What's New Firebase 2019 Q1 #FJUG #io19jp

1b177b37d966f573b1df5d7218a5f560?s=47 k2wanko
May 19, 2019

What's New Firebase 2019 Q1 #FJUG #io19jp

Google I/O 2019で話されたFirebaseの話を軽くまとめたものです。

https://gdg-tokyo.connpass.com/event/128867/

1b177b37d966f573b1df5d7218a5f560?s=128

k2wanko

May 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. What’s New Firebase 2019 Q1 コキチーズ@k2wanko Google I/O 2019 報告会

    Slideは DarkTheme Firebase Japan User Group
  2. None
  3. firebase.asia/join

  4. firebase.asia/youtube

  5. cast.firebase.asia

  6. What’s New Firebase

  7. None
  8. None
  9. Webも含まれた (うれしい)

  10. None
  11. ML Kit - 手軽に機械学習を導入できるライブラリ 機能 On-device Cloud Text recognition (OCR)

    ✔ ✔ Face detection ✔ Barcode scanning ✔ Image labeling ✔ ✔
  12. ML Kit 機能 On-device Cloud Object detection & tracking ✔

    Landmark recognition ✔ Language identification ✔ Translation ✔ Smart Reply ✔ AutoML model inference ✔ Custom model inference ✔
  13. Object Detection & Tracking API

  14. Object Detection & Tracking API - 椅子やマグカップなど物体を検出できるAPI - https://firebase.google.com/docs/ml-kit/object-detection

  15. Translation API

  16. Translation API - 端末内だけで翻訳が可能 - 59カ国語に対応している。

  17. AutoML Vision Edge

  18. Auto ML Vision Edge - 画像とラベルを投げると最適な手法でTFのモデルを作成して アプリにデプロイできる。 - 無料プランでも利用できる -

    モデルを利用するときは端末内で完結する。
  19. Human labeling - ラベル付けがめんどくさい場合はGCPに人間がラベリングしてくれる サービスもある。 - (誰か試してみたら感想を教えてほしい。) - https://cloud.google.com/vision/automl/docs/human-labeling?hl=en

  20. C++ SDK Support

  21. C++ SDKがSupportされた。 - https://github.com/firebase/firebase-cpp-sdk - モバイルはもちろん一部デスクトップもSupportされる - 主にゲーム向け - https://firebase.google.com/docs/cpp/setup

  22. None
  23. Firebase Crashlytics - アプリのクラッシュ情報やデバッグログの収集するサービス - クラッシュ情報を元に通知などできる。

  24. Crashlytics BigQuery Support

  25. Configurable velocity alerts in Crashlytics

  26. アラートのしきい値を設定できるようになった

  27. None
  28. Performance Monitoring - アプリのパフォーマンスを自動収集してくれるサービス - 取得したトレースやメトリックはコンソールから確認できる。

  29. Web Support

  30. Webをアプリを追加するようになった。 Performance Monitoringで計測するには登録は必要

  31. SDKを導入するだけで自動で収集してくれる - Browserや国などはもちろん - Webのためのパフォーマンス指標として - First paint - First

    contentful paint - domInteractive - domContentLoadedEventEnd - loadEventEnd - first input delay - https://firebase.google.com/docs/perf-mon/automatic-web
  32. カスタムトレースやメトリックも可能 - trace.putAttribute("experiment", "A"); - 個人情報を送らないように注意が必要

  33. None
  34. モバイル向けのアナリティクスツール - 無制限に無料で使えるアナリティクス - イベントベースでユーザーのグループ分けや統計情報の取得ができる。 - WebはSupportされていない。(Webは従来のGoogle Analyticsを使う)

  35. Audience Builder

  36. None
  37. None
  38. Cloud Firestore - ドキュメント指向のデータベース - クライアントから直接読み書きができる - オフラインでも動作する - 書き込みの制御にセキュリティルールがある

  39. Collection Group Query

  40. restaurant rest1 rest2 reviews review1 review2

  41. restaurant review review review restaurant review review

  42. restaurant review review review restaurant review review db.collectionGroup(‘review’);

  43. None
  44. Cloud Functions - Firebaseの様々なイベントをNode.jsで書けるFaaS - クライアントで処理できないものはこれを使うと良い - GCPのFunctionsとはbackendは同じだけどSDK部分だけ違う。 - GCP経由ならGoなど別ランタイムでもいくつかのイベントは受け取れる。

  45. Schedule Functions

  46. Schedule Functions - cronのようにFunctionsを定期実行するための機能 - Cloud SchedulerとFunctionsの糖衣構文のようなもの

  47. Cloud Functions Emulator

  48. Cloud Functions Emulator - HTTP Function - Callable Function -

    Firestore Function - でのテストがローカルで可能 https://firebase.google.com/docs/functions/local-emulator
  49. None
  50. Test Lab - エミュレーターや実機でアプリのテストができるサービス - Android,iOSでの利用が可能。 - apkをアップロードするだけで自動テストもある。

  51. NEW Support

  52. None
  53. Firebase Hosting - 静的サイトを配信するためのサービス - HTTP2で配信され、無料で独自ドメインも利用できる。 - CDNが標準でついている。 - ワンクリックで過去のバージョンに戻すことができる。

    - 1プロジェクトで複数サイトの運用も可能 - Functionsを組み合わせて動的なコンテンツを配信することも可能
  54. *.web.app

  55. Firebase Hosting Cloud Run Integration

  56. Cloud Run Integration - Cloud RunはDockerイメージを動かせるプラットフォーム - 好きなランタイムでHTTPサーバーを立ち上げられる。 - 1インスタンスで80リクエストまで同時処理できる。

    - Functionsの代わりにCloud Runでも動的コンテンツの配信が可能になった。
  57. App Distribution

  58. App Distribution - Fabric Betaの後継サービス - 開発中のアプリの配信が可能になる。 - private alpha

  59. None
  60. サポートされるプロバイダー - メールパスワード認証 - 電話番号 - Google - Facebook -

    Twitter - GitHub - 匿名 - (New) Yahoo - (New) Microsoft - (New) Play ゲーム - (New) Game Center
  61. Authentication Support Stackdriver Logging

  62. 今の所有効にするUIはないので APIからONにする curl -d "{'monitoring': {'requestLogging':{'enabled':true}}}" \ -H 'Authorization: Bearer

    [AUTH_TOKEN]' -X PATCH \ -H 'Content-Type: application/json' \ https://identitytoolkit.googleapis.com/admin/v2/projects/[PROJECT_ID]/config?upd ateMask=monitoring.requestLogging.enabled
  63. GCP Consoleからログを確認できる。

  64. MFA Support

  65. SMS based MFA - SMSを使ってMFA - Private Alpha

  66. Authentication + Cloud Functions beforeCreate beforeSignIn (Blocking Function)

  67. Blocking Function - ユーザーの作成時や、認証時にFunctionsでロジックを書ける機能 - Private Alpha - g.co/firebasealpha

  68. Reference - What's new from Firebase at Google I/O 2019

    - What's New in Firebase (Google I/O'19) - Three New Ways to Secure Your App with Firebase Authentication
  69. Thanks @k2wanko