Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CircleCI の闇

CircleCI の闇

第1回CircleCI ユーザーコミュニティミートアップ (https://circleci.connpass.com/event/115193/) での LT 発表資料です。ABEJA における CircleCI 活用事例(闇)について話しました。

4102ada9d9eee5a4a299937da214d051?s=128

Takanori Ishikawa

January 30, 2019
Tweet

Transcript

  1. Takanori Ishikawa ABEJA, inc CircleCI の闇

  2. ABEJA? 2

  3. 3

  4. 4

  5. CircleCI 便利ですよね? 5

  6. 733 projects 6

  7. 7 いろいろ⾃動化 • テスト • コード解析 • ビルドとデプロイ • ドキュメントの更新

    • SDK の⾃動⽣成
  8. 180 - 230 h / month 8

  9. 1⽇あたり 9h - 12.5h 9

  10. 働きすぎ 10

  11. このように 11

  12. 便利な CircleCI ですが 12

  13. 13 やりすぎると⼤変なことになる

  14. 14

  15. AMI や Docker Image のビルドにまで⼿を出してしまった 15

  16. 16 さまざまなパラメーター • OS distribution • CPU Architecture • Instance

    Type • Framework • Python version •
  17. 17 ⼤量の環境変数

  18. ⼤作 YAML 18

  19. ⼤作 YAML 19

  20. ⼤作 YAML 20

  21. ⼤作 YAML 21

  22. 終わらないビルド 22

  23. 最⻑記録: 6 時間 23

  24. その結果 24

  25. 25

  26. 26

  27. ⼤渋滞 27

  28. ご利⽤は計画的に 28

  29. ⼩ネタ集 時間があまったときのために… 29

  30. 30 ⼩ネタ集 (1) • approve 気づかない問題 • キャッシュに冗⻑性をもたせるための YAML の設定が冗⻑

    • マイクロサービスだと似てるけど微妙に違う YAML が量産される • 何でもできるけど⾃由すぎて、オレオレ実装になるのが嫌 • Orbs に期待 • circleci コマンドでキャッシュもワークフローも動かない • docker image の pull に失敗してもリトライしてくれない
  31. 31 ⼩ネタ集 (2) • Context が Admin 以外⾒れない • Context

    が効かないときがある(あった?) • 環境変数はブラウザで⾒れないけど、ReRun with SSH で環境変数⾒れる • API で出来ることがあまり多くない • コミットに “skip ci” が混じっていて動かない
  32. 32 We’re Hiring!

  33. 適度に⾃動化したい⼈を募集中 33

  34. ありがとうございました 34