Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

社内勉強会の管理ツール Sugoi Meetupをつくった

社内勉強会の管理ツール Sugoi Meetupをつくった

De059f612e2f68589831e4bde0f15c83?s=128

Jumpei Takiyasu

June 20, 2018
Tweet

Transcript

  1. 社内勉強会の管理ツール Sugoi Meetupをつくった

  2. = &Me{ Name: "Jumpei Takiyasu", Company: "M3, Inc.", Github: "juntaki",

    Twitter: "juntaki", Web: "https://juntaki.com", } recent := &Work{ "全肯定ハム太郎bot @M3 Slack", // なあハム太郎!!!!お前もそう思うだろ!!??? "Layered architecture Go API implementation", // https://s.juntaki.com/WtS "goo.glも終わるしGoとGAEで短縮URLサービスをつくろう", // https://s.juntaki.com/bAd } About me
  3. すごい社内勉強会がたくさんある • TechTalk • 新入社員向け技術研修 • AWS研修 • 機械学習の輪読会 •

    関数型プログラミング • 肉会 • ビジネス勉強会(やってほしい! ・・・
  4. 解決したいポイント:募集方法 メール、Slack、カレンダー、スプレッドシート、調整さん • 途中参加、発見しにくい • 外部の人を呼びにくい

  5. ふつうの管理ツールは公開イベント向け 権限のコントロールが細かくできない • 社内向けには公開 • 社外の招待者には部分的・一時的に公開

  6. Sugoi Meetupをつくった https://meetup.sugooi.net ↑あとでデータリセットするのでお試しで使ってみてください

  7. デモ

  8. Sugoi 機能紹介

  9. 基本的な機能 勉強会の募集ができる 過去開催の一覧 他の人が参加・主催したMeetup

  10. 権限の管理 3段階で管理が可能 例: グループ→エムスリー シリーズ→TechTalk Meetup→TechTalk #90 グループ シリーズ シリーズ

    Meetup Meetup Meetup Meetup Meetup Meetup 権限付与
  11. その他の機能 そのうち実現します • Slack・メール通知 • トロフィー • 発表資料の管理 • ピザ・寿司発注

  12. 技術的な話

  13. Frontend Backend アーキテクチャ React+TypeScript, Go/GAE, 認証はFirebase

  14. とは IDL(proto)からRPCのライブラリを生成 protocol buffers on HTTP1 (JSONも可) TypeScriptとGoで使うには・・ go get

    -u github.com/twitchtv/twirp/protoc-gen-twirp # js-client library go get -u github.com/juntaki/protoc-gen-twirp_js # js-model go get -u go.larrymyers.com/protoc-gen-twirp_typescript # d.ts for model go get -u github.com/golang/protobuf/protoc-gen-go # Go
  15. Firebase authenticationをWebアプリで使う 認証周りをGoogleにまかせられるので楽 フロントエンド w/ firebase UI バックエンド 独自ヘッダで idToken添付

    verifyToken idToken取得 uidをキーに ユーザ情報格納 firebase セッション情報
  16. まとめ 社内勉強会で使ってみてください!!! (7月頭には、最低限はちゃんと使える予定)