評価システム開発者視点からみたメルカリのOKR / Mercari's OKR as seen from CSE Engineer

5a0c44ac746299d5e7902bc847508b5e?s=47 Kenji Kinukawa
September 12, 2018

評価システム開発者視点からみたメルカリのOKR / Mercari's OKR as seen from CSE Engineer

5a0c44ac746299d5e7902bc847508b5e?s=128

Kenji Kinukawa

September 12, 2018
Tweet

Transcript

  1. Kenji Kinukawa @k_kinukawa At OKR Meetup #1, 2018/9/12 評価システム開発者視点からみたメルカリのOKR

  2. 自己紹介 衣川 憲治 (Kenji Kinukawa) @k_kinukawa Mercari Corporate Solutions Engineering

    Engineering Manager & Backend Engineer (Go) メーカーでロボット開発 -> iOSアプリ開発 -> 起業 (HR Tech) -> イマ ココ 瞑想の代わりにガンプラ作る
  3. Corporate Solutions Engineering Solve corporate challenges by Engineering 「エンジニアリングで経営課題を解決する」

  4. 経営課題をエンジニアリングで解決 • プロダクトの開発、事業の成長がする一方で... ◦ 組織もどんどん成長・変化している ▪ 増え続けるオペレーション ▪ “なんとなく” じゃないマネジメントの重要性

    ▪ あらゆる作業の効率化・精度向上 → こういう課題をエンジニアリングで解決したい
  5. Creating an optimized workflow and a system to apply globally

    - 現在のワークフローを整理 - あるべきワークフローの構築 - 国内外拠点で統一されたワークフローの実現
  6. プロダクトの紹介 TeamsとReviews

  7. Teams と Reviews • 人とチームのデータベース • そして人事評価システム

  8. Teams • レポートラインを可視化 • 日付をさかのぼって再現可能 ◦ あのときの状況 • 属性・職種・役割から、雇用形態 まで

    • 今、を表せるシステムは多いが、 いつどうだった、を表現できるも のが実はあまりない • 自分たちの会社の “曖昧なとこ ろ” を整理していく
  9. Teams はすべてのシステムの基盤 Teams Talent Pool ATS Review Cycle Career Development

    Offering Wait for Join/ OnBording Resign • 基盤としての Teams があり、その上には、様々な、人とかかわるモノがある • これを一貫して扱えるようにする
  10. Reviews - 人事評価システム • 人への投資は最も重要 • メルカリを作る人達 • 人事評価 ◦

    人が働いて成果を上げる ◦ これをしっかり評価・フィードバックする ◦ 人の成長が事業の成長の鍵 Performance Review Peer Review OKR Feedback Calibration Review Cycle
  11. Reviews - なぜ内製? • 最も重要かつ課題感の大きなところ • マネジメントの成長も大きな成長課題 • 変化が激しい ◦

    制度の変化 ◦ 組織の変化 ◦ すべてはトライアンドエラー Go Bold な評価制度を継続するため
  12. すべてを内製ではやらない • まず、最も効果が高く、代替手段のないところをやる ◦ 一般的 SaaS が成熟していない領域とか ◦ 人事評価ツールから取り組み始めたのも、ここが大きい •

    会社の成長とともに変化の激しいところは特に • すでにたくさんプレイヤーがいて、良いシステムがある場合は、 API でつなぎこむ • いつでも “やめる勇気” ◦ より良いものがあれば移行する ◦ 社内チャットツールと Slack の例 Teams
  13. メルカリのOKR

  14. OKRの構成 全社OKR チームOKR チームOKR 個人OKR 個人OKR 個人OKR 全社OKR 四半期ごとに設定 経営メンバーが作成する

    毎週金曜日の全社定例で進捗共有 チームOKR 全社KRを参照し、各チームのマネージャー が作成する チームごとに管理方法は異なる (Check-in, Win Session, スプリントレビュー など) 個人OKR チームKRを参照し、全社員が作成する チームKRに紐付かない個人目標もOK 1on1で定期的に振り返る
  15. Reviews OKR

  16. 全社定例(All Hands) • 毎週金曜 • 原則全員出席(子会社ごとに詳細は異なる) • OKRの進捗共有、重要事項の共有 mercanより https://mercan.mercari.com/entry/2018/07/19/161713

  17. CHECK-In, WIN Session / Engineering Operations Teamの例

  18. スプリントレビュー / Corporate Solutions Engineering Teamの例

  19. OKRシステム開発者として 思っていること

  20. 柔軟性 チームObjective チームKR チームKR 個人KR 個人Objective 個人KR 個人KR 個人Objective チームOKR

    個人OKR 親KRを直接Oと するパターン 親KRを参照し、 Oを新たに作るパターン 親KRを持たないパターン (個人目標など) • Oと親KRの関係を柔軟に設定できるようにしている • 個人目標も許容している
  21. 透明性 Reviewsから全社員のOKRが検索可能 参照可能にする、なるべく目につくところに置く • 全社員共通のOKR置き場を用意する • 例えばGoogle スプレッドシート

  22. 振り返り 定期的にマネージャーと一緒にOKRに立ち返る • 期初: OKR設定 • 週次: 1on1、Check-in、Win Session、スプリントレビュー •

    期末: 自己評価 • 評価: 人事評価、フィードバック
  23. ツールについて • 必須ではない ◦ 50人〜100人のとき(2015年頃)、スプレッドシートで運用 ◦ 本格的なシステム導入は昨年末から • 導入、運用が重要 ◦

    OKRとは何か? メンバーへ丁寧にインストールする ◦ 柔軟性、透明性、振り返り • 実施は早ければ早いほうが良い ◦ データが残る ◦ PDCAが回る
  24. OKRとスクラム

  25. SCRUM Mon Tue Wed Thu Fri Daily Scrum Sprint Review

    KPT Sprint Planning Estimation 毎日15分の standup meeting - 昨日やったこと - 今日やること - 気になっている阻害要因 今週のスプリントの成果物を共有 フィードバックと称賛の場 振り返りの場 Keep, Problem を洗い出し、 打ちて(Try)を決める 今週のスプリントで、 チームが何を実現するのか 計画を立てる バックログの見積もり
  26. スクラムマスター • プロセスがうまく回るようにする • 妨害を排除する • 支援と奉仕をする • 教育、ファシリテート、コーチ、推進役 メルカリでは制度面は

    People Experience Team、 システム面は Corporate Solutions Engineering Team が担当 実行は 経営 → マネージャー が責任を持つ
  27. 守破離 型を守り 基本を身につける 守 破 離 基本を破り 発展する 型や教えから離れ オリジナルを産み出す

    型から始め、試行錯誤を繰り返し常に変化し続ける
  28. 創業5年で1,000人規模へ • まずやってみる • 常に試行錯誤する • 良くないと思ったらスパッと止 める mercanより https://mercan.mercari.com/entry/2018/09/12/120000

  29. Mercari Tech Conf 2018 https://techconf.mercari.com/2018/ And we are