$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

カミナシの開発組織の現在地 〜個人集団からチーム化へ〜

カミナシの開発組織の現在地 〜個人集団からチーム化へ〜

2022/10/13
憧れのマイクロサービスと愛すべきモノリスの話(カミナシ×クラウドサイン)
https://kaminashi.connpass.com/event/261276/

エンジニアリングマネージャー
宮本 大嗣

▼カミナシの採用情報はこちら
https://careers.kaminashi.jp/

kaminashi, Inc.

October 14, 2022
Tweet

More Decks by kaminashi, Inc.

Other Decks in Technology

Transcript

  1. カミナシの開発組織の現在地
 〜個人集団からチーム化へ〜
 株式会社カミナシ エンジニアリングマネージャー           宮本 大嗣

  2. 会社概要 2
 会社名 所在地 代表者 設立 資本金 認証取得 顧問 掲載メディア

    株式会社カミナシ 東京都千代田区神田鍛冶町3-7 神田カドウチビル 3F 代表取締役CEO 諸岡 裕人 2016年12月15日 4億9613万円 ISMS(ISO/IEC 27001:2013) 森・濱田松本法律事務所 弁護士 髙橋悠 受賞歴 IVS主催 LAUNCHPAD 2020 優勝     グッドデザイン賞2021     
  3. 対象のマーケット 3
 日本の半数以上と推定される約3,900万人のノンデスクワーカーを対象としています。 設備・清掃 旅客・運輸 建設 福祉施設 製造業 スーパー・小売 接客業

    飲食店 日本における労働人口の割合 デスク ワーカー ノンデスク ワーカー % % 42 58 ※ 独立行政法人労働政策研究・研修機構「職業別就業者数」より当社算出
  4. 現場DXプラットフォーム「カミナシ」 4
 現場主導で業務のデジタル化を実現するノンデスクワーカー向けノーコードツール

  5. 現場DXプラットフォーム「カミナシ」 5
 ①管理者がノーコードでアプリ作成 ②作業者がアプリでcheck ③管理者がcheck内容を承認 現場主導で業務のデジタル化を実現するノンデスクワーカー向けノーコードツール

  6. 「カミナシ」化により大幅に紙を削減 6
 残っている紙を「カミナシ」上に移行できるようにしてファイル自体不要な世界にする

  7. 14の業界で導入が進んでいます 7


  8. 正式ローンチから現在までに多くの企業様でご利用いただいています 8


  9. カミナシの開発組織の現在地           〜個人集団からチーム化へ〜

  10. 10
 直近1年くらいの開発組織の変遷 これまでの各期間を言葉にすると以下のような時代と位置付けられるかと思います 2021/8〜2022/5 2022/6 検 討 中 カミナシ 開発T

    新プロダク ト開発T カミナシ 開発T カミナシ 開発T イネーブ リングT 新機能 開発T 個人技の時代 再調整の時代 チーム化の時代 2022/7〜
  11. 11
 直近1年くらいの開発組織の変遷 2021/8〜2022/5 2022/6 検 討 中 カミナシ 開発T 新プロダク

    ト開発T カミナシ 開発T イネーブ リングT 新機能 開発T カミナシ 開発T 個人技の時代 チーム化の時代 これまでの各期間を言葉にすると以下のような時代と位置付けられるかと思います 2022/7〜 再調整の時代
  12. 12
 2022/5月までのカミナシ開発チーム状況 他部署からの要望(開発要望、不具合改修など)を得意/不得意や空き状況を鑑みてアサイン 宮本(EM) 開発チーム PM/Design/CS 過去問い合わせ対応者や長期機能開発者 には直接連絡する事もありました 不具合問い合わせ 来てます

    この機能 欲しいです 動作速度UP 必要です Aさんお願い! Bさんお願い! Cさんこちら 優先で!
  13. 13
 2022/5月までのカミナシ開発チーム状況 各Engに依頼する上で個人ごとにストレッチする形で依頼せざるをえなかったです 不具合調査・改修
 技術課題解消
 UX改善
 機能開発テーマ
 各Engリソース
 60%
 50%


    ・組織が目まぐるしく変わるのが見込まれるため、
  個人ごとに都度テーマを設定します。
 
 ・110%なのは間違いではなく、各自能力ストレッチのため、
  10%上乗せしてます(ここは創意工夫で対応可能と推定)。
 
 ・UX改善/不具合調査・改修/技術課題解消は、ベースの能力
  として持っていただきたいので全員共通でタスクをご依頼
  します。
 
 ・技術課題解消は全体像は一旦置いておいて以下をやります。
   frontend: リファクタ計画検討 → 実行
 backend: 不足しているテストの充実

  14. 14
 直近1年くらいの開発組織の変遷 2022/6月は新プロダクト開発を中止し、全Engで技術負債解消の対応のみを実施 2021/8〜2022/5 2022/6 検 討 中 カミナシ 開発T

    新プロダク ト開発T カミナシ 開発T カミナシ 開発T イネーブ リングT 新機能 開発T 個人技の時代 チーム化の時代 2022/7〜 再調整の時代
  15. 15
 2022/6月の技術負債解消 技術負債解消対応の詳細についてはCTO原トリさんのこちらの資料に掲載してます

  16. 16
 直近1年くらいの開発組織の変遷 2022/7月以降は技術負債解消だけでなく機能開発も行うようになりました。 2021/8〜2022/5 2022/6 検 討 中 カミナシ 開発T

    新プロダク ト開発T カミナシ 開発T カミナシ 開発T イネーブ リングT 新機能 開発T 個人技の時代 チーム化の時代 2022/7〜 再調整の時代
  17. 17
 2022/7月からのカミナシ開発チーム状況 2022/7〜9月の間に、なだらかにチームとしての在り方を変化させてきました。 宮本が個別に調整/検討 & Engの希望や現状を鑑みてタスク依頼 ↓ チームで思考 & スクラム開発の概念に基づき優先順にタスク着手

  18. 18
 2022/7月からのカミナシ開発チーム状況 キッカケとして、最近新しく入社された方から、いくつか衝撃的な言葉をいただきました。 「個々のエンジニアは優秀だが、チームになっていない。」 「優秀な個人の集まりでしかない。」 「宮本さんが他部署と調整したタスクをやるやり方だと、  宮本さんがボトルネックになる。」

  19. 19
 2022/7月からのカミナシ開発チーム状況 一方でCTOからは、スクラム開発のあるべき形にいつ戻すの?と質問をいただいていました。 「2022/7、8月入社の方々がカミナシの開発に慣れたと判断でき て から、スクラム開発に移行します」という基準を設定。  ↑のような話と並行して、いつ時が来ても良いように、  2022/7月にスクラムマスター研修などにも社費で参加させて いた だきました。

  20. 20
 2022/7月からのカミナシ開発チーム状況 自分たちの実力値を冷静に見極める取り組みによって、直近のsprintでは予定したバックログアイテムを 完了できる流れが。

  21. 21
 直近1年くらいの開発組織の変遷 2022/9月〜、各Engから自発的にカミナシ開発チームを分割したいという声が挙がっています。 2021/8〜2022/5 2022/6 2022/7〜 検 討 中 カミナシ

    開発T 新プロダク ト開発T カミナシ 開発T カミナシ 開発T イネーブ リングT 新機能 開発T 個人技の時代 技術負債解消の時代 チーム化の時代
  22. 22
 最後に We are hiring! https://careers.kaminashi.jp/ https://meety.net/articles/t2--rjjgz8p3o5