Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

振り返りながら学ぶPackage Manager

7d709dd44f86dc8f2b7ddb4c48145dfc?s=47 jollyjoester
September 17, 2021

振り返りながら学ぶPackage Manager

7d709dd44f86dc8f2b7ddb4c48145dfc?s=128

jollyjoester

September 17, 2021
Tweet

Transcript

  1. 振り返りながら学ぶPackage Manager 2021/09/17 iOSDC2021 jollyjoester

  2. 自己紹介 jollyjoesterです。 iPhoneに魅せられてiOSエンジニアに。 Swift愛好会やってます🍻 4年ぶり2回目のiOSDC発表で嬉しい🙌

  3. このセッションではPackage Managerまだ詳しくない勢の方が 基本的な概念や仕組みといった知識を得て より適切にPackage Managerとお付き合いできるようになること を目標としています。 「なんかCarthageでエラーが出てるけどわからん→爆死」 「Swift PMが流行ってる!よくわからないけど早く移行しなきゃ→爆死」 みたい悲劇に適切に立ち向かえるようにしていきましょう💪

    このセッションについて
  4. • Package Managerとは? • iOSにおけるPackage Manager • 各Package Managerの仕組み •

    周辺技術の歴史と進化 • まとめ アジェンダ
  5. Package Managerとは

  6. Package Manager > 各種のソフトウェアの導入と削除、そしてソフトウェア同士やライブラリとの依存関係を 管理するシステムである。by パッケージ管理システム:wikipedia いろいろな範囲を対象としたPackage Managerがある • Linux

    : APT • Ruby : RubyGems • iOS: ◦ CocoaPods ◦ Carthage ◦ Swift Package Manager
  7. Package Managerの機能 おおよそのPackage Managerが持っている機能 • どんなパッケージがあるのかを探す • 必要なパッケージのインストール・削除 • 依存関係の解決

    • 設定管理
  8. iOSにおけるPackage Manager

  9. 代表的なものは下記の3つ • CocoaPods • Carthage • Swift Package Manager iOSにおけるPackage

    Manager
  10. CocoaPodsの概要 登場 : 2011年 Platform : iOS, macOS, watchOS, tvOS

    開発 : オープンソース、Ruby製 基本的な特徴 : • ソースベースの利用 ◦ アプリのビルド時にライブラリのビルドも行う • Xcode projectとの自動統合 • Centralized
  11. Carthage 登場 : 2014年 Platform : iOS, macOS, watchOS, tvOS

    開発 : オープンソース、Swift製 基本的な特徴 : • バイナリベースの利用 ◦ 事前にビルドしてライブラリを使う • Xcode projectは基本触らないよ • シンプル(依存解決とビルドのみ) • Decentralized
  12. Swift Package Manager(Swift PM or SPM) 登場 : 2017年 •

    Xcode11からiOSでも使いやすく Platform : iOS, macOS, watchOS, tvOS, Linux 開発 : オープンソース、Swift製、Apple製 基本的な特徴 : • 動きはCarthageに近い印象を受けるがManual運用は不要 • 標準!SwiftのビルドシステムやXcodeに組み込まれている • Cocoaアプリを超えてSwift言語のためのあらゆる環境で使える
  13. 各Package Managerの仕組み

  14. ③ライブラリのメタ データ(podspec) Specsに格納 CocoaPodsの使い方 ~ 提供者側 ~ GitHub等 Specs ①開発

    ②リポジトリに ソース等を格納 CocaPods/Specs c.f. Using Pod Lib Create
  15. CocoaPodsの仕組み ~ 使用者側 ~ $ pod init $ pod install

    ①Podfile作る ②Podfile書く ③インストールする App.xcworkspace Podfile ④xcworkspace開く ⑤実行 ビルド▶
  16. CocoaPodsの仕組み ~ 使用者側 ~ $ pod init $ pod install

    ①Podfile作る ②Podfile書く ③インストールする App.xcworkspace Specs GitHub Pods Podfile Spec見る ソース ダウンロード xcworkspace作る App.xcodeproj Pods.xcodeproj 統合 Podfile.lock ④xcworkspace開く 作成 ⑤実行 ビルド▶
  17. Carthageの使い方 ~ 提供者側 ~ GitHub ①開発 ②リポジトリに ソース等を格納

  18. Carthageの使い方 ~ 使用者側 ~ Cartfile ②インストールする $ carthage update --platform

    iOS --use-xcframeworks ①Cartfile書く ③Xcodeprojに 紐付ける ④実行 ビルド▶ xcframework Manual
  19. Carthageの仕組み ~ 使用者側 ~ Cartfile ②インストールする $ carthage update --platform

    iOS --use-xcframeworks ①Cartfile書く ③Xcodeprojに 紐付ける Carthage GitHub Build checkouts ダウンロード ビルド▶ ④実行 ビルド▶ Manual xcframework Cartfile.resolved
  20. Swift Package Managerの使い方 ~ 提供者 ~ GitHub ②開発 ③リポジトリに Package.swiftと

    ソース等を格納 Package.swift ①Package.swift書く
  21. Swift Package Managerの使い方 ~ 使用者側 ~ ①Xcodeで追加する Xcodeproj ②実行 ビルド▶

  22. Swift Package Managerの仕組み ~ 使用者側 ~ ①Xcodeで追加する Xcodeproj ②実行 ビルド▶

    DerivedData GitHub Build SourcePackage ダウンロード ビルド リンク
  23. 基本的な共通の仕組み ライブラリ提供者側 • ソースをGitHubに置く ◦ メタデータ的なものも置く場合も ライブラリ使用者側 • 何かしらの設定ファイルにライブラリの場所&バージョンを指定して •

    ダウンロードしてきて(ソース?バイナリ?) • ビルドして(事前?アプリビルド時?) • プロジェクトにリンクして(自動?手動?) • 使う
  24. 周辺技術の歴史と進化

  25. 10 0.0.1 iOSアプリ開発におけるPackage Managerの歴史 2007 2008 2009 2010 2011 2012

    2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 iOS Xcode CocoaPods Carthage SwiftPM Swift iPhone OS 1.0 iOS 4.0 iOS 8.0 iOS15 Swift 5.1 11 Swift 1.0 0.1 6 0.1 0.6.0 12 Swift 3.0 0.36.0 1.11.0 0.38.0
  26. 10 0.0.1 Before CocoaPods 2007 2008 2009 2010 2011 2012

    2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 iOS Xcode CocoaPods Carthage SwiftPM Swift iPhone OS 1.0 iOS 4.0 iOS 8.0 iOS15 Swift 5.1 11 Swift 1.0 0.1 6 0.1 0.6.0 12 Swift 3.0 0.36.0 1.11.0 0.38.0 ◯Before CocoaPodsの時代 .aファイルとかを手動で入れてたりした記 憶がある 1.5.0 1.9.0
  27. 10 0.0.1 CocoaPods浸透 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013

    2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 iOS Xcode CocoaPods Carthage SwiftPM Swift iPhone OS 1.0 iOS 4.0 iOS 8.0 iOS15 Swift 5.1 11 Swift 1.0 0.1 6 0.1 0.6.0 12 Swift 3.0 0.36.0 1.11.0 0.38.0 1.5.0 1.9.0 ◯CocoaPods浸透の時代 Package ManagerというものがiOS界隈 にも浸透 多くのライブラリがCocoaPodsに対応 このときはまだstatic libraryが主
  28. 10 0.0.1 Swiftの登場 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013

    2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 iOS Xcode CocoaPods Carthage SwiftPM Swift iPhone OS 1.0 iOS 4.0 iOS 8.0 iOS15 Swift 5.1 11 Swift 1.0 0.1 6 0.1 0.6.0 12 Swift 3.0 0.36.0 1.11.0 ◯Swiftの登場 Swift登場! iOS dynamic frameworkサポート CocoaPods use_framework!サポート (dynamic framework) Carthage登場! 0.38.0 1.5.0 1.9.0
  29. 10 0.0.1 Swiftの浸透 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013

    2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 iOS Xcode CocoaPods Carthage SwiftPM Swift iPhone OS 1.0 iOS 4.0 iOS 8.0 iOS15 Swift 5.1 11 Swift 1.0 0.1 6 0.1 0.6.0 12 Swift 3.0 0.36.0 1.11.0 ◯Swiftの浸透 Swift 多くのアプリで使われるように 課題: • アプリ肥大化 ◦ ビルド遅い • frameworkの多用 ◦ アプリの起動速度遅い • CI普及 Swift Package Manager 登場! 0.38.0 1.5.0 1.9.0
  30. 10 0.0.1 Swift周辺のビルド環境の進化 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013

    2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 iOS Xcode CocoaPods Carthage SwiftPM Swift iPhone OS 1.0 iOS 4.0 iOS 8.0 iOS15 Swift 5.1 11 Swift 1.0 0.1 6 0.1 0.6.0 12 Swift 3.0 0.36.0 1.11.0 ◯Swift周辺の進化 Swift5.1 モジュールの安定化 Xcode10 SwiftのモジュールをStatic frameworkとしてビルドできる ように Xcode12 xcframeworkサポート Xcode11 XcodeからSwift Package Managerを使えるように 0.38.0 1.5.0 1.9.0
  31. 10 0.0.1 そして現在へ 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013

    2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 iOS Xcode CocoaPods Carthage SwiftPM Swift iPhone OS 1.0 iOS 4.0 iOS 8.0 iOS15 Swift 5.1 11 Swift 1.0 0.1 6 0.1 0.6.0 12 Swift 3.0 0.36.0 1.11.0 0.38.0 1.5.0 1.9.0 ◯成熟してきた? Swift Package Manager • リソースを含められるように CocoaPods, Carthage, Swift PM • xcframework対応 様々な課題が解決しつつある・・・
  32. 今後のPackage Managerについての私見 CocoaPods, Carthageも現役で使えることを確認しつつ、特に実用的になってきたSwift Package Managerに期待が高まった。 特にSwiftやXcodeと深く統合されていることを活かしてこれまでのPackage Manager が超えられなかった変化を期待したい。 e.g.

    • xcodeprojという古い仕組みからの脱却 • CI利用を前提とした機能 各Package Managerは併用できるのでSwift Package Managerの検証を始めるちょう ど良いタイミングではないか。
  33. まとめ

  34. このセッションでは • Package Managerとは何かをおさらいしました。 • iOSにおける代表的なPackage Managerの仕組みをおさらいしました。 • Package Managerの周辺技術の発展の歴史をおさらいしました。

    Package Managerとより良くお付き合いするヒントになれば幸いです。 変化していくiOS界隈を一緒に楽しんでいきましょう〜🍻 まとめ
  35. メモ

  36. おまけ:私見 • CocoaPods, Carthage, Swift Package Managerはそれぞれ進化していて 有用になった • Swift

    Package Managerは急激に進化していて実用レベルに • そろそろ標準のSwift Package Managerだけサポートしたいというライブラリ 提供者が出てくるだろう • 各Package Managerは併用できるのでSwift Package Managerを試しはじ めておくと良いだろう • たぶん1, 2年単位で変化が来ると予想。 • あせらず自身のProjectとの状況を踏まえあせらず準備していこう。 🤔