「サ変動詞+名詞」の複合名詞への換言

 「サ変動詞+名詞」の複合名詞への換言

大橋 一輝, 山本 和英. 「サ変動詞+名詞」の複合名詞への換言. 言語処理学会第10回年次大会, pp.693-696 (2004.3)

Transcript

  1. 1 「サ変動詞 + 名詞」の 複合名詞への換言 大橋 一輝 山本 和英 長岡技術科学大学

    http://nlp.nagaokaut.ac.jp/
  2. 2 やりたいこと • 「サ変動詞 + 名詞」→「サ変名詞 + 名詞」 入力 )

    ガンを治療する施設は存在しなかった。 → ガンの治療施設は存在しなかった。 • 字幕にするための要約 • より堅い表現に
  3. 3 換言例 入力)被害者対策を適切に推進する体制 → 被害者対策の適切な推進体制 入力)来春をメドに清洲工場を閉鎖する方針を決めた。 → 来春をメドとする清洲工場の閉鎖方針を決めた。 入力)ホームページにハッカーが侵入する事件が相次いでいる。 →

    ホームページへのハッカーによる侵入事件が相次いでいる。
  4. 4 問題の範囲 • 「する」が活用した形は考慮しない 入力)雇用調整を実施した企業の割合 → 雇用調整の実施企業の割合 • 「サ変動詞 +

    形式名詞」は考慮しない 入力)乳製品から撤退することを明らかにした。 → 乳製品からの撤退を明らかにした。
  5. 5 換言の流れ 入力 ) 絵画を募集する記事を載せた。 → 絵画を募集記事を載せた。(複合名詞に換言) → 絵画の募集記事を載せた。(連体形に変換 )

    問題点  換言によってできる複合名詞は妥当か  連用形を連体形に変換できるか
  6. 6 複合名詞の妥当性 指導する者 → 指導者 指導する人 → * 指導人 •

    どちらも意味は理解できる • 通常使わない複合名詞は不自然 コーパスに存在する複合名詞のみを妥当とする 存在しなければ換言対象としない
  7. 7 連用形を連体形に (1/3) • サ変動詞にかかる文節を連体形へ変換 例)格助詞を「の」に置換 入力)有識者が共同研究するプロジェクトが始まる。 → 有識者の共同研究プロジェクトが始まる。 例)規則的に連体形へと変換

    入力)確実に入手する方法 → 確実な入手方法
  8. 8 連用形を連体形に (2/3) 例)基本形にする 入力)障害者に対して情報を提供するサービス → 障害者に対する情報の提供サービス 例)後ろに「の」を付与 入力)約一年間留学する制度 →

    約一年間の留学制度
  9. 9 連用形を連体形に (3/3) • 格助詞「に」が持つ7つの意味により変換 • 特徴的なサ変動詞や、格助詞が接続する名詞で判断 例)動作の対象 入力)貸金業規制法に違反する行為があった。 →

    貸金業規制法への違反行為があった。 例)事態の時 入力)充電器が充電中に発火する事故 → 充電器の充電中の発火事故
  10. 10 複合名詞の動詞的な働き 入力)国は、中旬から運転を再開する予定だ。 → 国は、中旬から運転を再開予定だ。(連用形) →* 国は、中旬からの運転の再開予定だ。 ( 連体形 )

    • 文が動詞的な意味を持っている • 「再開予定」が動詞的な働きをしている 連体形への変換をしない
  11. 11 複合名詞の名詞的な働き 入力)県は、 3 台の公用車を購入する計画だ。 →* 県は、 3 台の公用車を購入計画だ。(連用形) →*

    県は、 3 台の公用車の購入計画だ。(連体形) • 文が動詞的な意味を持っている • 「購入計画」が名詞的な働きをしている 「計画」の次に助動詞「だ」もしくは句点がある … 換言対象から除外
  12. 12 「の」を減らす (1/2) • 助詞「の」が増えて不自然になる • 格助詞「が」「を」「に」「で」を助詞「の」以外の表現に 入力)高校生が教育熱心な母親を殺害する事件が起きた。 →* 高校生の教育熱心な母親の殺害事件が起きた。

    → 高校生による教育熱心な母親の殺害事件が起きた。 • 特徴的なサ変動詞や、格助詞が接続する名詞で判断
  13. 13 「の」を減らす (2/2) 例)格助詞「に」 入力)掃除に参加する義務 → 掃除に対する参加義務 例)格助詞「を」 入力)審判を侮辱する行為 →

    審判に対する侮辱行為 例)格助詞「で」 入力)統一基準で表示する制度 → 統一基準を用いた表示制度
  14. 14 実験 及び 考察 • 毎日新聞 1999 年度版を構文解析器「南瓜」で解析 • 1272

    文が換言対象 • 無作為に 200 文を抽出して換言し、主観的に評価  換言の精度… 67.0%  茶筌及び南瓜の誤りを除いた精度… 78.8% • 係り受けが長くなり不自然 入力)万里の長城を人類の文化遺産として日中共同で 修復する作業 →* 万里の長城の人類の文化遺産としての日中共同での 修復作業
  15. 15 考察 • 表現のバリエーションが少ない  動詞的意味を持つため連用形にしない文が 70 文  連体形に変換した単語

    1511 語のうち 83% が格助詞「が」 「を」「に」「で」 • 固有名詞を言い換えてしまう 入力)松浦総三氏らが「東京空襲を記録する会」を作った。 →* 松浦総三氏らが「東京空襲の記録会」を作った。
  16. 16 考察 • 動詞的な意味の検出 入力) 17 日からの臨時総会に提案する予定の設置案 →*17 日からの臨時総会に対する提案予定の設置案 →17

    日からの臨時総会に提案予定の設置案 • 動詞テ形の連体形への変換が不自然 入力)日本の大学生は数式を覚えて計算する能力は高い。 →* 日本の大学生は数式を覚えての計算能力は高い。
  17. 17 参考文献 •寺村 秀夫 : 日本語のシンタクスと意味 III, くろ しお出版 ,

    1991. •国立国語研究所 : 日本語の文法 ( 下 ), 国立 国語研究所 , 1981. •益岡 隆志 , 田窪 行則 : 基礎日本語文法 改訂 版 , くろしお出版 , 1992.
  18. 18 関連研究 • 佐藤 理史 : 論文表題を言い換える , 情報処理学 会論文誌

    , Vol. 40, No.7, pp.2937-2945, 1999. • 「サ変名詞+名詞」→「サ変動詞+名詞」 • 本稿と逆の処理 • 換言の対象が論文の表題のみ(本研究は単一文)