される
  17. 47.

    commitへcommitを積んだ時のgit内部の動き 002 001 > git checkout 001 (操作対象を001に切り替え) > git

    commit -m “fix bugs” (commit 001に新しいcommitを積むよ) (新しいcommit 002を作るね、親は001だよ) > [HEAD 002] fix bugs (操作対象を002に更新するよ) ポイント branchが指すcommitは 自動で更新されない ❌ ※同じIDのbranchとcommitへの操作結果 コードの状態は同じ git上の状態は異なる master
  18. 49.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  19. 54.

    git HEAD の正体 ⭐ HEAD=「自分が今見ている commit/branchを指すポインタ」 ⭐ gitでは特殊な存在 左の例では •

    HEADはmasterを指す • masterはcommit 004を指す • devはcommit 005を指す 001 002 master 003 dev 004 005 (HEADのN commit前を ”HEAD~N” のように表現) HEAD
  20. 55.

    改めてgit commitで起きること > git checkout master [NEW] (操作対象HEADをmasterに切り替え) > git

    commit -m “fix bugs” (masterが指しているcommit 001に新しいcommitを積むよ) (新しいcommit 002を作るね、親は001だよ) > [master 002] fix bugs (masterの指す先を002に更新するよ) [NEW] (HEADが指している先はmasterだな) master 001 002 HEAD [NEW] (HEADが指している先は変えないよ) commitを含む 全てのgitコマンドは HEADを通じて実行されている
  21. 57.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  22. 62.

    あっさりすぎるので一応補足 • branchをcheckoutしている間はdetached HEADしない • commitをcheckout (or rebase途中等)でdetached HEADする •

    detached ➡ attached へ戻りたければ 1.ブランチをcheckoutする (e.g. git checkout master) 2.その場でブランチ作る (e.g. git checkout -b new-branch) 001 HEAD ➖detached HEAD master 001 HEAD ➕attached HEAD
  23. 64.

    imaizume@mac ~/dots (master) $ git checkout HEAD~1 Note: checking out

    'HEAD~1'. You are in 'detached HEAD' state. You can look around, make experimental changes and commit them, and you can discard any commits you make in this state without impacting any branches by performing another checkout. If you want to create a new branch to retain commits you create, you may do so (now or later) by using -b with the checkout command again. Example: git checkout -b <new-branch-name> HEAD is now at 8952c2c... Update Readme imaizume@mac ~/dots (cdc8446) $ cd .git imaizume@mac ~/dots/.git (cdc8446) $ ls -a . COMMIT_EDITMSG HEAD branches description index logs packed-refs tags.lock .. FETCH_HEAD ORIG_HEAD config hooks info objects refs imaizume@mac ~/dots/.git (cdc8446) $ cat HEAD cdc84468952c2cb2c8cebe819cbea64f0654eae4 imaizume@mac ~/dots/.git (cdc8446) $ cat refs/heads/master 40f1d950027fd7d2efbba17576402610adf1e6cc commit を checkout した状態 (detached HEAD) HEAD =/=> master
  24. 65.

    imaizume@mac ~/dots (master) $ git checkout master Already on 'master'

    Your branch is up-to-date with 'origin/master'. imaizume@mac ~/dots (master) $ cd .git imaizume@mac ~/dots/.git (master) $ ls -a . COMMIT_EDITMSG HEAD branches description index logs packed-refs tags.lock .. FETCH_HEAD ORIG_HEAD config hooks info objects refs imaizume@mac ~/dots/.git (master) $ cat HEAD ref: refs/heads/master imaizume@mac ~/dots/.git (master) $ cat refs/heads/master 027fd7d2efbba17576402610adf1e6cc40f1d950 branch を checkout した状態 (attached HEAD) HEAD => master 内部構造をもっと詳しく知りたい方は ”Pro Git 第10章”をご参照ください
  25. 66.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  26. 67.

    事例1: 差分の影響を調べる • HEADでバグが発生 • ちょっと(1commit)前に戻りたい • 問題なかったら元のcommit (branch)へ戻りたい •

    よってgit resetするのは嫌 • 直前のコミットをcheckout(してビルド)する • 一時的にdetached HEAD状態になる • 手軽に差分の影響を調べられる C1 a C2 C1 a C2 HEAD HEAD 少し前に戻って 状態を再現したい
  27. 68.

    事例2: branchの再作成 • 作業中誤ってブランチ(a)を消してしまった‼ • 既に違うブランチ(b)に移動済み • しかもgithubにもpushしていない… • お助けコマンド:

    git reflog • HEADが指していたcommitの履歴を表示 • 一旦HEADをdetach • C2へ移動後にbranch再作成!! b C3 C2 a C1 HEAD C3 C2 C1 b C2に戻りたい!
  28. 69.

    事例3: ブランチの強制移動 • 今のブランチ(a)を一旦破棄したい • その際既存ブランチ(b)にそのまま(a)を移動したい • git branch -f

    を使う • 強制的にブランチをHEADへポイント • リモートへpush済みの場合conflictに注意 • 「ブランチ=ポインタ」の構造を知っていれば簡単 • 再びC2に戻りたい時は事例2の手順でOK C1 a b C3 C2 C1 a C3 C2 b C2を破棄して bに合わせたい! HEAD
  29. 70.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  30. 71.

    本日のまとめ branch = commitを指すポインタ HEAD = 自分が見ている commit/branchを指すポインタ detached HEAD

    = HEADがbranchを指していない状態 detached HEADは怖くない! branchから解放されてcommitを自由に飛び回ろう
  31. 72.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  32. 73.

    関連記事/参考資料 jonas/tig simonwhitaker/gibo peco と alias -g で git に便利革命おきた

    - Qiita detached HEAD から脱出する方法を git の 内部構造から探る - Qiita Pro Git
  33. 76.

    INDEX 自己紹介 プロローグ 本日のゴール Git の基礎コマンド復習 Git branch を理解しよう Git

    HEAD を理解しよう Detached HEAD を理解しよう 事例紹介 & 演習時間 本日のまとめ 参考リンク & お知らせ 質問コーナー
  34. 77.

    当日頂いた質問と回答 (1) Q: branch ではなくcommitにcommitを積む場面はあるのか❓ A: 正直あまりないです(解説したのにすみません…) HEADの少し手前から試行錯誤で別のcommit系列を積んで 確信が得られたらブランチにするとかはあるかもしれません。 Q:

    gitを上達したいです❗…がどうすればよいですか A: 自分の経験では以下の3つを意識すると良いかもです。 1. 何よりも実務/プロジェクトで触る (必要性があると覚える) 2. コマンドを覚えたらオプションも調べましょう (結構有益) 3. 近くにgitのメンターを(直接対面で聞いた方が良いことも多い)
  35. 78.

    当日頂いた質問と回答 (2) Q: gitのコミットはファイルを保存しているの入っていない❓ A: gitが管理しているのは「差分だけ」です。 内部的に差分はcommit単位で.git/objects以下に保存されます。 gitコマンドを叩くと裏では.git/objectsから 差分情報を読み出したり保存したりしているのです。 Q:”fix

    bugs” というコメントはなぜダメなのでしょうか❓ A: 読み手に親切な表現ではないのです。 コミットメッセージは他人(or 未来の自分)が読んで 差分を見ずに変更の概要を把握できるべきです。 なので「具体性のあるメッセージが望ましい」という意味でした
  36. 80.