Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20220621_ParaView圧力時刻歴表示

 20220621_ParaView圧力時刻歴表示

Afcf52f6df4e2856cc0fce598c4af4e1?s=128

kamakiri1225

June 21, 2022
Tweet

More Decks by kamakiri1225

Other Decks in Technology

Transcript

  1. (1)「Open」 (2)「post.foam」を読み込む (3)「OK」 (4)「Apply」 ファイルの読み込み完了

  2. (5)「Set view direction to +Y」を選択。 X-z面からのviewに変更 (6)「Slice」を選択 • Show Planeのチェックを外す

    • Y Normalを選択 →「Apply」 x-z面でy=0の断面を表示
  3. (7)「Surface With Edges」を選択 (8)「View」>「Selection Display Inspector」を選択 ※サイドビューにSelection Display Inspectorが表示される (9)「Point

    Labels」の「p」に チェックを入れる
  4. (10)「Hover Points On」を選択 (11)調べたい節点を選択 ※これで座標を確認する 実験と同じ座標に節点がないのでできるだけ近い節点を選択 することにする。 今回は実験でのP2(0.8245 0 0.0621)と近い節点の圧力データと

    比較することにする。
  5. (13)現在の時間の圧力が出力される (12)「Select Points On(d)」を選択

  6. (14)「Plot Selection Over Time」を選択 (15)「Apply」を押す 物理量の時刻歴のグラフが表示される

  7. (16)「p(block=1)」のみチェックを入れる これで指定した座標での圧力のグラフが表示できた 次に実験結果のExcelデータを読み込み結果比較を行う

  8. (17)「File」>「Open」から実験のcsv ファイルを読み込む (18)「Apply」を押す

  9. (19)「Add Tab Field Delimiter」に チェックを入れてタブ区切りにする タブ区切りで読み込まれず、1つの セルにデータが格納されている タブ区切りになった

  10. (20)「QuartlieChartView1」を選択して ※枠が青色になる (21)表示させる (22)「P2(Pa)」のみ チェックを入れる

  11. (24)グラフの色を変える 今回はblackにする (25)「Line Thickness」を3にして線の 太さを変える (23)「Legend Name」を変更 OpenFOAMの結果と実験のExcel データの両方変更

  12. 実験結果のExcelデータを読み込み結果比較